現場力が粗利益を決める

カテゴリー: 共に学ぶ会 | 投稿日: | 投稿者:

今回もリフォーム会社での社内勉強会の導入でした。
12年前に独立をされ、岡山にも営業所のあるY社さんでした。

yumex01.jpg

リフォーム部門の会社、施工部門の会社、不動産部門の会社を今回統合し、
新たな社風作り、理念の浸透、コミュニケーションの向上を目的に始めました。

yumex02.jpg

今回、ディスカッションのテーマは「あなたの仕事に更に付加価値をつけるとしたら、どんな価値を付け加えますか?」という課題でした。
施工部門の方々は職人気質でディスカッションに慣れていない方が多かったのですが、現場改善の気持ちは持っていました。
誰もが、いい職場にしたい。お客さまに喜んで頂き、「ありがとう」と言ってもらいたいという気持ちがあることを再確認しました。

yumex03.jpg

私達の仕事にはこれでよい、ということはありません。
更にもっと改善を加え、お客さまにもっと喜んでもらうためには何が出来るかを常に考える社風をつくっていくことです。
お客様の要望や意見を肌で感じるのは現場です。
そして、現場の「報告・連絡・相談」が粗利益に大きな影響を及ぼしています。
コミュニケーション能力の向上はかかせません。

yumex04.jpg

「理念と経営」の勉強会を通してコミュニケーションの向上を図り、逸失利益を出さないようにしていくことが、こうした建築関係では大切なことですね。
協力業者との勉強会が増えてきています。

◆新しい研修のご案内です◆
 『社長と後継予定者・親子のための事業承継特別セミナー』
 →スムーズな事業承継を進めるポイントを総合的な視点からお伝えします。
   日程:10月3日(水)・4日(木)  会場:ホテル ルポール麹町(東京都千代田区)
   =>http://www.rinen-mg.co.jp/seminar04.html

5)「理念と経営」社内勉強会・リーダーフォローアップセミナー
   →社内勉強会リーダーと経営者は無料です。時間 10:00~16:00
     => URL=http://www.rinen-mg.co.jp/seminar03.html
     大 阪: 9月12日(水)・11月1日(木)
     東 京:10月29日(月)
     福 岡:11月12日(月)
     名古屋: 9月 9日(日)・11月28日(水)
     札 幌:10月 3日(水)
     広 島:11月13日(火)
   ※問い合わせ:株式会社コスモ教育出版 TEL:0120-519-114
     
6)理念と経営「経営者の会」「社内勉強会」のお問い合わせ
   TEL=0120-519-114 安井・浜本
   URL=http://www.rinen-mg.co.jp/
    ※導入の件で迷っている人は、御社まで説明に行きます。

製造業での勉強会

カテゴリー: 共に学ぶ会 | 投稿日: | 投稿者:

徳島にある、鋼材加工業の会社に行って来ました。
鋼材を加工し、マンション等の玄関ドアを制作している工場でした。

shimamoto01.jpg

この暑さの中、グラインダーで鋼材を削り、溶接をしていました。
黙々と手際よく作業をしていましたが、こうした物づくりが今日までの日本経済を支えていたんですね。

shimamoto02.jpg

勉強会では最初なかなかディスカッションで発言が少なかったのですが、
「仕事で感じる一番の喜びは何ですか?」という問い掛けに、
「しっかりと仕上げ、不良品を出さない仕事が出来た時。」という答えが返ってきました。
製造現場というのはお客様の喜びの声はなかなか届かないものです。
しかし、自分の仕事に誇りを持ち、きっちりと仕上ていくということに喜びを感じていました。

shimamoto03.jpg

生産性を高めていくための工夫が一人一人のアイデアに留まり、
共有化されていない課題があるように感じました。
今後、社内勉強会を通じコミュニケーションを図り、個人の考えが全員で共有化されていくことでしょう。

社長様と常務さまからは今までこんなに真剣に人の話を聴いている姿勢はなかった。と真剣に話を聴き、ディスカッションに参加されていた社員さんの姿に目を細めていました。

shimamoto04.jpg

◆新しい研修のご案内です◆
 『社長と後継予定者・親子のための事業承継特別セミナー』
 →スムーズな事業承継を進めるポイントを総合的な視点からお伝えします。
   日程:10月3日(水)・4日(木)  会場:ホテル ルポール麹町(東京都千代田区)
   =>http://www.rinen-mg.co.jp/seminar04.html

5)「理念と経営」社内勉強会・リーダーフォローアップセミナー
   →社内勉強会リーダーと経営者は無料です。時間 10:00~16:00
     => URL=http://www.rinen-mg.co.jp/seminar03.html
     大 阪: 9月12日(水)・11月1日(木)
     東 京:10月29日(月)
     福 岡:11月12日(月)
     名古屋: 9月 9日(日)・11月28日(水)
     札 幌:10月 3日(水)
     広 島:11月13日(火)
   ※問い合わせ:株式会社コスモ教育出版 TEL:0120-519-114
     
6)理念と経営「経営者の会」「社内勉強会」のお問い合わせ
   TEL=0120-519-114 安井・浜本
   URL=http://www.rinen-mg.co.jp/
    ※導入の件で迷っている人は、御社まで説明に行きます。

社風の統一

カテゴリー: 共に学ぶ会 | 投稿日: | 投稿者:

以前より幹部社員10名で社内勉強会を開催されていました。
8月号より全社的に購読、開催することになりました。
今回初回にあたり、全員にたいして導入指導を行なうということで伺いました。
ここ最近ホームセンター部門をM&Aしており、4部門になり、
社風の統一と言うことが課題でした。
理念と経営、社内勉強会を通して、理念の共有、価値観の共有を図っていきたいとのことでした。
特に買収をして傘下にはいったホームセンター部門が課題でした。

sumiyosi01.jpg

今回は午前と午後に分かれて全社員さんが参加されまして、
「改善のためのいろんな案がでてきた。」
「テーマが絞られているので、意見が出しやすい。」
「いろんな方の意見が聞けてコミュニケーションがとれる。」
などの感想を頂き、今後楽しみですといっていただけました。
社長様も今後の社風の統一に最適だと仰って頂きました。

sumiyosi02.jpg

くしくもニュースで松坂屋と大丸が経営統合し社風の違いが問題になっていると伝えていました。
歴史が違う会社が一つになるにはまずは価値観・理念の共有が大事になってきます。
その為には、お客さまに何が出来るか、どうしたら「ありがとう」を沢山言ってもらえるようになるか。
そこをどんどんディスカッションしてすり合わせていくことが一番でしょうね。

sumiyosi03.jpg

◆新しい研修のご案内です◆
 『社長と後継予定者・親子のための事業承継特別セミナー』
 →スムーズな事業承継を進めるポイントを総合的な視点からお伝えします。
   日程:10月3日(水)・4日(木)  会場:ホテル ルポール麹町(東京都千代田区)
   =>http://www.rinen-mg.co.jp/seminar04.html

5)「理念と経営」社内勉強会・リーダーフォローアップセミナー
   →社内勉強会リーダーと経営者は無料です。時間 10:00~16:00
     => URL=http://www.rinen-mg.co.jp/seminar03.html
     大 阪: 9月12日(水)・11月1日(木)
     東 京:10月29日(月)
     福 岡:11月12日(月)
     名古屋: 9月 9日(日)・11月28日(水)
     札 幌:10月 3日(水)
     広 島:11月13日(火)
   ※問い合わせ:株式会社コスモ教育出版 TEL:0120-519-114
     
6)理念と経営「経営者の会」「社内勉強会」のお問い合わせ
   TEL=0120-519-114 安井・浜本
   URL=http://www.rinen-mg.co.jp/
    ※導入の件で迷っている人は、御社まで説明に行きます。

今、建築業界は・・・

カテゴリー: 共に学ぶ会 | 投稿日: | 投稿者:

今日訪問しましたK社様は、
肯定的で前向きな状態で、
理念と経営・社内勉強会を開催しておられました。
社内勉強会については幹部様からの要望だったとのことで、
そのことが社長様にとりましては嬉しいことのようでした。
今の建築業界が抱える問題点の話をして、
現場の事例を話をしていき、
協力業者との連携の大切さを痛感されていました。
9月号の現場力を中心にディスカッションをしましたが、
新しい提案が出てきて、社長様は喜んでいらっしゃいました。

maeda01.jpg

社員さんからは、
①「自分たちが発言して、提案することでモチベーションが高まった。」
②「お客様の視点での提案が出てきた。」
③「研修で学んだことを現場に落とし込める。」
④そのほかたくさんの報告を頂戴しました。

K社長からは、
日創研の住関連業・建設支援ネットワーククラブに、
非常に期待をされていました。
今後、全社的に開催し、
協力業者とも勉強会を開催したいと仰っていただきました。
やはり粗利の問題は、
現場での協力業者とのコミュニケーションや工程管理にあるようです。
建築、リフォーム業の課題は、
下請業者とのコミュニケーションや現場管理にあり、
大阪開催・10月31日の、
住関連業・建設支援ネットワーククラブが楽しみな様子でした。

◆新しい研修のご案内です◆
 『社長と後継予定者・親子のための事業承継特別セミナー』
 →スムーズな事業承継を進めるポイントを総合的な視点からお伝えします。
   日程:10月3日(水)・4日(木)  会場:ホテル ルポール麹町(東京都千代田区)
   =>http://www.rinen-mg.co.jp/seminar04.html

5)「理念と経営」社内勉強会・リーダーフォローアップセミナー
   →社内勉強会リーダーと経営者は無料です。時間 10:00~16:00
     => URL=http://www.rinen-mg.co.jp/seminar03.html
     大 阪: 9月12日(水)・11月1日(木)
     東 京:10月29日(月)
     福 岡:11月12日(月)
     名古屋: 9月 9日(日)・11月28日(水)
     札 幌:10月 3日(水)
     広 島:11月13日(火)
   ※問い合わせ:株式会社コスモ教育出版 TEL:0120-519-114
     
6)理念と経営「経営者の会」「社内勉強会」のお問い合わせ
   TEL=0120-519-114 安井・浜本
   URL=http://www.rinen-mg.co.jp/
    ※導入の件で迷っている人は、御社まで説明に行きます。

米子は熱かった

カテゴリー: 経営研究会 | 投稿日: | 投稿者:

米子は熱かった。

今回、米子経営研究会でのオープン委員会にお招き頂きました。
例会とは違う、委員会の事業にも拘わらず62名の方にご参加賜りました。
委員会に先立ち、理念と経営・経営者の会の会議を開催しましたが、そこにも
22名という方々がお集まり頂きました。

yonago01.jpg

理念と経営・経営者の会にも参加し、経営研究会の勉強会にもご参加している方が多く、「一度ではなく二度行なうことで、しっかり読み込むことができる。」
「読み直すとまた、違った発見があったりする。」「一ヶ所で参加できないときにはどちらかに参加できありがたい。」といった前向きな意見を多く頂きました。
ある方はJCのメンバーばかりを集めて勉強会を行なっており、「真剣に経営のことを話す場になっている。」「自分の会社のことを見つめなおすよい機会になっている。」とお話し頂きました。
「この本はただ読むだけではなく、自分をオープンにしてディスカッションしたり、自社のことを語ることに意義がある。」
経営者の会の存在意義はここにあるのだと感じた次第です。

yonago02.jpg

その後の経営研究会では、62名の方々にご参加頂きました。

地方経済を取り巻く環境は厳しいのにも拘わらず、こうして真剣に勉強会に取り組まれている所があることは心強い思いを致しました。
こうした時だからこそ可能思考が重要で、経営者こそがその姿勢を見せていかなくてはいけないのではないでしょうか。

yonago03.jpg

◆新しい研修のご案内です◆
 『社長と後継予定者・親子のための事業承継特別セミナー』
 →スムーズな事業承継を進めるポイントを総合的な視点からお伝えします。
   日程:10月3日(水)・4日(木)  会場:ホテル ルポール麹町(東京都千代田区)
   =>http://www.rinen-mg.co.jp/seminar04.html

5)「理念と経営」社内勉強会・リーダーフォローアップセミナー
   →社内勉強会リーダーと経営者は無料です。時間 10:00~16:00
     => URL=http://www.rinen-mg.co.jp/seminar03.html
     大 阪: 9月12日(水)・11月1日(木)
     東 京:10月29日(月)
     福 岡:11月12日(月)
     名古屋: 9月 9日(日)・11月28日(水)
     札 幌:10月 3日(水)
     広 島:11月13日(火)
   ※問い合わせ:株式会社コスモ教育出版 TEL:0120-519-114
     
6)理念と経営「経営者の会」「社内勉強会」のお問い合わせ
   TEL=0120-519-114 安井・浜本
   URL=http://www.rinen-mg.co.jp/
    ※導入の件で迷っている人は、御社まで説明に行きます。

公共事業からの脱皮

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

初の山陰地方です。
今回は鳥取で土木工事のコンサルタントを行なっている会社に伺いました。
メインは公共事業です。この厳しい中逆に業績を伸ばしてこられた会社さんです。
理念と経営・社内勉強会は既に取り組んでいらっしゃいますが、
自社の社員さん向けともう一つ地域の商工会青年部の方々にも話をして欲しいとのご依頼で伺いました。

tottori01.jpg

鳥取は建築・土木工事に携わる方が多いです。
これは鳥取に限らず、地方での特色です。
公共事業が減少し、手をこまねいている会社さんが多いとのことです。
公共事業を取ってくる営業と民需の営業とは根本的に違います。
やはり民需の仕事を取ろうと思うと提案力が大事になってきます。
お客様のメリットは何なのか、顧客のニーズ・ウォンツを掴み説得力のあるプレゼンが必要となります。しかし、公共事業に依存していたところはここの意識の転換が出来ないのです。
そのことを今回強くお伝えしました。

tottori02.jpg

商工会青年部の方も「こうした勉強会をとおして視野を広げ、他の業種・業界がどのような努力をしているのかもっと勉強をする必要がある。」と感想を述べられていました。
今後、お呼びいただいた社長様中心にこうした勉強会が開かれることは地域の活性化に繋がるものと確信しました。

tottori04.jpg

思いのほか意見は出るもの

カテゴリー: 共に学ぶ会 | 投稿日: | 投稿者:

K社はしっかりと増収増益を続けておられる会社です。
人材育成には力を入れておられています。
この日は夜の7時半から勉強会を開催しました。
社長様が理念と経営の記事に掲載されたこともあり、
社内勉強会というのがあることはご存知でしたが、
実際どのようにやるのかイメージが出来ないとのことでした。
社員さんも最初はいきなりで照れもあり、大人しい感じでしたが、
ディスカッションを行なっていくうちに段々と積極的に意見を言うようになりました。

kamaya01.jpg

社長様はこんなに意見が出るものとは思わなかったようで、
「自主性が生まれてきそうだね。これからが楽しみです。」と仰っていました。

いつも私が経営者の方々にお伝えしていることは、「社員さんを信じること。」
の大切さを言っています。
やはりここが原点でしょうね。

kamaya02.jpg

お客様の声は現場が一番よく知っています。
その現場では「もっとこうしたらお客様によろこばれるのに。」とか
「ここは改善したほうが、生産性があがるのに。」とか思っています。
それがいつの間に「そんなことしたって・・・」「誰かがやるだろう・・・」
と思って言わないままのことが結構あるものです。

kamaya03.jpg

社内勉強会の良さは、「自分たちの意見で会社は変わるのだ。」という自信を持たすことにあります。
折角働く会社だもの、いい会社にしたいと誰もが思っています。
まずそれを信じていきましょう。

写真館も変化してます。

カテゴリー: 共に学ぶ会 | 投稿日: | 投稿者:

T写真館

写真館さんも今や大きく変化してきています。
まるで貸衣装屋さんのようにたくさんの衣装を置いて、
結婚式の写真から、子供の七五三の記念写真などの写真を撮っていますが、
イベント業でもあります。
昔の町の写真館というイメージではありません。

tamura01.jpg

今回訪問した会社もそうした写真館に変身し、業績を上げられていらっしゃいます。
「理念と経営」を活用した社内勉強会は今までは幹部さんのみの開催でしたが、
全社員さんで行なっていかれる計画です。
そこで、今回は経営計画発表会を活用しまして「社内組織活性化のための勉強会」と題しまして行ないました。

tamura02.jpg

お仕事はお客さまに感動を与えることが仕事です。
顧客満足に対しまして非常に関心の高い皆さんでした。
「求められる人材像」についてディスカッションをしましたが、
活発なディスカッションでした。
日頃から経営理念にしっかり盛り込まれており、自覚の高い社員さんばかりでした。
この日はマナー研修も組み込まれており、今後自分たちがどのようにお客さまに接することが顧客満足に繋がることなのかより理解が深まったのではないでしょうか。

tamura03.jpg

今月の企業事例

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

今月の読みどころです。

企業事例研究PARTⅠ
『将来についてはわかりません 大切なのは「今」です』
創業480年、室町時代に京都を発祥の地とする老舗企業、虎屋17代目当主黒川社長に企業永続のポイントをお伺いし、簡単にまとめてみました。

・「会社は人で、人の縁で成り立っている。ですから人に対しての気配りを色々な場面で行うことが大切と考えています。」
・「美味しい菓子を作ることが基本にありますが、大切なのはお客様に喜んで頂くこと、(中略)、社員には常々このように言っております」
・「誠心誠意仕事してお客様に喜んでいただく、このことだけは変えてはならない」
・(人財育成について)「要は働いている人に満足してもらえること、そうでなければ社員にもっともなことを言っても伝わらない」
・「将来についてはわかりません、後で理由付けはできますが。大切なのは今です。」

企業事例研究PARTⅡ
『“安く、早く、安全に”だけではあかん
環境を配慮せんと生き残れない』
紀州・和歌山に得意先ばかりでなく、他社のドライバーからも評判のいい運送会社がある。まもなく創業40年を迎える酒本運送。父と兄の急逝による突然の社長交代で、阪本享三社長の苦労の末に掴んだ経営者が持つべき考え方とは・・・

・「社員一人に対して三人の扶養家族がいると思って経営しなければならない」
・「いい道具をもってこそ、いい仕事ができる」
・「自分たちがコスト意識を持つことで、それはそのままお客様の利益につながる」
・「お客様に愛され必要とされる会社になり、必要とされる人間になる」(経営理念)
・「僕らの仕事も、お客さんが望むことを考えていかんとあかんのです。お客さんの立場に立って物事を考えることで、新しい知恵が湧くんです」

上記の詳しい情報に関しましては、「理念と経営 8月号」に掲載しております。

この笑顔が一番の我が社の強みです。

カテゴリー: 共に学ぶ会 | 投稿日: | 投稿者:

福島にある看板の製造、取り付け工事をおこなっているC社さんから
嬉しいお便りが来ました。

社内勉強会をおこなっているリーダーさんからです。
素晴らしい笑顔の皆さんです。

 我が社では毎月一回社員全員で『理念と経営』の設問表を基に
社内勉強会を開催しております。

%BD%B8%B9%E7%BC%CC%BF%BF.jpg

 この勉強会を始めて、皆の考え方や物の見方、
仕事に対する取り組みの姿勢など普段の会話の中からは見えない部分が色々と見えてきました。
お陰でコミュニケーションがとても良くなってきました。

 各年代から色々な視点での話が聞けるので、
自社の理念に基づいた考え方を解り易く説明できたり、
逆に新たな視点での考え方を教えてもらったりと聞く側・話す側双方で学ぶ事が沢山あります。
この勉強会の開催により我が社の経営理念やお客さまに対する節し方、仕事に対する価値観など
ベクトルを合わせ易くなったと思います。

なんと言っても皆さんの笑顔が素晴らしい。
仕事を前向きに肯定的にしている証拠ですね。
こちらが元気を頂きました。