日別アーカイブ: 2015年10月7日

失敗してもやってみよう!

カテゴリー: お知らせ, 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

ノーベル生理学・医学賞を受賞された大村智(さとし)北里大学特別栄誉教授!
学生らに向けてこんな言葉をおっしゃっていました。

「『失敗するんじゃないか』と思うのでなく、失敗してもやってみようという気持ちが大切」

「成功した人は失敗をなかなか言わないが、人よりヘマしていると思う。やりたいことをやりなさい」

多くの人は失敗の少ない人生が良いと思い、日々「失敗しないように」生きているのかもしれません。
実際に仕事をするうえでの失敗は大きな責任をともないます。
しかし、失敗してもやってみようという気持ちがないと新しいものを生み出すことはできません。
社会人の我々にも心に響く言葉です!

大村②

大村③

 

 

 

 

社内勉強会を開催する際にも、色々と不安に思われる方もいらっしゃると思います。
しかし先に社内勉強会を導入された経営者の皆さんがどうやって乗り越えてこられたかや、
あの時諦めずにやって良かった!そういうお声をコスモにくださっています!

これからは頂いたお声をもっともっと皆さんにお伝えしていきます。
楽しみにしていてください!

★————————————————————————-★

株式会社コスモ教育出版

月刊「理念と経営」
担当:お客様係♪

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階>
TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
URL  http://www.rinen-mg.co.jp/
e-mail rinen-keiei@nisouken.co.jp

★——————————————————————————-★

ノーベル賞

◇三宅支部の皆様からの討議会のご報告です◇

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

三宅支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ。
◇—————————————————————————————————
開催日時:2015年10月1日(木)
参加人数:11名
—————————————————————————————————◇
設問②
●巻頭対談
「印象に残ったこと、感銘を受けたところは」

・人生は一度、後悔しないようにしないといけない。
頑張ってはいるが高田社長のように300%は出来ていない
・2代目なので守成的なところがある。優先順位をつけて
こちらからアクションを起こさないといけな。
・社長の進退をかけ背水の陣を引いた時に、ボトムアップを意識したのではないか
・現場主義だからこそ、新しいニーズが見えてきたのではないか。
トップ は現場にでて目の前の事を必死でやることも重要である

設問③
●日本理科学工業
「逆境をプラスに変えたことはあるか」

・倒産寸前だった時に、逆にスイッチが入り勉強するようになった。
・社員の事を本気で思うほど、人と比べてしまし腹が立つので、
その人の 本気度を見て評価しあげるようになった。
・逆境を経験したことがないので、うらやましい。
・自分が逆境と思うかどうかで結果が違うのでは。
・繁忙期に人が辞めてしまった時、新しい良い人材を雇うチャンスと考えると同時に、
自分の行いを反省した結果、店の団結力があがった。

設問⑤
●攻めの一手、一万円のビール
「一万円のビールを誕生させた要因は何だと思いますか」

・時代の流れに逆行した。
・信じた道を貫いて継続してやり続けた。
・自分の舌を信じて突き進んだ結果。
・ドイツのビールは確かに美味しいし次の日に残らない。
本のビールへイメージ・考え方を変えた(価格競争をしなかった)
・逆張りの発想、ビールで勝負するなら、付加価値をつけて高価格で勝負するしかないのではないか。

【所感】
開催日が月初めで早く事前に設問を絞ってメールで送っていた事が、
短時間でも内容の濃い討議が出来た要因だと思う。
事前の準備を徹底し委員会の日程の案内などメールで頻繁に
案内を出すように継続していきたい。

以上