ありがとうが社風を変える

カテゴリー: 経営研究会 | 投稿日: | 投稿者:

6月11日、石川経営研究会で公式教材活用委員会による例会が開かれました。
講師は山本忍さんです。

rinen%20560.jpg

1、自社の事例を取り上げ、13の徳目を使った朝礼のデモンストレーション。
会員さんが実際に発表をし、朝礼を再現しました。

rinen%20559.jpg

2、現在の中小企業の課題
  (6時間セミナーの復習をしたいという要望がありましたのでレクチャーしました)
3、ありがとう経営に必要な4つの力
  ①人間力(目標に向かって、実現しようとしている姿、可能思考能力を実践している姿)
    人間学(人間としてあるべき姿の学問)
  ②仕事力(計画を立てて行動し成果をつくる、PDCAを回す力)
  ③考える力(考える力は訓練しないと身に付かない、本を読んで考えアウトプットすることで訓練になる)
  ④感謝力(世の中に、父母に、学校の先生に、会社に、お客様に感謝)
    (「月刊・理念と経営」6月号32ページ 石川経営研究会事務局長山本賢太さんの記事を引用しました。)  
4、社内勉強会での「月刊・理念経営」の活用方法
  (本を読んで、考えて、アウトプット)

rinen%20562.jpg

5、ディスカッション1
  (『お客様の喜びをつくれ!(P.22)』を読むと、現場にあるお客様の情報がどれほど重要なのかが分かります。
   あなたがお客様のことを深く知ることで、どのような『お客様の喜び』をつくることができると思いますか?)
  ディスカッション2
  『オンリーワン経営(P,50~51)』を参考にして、あなたの会社がどんな「コト」を売っているのかを発表して下さい。
6、ありがとうカードの実習

経営者の皆様は社員さんの活発なディスカッションや、全体発表される様子を見てすごく喜ばれています。
ありがとうカードの実習で社員さんからカードをもらった社長さんはとても嬉しそうでした。

rinen%20567.jpg

特に印象的だったのは前会長の加沢さんでした。
導入に際しては様々な困難がありました。しかし、今回参加した社員さんが「今、一番ありがとうを言いたい人にありがとうカードを書いて下さい。」
「今日ここにその方がいる人はカードを渡してあげてください。」
すると加沢さんの社員さんが手を挙げて立ちあがり、社長にカードを読み上げました。
「こうして成長の機会を作って下さりありがとうございます。これからもよろしくお願いします。」
とカードを渡されました。

rinen%20568.jpg

この会社はすごく社風が変わってきているようです。
これは他の会員さんからの評価です。
懇親会の席でも「抵抗もされたけど始めてよかった。」
「社員さんを信じることだね。」と嬉しそうに語っておられました。

私自身、加沢さんの笑顔でやっていただいてよかったとこの勉強会の成果を確信しました。
「ありがとう」が社風を変えています。

世界一の歯科医院

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

新潟にある医療法人徳真会グループ
ここは理念と経営2007年度の1月号の企業事例で取り上げたところです。

rinen%20503.jpg

徳真会松村理事長は医療と経営を分離し、さらに歯科技工部を独立させ、
三位一体のグループを形成し、世界一の歯科医療グループをつくられました。

rinen%20493.jpg

今年のテーマは「ありがとう経営」ということで、積極的に「理念と経営」を活用した勉強会を開いています。
経営の部門ではエリアマネージャーが経営を管理していきますが、若いスタッフが経営管理、人事管理をしていきます。
このマネージャーがリーダーとなり理念と経営社内勉強会を開催していきます。

rinen%20494.jpg

現場から「どうしたらもっと患者さんたちに満足をあたえられるか。」
それぞれが真剣に意見を出していました。
また、松村理事長のビジョンである、「世界で最も優れた歯科医療グループを創る、歯科のジャンルでトヨタのようなグループを創る」を達成するためにそれぞれがどのように成長する必要があるか。

こんなテーマでのディスカッションに自らの課題をしっかりと受け止め仲間に発表している姿はこのグループの強さを感じさせて頂きました。

みなさん前向きで、積極的で、肯定的な集団です。
一人一人が自覚を持って仕事に取り組んでいる様子が伺えました。

最後にりがとうカードを交換しましたが、今後これを積極的に活用して、まずスタッフ間同士が
「ありがとう」の言葉が飛び交うようにしようと言ってました。

rinen%20498.jpg

こうして医療機関でも理念と経営の社内勉強会が広がっています。

「理念と経営」経営者の会、関東地区大会

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

5月16日、大宮市のソニックホール国際会議室におきまして「理念と経営」経営者の会、関東地区大会が無事開催されました。
240枚のチケットが完売され、ホール一杯の人で会場は埋まりました。
今回の地区大会開催にあたり、ご尽力を賜りました山之上地区会長はじめ横手ブロック会長、峰岸会長、また各支部長の皆様には心より御礼申し上げます。

rinen%20510.jpg

木野先生のご講演では
1.事業は何のためにやるのか。
2.王道の経営、覇道の経営、邪道の経営。
3.リーダーシップよりパートナーシップ。
4.悩みと迷い
5.不可能を可能ならしめるには
といった内容でご講演を頂き、多くの気づきと学びを与えて頂きました。

rinen%20524.jpg

2部では、先生の講演を元にしたディスカッションを行い、活発に皆様に発言を頂き、学びを深めて頂きました。
3部では、再び木野先生にご登壇頂き、先生が質問に答えていく経営問答を行いました。

rinen%20518.jpg

最後に、私から経営者の会、社内勉強会の概要をお話しし、支部と社内勉強会の活動報告を頂きました。
経営者の会からは草加エリアで勉強会を開催しています河野さんから発表を頂き、
社内勉強会からは株式会社ピーターパンの社員さんの坂本さんが立派に発表を頂きました。
支部長の皆様をご紹介し、山之上会長のご挨拶で締めくくりました。

rinen%20525.jpg

ご参加の皆様にはご満足頂きお帰りいただいたのではないかと思います。

「理念と経営」経営者の会の目的は
①この会は、日本的経営の強みや人間主役の経営を啓蒙し、それらを最大限に経営に生かして、社会に貢献し、尊敬される経営を志す経営者の集いとする。
② 経営者の会に所属するメンバー間では、月刊「理念と経営」などを通してお互いを磨きあう交流を行う。
③ 『理念』とは「お客さまの役に立とう」「お客様が喜ぶような経営をしよう」「人材を育成し、社会に貢献する会社を創ろう」という会社の志のことで、
『経営』とは自社の商品やサービスや技術を高めて、より付加価値の高い経営を目指し、適正の利潤を確保し、社会のため、顧客のため、自社のために企業を永続させることです。この両方がバランスよく調和した経営のあり方を探ることを目的とします。
とあります。
そして支部長の皆様の役割はこの「理念と経営」の考え方を啓蒙していくことにあります。

今回の地区大会は・経営者の会の目的を広め、・「理念と経営」の考え方の啓蒙にふさわしい素晴らしい大会ではなかったかと思います。今後こうした大会が来年、再来年と継続され、勉強会の支部が増えていき、
業績の良い会社、社員を大切にし人に光があたる経営を行う企業が少しでも増えていけば嬉しい限りです。

北海道の旅

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

北海道の旅

と書くと旅行記のような感じになってしまうが、
旅と言っても、「理念と経営」のための勉強会のためである。

4月16日札幌経営研究会、17日函館経営研究会、18日旭川経営研究会と
3日間連続で周らせて頂きました。 

今年は「月刊 理念と経営」が経営研究会の公式教材という形になり。
各経営研究会で「理念と経営」を活用した勉強会が行われるようになりました。
そこで、公式教材活用委員会が発足し、その委員長の真鍋さんと各地経営研究会に出向き、公式教材としての「理念と経営」の活用方法をお伝えをしています。

rinen%20445.jpg

真鍋さんは四国、松山でイタリアンレストランを経営している経営者で、
理念と経営、経営者の会の西四国地区会長をしていただいている方です。
会社ではアルバイトさんも交えて「理念と経営社内勉強会」を開催しておられ、
成果を出していらっしゃいます。

実際に活用しておられる実体験のお話が皆さんの共感を呼び、
解りやすく、楽しい勉強会でした。

特に社内勉強会の事例では実際に導入する際のご苦労や
社員さんを動機付けるための一工夫など、会員の皆様の大きなヒントになり、
自分の会社でもやれそうだと自信を持たれた方もいらっしゃいました。

rinen%20447.jpg

多くの人は「やりたいんだけど社員にどのように伝えよう?」
「強制的にやったほうがいいのだろうか?」
「希望者でやりたいけど、参加してくれるだろうか?」
と心配をし、踏み切れないでいらっしゃる方が多くいらっしゃいます。

まず大切なことは、経営者の思いをしっかり伝え、開催目的を明確に伝えることだと思います。そこで大事になってくるのが経営理念です。
経営理念を語り、こんな会社を創りたいんだ。人事理念を語り、こんな人材を育てたいんだ。その為にこの「理念と経営」を使った勉強会を開催したい。と伝えることにあります。

強制的にするか自主参加にするかはその組織の成熟度によります。
学ぶことに慣れていない、習慣化されていないところはある程度強制が必要です。既によく勉強会をしている、本は自費で購入させてレポートを書いたりさせているところは自主参加でいいでしょう。どちらにせよこちらからきっかけを作ってあげないと社員さんは動きません。
抵抗はあって当たり前です。勉強会に慣れているところはいるところで「またか。」という反応もあります。
だから開催目的を明確にもち経営者がブレない事です。

rinen%20456.jpg

社員さんの中には「本を読めない。」「漢字がわからない。」「勉強したくないからこの仕事に就いたんだ。」と様々な人がいます。
そうした人がいるところは本を読んであげることから始めています。
一年経てば立派に読めるようになってきたそうです。

真鍋さんは自社の事例を伝えながらこうした細かいところまでお話下さいました。やはりご自分でやっている方の話には説得力があり、解りやすいですね。

しかしながらどの会社も真鍋さんの会社と同じことをすれば上手くいくかというとそうではありません。また考えすぎて何も行動しなければ結果は生まれてきません。

社員さんに育ってもらいたいですか?
成長してもらいたいですか?
社員に幸せになってもらいたいですか?
この思いの強さが社内勉強会がうまくいくかいかないかを決定しています。
まずは「やってみなはれです。」

rinen%20464.jpg

実際のディスカッションでは皆さん楽しんでいました。
「勉強会」とつくから硬いイメージを持たれがちですが、
楽しい「しゃべり場」でいいんです。
そこからがスタートです。
大切なことは継続すること!
紙一枚の変化をやり続けることにあります。

北海道の皆さんありがとうございました。
地方経済の景気はどんどん悪くなってきています。
しかし、指を咥えて衰退していくのを眺めているわけにはいきません。
この苦境を乗り越えるために全社が一丸となる必要があります。
経営者だけが勉強してもダメです。
管理者だけ育ててもダメです。
社長力・管理力・現場力が一体となって仕事の質を変えない限り、
これからの企業の生き残りはありえません。
頑張って全員の力を集めていきましょう。

『理念と経営』を読むことで分析力・客観性が高まっている

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

ある会社からの社内勉強会の様子が届きました。

さて、最近、弊社スタッフを見ていて感じるのは、
『理念と経営』を読むことで分析力・客観性が高まっていることです。

新卒で弊社に就職したスタッフは、弊社の中の常識が社会の常識と理解します。
よって、善い事も悪い事も、それが当たり前になっていたのですが
異業種や他社の事例に触れることで
改善する余地のある常識や、素晴らしい事への気づきが有るようです。

自社を客観的に分析する能力は、
自社の強みの認識や自信につながり、
更には、それがお客様に堂々と誇れる仕事へと変化します。

今まで、何度となく、
『俺たちは価値のある仕事をしているんだ!』
『ライバルと比較したら、ダントツに素晴らしい会社なんだ!』
等と声高に叫んでいましたが
スタッフ自らが自然にそれを理解してくれる様になってきました。
(来期計画を立てる際のスタッフの言葉に変化が出てきました)

仕事自体、目標自体に動機づけされる社風に
少しだけ近づけた手応えが有ります。

この少しだけの変化が大事だと思います。
社内勉強会は一挙に大きな変化は生まれません。
紙一枚の変化だと思います。しかしその変化は継続することによって確実に増えていきます。
これを忍耐強く待つことではないでしょうか?

「チームコーチング」

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

この情報は弊社が発刊しております「理念と経営」から抜粋させて頂いております。

「理念と経営」は中小企業が活性化するためのヒントが詰まっている月刊誌でございます。最後までお読み頂き、お役に立てましたら幸いと存じます。

今なぜ、チームコーチングが、注目を集めているか?
日々急速なスピードで情報や商品が陳腐化していくなかで、企業を存続・繁栄させるには、新たな価値や技術を絶えまなく生み出す組織能力を育成することが重要なのです。

 今、注目を集めているのがチーム(組織)の学習能力を高める「チームコーチング」です。
チームコーチングとは、「チームを構成するメンバーの資源、強みを引き出し、チームのもつ潜在能力を最大に発揮できるようにサポートするプロセス」のことです。

 千葉県船橋市に、㈱ピーターパン(横手和彦社長、正社員67名、パート・アルバイト70名)があります。行列の絶えないパン屋さんで、テレビの全国放映やマスコミにもたびたび取上げられています。
パン作りは朝が早く、憧れだけでは勤まらない厳しい職場環境ですが、「お客様の笑顔を見たくて頑張っています!」と、明るく話すスタッフがこの会社を支えています。

 コーチングを職場に導入し「社風がより良くなった」とおっしゃる横手社長ですが、以前はスタッフに注意すればするほど、自分とスタッフの人間関係に距離ができ、社風は沈滞していったそうです。

 利益率は前年比約10%増です。スタッフ全員が、「私達のお店」という強い意識を持ち、何のために利益を上げているのかを理解して仕事に取り組んでいる成果の表れです。

 四店舗の販売責任者が集る週に一度の会議ではお客様満足の追求をしています。
例えば、「どのように接客すれば、自分達の思いがよりお客様に伝わるか?」をテーマに皆で話し合い、「同じ言葉でも、お客様によって受け取り方は違うもの。
だからお客様の表情を感じ取りながら接客しよう!」と決め、努力しています。
 
 また、日頃お世話になっているお客様に、どうすればお返しできるかを考えて企画したバス旅行には、これまで約1800名の方が参加されました。
その折には、休日のスタッフも朝六時のお見送りに集り、お客様に朝食のパンを配ったりするそうです。まさにチームワークがこの会社の原動力となっています。
 チームコーチングによって育成されるものは、
①行き詰った現状を打開すべく自発的に取組む意思、
②相互理解と人間尊重を軸とした他者との協調性、
③自分の意見や考えを堂々と述べられる表現力(提案力)、
④目標・目的を共有化し、チームとして達成するコミットメント(情熱・責任感)、
⑤活気あるコミュニケーションやイノベーションを促す健全な環境、です。

 ピーターパンの若い社員さんの、「このお店で仕事ができることが幸せです!」という言葉が私の心に響きました。
☆非凡なインプットが非凡なアウトプットを生み出し、仕事・結果に変化を起こす☆ 
http://www.nisouken.co.jp

『糞コロガシ(フン虫)に学べ』

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

この情報は弊社が発刊しております「理念と経営」から抜粋させて頂いております。「理念と経営」は中小企業が活性化するためのヒントが詰まっている月刊誌でございます。最後までお読み頂き、お役に立てましたら幸いと存じます。
★オンリーワン経営★
『糞コロガシ(フン虫)に学べ』
全生物の約七割を占めているのが「虫」ですが、虫とは生物の中で一番環境に適応してきているかもしれません。科学ジャーナリストの赤池学さんは、「象の戦略」と「虫の戦略」とおっしゃっていますが、象は体を大きくする事で環境に適応しようとしましたが、その結果、インド象とアフリカ象の二種しか生き残っていません。一方虫は、体を小さくしていった結果、全生物の約七割を占め、陸ばかりか空にも水中にも生存しています。まさに、「象の戦略」は大企業の戦略であり、「虫の戦略」は中小零細企業の戦略と言えます。

【象の戦略】            【虫の戦略】
・大企業               ・中小企業
・拡大戦略             ・ニッチ戦略
・ナンバーワン戦略        ・オンリーワン戦略
・大資本大資源戦略     ・小資源で成果を追求
・高エネルギー消費型      ・省エネルギー型

とりわけ、「糞コロガシ」は、他の動物の糞(不要なもの、捨てたもの)を自身の食べ物(価値)に変えているのです。糞はなくなりません。すなわち、半永久的に食べ物がなくならないことになり、行き続けることができるのです。つまり、「糞コロガシのリサイクル」戦略なのです。
 他の企業が利用できなかった資源を活かす。最近の例では、飲食店から出る揚げ物の後の廃油を再エネルギーに変えるビジネス、古着を収集し、分別して、海外に販売するビジネス、廃家電の中のプリント基板や廃携帯電話のレアメタルを抽出するビジネス(「都市鉱山」と呼ばれています)等々、どんどんと増えています。顕在市場も潜在市場も見方を変えれば“宝の山”なのです。

どうでだったでしょうか??
皆様も「虫の戦略」で、オンリーワンを目指されてはいかがでしょうか??

詳しい情報に関しましては、「理念と経営 4月号」に掲載しております。
ご興味ございましたら http://www.rinen-mg.co.jp へお立ち寄り下さい。

『私自身が、次の到達点をめざして走りきろう』

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

この情報は弊社が発刊しております「理念と経営」から抜粋させて頂いております。「理念と経営」は中小企業が活性化するためのヒントが詰まっている月刊誌でございます。最後までお読み頂き、お役に立てましたら幸いと存じます。
今回のテーマは!
『私自身が、次の到達点をめざして走りきろう』
今回は、“㈱ピックルスコーポレーション長野”の髙木秀典社長より人財育成についてお話を頂きました。
●仕事を終えて交わす挨拶は「お疲れ様でした」から「ありがとうございました」へ
我社では、「職場の教養」を使った朝礼を導入しています。それにより士気の高揚、やる気、仲間意識、コミュニケーションがはかれ、明るく、喜んで働くモードになり仕事に、活気が出てきます。

会社設立以来、継続してきたことで、会社周辺の地域清掃があります。目的は、清掃することで心が浄化され、素直になれることです。

また仕事を終えての挨拶も「お疲れ様でした」から「ありがとうございました」にいたしました。今日一日を元気で働けたことに感謝、上司・同僚・部下に感謝、工場に感謝の気持ちで、心をこめて挨拶を交わしています。
●苦しみながらも、駅伝のようにバトンタッチして成功につながる道を走り続ける
 以上の事を実践し、ソフト面では人間関係の充実により、意思の疎通がはかれるようになりました。しかし、社会情勢が厳しさを増しているので、これからは、人財育成に力を入れなくてはと思い「日創研」の研修を取り入れることにしました。まずは自分自身が受講し、後継者、幹部社員から始め、会社のために何をするのか学んでいます。

 また当社は、三年前にISO14001を取得し、地球環境の活性化に取り組んでいます。さらに、米国で宇宙食の安全性のために開発された品質管理の手法、HACCPの認定取得にチャレンジしています。

 我社は昨年創業20周年を迎えましたが、経営理念も新たに「感謝大自然の恵み、親、祖先、工場、地域、お客様、社員、関わるすべての物に感謝します」とし、感謝の実践に取り組んでいます。
皆様もいかがですか?
藤野社長は日本創造研究所にて人財育成プログラムを学ばれたと記述されておられます。
内容にご興味がございましたらhttp://www.nisouken.co.jpへお立ち寄り下さい。

『勝つのではなく「負けないライン」でじっと辛抱する』

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

この情報は弊社が発刊しております月刊誌「理念と経営」から抜粋させて頂いております。「理念と経営」は中小企業が活性化するためのヒントが詰まっている月刊誌でございます。最後までお読み頂き、お役に立てましたら幸いと存じます。

◆人に歴史あり 逆境!その時、経営者は…㈱ヒダカヤ 川端 隆社長

『勝つのではなく「負けないライン」でじっと辛抱する』

 食品スーパーを軸に業務用ディスカウント店、ラーメン店などの外食産業を和歌山で展開しているヒダカヤ・グループは、四年前、大手スーパーの進出により、創業以来の苦境に陥る。その苦境を乗り越えた体験から学んだ事をお聞きしました。

●大手スーパーの進出で売上げがダウン、恐れたのは優秀な社員が辞めていくことだった
・ 僕が一番恐れていたのは、店舗の撤退により社内に大きな動揺が起これば、優秀なやる気のある社員が辞めていくと言う事です。それはグループ全体の崩壊につながっていきかねません。

●店に入ると驚くほど活気がなかった。その空気を感じただけで”負け”が実感できた
・生鮮食品の店は活気とスピードが大切なんです。朝六時に商品を仕入れて、開店の九時までにきちんと並べて、昼前に売り上げてしまう感じですね。そうしたリズム感がなかったんです。現場で、陣頭指揮を取ろうと決意した。「もう、そうすることしか考えが浮かばなかったのです。いてもたってもいられず現場に入ったというのが、正直なところです。」

●スーパーの面白さがわかりました。じつはライフスタイルを提案することだったんです
・「問題解決は現場でるするしかない」―自分はずっと数値管理ばかりしてきて、その間に現場との乖離が生まれてしまっていたのだ。しかし、もう限界だと思ったとき、何をおいても真っ先に現場に入った事で、顧客に目を向け、顧客の気持ちで新たな店作りの方向を考えついた。「自分の売りたいものを売るだけでなく、地元のお客さんにライフスタイルを提供していく。その提案力が店の力なんです。」

           
上記の詳しい情報に関しましては、「理念と経営 4月号」に掲載しております。
ご興味ございましたら http://www.rinen-mg.co.jp へお立ち寄り下さい。

広島の熱いディスカッション

カテゴリー: 経営研究会 | 投稿日: | 投稿者:

広島経営研究会に理念と経営活用法ということで伺いました。

広島の経営研究会は理念と経営をしっかり活用してくださっています。
昨年は広島西経営研究会で行ないましたし、
今年は2月に田舞を4での6時間セミナーをいち早く開催して頂きました。

rinen%20433.jpg

また、普段は委員会活動にてこの理念と経営の勉強会を毎月行なっています。
そして、その勉強会で熱心なディスカッションが行なわれているとのことです。
今回のディスカッションも皆さん積極的に発言しておられ、熱い熱気を感じました。
広島の方々は熱くもあり、また継続して学んでいらっしゃる方々が多くいらっしゃいます。

rinen%20434.jpg

社内勉強会も多くの企業が開催しておられ、「とても楽しく社員が学んでいます。」と
嬉しいお言葉を頂きました。

また新入会員も積極的に入れておられ、勉強会前にはオリエンテーションが行なわれ、
新たな新入会員が増えているようです。

理念と経営の勉強会が呼び水となっているようですね。
rinen%20436.jpg