「理念と経営」社内勉強会で目標達成

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

5月9日、10日、11日と箕面の明徳庵にて、アプリシェイトグループさんの目標設定会議が
行なわれていました。

07kaigi.jpg

この会社は高齢者をはじめとする社会的なハンディーキャップを抱えた人たちに、生活の保証と向上及び社会との 共生の実現(ソーシャルインクルージョン)を目的にしたサポーティブハウスを運営しています。そこの山田 和英社長にお話しを伺いました。

半期ごとに目標設定をしていますが、売り上げ目標の達成をしました。
5回この会議を続けていますが、中小企業は目標設定、その目標を達成することが会社では大事なんだということを教えるのが難しい。だからこそ、半年に一度、こうして2泊3日かけてじっくりと会議をしています。
今回、目標を達成したことですし、また、この明徳庵を貸していただけるとのことで、
明徳庵でさせていただきました。
綺麗で落ち着いたところで女の子も喜んでいます。

社内勉強会が今回の目標達成に繋がったことはありますか?

「経営者の誠実なものの見方が理解してもらえたことがあります。」
社員さんの中には、親御さんなどを見ていて、会社にひどい目に逢わされた。という見方をする子もいます。会社というのはややこしいところではないかという先入観を持っている子もいます。
日創研の会員の会社さんや、「理念と経営」に出ている会社さんは誠実で、清潔ですから、
こういう会社も世の中にあるんだ、会社というものは信用できるものなんだ。というベースが作れました。そこから更に一緒にがんばって行くという同志という感覚が生まれてきました。
社長も、社員も同じビジョン、ミッションに向かっていく同志なんだ。そんな空気が社内の中に出来たのはこの「理念と経営」の社内勉強会の成果だなと思っています。
社長の上に、ビジョン・使命・理念があるんだということが浸透してきました。

経営者・幹部が言っていることに笛吹けど踊らずというところがありましたが、前回の会議からなくなってきました。
そうすると、関係のない部署の仕事であっても助け合うようになりチームワークが生まれました。
そうした風土が目標達成を生んだと思っています。
若い人は組織をしらないから、組織というものを先に教えた会社が勝ちだなと思っています。
それには「理念と経営」がいい教材ですね。

こう語りながら、また会議に戻っていかれました。
その表情は社員の成長の喜びと、また来期への決意が溢れていました。

その後、社員さんにもお話しを伺ったところ。
「今回の会議は、会社としても初めて目標達成することが出来た記念すべき会議でした。
今期の半年間は、成果を出すための、協力、連携できる組織作りに力を注ぎました。
社員一人ひとりが自分の身勝手を抑え、ビジョン・ミッションに沿った成果を出すために貢献する、経営的視点を持つことを目指してきました。
理念と経営勉強会も活用して、そのような組織作りを行っていたのが、今回の目標達成につながったと感じます。」

07%CC%C0%C6%C1%B0%C3%BD%B8%B9%E7.jpg

お話しから、社長も社員さんも同じ方向を向いているのが感じられますね。
また、明徳庵の感想を伺いますと。
「今回、明徳庵を初めて使わせて頂いたのですが、
素晴らしいところだったので、社員一同感激いたしました。
周りは大自然で、窓の外には、もみじの新緑が美しく映え、耳を澄ますと川のせせらぎや鳥や蛙の声が聞こえました。
本社が大阪市内にありますので、都会の騒がしさから離れた環境で、気持ちもリフレッシュした状態で、会議に臨むことが出来ました。
館内の雰囲気も趣があり、家具や調度品も美しく、センスを感じました。
さらに館内の光の具合や芳香など、隅々にもてなしの心配りがされており、その点にも感激しました。

また、お食事も頂きましたが、筍の煮付けや山菜天ぷらなど家庭的で季節感のあるお料理で大変おいしかったです。
このような大変素晴らしい環境のおかげで、社員一同会議に集中することが出来、将来のビジョンについてじっくりと話し合うことが出来ました。」

こうして、「理念と経営」社内勉強会が
・経営理念の浸透
・各自の責任と役割の自覚
・チームワーク
・成果への行動
等に確実に結びついていますね。

勉強は楽しい!

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

本日は株式会社音羽さんでの社内勉強会でした。
音羽さんは関西エリアで37店舗を展開しているお寿司屋さんです。
今日は各店長さんはじめ、本部スタッフ合計42名で勉強会を行ないました。

昨年から「理念と経営」の勉強会を始められ、約1年続けておられます。

最初の挨拶からすごかったです。
ドアを開けた瞬間、全員が起立をされ、大きな声で「よろしくお願いします。」
と元気溢れるお出迎えを受けました。
そして、経営理念、音羽綱領の唱和です。これもとても大きな声で、声を揃えて行なわれます。
さすがお寿司屋さんです。威勢がいいです。
礼儀正しく、そして爽やかな皆さんです。
そう、音羽ではパートさんのことを「さわやかさん」と呼んでいます。
こんなところに社風が現れるのでしょうね。

そんななかで勉強会をスタートしました。
まずは「現場力」の輪読です。(1段落づつ一人づつ声に出して読んでいきます。)
1年続けている成果でしょうか、よく通る声で読んでいきます。
今回は5月号が出たばかりなので、4月号で行ないましたが、
既に一度行なっているので、すこし設問を変えて、
「社会人になってから、音羽に入社してから、仕事観に関して学んだこと。」
というテーマで発表、ディスカッションを行ないました。

otowa%20001.jpg

発表は一人一分と決めて行ないました。
「短く自分の意見をまとめて伝える。」ということも訓練の一つということをお伝えしています。
ただ自由に述べよ、というと一人が取りとめもなく長く話したりすることもあります。
設問に従い、端的に述べるということも訓練になります。

また聴いている人は、仲間の発表の要点をメモを取り聴く事、ということを加えました。
それによって傾聴訓練になります。
その後、時間を決めて仲間の発表を踏まえて自分の意見を伝えるというディスカッションを行ないました。
その際、仲間の発表の要点を復唱してから、それに自分の意見を加えるというやり方です。
これによって、仲間は自分の意見をちゃんと聴いてもらえたという実感を持ちます。
そんなやり方をお伝えしながら行なっていきました。
今までは、発表して終わりという時もあったようですが、
これでディスカッションが盛り上がって色んな意見が出てくるようになりました。

「お客様の喜びをつくれ」のコーナーの設問から、「今まで自分がした、一工夫の体験。」を発表してもらいました。
それぞれ言われただけの仕事だけではなく、自分で考えた一工夫が色々と出てきました。
皆さんが、お客様のためを思って行なっていることや、指示されただけの仕事ではなく、自分が考えたアイディアで仕事をしている体験が出てきて、「そんなことしてるんや、素晴らしいじゃないか。」等の声が聞こえ、テーブル毎に拍手が聞かれるようになりました。
「こうして具体的に仕事の仕方を教えないといけないな~。」というような意見も聞かれました。
最後に各グループ毎に「一工夫大賞」を決めて頂き、全員の前で発表してもらいました。
皆さん「お客さまに喜んでもらいたい。」という想いで仕事に取り組んでいる姿が伝わってきました。
最初はちょっと緊張した面持ちでしたが、最後にはこの笑顔で勉強会を終えることができました。

otowa%20005.jpg

この勉強会もこうした「一工夫」で楽しいものに変わり、モチベーションも上がるのではないかと思います。

こうした積み重ねが、理念の浸透になり、改善案の提案活動に繋がっていくのではないでしょうか。

幼稚園の先生方も

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

一昨日、嬉しい申し込みがありました。

幼稚園の先生からの社内勉強会の申し込みです。

経営研究会の「理念と経営」の勉強会に参加され、
その後、皆さんで話しあわれ、自費で購読を決めて申し込みをされたようです。

理事長先生にお礼のお電話をいれたところ、
そのことを理事長先生はあとで報告を聞き、驚くと同時に大変喜んでいらっしゃいました。
「主体的に職場をよくしていこうという意欲が出てきたことが嬉しいことです。」
と仰っていました。

幼稚園の先生方もこうして「理念と経営」を学び、経営的視点を磨き、
更によい職場づくり、生徒さんへの関り、親御さんへの関りを学ぼうとされています。
学校であれ、企業であれ、働く場という観点では同じです。
現場力・管理力を高めていくことが大事な事です。

先生方の前向きな姿勢がとても嬉しいお話でした。

嬉しいお便り。

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

先般、社内勉強会のフォローの教材として、仕事のプロ6か条というのをお送りしておりました。
これは社内勉強会導入後、約6ヵ月後にお送りしている教材です。
そのお礼にとメールをくださったのですが、なんとも嬉しいお便りでした。
こうしたお声は私達の何よりの喜びではないかと思っています。

このように会社の業績を考えて、経営的視点を真剣に学んでくださっている方々がいらっしゃるのです。

やはり社員さんを信じて行なうことです!!!

そのメールを紹介します。

いつもお世話になっております。
そしていつも理念と経営を送っていただき、ありがとうございます。
毎月1回の勉強会で活用しております。
今まで勉強会とかやってきましたが、中々継続できなかったですが、
「理念と経営」の勉強会は今月で7回目を迎えます。
出席率もほぼ100%です。
なぜ続いたか・・・・参考書と話し合いがスムーズにいく設問表が
あるからではないでしょうか。
みんな部署・部門が違い、それぞれの仕事に対する思い、悩み
等あり、それを分かち合い、助言しあい、自分にも当てはめてみる・・
そして反省し、学んでいくというとても貴重な時間だと今は思えます。
中略
最近、社員が日創研の可能思考研修や他の研修に参加され、
私も参加したいという人が増えてきました。
日創研の研修ってそんなに熱いの?って思いますが・・・・・。
私も確か研修で「鉄は熱いうちに打て」って何度も言われたことがあるような・・・
若者社員を中心にやっておりますので、まだまだ未熟な勉強会に
なっているかもしれませんが、会社を良くする為、何より自分が幸せ
になるため・・・それを目標に続けて行きたいと思います。

仕事のプロ6か条送っていただきありがとうございます。

株式会社S ○本○弘

私たちも頑張ります!
こうして真摯に学んでくださる若者がいるのです。
きっとこうした社員さんがいる会社は強くなります。
そして社風が良くなります。

社内勉強会は継続と積み重ねでじわりじわりと成果が生まれてくるものなのですね。

****************************************
P・F・ドラッカーの現代の経営学講座
日程:5月21日(月)から全5回

詳しくはこちらから

****************************************

創立41周年の勉強会

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

広島の平成電工さんに伺ってきました。
本日は会社設立41周年の記念の日でしたが、この日を機に社内勉強会を行なって新たな出発の日としようということでした。

まづ最初に社員さんの表彰が行なわれました。
今までは勤続年数の表彰だけだったそうですが、
今年はそれに加え、功労賞ということで、しっかりとした仕事をし、
お客様からも評価の高い方を表彰されていました。

その方は、お名前が呼ばれたときは「えっ、自分が?」と驚いていらっしゃいましたが、
とても嬉しそうでした。
こうした動機付けも大切なことですね。

その後佐木社長より、勉強会の主旨説明があり、勉強会を行ないました。

41周年の記念日が初めての「理念と経営」社内勉強会で、戸惑いもあったようですが。
皆さん輪読から始まり、設問表への記入、発表、ディスカッションと取り組んでいただきました。

heiseidennkou%20001.jpg

今回は4月号を扱い、設問4の「あなたは両親や学校の先生などから、仕事に関してどのような教育を受けましたか?」という質問から仕事観を再確認していきました。

設問5の「あなたは待ちの姿勢で仕事をしたいですか?一工夫して楽しくしたいですか?」という設問に「今までで一工夫した体験を述べてください。」を加えて発表していただきました。

意外と知らないところで、それぞれが色々な一工夫をしているものです。
また知っていてもそれを評価し、認めてあげることが出来ていないものです。
しかし、こうした一工夫の積み重ねが会社の評価を大きく分けているものです。

そんな一工夫をお互いが発表することで、承認し、感謝し、
標準化することで、仕事の質が変わっていくのではないでしょうか?

こうしたことが自然と出来ていくのが、この勉強会のよさではないでしょうか?

そして最後に「びわこホーム」さんの事例研究を読み、それでは平成電工さんの強みは何でしょうか?
という問い掛けで締めくくらせていただきました。

平成電工さんは電気工事の仕事で主にハウスメーカーさんや工務店の下請仕事が主なお客様です。
電気工事業というのは言われたことが出来て当たり前、特に特殊な商品を扱っているわけではなく、
特別な技術という訳でもありません。単価も厳しくなってきています。
だからこそ、「現場の一工夫や、信頼、確実性、現場監督との報告・連絡・相談といったことが、より他とは違う「質」を見せていくことによって違いが生まれる。」
つまり、「現場力の違いによってでしか生き残ることは出来ない。だからこそ、この「理念と経営」で勉強して、現場の違いを見せていって欲しい。」そして「平成電工の強みを創っていって欲しい。」
ということを最後の締めくくりにあたってお伝えしました。

終了後佐木社長から、一番私が言いたかったことを伝えていただいた。と仰っていただきました。
「理念と経営」の導入目的はここにあったようです。

heiseidennkou%20005.jpg

中小企業の多くは、商品やサービスになかなか独自性が見つからない。
だからダメなのではなく、だからこそ、「人」に違いを作っていかなくてはならないのではないでしょうか?

****************************************
P・F・ドラッカーの現代の経営学講座
日程:5月21日(月)から全5回

詳しくはこちらから

****************************************

委員会での勉強会が活性化の要因

カテゴリー: 経営研究会 | 投稿日: | 投稿者:

4月26日 山形経営研究会です。
今回、会員26名の参加で出席率80%です。
他初めての参加の会員候補、並びに社員さんの方々が34名で、
合計60名の勉強会でした。

yamagata%20005.jpg

山形は南北に長く、遠く2時間かけてお越しになった方もいらっしゃいました。
ありがたいことです。

今年は理念と経営の勉強会が委員会で行なわれており、
その勉強会が充実しており、それが活性化に繋がっているとのことでした。

経営研究会の活性化に理念と経営はお役にたっているようです。

今月号の経営者の会で記事に載っていたのが寒河江支部の黒田さんの所でしたが、
黒田さんの会社でも勉強会をおこなっており、社員さんの意識が高まってきていると仰ってました。

M社でも今まで幹部以上でやっていましたが、全員でやっていきますと決意されました。
「裾野が広がり、色んな意見、提案が出てくるであろうと考えています。
この勉強会は一番費用対効果が高い勉強会ではないでしょうか。
東京へ出るまでに2万円以上掛かりますが、1万円で1年間勉強できるのです。」
と仰ってました。

yamagata%20011.jpg

既に研修を受講していようが、いまいが関係ありません。
逆に温度差の解消にはうってつけです。
今まで研修を受けていないかた、または否定をしている方とこそ勉強会を行なって下い。

は~るばる 来たぜ~ 函館~~

カテゴリー: 経営研究会 | 投稿日: | 投稿者:

4月25日 函館経営研究会にやってきました。

hakodate%20040.jpg

今回会員さん以上に社員さんの方々がお越し頂きました。
幼稚園の先生が数名お越し頂きました。
こうして先生の方々も勉強してくださるのは嬉しいことですね。

hakodate%20041.jpg

4月号の現場力は「仕事観」がテーマでしたね。
社内勉強会の設問に「両親・学校の先生から受けた仕事に関する教育は何でしたか?」
ということでしたが、
多くの方の発表には「先生から受けた教育はなかった。」というご意見をよく聞きます。
これも学校教育の問題点ではないでしょうか?

幼稚園ではともかくとし、小学校・中学校・高校では「健全な仕事観」を教育することが大切な役目ではないかと思うのです。

現在では社会に出てから仕事観を教育しなくてはなりません。
ただ単に労働の代価として給与を得るのか、それとも自分がお役に立つことによって収入を得るのか。
このあたりから考えていかなくてはなりません。

もはや会社は教育をするところとなっています。
経営者は教育者であることも求められています。

自分の子供、社員、これからの世代を担う若者に私たちは何を伝え、残していくのか?
共に考えていきませんか?

室蘭経営研究会

カテゴリー: 経営研究会 | 投稿日: | 投稿者:

4月24日室蘭経営研究会さんにお伺いしました。
室蘭は新日鉄はじめ鉄鋼の町ですが、
この大手会社のリストラの影響で人口が減っていって町全体が沈滞化しているとのことです。
大手会社の社員が1万人削減されると、その家族を含めると3万人ほど減るそうです。

muroran%20001.jpg

そんな中、経営研究会の皆さんは頑張っておられます。
そして女性経営者もがんばっておられ、女性経営者だけの支部が設立されています。
中小零細はそうした大手の影響を受けますが、
それでも独自の強みを活かし、頑張っていただきたいと思います。
現場力を高め、全員の力で強い会社にしていくことです。
諦めず、小さな創意工夫をやり続け強い会社にしていきましょう。

この「理念と経営」が皆さんのご発展、人材育成の一助になれば幸いです。
心から皆さんのご健闘をお祈りしております。

頑張れ~室蘭!

初のテレビ出演

カテゴリー: 支部での勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

4月23日
今日は兵庫県明石市の商工会議所青年部での勉強会でした。

この支部は今年に入ってから立ち上がった新しい支部です。
柳川さんが支部長となり、スタートしました。
柳川さん以外は日創研の研修はご受講なさっていない方々ばかりですが、
今年度のテーマは「経営理念を作ろう」ということで活動されています。

akashi%20003.jpg

現在は登録が10名ですが、今回の勉強会には16名の方々がご参加いただきました。
その内、経営理念を作っていらっしゃるのは2社しかありませんでしたが、
これから理念を作り、よりよい会社を創りたいと頑張っていらっしゃる方々ばかりで、
真剣なディスカッションを行ないました。

最近では日創研のご受講生だけでなく、こうした各種団体や、業界団体でこの「理念と経営」の勉強会が熱心に行なわれてきています。

今回の様子は明石市のケーブルテレビで取り上げて下さり、いづれ放映予定です。
商工会議所が独自の枠を持っていらっしゃるとのことで、会員さんが取材、編集を行い、
放映しているようです。

akashi%20015.jpg

とうとう私もテレビ出演を果たしましたが、
どんな風に映っているのやら?
明石近郊の方ご覧下さい。

ティンサグヌの花

カテゴリー: 経営研究会 | 投稿日: | 投稿者:

本日は琉球経営研究会でした。
沖縄は18年ぶりでした。街は随分変わっていましたが、
沖縄の心は変わっていませんでした。
約150名の方々がお集まりいただきました。

ryuukyu%20003.jpg

4月号の設問に現場力のところで、仕事のことで両親や学校の先生から教わったことは何がありますか?という設問です。

私たちは親から、せんせいからどんな仕事観を教わってきたのでしょうか?

沖縄の童謡でティンサグヌの花(ホウセンカの花)という歌があります。

1、ティンサグヌ花や 爪先に染めてぃ
  親のゆし事や 心に染みりぃ
 (ホウセンカの花は爪先に染め
  親の言うことは心に染めなさい)

2、天ぬ群れ星や 読めば読まりしが
  親のゆし事や 読みやならん
 (天の群れ星は数えようとすれば数えられるが
  親の教えたことは数えきれないものだ)

3、夜走らす船や ニヌファ星みあてぃ」
  我ん生ちゅえる親や 我んどぅみあてぃ
 (夜走る船は北極星を見ている
  私を生んだ親はどんな時でも私(北極星)を見ている

沖縄には素晴らしい文化があり、伝統があります。
その親のゆし事を、どう残していくか?

仕事はなんのか? なんの為の仕事なのか?
我々は健全な仕事観を残していかなくてはと思います。
社員にそして子供に・・・

ryuukyu%20018.jpg

この歌から親として、幹部として何を残し伝えていくのか?
改めて考えさせられました。

私たちが働くってどんなこと?

皆で語ってみましょうよ。