導入企業の声

  • 医療法人 草清会いいだクリニック 様

    一番大きい成果は、いいだクリニックのスタッフとして、どう考え行動するべきなのか
            という価値観の共有が図れるようになります。

    月刊『理念と経営』 掲載

    2009年9月号

    2009年9月号

    【女性が主役】
    身の回りのお世話だけでなくその人らしい生活を共に創る

    『理念と経営』共に学ぶ会開催
    ・・・ 2008年6月

    会社名 社会福祉法人天祐会 いいだクリニック
    代表者 飯田 祐里華
    業種 医療
    社員数 65名
    HP http://www.iida-cl.com/

    『理念と経営』共に学ぶ会を導入した経緯

    活気のある社風になりつつあったのですが、更にスタッフのベクトルの向きを合わせたいと考えていた頃でした。当初は月刊『理念と経営』という難しそうなタイトルは、自分には関係ないと感じている様子でした。積極的に挙手する人は僅か、時には否定的な意見を言う人もあり、設問表も未記入の人もチラホラいましたし、強制参加ではなかったので上手に理由を述べ欠席する人もいました。

    『理念と経営』共に学ぶ会導入後の効果・成果

    経営者である私の目的は、健全な価値観と経営的視点をもつスタッフの育成です。
    自分の意見や考えが認められると、やる気のスイッチが入り、前向きで肯定的な意見に変わりエネルギーも高まります。 グループディスカッションを通して、ベクトルの向きは、自己中心から顧客満足の視点に変わっていくのが手に取るようにわかります。いかに、利用者様やそのご家族の立場に立ち広い視野を持った考え方ができ、相手の言わんとする気持ちを察する事ができるのかは大変大事なことです。

    『理念と経営』共に学ぶ会で工夫しているところ

    一番大きい成果は、いいだクリニックのスタッフとして、どう考え行動するべきなのかという価値観の共有が図れるようになりました。スタッフは、自分の休みで利用者様へ「できたらいいなぁを叶える」感動をたくさんプレゼントして、喜ばれています。人の役に立っていると実感することで、自分が成長する事の必要性とスタッフ同士の相互理解を深めることにより、より以上の仕事ぶりになるように頑張っています。導入前には予想していなかった嬉しい誤算が、たくさんあります。

    自社独自の取り組みをされていましたら、その内容を教えてください

    促進役の事前勉強会を開催し、設問に対しの議論が深まるようにしています。
    今は、グループメンバーは毎回くじ引きで決め、色々なメンバーとの交流が図れるようにしています。そして、発表後の相手への挙手と拍手が大きくて活気があります。 他社との合同勉強会の開催では、自分の位置を把握したり、刺激を受けています。
    昼と夜の部開催してパートも出席できる環境づくりをしています。グループディスカッションの後は、全員でパネルディスカッションをし、感想や課題をシェアしています。

    • 社内
    • 社内

お問い合わせ

購読に関するお問い合わせなど、
お気軽にご連絡ください。