導入企業の声

  • アイ・ケイ・ケイ株式会社 様

    アイ・ケイ・ケイ株式会社 様

    いい雰囲気をつくると、いい人が育つ環境が人を育てるんです

    続きはこちら
  • 今別府産業株式会社 様

    今別府産業株式会社 様

    先輩社員、後輩社員の現場での苦労・お客様に対する想いを語り合い共有することで、一体感が生まれ、絆、社風が変わりました。

    続きはこちら
  • 株式会社田村写真館 様

    株式会社田村写真館 様

    『理念と経営』共に学ぶ会はもうすぐ丸6年になります。"ずっとやり続けてきた"からこそ皆が勉強会を楽しいと思うようなりました。

    続きはこちら
  • 能勢鋼材株式会社 様

    能勢鋼材株式会社 様

    2007年10月号に掲載していただいたことをきっかけに『理念と経営』共に学ぶ会を導入、今では月を追うごとに成長していく80名の社員が出来ました。

    続きはこちら
  • リクロー株式会社・株式会社プローバー 様

    リクロー株式会社・株式会社プローバー 様

    『理念と経営』共に学ぶ会の開催率は100%、社員の参加率も90%!良いコミュニケーションは業績アップに繋がります。

    続きはこちら
  • 株式会社武蔵境自動車教習所 様

    株式会社武蔵境自動車教習所 様

    月に一度の勉強会を行うことにより社員一人ひとりが考え・行動し仕事観や人生観に良い影響を与えました。

    続きはこちら
  • 水谷工業株式会社 様

    水谷工業株式会社 様

    『理念と経営』共に学ぶ会を開始して5年が経過、座学に対する職人さんの抵抗が無くなり、仲間や仲間の仕事を尊重する風土ができました。

    続きはこちら
  • 株式会社トゥルース 様

    株式会社トゥルース 様

    離職率が高く理念が浸透しない問題を『理念と経営』共に学ぶ会を導入したことで、お互いの考え方を理解できるようになりました。

    続きはこちら
  • 株式会社 たちばな 様

    株式会社 たちばな 様

    部門内と部門外を交互にチーム編成(5名)で勉強会を行い社員同士のコミュニケーションに役立っています。

    続きはこちら
  • 小正醸造株式会社 様

    小正醸造株式会社 様

    毎月掲載されている、「三位一体論」を社員が理解し、現場も管理者も経営的視点を持って行動しています。

    続きはこちら
  • 株式会社ケイ・イー・エス 様

    株式会社ケイ・イー・エス 様

    毎月たったの1時間で経験豊富なベテラン社員と新鮮な考えを持った若手社員の融和が大きく進みます。

    続きはこちら
  • 株式会社大屋 様

    株式会社大屋 様

    「100年企業」を目指すために『理念と経営』共に学ぶ会を月2回開催し、三位一体経営を実践しています。

    続きはこちら
  • 株式会社永楽堂 様

    株式会社永楽堂 様

    『理念と経営』共に学ぶ会を導入したことで「この1ヶ月で成長したこと」「次の1ヶ月で成長すること」自分の課題から毎月目標を決めることができました。

    続きはこちら
  • 株式会社アン 様

    株式会社アン 様

    2006年5月に導入し、現在では社員の経営感覚・意識が大きく育ち、全員参加の経営を行うことが出来るようになりました。

    続きはこちら
  • “学ばざる者食うべからず!” 勉強会で相互理解を深める

    社会福祉法人 平成福祉会 
    中村昌史

     山梨県の東部、大月市、上野原市、都留市、道志村にて特別養護老人ホーム、ショートステイ、デイサービス、グループホーム、居宅介護支援事業所、放課後等デイサービスを運営しております。
     「しあわせを共に〜みんなを“しあわせ”にできる会社にしよう!〜」という経営理念のもと、仲間と共に学び成長するため、二〇一五年より『理念と経営』を用いた勉強会をスタートしました。
     当初は月に一度、法人本部に集まり幹部会議の後に幹部社員のみが五~六名のグループに分かれて行っていました。次第に参加を希望する社員が加わったり、事業所単位で開催したりと、徐々に学びの輪が広がっていきました。現在はオンラインに切り替えて行っています。
     勉強会を行うことで、社員同士の相互理解が深まり、これまで以上の絆が生まれています。また、異業種の経営者の方の話や考え方に触れ、視野や思考の幅が広がっているように感じています。
     平成福祉会では「学び=仕事」です。“学ばざる者食うべからず!”の気持ちでこれからも学び続けます。

  • 考えを承認するスタンスで コミュニケーション力を高める

    株式会社ミンナのシゴト
    川田有子

     私たち「ミンナのミカタぐるーぷ」は、栃木県鹿沼市で「日本から障がいという言葉と概念を無くす」というビジョンを掲げ、就労継続支援A型事業所・就労継続支援B型事業所・就労支援事業所特化型お仕事マッチング業を展開しております。
     共に学ぶ会は、社員さん一四名を二グループに分け、それぞれの発表に共感し、考えを承認するスタンスでコミュニケーションを図っています。
     会を導入した頃は、自分の考えを発表するのが苦手だった社員さんや、自分の考えを押し通す社員さんもいました。しかし今では「そういう考えもあるよね」「私はこう思うけど、皆はどう思う?」というように固定概念にとらわれず、さまざまな考えを承認できるようになり、発想と視野も広がりました。
     毎月司会進行を交代制にすることにより、聞き出す力や要約力もつき、実際の現場でもコミュニケーション力を発揮しています。
     今後も共に学ぶ会を通して成長していきたいと思っております。

  • コーチング方式で 緊張感とユーモア醸成

    株式会社アクシエイズム 
    小林三希子

     私たちは、「マイホームで資産作り応援」というコンセプトで、中古住宅のリノベーション企画施工を行っています。創業二〇期目となり、ようやく理念が浸透し始めて、幹部、現場やお取引業者さんが一体となって、共に学ぶ会を開催できる状況になりました。
     現在は月に一度、土曜日夕方にお弁当を食べながら行っています。意識しているのは、全員が経営者意識や顧客目線や現場意識を持つことで、チーム力を最大化できる! という思いで、設問にあたることです。
     コーディネーターは、持ち回りで行い、新鮮な雰囲気です。先日は、記事をもとに、ボードや木材をフル活用する方法について意見交換しました。「廃材利用でファブリック作りはどうか?」「ゴミが減ればコスト削減になり、顧客満足もUPするのでは?」など、いろいろな意見が飛び交い、現場の問題解決に繋がっています。
     共に学ぶ会のディスカッションは、徳目朝礼同様に、グループコーチング方式で行うと、心地よい緊張感と、ほどよいユーモア溢れる雰囲気が醸し出されます。楽しさの中でも本気の問題解決や生産性向上への意見交換なども活発で、成果に繋がるチーム作りにとても役立っています。
     先日は創業二〇周年記念のお祝いもしていただきました。普段はお誕生日のお祝いなども行い、思いやり溢れる会となっています。

  • 設問を通して考えを深掘りし 自分自身と向き合う

    株式会社CASA 
    西山相在

     弊社は京都市内にて、二軒のスペイン料理店を運営しています。社員・アルバイトを合わせて二五名が勤務しております。お客様の最高に幸せな瞬間にこだわり、料理・空間・サービスに「安心感」を添える事業を行っております。
     勉強会を始めた頃は、やらされ感で取り組んでいた社員もいましたが、あきらめずに数年継続。現在では毎月設問表から一つ選んで各自発表、気楽な雰囲気でディスカッションしております。以下は入社当初から勉強会に参加している社員の声です。
     「日々いろいろなことを考えてはいますが、頭の中で終わることが多く、その都度文章にすることはほとんどありません。しかし、設問を通して自分の意見などを文字に起こすことで、更にその考えについて深掘りし、自分自身と向き合うことができます。設問を取り組むことの良いところだと思います。
     長引くコロナ禍の中、会社の存続のために皆さんさまざまな取り組みをされております。私たちも生き残れるように従業員一同、力と知恵を合わせて乗り切りたいです」
     『理念と経営』の勉強会は社員の成長に欠かせない取り組みです。

  • ディスカッション形式が 新たな発想を生み出す

    株式会社エコ損保
    佐々木和彦

     織田信長の居城であった安土城跡がある滋賀県近江八幡市で保険代理店を経営しております。弊社は創業一三年目で社員数は一四名の会社です。
     共に学ぶ会は、二〇一八年四月二四日に一〇名で始めました。過去の記録を読み返してみると「みんなから承認を得られてモチベーションアップにつながった」という肯定的な意見がある一方、「毎回、本を読んで設問に答えるのがちょっと億劫です」という意見もありました。
     最初は、とにかくまず学ぶ会をやってみようという状態でした。そこから一年後には経営理念の浸透と社風の向上を目指す「理念委員会」が共に学ぶ会の運営を始めました。委員会でどの題材にするのか、どんな設問にするのか、などを事前に考えています。最近は六〇分の開催時間の間に二つの題材について、素晴らしいと感じたことと自社や自分で実践できることを中心に話し合っています。
     ディスカッション形式にすることで一人の意見から別の人の「さらにこうしたほうがいいのでは」「こんなことしたら面白いかも」などの意見に繋がります。
     新たな発想が生まれる場となり、素晴らしいと感じています。今後も続けていきます。

  • 毎回の課題や企業事例を通して お互いを承認し合う社風を育む

    株式会社現代設計事務所
    奥村忠司

    弊社は岐阜県大垣市で一般建築物の設計監理と住宅の設計施工、また起業支援と空き家のマッチングを主な事業としています。
    社内コミュニケーションの活性化と、全国の素晴らしい企業事例に触れる中で社員さん一人ひとりの経営者意識を育み、全員経営の会社にしたいという思いから、勉強会を導入いたしました。
    共に学ぶ会は、毎回課題ページを担当の社員さんがあらかじめ抜粋します。その課題ページについて思ったことや自社の課題、改善点などを社員一人ひとりが考えます。その後、それぞれが発表をし、他の社員さんがフィードバックをするという方式で進めています。
    最近では、各企業様の事例に触れる中で、自社へどのように落とし込んでいくか、具体的な意見が出るようになりました。また、それを実際の業務に反映することもできており、非常に有意義なコミュニケーションの時間となっています。
    お互いの考えをより知る中で、お互いを承認し合う社風を育んでいきたいと思います。

  • 社員が価値観を共有し、 働く意味や気づきを得る

    株式会社 Smile Carz 
    森川 完

     当社の設立は八年前の二〇一三年八月。自動車販売店として、代表と整備士二名だけのスタートでした。
    「地域の方に安心で安全なサービスを安価で提供する」というスタイルが受け入れられたのか、認知度も少しずつ上がってきました。おかげさまで従業員の数も増えてきて、するとやはり社員同士が価値観を共有する場が必要となってきます。共に学ぶ会の実施は、必然だったといえます。
    「いろいろな企業の苦労話に接し、自身の苦労はまだまだだと思う。学ぶ会に参加するたびに、自分の中に粘り強さが生まれていくのを感じる」「ただ働くだけでなく、どうして働くのか、意味を見いだすようになった」「日々の仕事に追われる中で、貴重な社員同士のコミュニケーションの場となった」など。
     各社員、得ているものはさまざまですが、皆一様に期待感を胸に学ぶ会に参加しています。当社のさらなる成長のため、学ぶ会をフルに活用し、社員全員が気づきの力と経営者の視点を持ちたいと思います。

  • 社長のメッセージから 広い視野で業務を見つめ直す

    株式会社りんけい 
    古川和美

     私たちは、障がい者の就労支援を行っております。現在、設立九年目を迎え、約三五名の方にご利用いただいております。
     作業や他者とのコミュニケーションによって肉体的にも精神的にも疲弊してしまう利用者様を丁寧に見守り、自宅以外の安心できる場として過ごしていただけるよう、日々の体調や精神面を見極めてサポートを行うのが、私たちの仕事です。
     利用者様を支えながら、利用者様に前を向いていただくことを目的としているため、利益だけを追求していくことが難しい職業ですが、もちろん利益も生み出さなくては成り立ちません。
     私たちは「理念と経営」を毎月購読し、勉強会を行って社長へ設問表を提出しています。社長から一つひとつにメッセージをいただく中で、利用者様の支援にのみ重点を置いて考えるのではなく、さまざまな角度から業務を見通していく姿勢を持ち続けることが必要だと感じられるようになりました。
     これからも職員間での思考の共有を行い、会社の発展のために日々学びを得ていきます。

  • 共に働く仲間の仕事観を知る „成長"に欠かせない勉強会

    G.B.H.hair合同会社
    越路 公美

     弊社は、美容室、トリミングサロン、まつ毛サロン、セルフエステの四事業からなる、栃木県大田原市にある会社です。
     弊社では“MORE GROWTH MORE BEAUTIFUL MORE HAPPY”を経営理念としています。“より成長・より美しく・より幸せに”、自分たちが日々成長することでお客様をより美しくすることができて、それがお互いの幸せに繋がる―という想いが込められています。
     勉強会を始めた頃は、今思うと、代表からやって欲しいと言われたからやっているだけだったように思います。発表に対する質問も浮かばず、逆に質問されると困る、冊子をきちんと読んでいないなど、勉強会の意味を見いだせずにいました。
     しかし次第に自分の仕事に対するこだわりが明確になっていき、仕事の意味を感じられるようになると、共に働く仲間の仕事観を知ることができる素晴らしい場だと思うようになりました。
     今では、経営理念にある“成長”に欠かせない勉強会になっています。

  • 雰囲気の良いディスカッションと 社員の意欲に目頭が熱くなる

    ゆたか建設株式会社 
    安食 保

     私たちは、埼玉県南西部を産地とする「西川材」の杉と檜をふんだんに使い、自然素材にこだわった家づくりをしている小さな工務店です。
     六月の勉強会では、三位一体論についてディスカッションしました。大ヒット映画「鬼滅の刃」をテーマに、二〇代の社員たちがどんなことを感じているのか、とても興味が湧いて、楽しみにしておりました。三カ月前から、試験的に代表と私(専務)抜きで、社員の大工さんとパートさん、計七名でやってもらっていますが、隣の部屋から大きな拍手と時折笑い声が聞こえてきて、とても良い雰囲気でやってくれているなぁと感じておりました。
     提出された設問表を読んでみると、みな「自己成長したい!」「もっと力を付けて社会に貢献したい!」ということが書かれていて、目頭が熱くなりました。代表と私も、こんな社員と共に日々、学び続けられる環境に感謝しかありません。
     鬼殺隊のように、代表と私が前を走る「柱」となって、社員を守り続けます!

お問い合わせ

購読に関するお問い合わせなど、
お気軽にご連絡ください。