参加者の声

  • 話が膨らみ新しい発見が生まれる勉強会

    西阿波支部(徳島県)

    北垣支部(鳥取県)
    谷口 毅

    月に1度、鳥取市で開催しています。メンバーは、飲食業、話し方講師、不動産業、卸売業、保険業など多岐にわたり、年齢層も幅広いのが特徴です。
    お客様と従業員が事業を通じて幸せになることができるよう、研鑽を積むことを目標に開催しています。
    業態も会社の規模もさまざまですので、それぞれ、悩みが異なります。多様な切り口から意見が飛び出すのが良いところです。設問表を中心に議論を行っていますが、話がどんどん膨らみ、脱線することも少なくありません。しかし、話が脱線すればするほど、新しい発見が生まれることもあります。
    私たちの会では、司会者を毎月交代しています。また、設問表の周知や出欠案内なども、司会者が行います。司会者を任せられた場合、参加者以上に『理念と経営』を読み込み、全体に配慮しながら場をリードしていくことが必要です。
    これからも、『理念と経営』を中心として、成長を続けられる会でありたいと思っています。

  • 目標は地域の活性化や経済発展に貢献すること

    西阿波支部(徳島県)

    西阿波支部(徳島県)
    金村 盟

    私たち、西阿波支部は月に1回、約2時間の勉強会を実施しています。
    開催のタイミングによっては参加者が少ない場合もありますが「とにかく継続しよう!」を合言葉に、支部の立ち上げから2年半、一度も休むことなく学びを継続できています。
    西阿波支部は基本的にオープンな会なので、取引先の銀行の支店長やお医者さんが参加することもあります。専門職の方の視点はとても斬新で、新たな気づきや学びにつながっています。
    また勉強会終了後は食事会が必ずセットになっており、場所を変えておいしい食事をいただきながら設問表を深掘りすると、新たな経営の視点が見つかることも珍しくありません。「次回は何を食べる?」とか「あそこのお店がおいしかったよ」などと勉強会の開催をメンバー全員が心待ちにしています。
    今後はさらに学ぶ仲間を増やし、楽しく、質の高い勉強会を継続して開催し、ひいては地域の活性化や経済発展に貢献できるような西阿波支部になることを目指します。

  • 人生や経営の悩みを解決できる勉強会

    東村山支部(東京都)

    東村山支部(東京都)
    黒須 有希子

    当支部では毎月、7~8名のメンバーで勉強会を開催しています。
    いつも明るい支部長の小峯さんを中心に和気あいあいとした雰囲気の中でも、皆、真剣に経営や人生と向き合って学んでいます。
    当支部にはコーチングスキルの高いメンバーがおり、ディスカッションは「否定しない」ことを心掛けています。そのおかげか、この勉強会をきっかけにして経営や人生の悩み、課題を解決できることも多々あります。
    また、参加メンバーも経営者のみならず、社員さんや学生さんなど、時にはゲストも交えて多種多様なメンバーの意見を聞くことができます。多様化の時代にこのような場があることはとてもありがたいことだと思います。
    会場は西武新宿線の久米川駅から徒歩1分の会議室で行い、その後は毎回「深掘り会」と称して懇親会を行っています。「称して」と言いながらも、本当に学びの深掘りしか、してないですが......。ぜひ1度「深掘り会」からでも、皆さんご参加ください。

  • この10年間で私たちが学んだこと

    邑楽町支部(群馬県)

    邑楽町支部(群馬県)
    中村 毅

    われわれの勉強会は、今年7月で10周年を迎えました。この機会にメンバー5名の意見を簡単にまとめてみました。
    「勉強会に参加してよかったこと」に関しては、吉田修次さんが「本を読んで気づくものがたくさんあった」。「普段あまり言えない話をしたり、いろいろな意見が聞けた」と川島靖さん。橋本茂さんは「思い悩んでいたことに向き合え、気持ちを整えることができた」と。また茂木良一さんは「信頼関係ができ、たくさん話せた」と答えてくれました。私は1つひとつの具体的な事例とそれに対するメンバーの意見から、たくさんのヒントをもらったと思っております。
    次に「この10年間で学んだこと」。それぞれ、人に対する優しさ、従業員のモチベート法、また、人との接し方、褒めることの大切さ、コツコツ学ぶとたいていのことはできる、といったことでした。
    最後に「この先10年間、何を大切にしていきたいか」について聞いたところ全員が事業継承、後継者育成を挙げました。
    今後は、学んだことを実行し、結果を出すことに力を注いでまいります。

  • 異業種の経営者の異なった価値観がヒントになる

    山川・鳥澤支部(東京都)

    山川・鳥澤支部(東京都)
    山川 健司

    私たちは、山川支部と鳥澤支部の合同で毎月勉強会を行っています。登録者数23名で、少しでも多くのメンバーが参加できるように、開催は月2回の日程です。
    進め方は、冒頭にフォローアップDVDを全員で視聴し、意図や概要を理解した上で、参加メンバーの抱えている共通の課題に近い設問を1つ選択、もしくは設問の内容を参加者の実情に合わせて変更します。そして改めて読み込む時間を設け、各自発表していくスタイルを取っています。
    DVDの視聴、テーマの設定をした上で読み直しをすることで、個人で読んだとき以上の理解と気づきにつながります。
    異業種の経営者が集まることで、自社や同じ業界の会合では出てこない、異なった視点や価値観の提供を受けられます。それが自社課題解決のヒントになったり、思い込みから解放されると参加メンバーから喜びの声が上がります。
    今後もより多くの仲間を増やし、お互いに成長できる場をつくっていきたいと思います。

  • 続けることで生まれる成果の大きさを実感

    尾崎支部(福井県)

    尾崎支部(福井県)
    寺下 浩二

    私たち、尾崎支部では、毎月1回、経営者の皆さんに集まっていただき、『理念と経営』の勉強を開催しています。この支部ができてからは、3年以上たちますが、いろいろな問題から開催しない時期がありました。
    しかし、会社をよくしていこう、地域に貢献していこうとの思いで再度、スタートさせています。続けることの難しさを感じるとともに、続けることで生まれる成果の大きさを現在、実感しております。
    勉強会で設問表を基に皆さんの意見をいただき、いろいろな視点からの気づきをいただくことができています。また、自社での現在の問題、課題についてお話をされる方も多く、その問題解決に皆さんからたくさんのアドバイスや意見が出ます。それによって、今まで悩んでいたことを解決する方も少なくありません(皆さんの熱いアドバイスで時間が長引くこともあります)。
    私たち経営者は、より多くの情報や知識をインプットすることが大変重要だと思います。これからも月1回の勉強会を開催することと、経営幹部や、社員さんにも声かけをして、今まで以上に活性化した勉強会を開催してまいります。

  • 経営者と社員さんが共に学ぶ、経営者の会

    堺中支部(大阪府)

    横浜中央支部(神奈川県)
    高瀬 誠

    私たち横浜中央支部は、横浜の中心地である中区のメンバーの会議室をお借りして毎月第3木曜日の19時~21時で開催しております。日程と場所を定例にすることで誰でもいつでも参加できる会となっており、2時間限定なので参加者の集中力も高く、毎月10~15名が集まって活気ある討論が繰り広げられています。
    このアウトプットの場を生かすことで、読書というインプットの質が高まっていることを皆、実感しています。
    基本は設問表に沿って進めておりますが、「巻頭対談」と「三位一体論」は必ず取り上げています。経営幹部さん・社員さんも参加されていますので、「三位一体論」では彼らの話からわれわれ経営者が大きな気づきをいただくことも多く大変感謝しております。
    今後はこの中から次世代のリーダーを輩出し、県内に多くの支部を設立して学びの場を広げていきたいと思っております。

  • 会社の向上、社員の幸せな環境づくりを目指す

    堺中支部(大阪府)

    墨支部(兵庫県)
    安藤 由美子

    私たちの歴史をひもとくと、『理念と経営』の創刊と同時期に立ち上げた初代塚口支部から、現在二代目の墨支部として、今年で13年目に入ります。
    『理念と経営』を通して、さまざまな経営者の考えや成功思考、会社の歴史、思いを知り、設問表を使いメンバーの価値観や気づきを聞いています。
    また、設問表とは別に自社の取り組みシートも作り、課題、改善、さらなる会社の向上、人間力の成長、社員教育、幸せな環境をつくる経営者の会を目指しています。議事録などもLINEで共有しております。
    メンバーの付き合いも長く、性格や各社の事情、家庭環境もよく知っているので相談やアドバイスなど本音で言い合えています。懇親会の話題の中心となるのは社員教育ですが、時には家庭や子どもの話にまで発展します。
    墨支部では年に1~2回、「大人の遠足」も行っています。今年は新しくなったパナソニックミュージアムに行き、逆境にもめげない志を学んできました。
    この先も自社が発展と進化を遂げ、人のお役に立ち、地域のためにも学び続けたいと思っています。

  • 失敗談を交えた経験談が若い経営者の心を打つ

    堺中支部(大阪府)

    船橋横手支部(千葉県)
    川和 秀夫

    千葉県船橋市にある(株)ピーターパンの本部会議室で毎月、第1水曜日、19時~22時まで開催しております。
    参加者は千葉経営研究会会員を中心に異業種交流会のメンバーが中心です。第1回勉強会が本誌の創刊当時で歴史もあります。横手会長と細川栄一氏によるレクチャーもあり経営者の視点と最新の社会情勢など深くディスカッションできる場です。
    最近では横手会長の失敗を交えた経験談が若い経営者の心を打ちます。「今ある成功は『学び続けること』『新しいことにチャレンジすること』『失敗は成功の元』」とおっしゃられ、普段では聞けない苦労話が勉強になります。
    設問から問答へ、メンバー皆様のスキルの高さやコーチング形式の問いが、われわれや後輩経営者の学びになることは間違いありません。飛び入り参加も自由です。ぜひ、近隣の方はお越しください。

  • 「喜んで働くことが最高の生き方」を目指して

    七尾石田支部(石川県)

    七尾石田支部(石川県)
    石田 憲司

    私たちは中能登地区(七尾市、中能登町)を中心に仕事をしている経営者の会です。生活基盤創造業(舗装・土木)、オフィス空間創造業、美容業、税理士、農業、地方公務員などさまざまな仕事に関わる参加者で構成されており、毎月1回開催しています。
    開催目的は、複数のメンバーによる学びを継続することで、参加者の皆さんから多くの気づきをいただけることです。設問表に沿って進める学びの場は人と関わるプロセスそのものの楽しさを学ぶ場となり、自己開示をしながら経営改善の機会をいただいております。
    それぞれの職場では言えない発言が場を照らし、笑いがあり、悩みや苦労を分かち合える学びの機会となっています。これは、明日の実践へのステップの希望の発言につながり、そしてそれぞれの行動力、仕事の環境づくりにつながっています。
    事業経営の前に自分の人生の経営をも気づかせてくれるこの学びを通して、仕事が「喜んで働くことが最高の生き方」につながるよう学びを重ねていきます。

お問い合わせ

購読に関するお問い合わせなど、
お気軽にご連絡ください。