1人ひとりが主役となり仲間とともに学びを深める場

カテゴリー: 発売中の「理念と経営」, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

大阪北ブロックで毎月10~12名で開催している東山支部は、メンバー同士のプレゼンで、より実践的な学びを共有し、高め合っているのが特徴です。

Q. メンバーによるプレゼンの時間を設けているそうですね。

A. 私たちの支部は設立から10年以上になります。勉強会を重ねていくうちに、学びを生かして皆さんが各会社でさまざまな改善やイノベーションされておられます。そのような事例を勉強会で共有するとさらに学びが深まっていくということで、勉強会の冒頭にプレゼンの時間を30分組み込み、発表し合うようになりました。

 

Q. プレゼンのテーマはどのように決めていますか? また、頻度はどのくらいですか?

A. テーマは自由です。「自社を皆様により詳しく知っていただきたい」「取り組みをぜひ共有させてほしい」「発表することによって学びがより深まる」という流れで自然に決まっていきます。したがって毎回というわけではなく、頻度もまちまちです。仲間からの質問やアドバイスが大きなヒントになると、2回3回とプレゼンをされたメンバーもいらっしゃいます。また新しく入ったメンバーさんには自己紹介を兼ねてのプレゼンをしてもらっています。

 

Q.「経営者の会」を長く継続するコツをお聞かせください。

A. コツは「決まり事がない」ことだと思っています。会費もありません。日程もその都度、出席者で相談して次回の開催日を決めています。またメンバーの中に飲食業の方が何名かいらっしゃるので、勉強会の会場のご協力をいただいています。開始時刻だけは午後5時からと決めていて、2時間の勉強会の後は、必ずそのお店で懇親会を開催しています。懇親会費用もお店に相談して、ポッキリ価格にしていただいていますので、1回完結型で運営していることで、継続できているのかなと思います。

Q. メンバーへの連絡方法で工夫されていることは?

A. 毎月20日前後に勉強会を開催し、25日頃に次回の勉強会案内と次月号の設問表をメーリングリストで送っています。案内メールの中に前回の勉強会の振り返りを入れるようにしています。「前回はこんな学びがありました」とか「素晴らしい発表に感動しました」などという内容です。あとは開催日の約1週間前に出席確認を促すメールと、勉強会の直前にも参加予定のメンバーをリストにして再確認のメールを送っています。

 

Q. 3回のメール配信でつながりを強固にしているのですね。今後、新しい取り組みなどを予定していますか?

A. 「皆勤賞」の表彰です。まだ去年から始めたばかりですが、1年間毎月欠かさず勉強会に出席されたメンバーに承認と感謝の気持ちをお伝えしたいと考えまして、ちょうど昨年の本誌7月号で紹介されていた「大人の鉛筆」を、ささやかですが皆勤賞として去年12月の勉強会で贈らせていただきました。

経営者の会①voiceK_img201705_01

東山支部(大阪府)
東山 充

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから

http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから

http://www.youtube.com/rinentokeiei

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

「人」が育たない企業に永続はあり得ません

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ, 発売中の「理念と経営」, 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

感動コーポレーションは、「人のココロを動かして笑顔と元気を創造します」を経営理念にした、
仙台市が拠点の販売促進支援会社です。
会社案内やパンフレットといった紙媒体から、ホームページやECサイトなどのインターネットプロモーション商材など、
独自の視点とアイディアで業績アップにつながる販売促進のお手伝いをしています。

 

Q. 社内勉強会の導入をされた目的は?

A. 本誌に登場するのが大手企業や有名経営者ではなく、私たちと同じ中小零細企業というところが素晴らしいと思いました。
経営者だけでなく、幹部社員、現場社員と、それぞれの視点で考えさせられる内容でしたので、
OJTの取り組みの1つとして導入しました。

 

Q. 勉強会開催にあたって工夫したことは?

A. もともと本を読むことに慣れていない社員さんがほとんどでしたので、
「面倒くさい」という意見が多く上がりました。
そこで、まずは勉強会に興味があり、「やってみたい」という社員さんだけで開催することにしました。
お菓子や飲み物を用意するなど、気軽な気持ちで臨める空間づくりにも心掛けました。

 

Q. 社内勉強会を導入したことで、会社に起きた変化を教えてください。

A. 社内のコミュニケーションが活発になり、風通しの良い社風になったと思います。
ざっくばらんに意見を出し合うなかで、
それぞれがどんな考えで業務に臨んでいるのかという点を共有できたことが大きな要因ではないでしょうか。
また、物事を人に伝える能力も目覚ましく向上したように感じます。

 

Q. 御社における人材育成の位置づけ、また、それにかける思いを教えてください。

A. 企業経営は何をするにも「人」がすべてだと考えます。お客様の所に伺いニーズをお聞きすることも、それをカタチにすることも「人」と「人」とのつながりがあるからこそできることです。
もちろん経営者も「人」です。故に「人」が育たない企業に永続はあり得ません。
今後も「人財育成」に全力を投じ、企業経営に臨みます。

voice_img201705_001
株式会社感動コーポレーション
千葉 誠
会社情報:業種/サービス業
社員数/7名(パート1名含む)
社内勉強会導入時期/2008年
◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから

http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから

http://www.youtube.com/rinentokeiei

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

~特集~人が辞めない会社には理由がある

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆様こんにちは。

月刊「理念と経営」お客様係です。

4月も中旬となり、暖かい日が増えて参りましたね!

本日21日月刊「理念と経営」5月号の発売日です★

 

5

 

5月号の特集、社員が定着する組織づくり~人が辞めない会社には理由がある~では、

人財定着に成功している3社の事例を紹介しています。

blog3

ファイル1.自社の使命に共感した人を採用し、離職率0を実現

株式会社王宮 道頓堀ホテル
【取組み内容】

・イベントのアイデアなどは社員に完全に任せる

・採用活動に時間をかけ、社員が一緒に働きたいと思う人を採用する

・入社前には社員のご両親にあいさつにいくなど、社員ひとりひとりを大切にする

・社内勉強会を行ない、社員の成長意欲を刺激する・・・など

コピー ~ blog3

 

ファイル2.よってたかって全社員で手間をかけて育てる

水谷工業株式会社
【取組み内容】

・新入社員は「本日学んだこと、気づいたこと、感じたこと、課題」を書き、

それに対して先輩社員全員がコメントを記入する

・京極社長が週に1回若手と食事をしながら語りあう

・社内勉強会や朝礼を通して職人技術だけでなく、人間力を磨く・・・など

 

ファイル3.新人教育で学ぶ習慣を身につければ、人は挫折しない

喜多ハウジング株式会社

・社会人としての基本的なマナーなどを学ぶ6ヶ月間の早朝研修を行なう

・入社3年の間、毎月本を読んで本の内容を要約する

・自分たちが主導権を取れる仕事へのビジネス転換

・「あの人のようになりたい」と思う先輩をベンチマークし仕事の仕方を学んでもらう・・・など

 

他にも様々な取組みがございます。

企業にとっての最大の資源は「人」です。

人財育成はどこの企業もそれぞれ悩みがあるかと存じます。

ぜひ、こちらの3企業の事例をご参考にして頂けますと幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★月刊「理念と経営」オフィシャルfacebookページの情報はこちら!!
今スグに「いいね」ボタンを押して、貴重な情報を手にしてみてましょう!
⇒ http://www.facebook.com/rinentokeiei

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei
◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

 

 

お客様の声をご紹介します

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

3名様のお客様の声が届きました♢♦

是非、ご覧くださいませ♪

2735a2f4627bdc0b0328d75b830dd738_s

レビュー1

レビュー2

レビュー3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★月刊「理念と経営」オフィシャルfacebookページの情報はこちら!!
今スグに「いいね」ボタンを押して、貴重な情報を手にしてみてましょう!
http://www.facebook.com/rinentokeiei

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei
◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『実践!人が主役の経営』(無料メールマガジン)

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆様、おはようございます。
そろそろ、月刊「理念と経営」5月号の発売日が近づいて
参りましたが、まだまだ4月号の記事をご紹介させて頂きます!!!

本日はメルマガにてお送りしている内容となりますが、
企業事例研究2 富士産業株式会社様です。

image002

——————————————————

☆営業力とサービス力で顧客を拡大

今年4月に都市ガス小売りが全面自由化されましたが、プロパン
ガス(LPガス)は、すでに小売自由化されています。
そのことがあまり知られていないのは、次のような背景があります。

1973年にガスメーターの設置が義務づけられたことをきっかけに、
利用者間で「LPガスは一度契約したら業者を変えられない」という
イメージが広がり、販売業者の間でも「他社と顧客は取りあわない」
という暗黙の取り決めが生まれたのです。そのため、LPガス販売の
世界では長く競争が行なわれない状態が続いてきました。

そんなLPガス業界にあって、富士産業は営業力とサービス力で顧客を
拡大してきました。新築住宅へはもちろん、すでに他社と契約している
家庭やお店に、自社への「切り替え」を勧め、お客様のお困りごとにも
率先して対応してきました。

その根底にあるのは、創業者の「温かい生活を届けたい」という思いです。

社員もその思いを共有し、ガス回りの修理だけでなく水道の配管や
網戸の張り替えなど、さまざまな技術を身につけ、それをお客様に
提供してきたのです。

そんな富士産業も、バブル崩壊により新築住宅の新規着工数が減少し、
少子化で一世帯当たりのガス使用量が激減、競合他社も「切り替え」
の営業をかけてくるなか、少しずつ苦戦を強いられていきました。

——————————————————

☆創業の精神へと原点回帰

業績が伸びていくとき、組織は一致団結できますが、ひとたび
苦しくなると、社員からの不満が表に出てきます。富士産業も
例外ではありませんでした。

打開策になったのが、同社の作村直人社長が打ち出した、既存顧客
への「感謝の訪問」でした。古くからの利用客への訪問をしていく
なか、「わが社は何のためにあるのか」を社長も社員も自問し、
創業の精神へと原点回帰していくことができたのです。

新たなニーズも見えてきました。工務店が少なくなった今、既存顧客
は家のちょっとした修繕をどこに頼んだらいいかと困っていました。

幸い、富士産業には水回りや電気回り、ちょっとしたリフォームに
対応できる技術力を備えたベテラン社員が大勢います。さっそく
2011年にホームサービス事業「ふじまる応援隊」としてサービスを
開始。ガスの検針や地域でのイベントなどの折に、富士産業で解決
できることを発信していきました。

「ふじまる応援隊」のサービス開始から5年が経過した今、LPガス
とともに富士産業の収益を支える一角にまで成長しています。

「将来エネルギーが売れなくなる時代が来るかもしれない。でも、
お客様のニーズをしっかりつかめていれば何も怖くはない」と、
作村社長は明言しています。

——————————————————

同社を取材して、松下幸之助さんの「不況克服の心得十カ条」を
思い出しました。

第一条 「不況またよし」と考える
第二条 原点に返って、志を堅持する
第三条 再点検して、自らの力を正しくつかむ
第四条 不退転の覚悟で取り組む
第五条 旧来の慣習、慣行、常識を打ち破る
第六条 時には一服して待つ
第七条 人材育成に力を注ぐ
第八条 「責任は我にあり」の自覚を
第九条 打てば響く組織づくりを進める
第十条 日頃からなすべきをなしておく

上記を実践すれば、作村社長ではありませんが、
「何も怖くない」と思います。

★この記事は、月刊「理念と経営」4月号に掲載されています。
38~41ページ「企業事例研究2」
【 続きは、4月号の誌面でご確認くださいませ 】

無料メールマガジンにて、
◆今月の「理念と経営」◆をご紹介しています。
是非、ご興味のある方は当社HPよりご登録ください。

こちら⇒ http://www.rinen-mg.co.jp/

image003

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei
◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

【4月号で心に残った記事はどこですか?】

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆さん、こんにちは!月刊「理念と経営」です。

まだ4月ですが、初夏のような気候の日がありますね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

もうすぐ5月号の発売日です!!

その前に・・・

4月号でまだお読みでない記事はございませんか??

もしまだあるな~と思われた方は、ぜひ目を通してみてください♪♪
それが、あなたの心に残る1ページになるかもしれません(*^^*)

月刊「理念と経営」には、毎月約30の記事があります。

322

4月号の社内勉強会用設問用紙では、
【誌面を読んで、人生や職場や家庭、仕事にどう生かすか】
をご記入いただく欄を設けております。

人によって選ぶ記事も違うと思いますし、
同じ記事であっても着眼点が違います。

それぞれの価値観や考え方を共有することができ、
非常に有意義な時間になるかと思います。

どの記事があなたの心に響きましたか?

ぜひ5月号の発売もお楽しみに!!\(^o^)/

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから

http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから

http://www.youtube.com/rinentokeiei

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

成功の法則

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆様、こんにちは。
月刊「理念と経営」お客様係です。

本日は月刊「理念と経営」の発行人である田舞徳太郎
『自己を勇気づける言葉』をお送りしたいと思います。

成功

【 成功の法則 

青年会議所の先輩で、世界一の素晴らしい鋳物工場を作った
株式会社マツバラの松原忠康社長はすごい人だ。
成功に関する学問を徹底してなされ 、
その成功の法則を、「あなたを成功に導く心の習慣」という本にまとめられた。
その中でチャンスはどんな時にくるかを歴史的な成功者の伝記をひもときながらこう語る。

チャンスは、苦労し、疲れ果て、絶望的になる時にやってくるものなのです。
偉業を成し遂げた人が、そのチャンスに出あうのは厳しい試練の中でのことがほとんどなのです。
成功者たちは幼少の頃から大志があったのでしょうか?
あったはずがありません。
ではどのようにして大志に出あったのでしょうか。
それは、その時、その時を最高に生きた人たちであり、また無一文になってゼロからスタートし、
『自分の残された道はこれしかない』という絶対の心構えで行動を開始した人たちです

松原社長が言っているようにどこの国でも、いつの世でも、
人間は追い詰められて法則を手に入れる。

苦しいことに出あったら「しめた!」と思え。

本41gb78qThyL__SX314_BO1,204,203,200_

田舞さん②

 

 

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei
◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

月刊「理念と経営」を贈呈しませんか?

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆さま、こんにちは!

突然ですが、
大切な方や、お取引先へ

月刊「理念と経営」を贈呈しませんか?

「共に学びたい」「日頃の感謝を伝えたい」
そんな思いをメッセージにして、
月刊「理念と経営」に添えてお送りいたします!

2015-09-08_124805

月刊「理念と経営」は中小企業な欠かせない最新の情報を掲載しています。

協力業者様との価値観の共有や、
お取引先やお知り合いの経営者様とより深い関係を築くために、
是非月刊「理念と経営」をご活用くださいませ!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

  ご贈呈された方、受け取られた方の実際のお声です!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 

***私は、こんな思いで贈りました***

今年の1月、私の実の兄に月刊『理念と経営』をプレゼントしました。
社員さんの幸せを心から願い、日々会社の運営と人材育成に取り組んでいる兄は
「この本はイイ!凄い!」と大絶賛。即、社内勉強会を始められたそうです。
お互い、まったく別の会社で働いておりますが、
それぞれ社長を支える経営幹部というお役目をさせていただく中で、
この本からたくさんの学びをいただいております。
人の役に立ち、人を助けられるような立派な人間になり、
尊敬する両親に喜んでもらえるよう、共に成長していきたいと思います。
【株式会社ネットアーツ 常務取締役 八木 由美 様】

***贈呈を受けて***

いつも心に響きます。
経営をしていると大きな環境変化にさらされる中で、
うまくいくとき、そうでないとき、山谷を経験しますが、
記事に取り上げられる経営者の皆さんが、
絶望的と思われる状況の中から希望を見いだし復活、
再生していかれる葛藤や人間的な本音の話が、いつも心に響きます。
私も一人の中小企業経営者として、もつべき心構えをいつも学ばせてもらっています。
【アプリックス株式会社 代表取締役社長 木下 参平 様】

実際のお声はHPで多数ご紹介しております!

⇒こちらご覧くださいませ!

**********************************************************************
ご贈呈くださった方に石川洋先生の

「心の杖 オリジナルスタンド」をプレゼントいたします!
***********************************************************************

image1 (1)

★贈呈のお申し込みはこちら★

 

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei
◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

 

 

無料メールマガジン『実践!人が主役の経営』

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆様、こんにちは。
月刊「理念と経営」お客様係です。

本日は、メールマガジンにてご紹介させて頂いている一部を
ブログでもご紹介させて頂きます。
本日は、企業事例研究の記事に関してです。

☐■☐■☐■☐■企業事例研究☐■☐■☐■☐■

☆「100パーセント下請け」からの脱却を

高校中退して、16歳で塗装業界に入り、2002年36歳で独立。

しかし会社を立ち上げるものの、ほとんどが工務店の新築
物件の塗装、つまり下請けでした。

最初はご多分にもれず元請けからの厳しいコストダウンの
要求に悩みます。受け入れなければ仕事を失うわけですから
たとえ厳しくとも、結局は受け入れざるを得ません。

当然、利益はほとんどでない……。
激しいコストダウン要請、価格競争に巻き込まれ、苦しい
状況が続いていました。

ところが2年目の2003年。転機が訪れます。

自動車保険の、インターネット見積もりの会社を起こした
中学の同級生がマザーズに上場。そこで30億の資本を調達
してあっという間に会社を大きくしたそうです。

当時は、インターネットがそこまで普及していません。
ホームページを出すのは大企業くらい、という時代です。

「インターネットって何だ?」

池田社長は、興味を持って半信半疑でホームページをつくり、
そこに“ペンキの塗り替えをやります”と出してみた。

すると……。

「いや、びっくりしました。直接一般のお客さんからネット
で100万、200万の塗り替えの注文がビュッと入る。タウン
ページに電話番号を載せていた時代には、考えられんこと
です。これはすごい時代に入ったと思いました」

衝撃の出来事を受けて「もう下請けはやめました」。

最初は勇気が必要だったものの、この機会をチャンスと捉え
全部一般の顧客からの直接注文に切り替えてしまったのです。

——————————————————————–

☆とにかく顧客の喜ぶ顔が見たい

「でもやってみて、ネットは入り口だけだ、とわかりました。
お客さんは、実際に塗り替えを頼むとなれば、うちの店を
見に来て、説明も聞いて、見積もりも取ってそれから決断
します。そこは、これまでと同じなんです。ただ、相手が
工務店さんか、一般のお客さんかの違いだけです」

そして工務店の仕事から、直接一般の顧客に対応するために
「塗装をするなら麻布しかない」と思われる会社づくりを
目指そうと考えます。

・とにかく顧客の喜ぶ顔が見たい。
・それも単に満足するという程度ではなく、感動させたい。
・感動すれば「あそこに頼んでよかった」と言ってもらえる。
・何より仕事をした自分たちにも張り合いがでる。

そう考えた池田社長は、顧客からの感動を勝ち取るため
「ダントツの技術力」と誠実さを合言葉に、訓練施設を
つくって徹底的に技術力を磨き、顧客満足に徹しました。

何が何でも施主を感動させたい。

この強い情熱が社員のやる気を引き出し、さらには誠実な
努力がシビアな名古屋の消費者にも受け入れられるように
なります。
手づくりの親しみやすいホームページと相まって、ネット
受注によるペンキ塗り替えビジネスを軌道に乗せることに
成功したのです。

——————————————————————–

☆自分のもつ技術で人に喜ばれる、この体験が自信に

池田社長は2010年に有志12人で「塗魂ペインターズ」を結成
しました。

塗装会社のボランティアで、被災地の仮設住宅や仮設店舗、
塗り替え予算のない学校や幼稚園、公共施設などから依頼
を受ければ自費でどこにでも出かけて行っては塗り替える
というものです。

これまで国内80カ所、海外4カ所のボランティアを実行し、
現在は、会員が130社にまで増えました。

根底にはあるのは「この業界で働く職人の意識を変えたい」
という思いです。

「この業界は、私自身高校中退であるように、どこかで躓
いてしまった人が多いんです。でも、どこかで俺だって
社会の役に立ちたい、価値がある人間だ、ということを
実感したい。そんな欲求がある。そういう隠れたという
か奥底の欲求を満たす部分が『塗魂ペインターズ』のボ
ランティア活動にあったから、どんどん参加者が増えた
のだと思います」

最初はボランティアに行って来い、と親方に言われて、嫌
々行っていた職人が、帰る頃にはスカッとした顔つきにな
るのだそうです。自分のもつ技術で人に喜ばれる、この体
験が自信に繋がり、塗装という職業の値打ちに気づくきっ
かけになるとのこと。

「実際に顔つきが変わっていく仲間を何百人も見ています」

前へ前へと突き進む池田社長の行動力と志。その熱い思いに
多くのひとが共感、共鳴し、じわじわとボランティアの輪が
広がり、さらにはこのボランティアでの経験が自社の経営の
ステップアップの大きな糧にもなっているようです。

現在は、豊田市、名古屋市、桑名市、可児市に支店を出して
これから5年以内に全国に支店を100店舗つくり、7年以内
に上場する、と社員には公言しているそうです。そのための
下準備もすでに完了しています。

思いがあれば、必ず道は拓ける。池田社長の話を伺っていて
改めて実感しました。
たくさんの気づきと示唆にあふれる事例です。
ぜひご覧ください。

【 続きは、4月号の誌面でご確認くださいませ 】

無料メールマガジンにて、
◆今月の「理念と経営」◆をご紹介しています。
是非、ご興味のある方は当社HPよりご登録ください。

こちら⇒ http://www.rinen-mg.co.jp/

image003

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei
◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『社内勉強会はどんな方々にご導入いただいているのか』

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆様、こんにちは。

月刊「理念と経営」お客様係です。

本日は、社内勉強会のご開催を検討中の企業様がお求めのものと
社内勉強会をご開催中の企業様のお声をこちらで紹介をさせていただきます。

\◆社内勉強会導入を検討中の企業様が求めているもの◆/

一番多いのは、、、、

(1)社内での「自社の理念」の浸透

次に多いのは、

(2)社内での人材育成

(3)リーダー幹部育成

(4)社内のコミュニケーションの活性化

このようなことを強化したいと思われていたり、
また、上記の事柄でうまくいかず困っていたり、
もしくは今以上に良い状態を作りたいと思っている方が
興味を持って下さっています。

\◆社内勉強会をご開催中の企業様からのお声◆/

社内勉強会はまず年始に年間スケジュールを全て決めて
取り組むようにしています。
日程を決めて、リーダーを決めた後、まずはリーダーのみで
勉強会(ミーティング)を開催し、何をみんなで話し合いたいのか、
どんな意見交換をしたいのか、会社の方向性はどちらなのか、
等の各勉強会チームで話し合いたい軸を決めます。
その後はそれぞれのリーダーがその軸に沿って勉強会を
開催し、またそれをリーダー同士や社長と共有しています。

それぞれが、意見を言う機会を与えられることで、
「会社の理念」や「目指すべき方向」に意識が向けられ、
改善や、新しい案が出やすくなりました。
また、理念がより浸透しやすくなりました。

というようなお声を頂きました。

何かを決めていたり、強い思いがあって勉強会を社内で
取り入れて下さる企業様が、とても多いです。
「なりたい状態」や「作り出したい環境」をイメージして
勉強会に取り組んで頂けるとより効果を感じて頂けると思います。

ご興味がある方はコスモ教育出版までお声掛け下さいませ(^_^)/
image009

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆
『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei
◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆