『13店舗をスクラップ&ビルドして今までなぜやってこれたか』

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

今回は、“二村自動車㈱”の二村義春社長より人財育成についてお話を頂きました。

●9年前、ある研修に出会って教育の大事さを痛感した
弊社は、1971年に創業し、今年で37年目を迎えます。
現在は中古車店を4店舗、新車ショールームを3店舗、整備工場の併設も含め7店舗を展開しています。
我が社では研修や勉強会を20数年前から行っています。教育の大事さを痛感したのは9年前、ある研修に出会ったことです。

はじめは、会社命令で研修に参加させましたが、今は次の5つをメインに毎月行っています。
①朝礼
②社員全体研修
③褒められたこと・クレーム報告
④人事改革プロジェクト委員会
⑤保険勉強

●各店舗で、最も重要なクレームを1件選び、全員で討議する
 ①朝礼は、倫理法人会の「職場の教養」を活用しています。
ラジオ体操から始まり、会社理念の唱和、実績報告、「職場の教養」の輪読及び発表、挨拶訓練、ハイハイ訓練と約15分間行います。
 ②社員全体研修は、PDCAをまわす研修を行っています。
 ③褒められたこと・クレーム報告は、月に1回、1人最低3件ずつ出します。
各店舗で最も重要なクレームを1件選び、全員で討議して改善策を出していきます。
 ④人事改革プロジェクト委員会は、責任者全員が、進捗状況の確認とコーチングをメインにした研修です。
 ⑤保険勉強会ですが、保険は自動車を乗るうえで欠かせないものです。その為にも社員さんは保険の勉強もかかせません。

●安全と快適さを提供して地域になくてはならない企業に
 我が社の目標は、車を通してお客様に安全と快適さを提供して、
地域になくてはならない企業として存続し、繁栄し続けることです。
このビジョンを達成するために、まず自分自身がまだまだ勉強しなければなりませんし、
新しいことにチャレンジしたいと思います。

皆様もいかがですか?
二村社長は日本創造教育研究所にて人財育成プログラムを学ばれたと記述されておられます。
内容にご興味がございましたらhttp://www.nisouken.co.jpへお立ち寄り下さい。

会社一丸となって、上司が知らない職場のイジメに立ち向かおう

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

今、職場内では、上司が知らない社員間の「イジメ」が激増し、
社会問題として取上げられている「セクハラ」や「パワハラ」以上に、事態は深刻化しています。

人間関係がこじれて対立する問題は昔からありましたが、今のそれは性質がかなり異なるようです。
 つまり、こども社会と同質の「イジメ」が職場内にも現れているのです。
例えば、全員でターゲット(標的)の人物を無視して、孤立に追いやります。
さらにエスカレートすると、ターゲットの人物が困惑することを承知の上で、
クレーム情報などを伝えず、問題が拡大する様子を傍観して楽しんだりします。

 子どもたちの「イジメ」の問題は、もはやその枠を超え、恐喝・障害・器物損壊などの犯罪行為にまで及んでいます。
この問題に関して様々なご意見があると思いますが、
ひとつ言えることは、このような事態を招いている原因は、我々大人にあるということではないでしょうか。

 現在の社会には、自分さえ良ければいいという、自己中心的な考えをもった大人が明らかに増加しています。
深く考える思考力が低下し、これをしたら次にどうなるだろうと想像することができません。
さらには、考えること自体を「疲れる」「めんどくさい」と放棄したり、「わからない」と頭を抱えパニックに陥ったりする現象が増えています。
これは「格差社会の弊害」と一言で片付けられる問題ではなく、混迷を極めるストレス環境が与える多大な心的圧力に起因していることは間違いないでしょう。

 ストレスが溜まった視聴者ニーズに応えるかのように、テレビ画面にはハイテンションのバラエティー番組が昼夜を問わず映し出されています。
楽しく愉快な番組を見ることは良い面もありますが、
一時的に現実から目を背け、ストレスを忘れたとしても、
それはただ問題から逃避し、解決を先延ばしにしているにすぎません。

 ストレス回避やストレス発散も大切ですが、
それ以上に、職場の仲間と力を合わせ、明るい職場、思いやりの心に満ちた職場、
「ありがとう」という言葉の溢れる職場を目指すことも大切です。
全社員が一丸となって、ストレスに立ち向かう行動が、そこで働く一人ひとりをストレスに強い人間へと成長させるのです。

 ストレスに強い人間になるのか、ストレスに弱い人間になるのかは、本人の決意次第です。
人間の本来のあり方は、人と人が支え合う関係や仕組をつくることにあります。本腰を入れた企業内マネジメントコーチングの導入が、職場に求められています。

全日本マネジメントコーチング協会:http://www.management-coaching.jp/

『マインド的サービスで、“基本に忠実”な仕事を』

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

突然ですが、以前テレビドラマ化され話題になった「新幹線ガール」という作品をご存知でしょうか?

新幹線でワゴン販売を行なう“パーサー”と呼ばれる従業員の奮闘を描いた作品です。
今回はその作品のモデルになった、あるひとりの女性パーサーのお話です。
実は彼女、同じ商品で同じ販売環境にありながら、
なんとたった一人で、一日平均の3倍もの売り上げを誇る凄腕パーサーだったのです。
その成功の秘訣は何なのか・・・その問いに、彼女はこう答えています。

「お客様の気持ちになって、きめ細やかなサービスをしているだけです」

パーサーの新人教育では次の基本を学びます。
①お客様の気持ちになってきめ細やかなサービスをする
②お客様のサインを見落とさない、小銭の音にすぐ反応する
③お客様に一つ注文されたら、「ご一緒にこれはいかがですか」とお薦めする

彼女は、この基本にさらに自分なりの工夫を加えます。
例えば「何日の何時ごろ、天気はどうで、何がどれくらい売れたか」などの情報を細かくデータ化した「自分メモ」というものをつくり、売れ筋商品の傾向を分析します。
そして、そこから得られた結果を基に、マネジャーに「10日前に、ある弁当がよく売れました。
補充をお願いします」と、提案をしていきます。
売り上げが伸びないときにも、「自己満足に陥っていないか」「お客様が何を求めているか、
想像力が足りないのではないか」と、常に自分の仕事を見つめなおしているのです。

彼女はこう言います。
「基本に忠実に仕事をすることが、実は一番難しい。と最近思うようになりました」

仕事は、慣れたときに我流に陥りやすく、“基本”がなおざりになります。
私たちもまた、彼女のように常に“基本”に立ち返り、お客様の気持ちで、目線で、立場で必要があるのかもしれません・・・。
ご興味がございましたら是非http://www.nisouken.co.jpへお立ち寄り下さい。

『一の戦略』で起死回生を

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

市場戦略や顧客戦略を考えるとき、
ずばり「オンリーワン」を追求していくことが一番いい方向なのですが、
我々中小企業においては、現実問題としてすぐに「オンリーワン」へシフトしにくい状況や環境もあります。
そういう中で、いかに少ない経営資源を有効に活用していくか・・・。

そのために『一の戦略』をぜひ考えて頂きたいのです。
『何かで一番』をとる“ナンバーワン戦略”か、
『何かで初』をとる“ファーストワン戦略”か、
『何かで唯一』をとる“オンリーワン戦略”か。
マーケティング理論に『一番手の法則』がありますが、
どの分野においても、「一番」や「最初」が最も消費者にインパクトを与える、というものです。

今回の事例「白滝酒造」さんは、まさにこの『一の戦略』で見事に危機的状況を打破した企業です。
具体的には「上善如水」という商品が大ヒットし、危機を救ったのですが、
この商品のコンセプトは、当時としては、画期的というか、
業界の非常識といってもいいもので高橋敏・前社長の一念で実現したのです。
本来、清酒のターゲット層は中高年の男性でお酒の強い人が中心ですが、
この商品はその逆の清酒を飲みたくない顧客をターゲットにしたのです。
すなわち、二十代の女性をターゲットにし、超ニッチな市場で“ファーストワン”“オンリーワン”を狙ったのです。
当然、「味」「パッケージ」「売り方」「造り方」すべてを変えざるを得ませんが、
従来とは全く違った戦略で、見事に大ヒット商品を誕生させたのです。

いかがでしたでしょうか??
一番買いたくない顧客が、今やメイン顧客になる時代かもしれません。
「一の戦略』の発想でオンリーワンを目指されてはいかがでしょうか??

詳しい情報に関しましては、「理念と経営 7月号」に掲載しております。
ご興味ございましたら http://www.rinen-mg.co.jp へお立ち寄り下さい。

買取王国は勉強王国

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

東海地方で買取王国という色々と不要になったものを買取、再販をしている会社があります。
洋服から、フィギャーなど様々なものを扱っています。
社員さん達は若く、個性的で元気です。

rinen%20599.jpg

そして勉強熱心です。今日は毎月行っている合宿研修にお邪魔しました。
犬山のユースホステルを使っての合宿です。
毎月一泊で理念の浸透や経営計画や進捗を会議しています。

この会社でもいままで一部の幹部がこの勉強会を行っていましたが、
今後全社員で行っていくための勉強会でした。
今回は全店の店長とスーパーバイザーの方々です。
これからはこの方々がリーダーとなり、5~6名のグループで勉強会を行っていく予定です。

rinen%20601.jpg

ディスカッションはすごく活発で意見が飛び交い、突っ込みもあり、笑い声が飛び交っていました。
こうした研修を行い、コミュニケーションが取れている会社ですが、
理念と経営はまた違った意味でお互いの本音を語り合う「しゃべり場」のような効果があるのでしょうね。

rinen%20606.jpg

この勉強会のエネルギーからこの会社の伸びている要因がわかった気がします。
全員が発展途上人のような貪欲な成長意欲を感じます。

rinen%20607.jpg

買取王国は勉強王国でもありました。

カラフルな自動車教習所

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

コーポレート・アイデンティティー・カラーを採用して、会社の変化を色で表した自動車教習があります。
愛知県安城市にある安城自動車学校、通称コアラ自動車学校がそれです。

ロビーに入ると、とても自動車学校とは思えない、ビビットなカラーのソファーや床、柱が目に飛び込んできます。
ガラスが広々とし、まるでスタイリッシュなホテルのロビーかと見間違えるようです。

rinen%20585.jpg

教習室も床や椅子の色が華やかで、眠気を吹き飛ばし、元気を与える教室です。

そんな教室で「理念と経営」社内勉強会を行いました。

rinen%20588.jpg

今まで一部の希望者が毎週朝の8:30から30分行っていましたが、今回多くの人に参加を呼びかけるために行いました。当初の予定よりも多い人数の方が集まっていただきました。
今回は総務の人やフロントの女性も多く参加して頂いたおかげで、
笑い声も飛び交う楽しい勉強会でした。

rinen%20595.jpg

「社内の潜在能力を引き出そう!」をご覧いただき、美容室の若い子達の勉強会に触発されたようです。ディスカッションでは時間が物足らないような雰囲気でした。
会社のカラーのように皆さんの個性が光った会社だなと感じました。

rinen%20597.jpg

今度の勉強会から参加しまーす!
rinen%20598.jpg

若い子達が頑張ってます

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

今日は一宮にある美容室TOMOTOMOさんに伺いました。
仕事が終わってから夜の8:00から勉強会です。

新しくできた「自社の潜在能力を引きだそうDVD」を見て、
その中に出てくるウェディングの会社や同業の美容室の若い子達が
勉強をしている姿を見て、触発されたのか、初めての勉強会で戸惑いは最初あったものの
がんばって自分の意見を発言していました。

rinen%20574.jpg

設問表もしっかりと記入をしていて、本もしっかり読んでいました。
まずその事に経営者もビックリ!

美容室の子達は真面目な子が多いですね。

現場力を読んで、自分の「ありがとうの体験談」を発表してもらいました。
中には涙ぐぐみながら発表する子もいて、
「普段話せないことを話すことができた。」
「他の人の考えや思っていることがわかった。」
など、これからが楽しみですと言ってくれました。

rinen%20572.jpg

竹本社長も当初、この子たちにできるのかなと心配をしていましたが、
ある子が「こうして私たちのことをいつも気にかけてくれてありがとう。」
と「ありがとうカード」を渡してくれて、
思ったより発表してくれた。と喜んでいました。

rinen%20580.jpg

最後に仲間と社長に「ありがとうカード」を読んで渡して
和やかに最初の勉強会が終了しました。

山形県庄内地方でも広がっています

カテゴリー: 支部での勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

今回、山形県の酒田市で勉強会を開催している、飯塚支部へ伺いました。

この地も過疎化と基幹産業がないため人口も減少し厳しい環境です。
しかしながら皆さんこの厳しい時代に負けないようしっかり勉強をしようと集まっています。
登録は18名で、今回は従業員さんも参加頂いての勉強会を行いました。

支部長の飯塚さんは継続して学んでおられ、従業員の教育にもしっかりと目を向けていらっしゃいます。
その飯塚支部長の学ぶ姿勢に共感してみなさんが熱心に学んでいらっしゃいます。

また、最上エリアの鈴木支部長も会員お二人と社員さんをお連れ頂き、学んでくださいました。
鈴木支部長ありがとうございます。

今回、新しく「社内の潜在能力を活かそう」という社内勉強会の導入事例を基にしたDVDが出来上がり、
皆さんにご覧いただきました。

社内勉強会の導入の仕方がよくわかるDVDです。

実習も体験し、社内でこの「理念と経営」を元に勉強会を行う効果性がよく理解頂けたのではないかと思います。

皆さん、とても楽しかったと仰っていただき、これからも支部の勉強会に積極的に参加しますと
お声を頂きました。

また、今まで社内勉強会を行っていたけれども、社員に本は渡していなかった方が、
これまでいま一つ活性化しなかったのは一人一人に本を与えていなかったからだと
早速社員さんに本を与えますとお申し込みいただいた方もいらっしゃいました。

DVDに出てくる生の社員さんの言葉が響いたようです。

rinen%20569.jpg

経営者の関わりが大切です。

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

ある会社の社内勉強会の報告が届きました。

◎今回の主な発表
「自社の一番商品」の発表では、
”助っ人精神を持ったスタッフ”という意見がほとんどでした。
しかしまだそれは完成されてはいないし、
お客様に対して強みのアピールは出来ていない、
我社はコンクリート構造物を再生させる会社として、
「環境に優しい」という面で社会に貢献しているという事を、
もっとアピールしていきたいという意見もありました。

「自分の磨き方」の発表では、
最近本を読み始めたという意見があり、
やはり活字は読まないといけないねという話し合いになりました。
社内勉強会が始まって以来、
個人的にも勉強をしようとする人が増えてきたようです。

「自分の敵は自分である」に対する発表では、
その通りだという人がほとんどでしたが、
敵であると同時に味方でもある、という意見があり、皆でなるほどと感心しました。

「心に残る、ありがとう」体験に対するディスカッションでは、
どの話でも皆が感動したと口々に言いました。
”十七歳のとき”の話の、
盗人を許す寛大な母親の言動に心を打たれたという意見が多かったです。
その娘だという女性も、盗人であった作者に対し穏やかに当時のことを話す様子が、
心から許している証拠だという意見もありました。
そして、昔の話を思い出したように、
これまでの社内勉強会で既に発表してくれていた個人的な過去の赤裸々な話を、
今回もまた繰り返すように話してくれたメンバーが2人いました。

今、営業・総務で取り掛かっている”ありがとうハガキ・お礼状”のことで、
私が「弊社スタッフはお客様のことを第一に考え、現場の助っ人として参上いたします」と

お礼状に書いている、と発表すると、
皆が「それを社員のみんなにちゃんと公表しないと!」と言ってくれたので、
すぐその旨を掲示させて頂きました。

こうして良いアイデアがどんどん広がっています。

この会社の経営者は設問表に対して一人一人に赤ペンで添削をして返しています。
添削といっても悪いところの指摘ではなく、交換日記のようなものです。
社員を認め、励ましています。
そして今回、各グループ毎に食事会を開催しました。

全スタッフの設問表ファイルに私の体験談をコピーで渡しておき、
その感想を食事会で聞いてみたのです。
№.2の施工スタッフがポロポロ涙をこぼして泣いてくれました。

この勉強会は社長は入らないと言っていますが、
これは決して関わるなということではありません。
大切なのは見守っているよ。関心を示しているよ。
というサインを送ることなのだと思います。

ここの経営者は言います。
導入は強制でした。勉強することの価値を知らない子供に
自主的にと言っても無理な話です。
まずは強制でもさせることです。
ただし、勉強は楽しい、と思ってもらうように関わることだと言います。

子育てと同じですね。

中途半端な経営者は強制することに怖れ、
結果何もしない。
きっかけも与えず、自分でやりたくなるのを待つ。
結果何も言っては来ない。

こんなことをしているのではないでしょうか?

ありがとうが行動を変える

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

ある会社からの社内勉強会の報告が届きました。

この会社は美容室ですが、新人は近所の戸別訪問をし、自分を売り込みます。
その時の体験談が勉強会の時に出てきました。

・ピンポン大作戦のときに知り合いの花屋に行きお話を聞いてもらったお礼に花を一輪買って帰った。
次のお家に伺うと家のご主人がでてきて「家内が病気だから美容院は行かないなあ・・」と言われた。
その時、さっき知り合いの花屋で買ったヒマワリを一輪奥様にと渡した所、
先ほどまで退屈そうにしていたご主人が顔をほころばせて
「ヒマワリは元気が出る花だよ!元気なったらきっといきますね」と言って喜んでくださった。
喜んで下さったことに感動して、こちらが泣いてしまったということがありました。
お花屋さんにうかがってお花を買わなければご主人の笑顔に出会えなかったのかもしれない。

・パッと見て判断してしまい、人間関係を自ら小さくしているのではないのかと気づいたので1つ1つの出会いを大切にしていく。

この文章を読み私も感動しました。

そして「ありがとう体験」を語る設問から
・初めての給料で家族を食事に招待した。
今まで好き勝手にやってきて心配や迷惑をかけて、
ごめんね、ありがとう、という気持ちでいっぱいになった。
父の隣でずっとお酒をついでいたら、父が泣いていた。
それを見て、更に仕事に対するやる気が強くなった。
これからもよろしくおねがいしますという気持ちを込めて。

・仕事が上手くいかなかったときに祖母が亡くなった。
亡くなる前に、何度も「シャンプーしてほしい」といってくれていた祖母に
やってあげられなかったことが悲しく、どうしてもしてあげたと思ったので、
看護士さんにたのんで、病室で亡くなった祖母にシャンプーをさせてもらった。
その時、シャンプーの楽しさ、美容の楽しさが不思議なほど感じることができた。
最期に大切な気持ちに気づかせてくれた祖母へ、本当にありがとう・・。
それ以来、仕事や練習がたのしくなった。

リーダーの所感
今回から、AT1とAT2の合同ということで、いつもより大人数で行わせていただきました。
最初はどのように話を進めていこうか考えるところもありましたが、
始まってみると、かなり深くまで話を深められましたし、
同じ店舗同士、先輩後輩でも普段の営業とは違った角度から話ができたので、
後輩達の意見が新鮮で勉強になるなぁ・・という事も多かったです!
2年生は1年生がより話しやすい雰囲気作り、
1年生は積極的に、みんなにお話できていました。
次回は、そういった所を伸ばして、1つのディスカッションでより深くたくさんのことをみんなで共有して学べる勉強会にしていきます。
今回も、お店の大切なお時間をいただいて行った勉強会でしたが、
とっても有意義な話し合いができたので本当によかったです!!
毎月毎月、本当に感謝です!!ありがとうございました!!      

それに対しての経営者からのコメントです。

兼山さん、報告書ありがとう。そして、ワードでのまとめも助かりました。
突然の1年生、2年生合同という形を取りましたが、
報告書の内容を見て、これが新人、ついこの間まで1年生だった子達の勉強会か?
と思うぐらい素晴らしいと思いました。
また、ありがとう事例などもとてもすばらしいと感じました。
こんな1、2年生がいる会社は、安心です。
ともすると愚痴ばかりになりやすい年代だと思うのですが、それが全く感じません。
人数が少ない1,2年生ですが、お互いの良いところをどんどん伸ばして、いい勉強会にしてください。
次回も期待しています。

皆さんこのやりとりから何を感じますか?