『ありがとう』と言われて全てが変わった

カテゴリー: お知らせ, 月刊誌の読みどころ, 発売中の「理念と経営」 | 投稿日: | 投稿者:

皆さん、こんにちは!
月刊「理念と経営」です。♪(*^_^*)

思わず涙ぐみながら読んでしまいました。

東日本大震災で大切な息子を失った高澤安志さんと啓子さん。
長男の啓樹さんは享年32歳でした。

「息子に言った言葉は正しかったのか。
もっと優しくすればよかったのではないか。
俺たちの息子で幸せだったのか。」

後悔が安志さんの心を埋め、追い詰めました。

1か月後、安志さん達は遺品を整理しようと、震災後初めて啓樹さんのアパートに入りました。
遺品を整理していた時、小さなメモ帳を見つけたのです。
“心に残るありがとうカード”と印刷された紙には紛れもない息子さんの字で安志さんへの思いが綴られていました。

「色々考えて本当に苦しかったけど、『ありがとう』と言われて全てが変わった」
大切な子供を先に亡くすというのは親にとっては耐え難い苦しみです。
しかし、一枚のありがとうカードに書かれた息子さんの『ありがとう』というその言葉で
安志さんは変わられました。

有難うあーど

このお話しは、月刊『理念と経営』4月号 心に灯をつける 人生の話

息子よ!天国から届いた「ありがとうカード」P.68~に詳しく掲載されております。

ガンジーの言葉にもあります。
「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。」
今日が人生最後の日かもしれないと思い、感謝の気持ちを素直に周りに表そうと私自身も思います!

理念と経営2017年4月号はこちらをご覧ください。
ありがとうカードにご興味ございましたらこちらをご覧ください。
皆さまからの「ありがとう」を集めました。第6回 心に残るありがとう(短編集)

親子がぞうyjimageXJCB0CE3

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei
◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

社員さんと共に学ぶ、「経営者の会」でありたい

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

つくば支部(茨城県)
直井 豊

K会②_img201704_02

私たちの支部は、2015(平成27)年9月に発足しました。発足時は5名の会員からの出発でしたが、今では人数も増え20名前後で開催しています。学ぶ仲間が増えてくるとさまざまな意見が聴け、会の活性化にもなります。
毎回違うメンバーとのディスかションが気づきの幅を広げ、マンネリ化防止にもつながると感じています。5~6名のグループでディスカッションを行ない、設問表もコスモ出版さんからいただいたものを忠実に使用しています。
この会の良さは、経営者だけでなく、幹部さん、社員さんの参加が多いことです。お互いに多くの気づきがあります。会社の中では聞けない意見に目から鱗が落ちる思いです。われわれは日ごろ、社内のコミュニケーションに力を入れていますが、社員さんたちが、この勉強会を通じて社外と社会のつながりを意識してくれれば幸いです。そうなるためには、まず、経営者自身が学ぶ姿を見せなければならないと感じております。

「郷中教育」の精神を受け継ぎ共に学び続ける

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

肥後支部(鹿児島県)
肥後 貴史

K会①_img201704_01

「楽しく」をモットーに毎月1回、設問は1〜2問、キッチリ2時間で開催しております。今回は今別府支部との合同勉強会でした。どの設問を取り扱うかは若いメンバーの現状の課題に照らし合わせて決めてもらっています。

1人ひとりの発表に対し質問を通して深掘りを図り、さらには先輩経営者にアドバイスをもらうという流れで運営を行なっております。
学ぶだけではなく実践してこそ意味があるという観点で、勉強会終了後は各人のアウトプット(どう実践に生かすかというまとめ)を行ない、次月の勉強会では「実践してどう変わったか?」という確認をし合っています。先輩からのフィードバックをいただくこともしばしばあります。
鹿児島にはかつて先輩が後輩の面倒を見る、教育する、という「郷中教育」がありました。この「郷中教育」こそが、幕末から新しい日本を創り上げた「薩摩の基礎」となりました。私たちも郷土の偉人の精神を受け継ぎ、微力ではありますが「日本の再興・発展」に寄与すべくこれからも共に学び続けてまいります。

 

 

「読まれている」という意識が取り組み姿勢を変えた

カテゴリー: 発売中の「理念と経営」, 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

ザッツ・コーポレーションは、大阪市に6店舗を展開する地域密着型の美容室です。「快適空間の創造」という理念のもと、お客様1人ひとりの要望に合わせたヘアスタイルを提供するために、スタッフの人間力向上に力を注いでいます。

Q. 社内勉強会の導入をされた目的は?

A. これまでは、理念の浸透と意思統一を目的に定期的に個人面談を行なっていましたが、スタッフが増えるごとに時間の調整がしにくくなっていました。そこで、勉強会がそうした場になればと思い、始めました。

Q. 社内勉強会を導入したことで、会社に起きた変化を教えてください。

A. 初めは経営者を含めた店長・副店長メンバーで開催していましたが、記事の感想止まりで自社への落とし込みまで話が及ばず、設問表も書き込みが少ない状況で、活発な会とは言えませんでした。
ところが、導入2年目に思い切って全社員参加に切り替えたところ、若いスタッフを中心に熱心に参加してくれたのです。「先輩・後輩が共通のテーマでディスカッションする」ということを楽しむことで、お互いを理解し、人間関係の向上にもつながっています。

Q. 導入に成功した要因は何だったと思いますか。

A. ある時期から、スタッフが記入した設問表すべてに経営者が赤ペンでコメントを書いて返却するようにしました。すると、「読まれている」ということを意識して、よりしっかり記事を読み、自分の考えを書くようになりました。
経営者にとって、社員さんの考えていることがわからないことほど不安なことはありません。コメントを書きながら気づかされることも多く、経営者にとっても一番の勉強になっています。

Q. 御社における人材育成の位置づけ、また、それにかける思いを教えてください。

A. 美容業界は人材育成に尽きます。技術はできて当たり前で、その技術をどれだけお客様満足に結び付けられるかは、相手の気持ちを汲み取る能力にかかっています。さまざまな企業の事例は、考えを幅広くもつための知識の源となっています。

voice_img201704_001

ザッツ・コーポレーション株式会社
藤内 義久
会社情報:業種/美容業
社員数/54名(保育士3名含む)
社内勉強会導入時期/2007年

 

【出光佐三氏の経営語録】

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

おはようございます!月刊「理念と経営」です★☆

東京では、全国初の開花宣言が出されたということで、
春の陽気がどんどん近づいております。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さて本日は、月刊「理念と経営」4月号掲載の
記事をご紹介いたします(^^)♪

あなたが昨年見た邦画の中で印象に残ったものは?と質問された時、
どのような映画のタイトルが思い浮かぶでしょうか。

「君の名は。」や「シン・ゴジラ」などもありますが、

「海賊とよばれた男」

a3f18d8eaca59495fec7dd8b072a9cf2

を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
恐らく、原作のファンの方も多数いらっしゃるかと思います。

主人公のモデルになったのは・・・

出光興産創業者出光 佐三

①

と言われています。

私も映画を見た中で、
創業者として、経営者として、そして日本の未来を創る者としての
覚悟をもった生き方に感銘を受けました。

月刊「理念と経営」4月号の中で、
出光佐三の経営語録を多数掲載しています。

皆さんはどの言葉が一番響きましたか?

少しだけご紹介いたします。

*損して得とれ 金はもうけなかったが、得意先をもうけささえる
*学問の奴隷になるな、卒業証書を捨てて、世間から学べ

②

言葉の1つ1つに解説も記載しております。
ぜひ皆様ご覧になっていただき、一番響く言葉を
探してみていただけますと幸いです。

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから

http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから

http://www.youtube.com/rinentokeiei

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

本日発売!月刊「理念と経営」4月号!

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆様、こんにちは。
月刊「理念と経営」お客様係です。

今日は、3月21日!
毎月21日は、月刊「理念と経営」の発売日です!!(^^)/

皆様の手元には4月号は届いておりますでしょうか?

image031

先週、金曜日のブログでも読みどころはご案内させて頂いておりますが、
読みごたえのあるラインナップになっております。

巻頭対談では、
「靴下屋」タビオ株式会社の越智会長 にご登場頂いています。
「夢や理想があれば、自分の個性がその理想に向かって発揮される」と越智会長は
社員さんたちに伝えられているそうです。幅広い立場の方々の学びを
与えてくれる記事となっておりますので、ご一読頂けましたら幸いです。

「順境にいて悲観し、逆境にいて楽観せよ」という記事では、
出光佐三の言葉、経営語録をご紹介しております。

特集では、
「トップが明かす、社員に感動したその瞬間(とき)」
―「君がいてくれてよかった」この一言を目指せ!

という記事を掲載していますが、こちらでは様々な企業様の
エピソードを紹介させて頂いております。
「人財」とは何かを考えるヒントに是非ご覧くださいませ。

興味のある方はこちらからどうぞ。

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei
◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

~~月刊『理念と経営』2017年4月号の読みどころ~~

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

無題

 

◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆◇

★最新★((毎月21日発売!))
~~月刊『理念と経営』2017年4月号の読みどころ~~

◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆◇

陽春の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、春の暖かな陽気とともに、新年度がスタートしますが、
皆様は、どのような意気込みを持ってスタートを切ろうとお考えでしょうか。

幕末維新の儒学者『春日潜庵』の言葉に「人生劈頭一箇の事あり、立志これなり」
(人生で最初にやらなければいけないことはたった一つ。それは志を立てることだ)
というものがあります。志は自分の行動の全てを左右します。
そして、志をもつことで個々の個性が発揮されていくものです。

今月の月刊『理念と経営』巻頭対談では、
タビオ株式会社代表取締役会長の越智直正氏にご登場いただき、
志や夢を持つことの大切さについてお話をいただいております。

また、他にも「世の中のため、お客様のため」という
熱い志を持った企業様が多数掲載されています。

理念と経営4月号が、今一度ご自身の志や夢を考える
きっかけになりましたら幸いです。
今月号も読みどころ満載です!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

巻 頭 対 談  王道の経営―真価に挑む
~競争という覇道に入って経営の楽しさを失ってはいけない~

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

タビオ株式会社
代表取締役会長 越智 直正 氏
- VS -
株式会社ローランド・ベルガ―日本法人
会長 遠藤 功 氏

「靴下」の企画・販売のタビオを、一代でトップブランドに育てた創業者のこだわりは、
中国の古典を手掛かりに、“メード・イン・ジャパン”による高い品質と
独自性のある商品を、適正価格で提供することにあった。
その王道への志は、靴下業界を巻き込んだ価格競争の嵐を乗り越え、
同社には応えきれないほどの発注をもたらすことにもなった。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

世 界 の 頂 点 を 目 指 す

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

~志のある起業家がシリコンバレーで勝ち抜ける~

IT産業のメッカ、シリコンバレーで闘う一人のサムライがいる。
ビジネス向けチャットの市場にいち早く参入。
「日本にいたままでは勝てない」とアメリカに移住した。
厳しい競争の中にわが身をさらし、自らを鼓舞しながら闘い続ける。その原動力は何か。

ChatWork株式会社 代表取締役 山本 敏行 氏

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

あ り が と う 経 営 の す す め
企 業 の 成 功 法 則  三 位 一 体 論

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

~新入社員を活かすも駄目にするのも、あなたの「志」次第~

希望に溢れた新しい人財が入社する時期になりました。人間の潜在能力は無限です。
あなたの志次第で、彼らの人生は決まります。単に入社したのではなく、
新入社員さんたちの命を預かった、という気持ちで育てましょう。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

企 業 事 例 研 究(1)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

~ボランティア活動で、自分が変わる、会社が変わる、業界を変える~

服は汚れる、夏は暑い、冬は寒い。肉体労働で仕事はハード…。
そんな“3Kの典型”ともいわれる塗装業界で
メキメキ実力をつけている有限会社麻布(愛知県春日井市)。
業界の意識をも塗り替えようと、ボランティア団体「塗魂ペインターズ」の
立ち上げに奔走した、池田社長の格闘の日々と志。

有限会社麻布
代表取締役 池田 大平 氏

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

企 業 事 例 研 究(2)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

~社員はうちの宝だ!原点回帰で組織が一つになった~

富士産業(東京都葛飾区)は、営業力とサービス力で“街のガス屋さん”とし親しまれてきた。
しかし、エネルギー需要の変動などにより一時赤字に転落。
復活のきっかけは、既存顧客への「感謝の訪問」だった。

富士産業株式会社
代表取締役社長 作村 直人 氏

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

お 客 様 の 喜 び を つ く れ !

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

~ 絶対に「できない」とは言わない ~

顧客満足推進フォーラムコーディネーター 松原 誠 氏

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

★ほんとうに顧客を創る仕事をしていますか?★
~ 古 永 泰 夫 の マ - ケ テ ィ ン グ 塾 ~

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

~ お客様が自然に集まってくる「磁場」を創ろう ~

株式会社CODコンサルタント 取締役主任研究員 古永 泰夫 氏

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★月刊「理念と経営」オフィシャルfacebookページの情報はこちら!!
「いいね」ボタンを押して、ぜひ様々な情報をご覧ください!
⇒ http://www.facebook.com/rinentokeiei

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

他社ってどんな勉強会してるの?

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆さま、こんにちは!
3月中旬となりましたが、まだまだ寒い日が続きます。
3月下旬~4月上旬にかけて桜が綺麗にみられる時期となりますね!
桜

先日、お客様とお話しをしていましたら、
「他社の事例が気になるんだよね。
コスモ教育出版さんはどんな流れで勉強会をしているの?」
とご質問をいただきました!

そこで!
本日はコスモ教育出版がどのような勉強会をしているかご紹介させていただきます。

~勉強会準備~
①「理念と経営」と設問表を担当者が配る
②あみだくじでチーム分け(今月はどんなチーム編成かな・・・どきどきです)
③勉強会当日までに設問を記入する

~勉強会当日~
コスモではお昼休憩(1時間)+勉強会時間(30分)を会社からいただき、
1時間半でランチ+勉強会をしています。

会議室でお弁当を食べて開催したり、
近くのお店で気分を変えて勉強会をしています。
勉強会1

今回はおしゃれなカフェで行いました♪

真剣に学んでおります✐✐✐
勉強会2

この日もたくさんの気づきをいただきました!
一緒に働く仲間の価値観や仲間の発表から気づきを得ることも多いですね♪

~勉強会後~
記入した設問表を全員で回し、承認のメッセージを送りあいます♪
アナログですが、ファイルに入れて閲覧を回します!
↓このような感じです。
eturan

全員のメッセージと上司からのメッセージも加わって戻ってきます★
setumonn

自分を認められたり、普段の頑張りを評価してもらえると、
嬉しくて、またモチベーションも上がりますね!

ブログをご覧の皆様の会社でも、ご参考になると嬉しく存じます(^^)!

その他に何かご不明点ございましたら、
いつでもご連絡お待ち申し上げます。

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei
◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

改善提案が増えるとなぜ業績が上がるのか?

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆さま、こんにちは!
月刊「理念と経営」です。

皆さまの会社では改善提案をどのように
集めていらっしゃいますか?

月刊「理念と経営」3月号 企業事例1に掲載の
大塚マテリアル株式会社様では

対象を社員だけでなく
パートさんや派遣の方、海外からの研修生、
協力会社にも呼び掛けていらしゃいます!(^^)!

3.152

また提案1件につき報償を支払い、
年度表彰を行っていらっしゃいます!

その結果提案件数が増加し、
経常利益がアップしています☆

3.15

改善提案がなぜ業績アップに繋がるのでしょうか?

①改善提案を出すことにより一人ひとりが
自分のやっている仕事について考ることができている。

②改善提案が自分の意志を顕在化させるツールに
なり得ている。

③改善提案が活発になることで
会社の風土が活性化し、従業員のベクトルが同じ方向い向かっていくいようになる。

上記のように、大塚社長は仰られています!

従業員満足も高まることで、
数字としての結果に繋がっているのではないでしょうか?

是非多くの会社様にご参考にしていただきたい事例でございます!

★詳しくは、月刊「理念と経営」3月号をご覧ください★

ご購入はこちらから
※クレジットカードでも対応可能です※
:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-
2017年03号表紙

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから

http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから

http://www.youtube.com/rinentokeiei

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

無借金、創業以来黒字経営……と驚くべき企業さまです。

カテゴリー: お知らせ, 月刊誌の読みどころ, 業務スタッフだより, 発売中の「理念と経営」, 編集部だより | 投稿日: | 投稿者:

皆さん、こんにちは!
月刊「理念と経営」です。♪(*^_^*)

本日ご紹介するのは、高い提案力と顧客との信用力を武器
に着実な成長を遂げてきた株式会社小堀建設の事例です。

小堀1

栃木県矢板市に拠点を構え、地場産業の住宅会社として
県内トップクラスの売り上げを誇り、かつ全国の新築着
工棟数が伸び悩むなかで年間200棟近く受注し、現在は
無借金、創業以来黒字経営……と驚くべき企業です。

なぜ、そんなことができるのでしょうか。
2代目を継いだ小堀彰久社長にお話を伺いました。

小堀2

———————————–

☆「お客様の話を聞いて、言われたとおりの家をつくる。
そんなのはプロの仕事じゃない!」

「顧客との徹底した対話を通じて、いい家を安く提供する」。
これが小堀建設の方針。
キーワードは「お客様最優先」「手間ひまをかける」です。

住宅を引き渡すまで、期間は平均して1年から3年かけます。
大手の住宅メーカーだと、平均3カ月から4カ月ほど。

うちは契約まではとにかく手間ひまをかけます。家づくりは、
お客様の人生に影響を及ぼすもの。たとえば間取りや動線が
悪くてストレスを感じたりすれば、それが要因になって家族
でけんかが起こるかもしれません。そういうのも含めてご家
族に寄り添って、ガチンコで話し合う。それが大事だと思い
ます」

小堀7

お客様は自身のかけがえのない命を担保に莫大な借金を背負う。
そのような念いを託してくださるお客様に、私たちも命をかけ
て応えなければいけない──。
手間ひまをかければかけるほど、時間もコストもかかります。
そんな非合理的なことを、大手はやりません。

大手がやらないことを小堀建設はガンガンやります。

社内の設計士のセールスに同行するたび「お客様のためにこう
したいという強い思いがあれば、仮に建主と計画についてトラ
ブルがあっても構わない」と言い聞かせるとのこと。

お客様の話を聞いて、言われたとおりの家をつくる。そんな
のはプロの仕事じゃありません。担当者の構想やアイデアを
聞いたお客様がわくわくして、『今にも住みたいわ。いくら
でやってくれるの?』と言っていただけるような、そんな
案力こそが私たちの強みなのです

小堀4

——————————

☆「自社に内部留保するのではなく、
お客様に内部留保する」

また、住居を引き渡したあとも、毎年盆と暮れには、社員さん
が中元・歳暮をもって請け負った住宅すべて訪問。その数は、
ざっと5500棟にも及びます。

そのためOB(住宅購入者)と親戚以上のつきあいをしている
営業マンも多いのだとか……。

訪問時に家の不具合などを聞けば、一般的な住宅メーカーであ
ればお金がかかってしまう補修も、小堀建設では無償で引き受
けることも多いのだそうです。

これも、たとえ利益があがっても自社に内部留保するのでなく
お客様に内部留保する、という考えによるもの。
まさに「お客様最優先」の経営を徹底して貫かれています。

この信用度は、住宅受注の70パーセントから80パーセントが
OBの紹介によるもの、という結果につながっていて、成約率
も90パーセントを超えるそうです。

小堀建設では、少数精鋭主義で、社員一人当たりの売り上げを
最大限にし、多くの顧客に満足のいく家を、できる限り安価で
提供することに、全力を注いでいます。
「お客様最優先」に基づいたこの薄利多売の方針が、41期連続
で黒字経営という驚きの業績の根底にあります。

小堀社長

——————————

小堀社長の経営は、創業者である父・幸栄会長の創業の精神が
ベースになっています。事業承継という視点でも、非常に参考
になる実例です。ぜひご一読ください。

★この記事は、月刊「理念と経営」3月号に掲載されています。
38~41ページ「企業事例研究2」

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei
◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆