導入企業の声

  • アイ・ケイ・ケイ株式会社 様

    アイ・ケイ・ケイ株式会社 様

    いい雰囲気をつくると、いい人が育つ環境が人を育てるんです

    続きはこちら
  • 今別府産業株式会社 様

    今別府産業株式会社 様

    先輩社員、後輩社員の現場での苦労・お客様に対する想いを語り合い共有することで、一体感が生まれ、絆、社風が変わりました。

    続きはこちら
  • 株式会社田村写真館 様

    株式会社田村写真館 様

    『理念と経営』共に学ぶ会はもうすぐ丸6年になります。"ずっとやり続けてきた"からこそ皆が勉強会を楽しいと思うようなりました。

    続きはこちら
  • 能勢鋼材株式会社 様

    能勢鋼材株式会社 様

    2007年10月号に掲載していただいたことをきっかけに『理念と経営』共に学ぶ会を導入、今では月を追うごとに成長していく80名の社員が出来ました。

    続きはこちら
  • リクロー株式会社・株式会社プローバー 様

    リクロー株式会社・株式会社プローバー 様

    『理念と経営』共に学ぶ会の開催率は100%、社員の参加率も90%!良いコミュニケーションは業績アップに繋がります。

    続きはこちら
  • 株式会社武蔵境自動車教習所 様

    株式会社武蔵境自動車教習所 様

    月に一度の勉強会を行うことにより社員一人ひとりが考え・行動し仕事観や人生観に良い影響を与えました。

    続きはこちら
  • 水谷工業株式会社 様

    水谷工業株式会社 様

    『理念と経営』共に学ぶ会を開始して5年が経過、座学に対する職人さんの抵抗が無くなり、仲間や仲間の仕事を尊重する風土ができました。

    続きはこちら
  • 株式会社トゥルース 様

    株式会社トゥルース 様

    離職率が高く理念が浸透しない問題を『理念と経営』共に学ぶ会を導入したことで、お互いの考え方を理解できるようになりました。

    続きはこちら
  • 株式会社 たちばな 様

    株式会社 たちばな 様

    部門内と部門外を交互にチーム編成(5名)で勉強会を行い社員同士のコミュニケーションに役立っています。

    続きはこちら
  • 小正醸造株式会社 様

    小正醸造株式会社 様

    毎月掲載されている、「三位一体論」を社員が理解し、現場も管理者も経営的視点を持って行動しています。

    続きはこちら
  • 株式会社ケイ・イー・エス 様

    株式会社ケイ・イー・エス 様

    毎月たったの1時間で経験豊富なベテラン社員と新鮮な考えを持った若手社員の融和が大きく進みます。

    続きはこちら
  • 株式会社大屋 様

    株式会社大屋 様

    「100年企業」を目指すために『理念と経営』共に学ぶ会を月2回開催し、三位一体経営を実践しています。

    続きはこちら
  • 株式会社永楽堂 様

    株式会社永楽堂 様

    『理念と経営』共に学ぶ会を導入したことで「この1ヶ月で成長したこと」「次の1ヶ月で成長すること」自分の課題から毎月目標を決めることができました。

    続きはこちら
  • 株式会社アン 様

    株式会社アン 様

    2006年5月に導入し、現在では社員の経営感覚・意識が大きく育ち、全員参加の経営を行うことが出来るようになりました。

    続きはこちら
  • 会を通じ全員で決めた 「一致団結‼ ベクトルの合致‼」

    株式会社サンアイインターナショナル 
    近藤良太

     私たちは貴金属製造卸業を営む会社です。少人数の職場ですが、それを感じさせない、パワーを持ち合わせているメンバーです。業務内容は、ダイヤモンドの仕入れ、宝飾品の開発、OEM生産などで国内、海外と幅広く卸販売をしています。
     共に学ぶ会を始めて今年で約一〇年になります。当初は社内で二班に分かれ行っていましたが、徐々にマンネリ化し方向性が見えなくなりつつありました。そこで、三年ほど前からレストランの一室を借り、食事を兼ねて全員で行うことにしました。同じ空間で午前一一時半から午後一時半まで行っています。リーダーも毎回交代で全員が行うようにし、その後は二名の課長が交代で一人ひとりに想いを込め、一問一問に赤ペンでコメントをしています。
     まだやらされている雰囲気は拭えませんが、少しずつ前向きな意見が増え、熱い討論が交わされています。今こそ全員一丸となり「一致団結‼ ベクトルの合致‼」をテーマに、より良い会社を目指して学び続けます!

  • 誌面からアイデアを探り 「変わり者集団」に磨きをかける

    株式会社ワイドループ 
    丹羽彦仁

     当社は、物流現場で不要になった物流機器を買取り、清掃・修理して全国のお客様にWEB販売をしている会社です。「人・もの・心の輪を大切にする」という社訓のもと、日々仕事に励んでおります。
     共に学ぶ会は六年目を迎え、二センターと本社の三拠点で毎月行っています。設問表は私が考え、みんなにメールで本の感想を添えて送っています。マンネリを防ぐため、設問表を読んで、わが社で使えそうなアイデアがあれば、記入できる欄を設けています。そのなかで、コロナ禍で定着してきたTV会議を用いて、拠点間でやってはどうかとの意見があり、早速三月から実施する予定です。今は参加を強制でなく自主性に任せていますが、「理念の浸透」と「価値観共有」を目的としたこの会は、若い人を中心に続けていきます。
     これからは差別化の時代と捉えています。他社が真似できない当社ならではの価値を高めるため、「変わり者集団」にさらに磨きをかける場にしていこうと考えています。

  • 長くなりすぎないように ランチを食べながらの楽しい勉強会

    株式会社光百年 
    武本良昭

     インテリアの内装小物を海外から仕入れてネット通信販売をしています。「共に学ぶ会」では、毎号の企業事例からヒントを得たり、まねしたり、アイデアを話しながら仲間の意見を聴いたりしています。仕事を通じたコミュニケーションとして、弊社ではなくてはならない時間となっています。
     一番感じることは、回を重ねるごとに皆で話す内容が良くなっているという点です。工夫していくとさらに楽しい時間となります。長くなりすぎないようにするため、時間管理も始めました。
     会は業務時間内(午後1時から90分)に行います。皆で同じランチを食べて、時には姫路経営研究会メンバーの店をお借りしながら楽しく開催しています。
     社長が研修で学んできた課題を社内で話し合うこともあります。頭を使うのですごく疲れますが、参加している方の声や皆さんの意見を聴くのがいつも楽しみです。これからも頑張って会社の役に立ちたいと思っています。

  • リラックスした雰囲気で お互いを知る大切な時間

    株式会社カウチーモ 
    前川征一郎

     弊社は大阪市で美容室を三店舗運営しており、多くの女性が働く会社です。共に学ぶ会は多様で幅広い視野を持って仕事に取り組み、経営感覚を高めるという目的で導入しました。店舗ごとに約三年間継続しています。
     会を通して実感する変化や効果は、リラックスした雰囲気で働く目的やビジョンなどの共有ができることです。コミュニケーションスキルの向上につながり、店舗のチームワークが良くなりました。また他社様の事例を見たり、社員のアイデアを聞いたりすることによって、自社にどのように活かしていくかを考えるきっかけになっています。
     会の工夫点としては、社員の働く時間も異なるため、朝一番で月に一回、定期的に開催していることです。またリーダーを毎回変え、勉強会から出た意見を業務に活かす仕組みを作ることで、楽しく実施しています。
     社員が学びながらお互いを深く知ることで、店舗の雰囲気の良さにもつながり、成長と業務改善のための大切な時間になっています。

  • 業務だけでは見えない 仲間の考えを共有する場

    株式会社不動産本舗 
    峠 弥生

    弊社は、広島県東広島市のJR西条駅前で不動産事業を行う八年目の会社です。創業時は二人でしたが、昨年には五人目の仲間が加わりました。家族的な雰囲気の中、情報共有しながら日々お客様のお困りごと解決に取り組んでおります。
    共に学ぶ会は「当社は何を大事にしていくのか」、という基本理念を共通認識として確認し合うために導入しました。業務上だけでは見ることのない、仲間の考え方や発想を知ることができる場になっています。社員からは、「考える機会に加えて、それを発表する機会が貴重です」「自分と他者との違いから学ぶことが多くあります」という声が聞かれます。
    いまは休止していますが、コロナ禍があけたら、これまで一緒に勉強会をしてきた仲間だけでなく、他社の方も広くオブザーバーに迎えて、自社の中だけでは出なかった意見や考え方に触れる機会として、以前のような形で再開したいと思います。

  • シフト制でも全社員で 経営をすることが可能に

    株式会社真心カンパニー 
    深瀬 崇

    弊社は宮城県仙台市で六〇歳以上の高齢者を対象として、生きがいづくりを目的とした健康麻雀教室を運営しています。共に学ぶ会を導入した目的は、『理念と経営』に掲載されている企業事例等から考え方や健全な価値観を学び、私を含め全社員の人間力を向上させるためでした。
    シフト制の勤務体制であることから全社員が集まることが少なく、これまでは顔を合わせて学ぶという機会がありませんでした。そのため、社内のコミュニケーションの場としてもとても良い場になっています。会を始める前は社員からの社内改善やお客様に喜んでいただくための提案が少なかったのですが、最近は毎日出てくるようになりました。今では全員で経営をすることができていると感じています。
    さまざまな工夫を重ねていますが、やはり設問に赤ペンで回答する〝赤ペン先生〟が好評です。「交換日記のようで楽しい」と設問の記入量や内容が濃いものに変わりました。
    これからも継続して学び、人に喜ばれ、社会に必要とされる会社になるよう、日々成長し続けていきます。

  • 世代を超えて 仕事観や人生観を学ぶ

    株式会社ライフタイムサポート 
    小澤賀宣

     当社は埼玉県越谷市でマイホームご購入の方に、より快適に生活していただくための住宅オプション販売、施工を提供しています。
     月に一度、全社員が通常業務をストップし、一日かけて商品やサービスの勉強と『理念と経営』共に学ぶ会を行っています。
     二〇歳から七二歳まで、さまざまな世代が参加し、仕事観や人生観を同じ設問を通して学ぶことで、考え方の幅が広がっています。また相手の考え方を知ることで、現場での改善や、やり方の工夫が生まれています。さらに相手の発表を要約することで傾聴力が身に付いてきたと思います。
     グループに分かれたり全員でディスカッションをしたり、時に社外の方で興味のある方や、新卒内定者の方を交じえるなど、会が活性化するように工夫をしています。
     今後も『理念と経営』を通じて、価値観を共有し、さまざまな人の考え方などを学べる場として、楽しい会を心掛けたいと思います。

  • コロナ禍で集まれなくても 委員会で学びの情報を共有する

    株式会社まなぶ 
    牛丸美由紀

     当社は愛知県西尾市で、障がいのあるお子様を支援する施設「放課後等デイサービス ココトモ」を、現在五カ所運営しています。
     「子どもたちと未来を創る」という経営理念のもと、通所されるお子様たちへ自立と就労に向けた支援を提供させていただき、地域社会と共に笑顔溢れる未来を創ることを目的としています。
     以前の共に学ぶ会は、スタッフ全員で集まりグループ分けをして開催していましたが、新型コロナ対策のため集合できなくなりました。
     現在は「ココトモ理念委員会」が中心となり、毎月、施設ごとに共に学ぶ会を行っています。そして、Zoom(Web会議サービス)で行う全体会議の場において「どんな共に学ぶ会を行ったのか」を理念委員会から報告し、全員で学びの情報共有をしています。
     「一人ひとりの考えや思いが引き出せた」「共に学ぶ会で意識や気持ちが高まる」「ワンチームとしての団結力が強くなる」といった声が上がっています。これからも状況に合わせ工夫した共に学ぶ会を継続していきたいと思います。

  • 相手を知り、より良い 人間関係をつくれる場

    株式会社NTSロジ 
    滑川恵三

     当社は、二四時間三六五日、対応可能な「定温物流」を強みとしている物流会社です。雨や雪、台風の日でも、地域の皆さまの〝当たり前〟を支えるため、安全、確実、迅速にお預かりした商品をお届けしております。  
     『理念と経営』の共に学ぶ会を導入する前は、〝仕事は黙ってやれよ〟という昔ながらの雰囲気があり、上司や先輩に意見を言えない若手社員やパートさんがいました。  
     しかし、上層会議で行われていた『理念と経営』の共に学ぶ会を事業所で開催することで、雰囲気が変わるのではないかと思い導入しました。すると、今まで見えなかった仲間の一面がたくさん見えてくるようになりました。そして、己を知り、相手を知ることで、より良い人間関係を築くことができるようになり、事業運営のヒントをもらえる場にもなっています。  
     現在は、コロナ禍でオンライン環境を整備していただいたことで、離れた別事業所の〝家族〟とも気軽に学びを深める素敵な時間をつくることができています。

  • 会を通して経営理念を つくることができた

    株式会社稲田石材加工店 
    稲田拓也

     当社は間もなく創業一〇〇年を迎える岡山県倉敷市の石材加工店です。三代目社長が、「今のままではいけないのではないか」という不安を抱いていたことや、ある研修を受けたことをきっかけにこの共に学ぶ会を〝ミーティング〟と称し、月一回行い始めました。
     事務員以外は家族で営んでいるので、「何となく伝わるだろう……」というなれ合いのような関係性がありました。しかし、このミーティングを行うようになって、設問に対する考えを発表していくなかで〝家族〟としてではなく、〝働く仲間〟として考え方を再認識し、スムーズに仕事が行えるようになりました。
     また、一人ひとりの仕事に対する意識が向上しているのではないかとも思います。何よりの成果は、ミーティングを通じて全員で経営理念をつくることができたことです。それによって、全員で一つの目標に向かって進めるようになりました。
     今後も「報恩感謝」という経営理念のもと、地域に根付いた石屋になれるように日々、丁寧に石とお客様に向き合っていきたいと思います。

お問い合わせ

購読に関するお問い合わせなど、
お気軽にご連絡ください。