「老舗」に学ぶ

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

◆企業事例研究…「老舗」に学ぶ ~株式会社半兵衛麩~

「伝統とは、守るものではなく、潰していくもの改革していくもの』
  今回は、株式会社半兵衛麩、第11代目半兵衛の玉置会長に企業発展のヒントをお伺いしました。その一部を、ご紹介致します。

●三代目が“家訓”として残し、いまにも続く荀子の言葉「先義後利」
・「店を発展させたのは三代目でしたが、父親の二代目が道楽をしたようで母親を何とか助けたい、
楽にさせたいと商売に身を入れてがんばったのです。
そんな三代目が家訓として残してくれたのが、
荀子の「先義後利(義を先にして、利を後とす)という言葉です。」

●相手も自分も喜び、物も大事にできる。これが商売で言うホンマの「三方よし」
・食料品店に配達に行っても、他の麩屋さんは店先でお金を頂いたら「おおきに」と言って帰ります。
お得意先の店先は夕方には黒山の人だかりになるほど忙しかった。
だから私は配達に行ったついでにお手伝いしていました。
すると、お店も私のところの麩を先に売ってくれます。
そういう忙しいお店ですから倉庫も整理できていないんですよ。
どこに何がはいっているかわからない。私は倉庫の掃除と整理もしました。
縄は紐でくくり、紙は紙でまとめ、売り物の乾物類を箱の中へきちんと入れてあげる。
そしたら、親父さんが「助かるわ」と喜んでくれはる。
それで、「すんまへん。この縄もろてもよろしいか」といったら
「持って帰り」と縄や木の箱をくれはります。それを再利用させてもらう。
人が捨てる物を頂いて帰って、向こうさんは喜んでくれはるし、自分も嬉しいですし。

●いい麩を作ろうと思ったら、いい材料を使い、時間をかけて非効率でなければならない
・「儲けを優先して作ったらおいしい麩はできません。うちの麩はきめが細かいですね、と言われる。麩はグルテンと小麦粉を一度合わせるんですが、そのときの配合が違うんです。儲けようと思ったら逆に、小麦粉をたくさん入れたらいいんです。」
・「伝統は守っていくものと思っておられますが、そのまま守っていくのは伝承です。
伝統とは潰していくもの、改革していくものです。」

上記の詳しい情報に関しましては、「理念と経営 8月号」に掲載しております。
ご興味ございましたら http://www.rinen-mg.co.jp へお立ち寄り下さい。

“失敗”を“成功”に結びつける企業文化

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

★オンリーワン経営★“失敗”を“成功”に結びつける企業文化
~栞がヒラリとすべり落ちた瞬間、閃いたアイデアが大ヒット商品を生んだ~

今回は「失敗」について考えてみましょう。以前『失敗学のすすめ』(著:畑村洋太郎)が大ヒットしましたが
「どんな立派な人間でも、企業でも、失敗するものである」という事は、当然の事です。
自動車メーカーのホンダの創業者、本田宗一郎氏は「99%の失敗があって、
初めて1%の成功がある」と喝破されていますし、
実際にホンダには「失敗表彰制度」や、一番失敗した社員には「社長賞」まで与えられます。
一流の人間や企業には、『失敗』を『成功』に結びつける哲学・理念があります。

そのような例として、「ポスト・イット(糊つき付箋)」を開発した3M社を取り上げてみます。

◆『15%ルール』と『ブートレッキング』
 1969年、3M社で接着力の強い接着剤の研究開発をしていたシルバー氏が、
試作品を作ったのですが、「非常に良くつくが、簡単に剥がれる」という完全な失敗作でした。
通常であれば、当然棄てられる運命ですが、この“奇妙な接着剤”が気になりました。
早速、『15%ルール(勤務時間の15%は自分の好きな研究につかってもいい)』を活用して、
社内のあらゆる部門にこの“発見”を紹介しサンプルを配りました。
そして、5年後、テープ製品事業部のアート氏が、本に目印として挟んでいた栞がヒラリとすべり落ちた時に閃めいたのです。
「これこそ、“奇妙な接着剤”が使えるのではないか!」と。
また3M社には、『ブートレッキング(上司の命令に背くことになっても自分の信じる研究をするために、会社の設備を使ってもいい)』という文化があり、
アートさんはポスト・イットの商品開発をすることが出来、ついには大ヒット商品となっていったのです。

失敗をするということは、裏を返すと「チャレンジしている」という事なんですね。
皆様も失敗を成功に結びつける企業文化を参考にして、オンリーワンを目指されてはいかがでしょうか??

詳しい情報に関しましては、「理念と経営 8月号」に掲載しております。
ご興味ございましたら http://www.rinen-mg.co.jp へお立ち寄り下さい。

『マインド的サービスが、お客様との人間関係をつくる』

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

“サービスとは、値段を安くすることではなく、とことん奉仕をすること!!”

“声”だけのお付き合いでありながら、お客様と心を通わせ、
毎年売り上げを伸ばしている健康食品の通信販売会社が九州にあります。
社員さん一人ひとりがパソコンのデータを見ながら、電話の向こうにいる、
会ったことのことのないお客様と、まるで顔を突き合わせているかのように会話を進めているのです。
お客様と一緒に泣いたり笑ったり、画面に向かって「ありがとうございます!!」とお辞儀をしたり、
一時間以上会話が続いたり、時には、悩みを聞いたり、はけ口になったり、
人生相談に乗ったりすることもあります。
お客様の「健康になりたい」という思いに応えるには、お客様の「情報」をつかみ、
ニーズ(要望)を把握することが何よりも大切になるからです。
また、健康食品とは継続してお使い頂くことでお客様の健康に繋がるため、
①忘れさせない②飽きさせない③卒業させない、
という観点であらゆる工夫を凝らしています。

しかし、この会社にはマニュアルは一切ありません。
一人ひとりが体験を通して、“お客様にどうしたら喜んでいただけるか、
どうしたら貢献できるか”を徹底的に考え、心を込めて手紙を書いたり、
何気ない会話の中から貴重な情報を得たりと、自分なりのオリジナルマニュアルを創り出しています。

お客様の人生のお役に立ちたい、お客様の健康に貢献したい――――――――
このマインド的サービスが、元気でいきいきした電話のひと声を生み、お客様からの信頼と感動を得ているのですね。

四十歳の頃、自らが大病を患い克服した経験をもつ社長はこう言います。
“社員自らが健康でいきいき楽しく働いてこそ、お客様の健康に貢献できるのです”
 いかがでしたか?

ご興味がございましたらhttp://www.nisouken.co.jpへお立ち寄り下さい。
最後までお読み頂きまして感謝申し上げます。

若手が経営計画を作る会社

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

今回の会社はある都市ガス会社の工事代理店です。

rinen%20693.jpg

今、ガス会社は大きな岐路に立っています。
建築不況から来るマンション、戸建ての新築の減少。
オール電化によるエネルギーシェアの減少、太陽光発電等によるホームエネルギーの分散化
都市ガスの工事さえしていれば経営が成り立っていた時代ではなくなりました。
将来の展望をしっかり見据えて変革していかなければならないのです。
幹部、現場も経営的視点を養わなくてはなりません。

rinen%20694.jpg

今回の勉強会メンバーはビジョン検討委員会の若手メンバーが主となり、一部幹部が入るかたちで行いました。
今後の未来を担う人達で経営計画を立てていっています。
ディスカッションでは非常に盛り上がり、真剣に取り組んでいました。

rinen%20692.jpg

社長からは終了後「発言が出ないのではないかと心配していましたが、あれほど発言するとはビックリでした。今まではトップダウンで指示命令ばかりでしたが、今後このメンバーが主体となって経営計画を自ら考えていってもらいたいとのことです。将来的には今のメンバーが主体となり、若手にも下していきたい考えです。」
とお誉めのお言葉を頂きました。

どの業界も社長力・管理力・現場力の三位一体を進めていかなくてはなりません。

燃えてます。三木は

カテゴリー: 支部での勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

兵庫県の三木市での経営者の会は燃えています。

ここでの勉強会はJC(青年会議所)のメンバーでスタートしました。
JCの中で研修委員会というのを立ち上げた船原さんが、
HPでいろいろと勉強の材料を探していたところ、
月刊「理念と経営」と出会ったそうです。

本を取り寄せたところ、経営者の会の勉強会の記事を読み、
JCの委員会でこの勉強会をやろうと決意されました。
そして船原さん達のすごいところは、市役所の職員を巻き込み、
行政と一緒にこの勉強会を始めたところです。

将来の三木市について、理念について、企業経営者と行政が共に考える。
コラボレーションが生まれています。

現在では25名程のメンバーが登録され、毎回20名以上が参加されるそうです。
皆さんこの勉強会を大変楽しみにされ、ある女性会員は皆出席だそうです。
また、ある会員さんは今年から独立されて経営を始めましたが、
「この勉強会に参加したお陰で、理念や方針を明確にして始めることが出来ました。」
と仰っていました。
皆さん熱いメンバーで夢を語り合う青年たちという印象でした。

この日は、地元の神戸新聞が来られ、JCメンバーと行政職員が共に学んでいることを取材されました。
また、記事が掲載されましたらご報告します。

他に勉強会には地元のFM放送の「FM三木」のプロデューサーも参加されていて、
勉強会のライブ中継を行おうと盛り上がっていました。

とにかく、燃えていますよ、三木市は!!!

君が人生をあきらめ絶望しても、君の人生が決して君を絶望させはしないのだ

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

7月4日、金沢市において、「理念と経営」経営者の会、北陸地区大会が開催されました。

富山や、福井からもお越しになり、280名の方々が参加されました。
285枚のチケット販売で280名の方が参加されたということはほぼ100%に近い参加率でした。
それほど、皆様が今回の木野先生の講演や問答を期待されていたということだと思います。

rinen%20620.jpg

梶谷地区会長をはじめ、福井の武澤ブロック会長、富山の宮崎ブロック会長、エリア会長の皆様、会員の皆様に心より御礼申し上げます。

会の終了後の梶谷会長のご報告に大変感動しましたので、
この場を借りて報告させていただきます。

昨日の大会に私の親友が参加してくれました。会社は加賀友禅の卸業ですが、業界全体の売上はピ-ク時の20%に激減。
商売は苦戦を強いられ、しかも彼は大病を患いここ三年間入退院の繰り返しでした。
最近少し体調が良くなり先日本当に久しぶりに食事を一緒にしたとき彼がつぶやくように言いました。

『会社の極端な業績不振、自分自身の大病などのために失ったものは沢山ある。
でも反対にこれまで見えなかったもの、見過ごしてきたものの中に大切なものがあることが見えるようにもなった。
でも呉服の商売は相変わらず厳しいし、自分自身の病気の不安もいっぱいある。
こんな時に会ってみたい人がいる。会ってその人の話を聞きたい。
私が今一番会いたいのは松下幸之助さんです。』
そんなことをポロリと漏らしました。

北陸大会のタイトルは(中小企業受難の時代、松下幸之助ならどう乗り越えるか!)
さっそく友人に今度の大会のチラシと木野先生の紹介文を送らせてもらいました。
彼は奥さん、会社の幹部社員など10名で会場へ来てくれました。
そして木野先生への質問時間に最初に手を挙げたのです。

rinen%20629.jpg

『伝統工芸である加賀友禅を守り次の時代に継承していきたいという理念はある、
でも現実の経営面では苦しい日々が続いている。
掲げる理念と現実の経営のギャップをどのように考えればいいのか。
どう対処していけばいいのでしょうか?』
彼の心からの叫びのような質問に木野先生は親身になってお答えになられました。

『松下幸之助はどんなときにも諦めたりしなかった。
自分自身が懸命に生きて、自分から人生や運命を見捨てないかぎり、
人生や運命があなたを見捨てることは絶対ありませんよ。
熱意を持ち誠実に行動すればいつかかならず明るいものが見えてきます。
時代の変化に合わすことも大事だが、自分から変化を作り上げることに挑戦して見なさい。
自信を持って伝統を守り続けて下さい。
見えない何かがきっと応援してくれますよ』

体調の関係で途中退席されたご夫婦を玄関までお送りしましたが、
二人は目にいっぱい涙をためて『今日は本当に来てよかった、本当に来て良かった』と喜んでお帰りになりました。
二人の心に一条の光が差し込んだような晴れ晴れした表情でした。

昨日出席してくれた一人一人の心に、木野先生の言葉は染み渡ったようです。
会が終わった後、数人の参加者から「理念と経営、経営者の会」で勉強したいという申し出がありました。
今度の大会が経営者の会、社内勉強会の普及拡大につなげていくよう、これからエリア長、支部長の益々のご支援を期待しております。
以上、梶谷会長のご報告より。

この地区大会が単なるイベントではなく、この中小企業受難の時代に戦っている経営者の方々に勇気と希望を与え、「理念の大切さと、全社一丸となって知恵を出し、お客様から「ありがとう」を沢山いただける仕事をし、適正利益を出していく経営を行う。」理念と経営の考え方の啓蒙活動になったのではないかと感じます。

rinen%20625.jpg

どんな経営者も事業がうまくいかなくなると、孤独になり、考え方が「負のスパイラル」に陥ることがあります。経営者の会を逆境と立ち向かう経営者の姿から学び、お互いが語り合い、アドバイスし合える会にしていくことが、この会の存在価値ではないでしょうか。

「見える化」を進め、仕事力を育成しましょう

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

「理念と経営」で「社長力・管理力・現場力」を連載しております。
今回の7月号で掲載しているポイントをまとめてみました!!

社長力・・・「見える化」を進め、仕事力を育成しましょう!!
◎社長は明確な方針を出さなければなりません。そして、科学的な経営のあり方を追及することが大切です。企業経営はすべてバランスであり、業績をあげ、具体化させなければ理念は実現できないのです。

管理力・・・方針の「見える化」を具体的に実行しましょう!!
◎ 管理力とは、社長方針を理解し、その方針を徹底して「見える化」することです。
社長の方針を「見せようとする意識」をもって、いつでも、どこでも、わかりやすく、見たくなくても、見えるような仕組みをつくりましょう!!

現場力・・・知恵を出し、顧客の「見える化」を図りましょう!!
◎現場も「見える化」とは、自分の部門の仕事が誰にでもわかるように、なるべく大きな文字や図にして見えやすくすることです。「見える化」は最大のコミュニケーションであり具体化する現場力が大切です。

いかがですか?
 是非、ご参考にしてみて下さいませ。
「見える化」についての、詳しい解説は「理念と経営 7月号」に掲載しております。
ご興味ございましたら http://www.rinen-mg.co.jp へお立ち寄り下さい。

『13店舗をスクラップ&ビルドして今までなぜやってこれたか』

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

今回は、“二村自動車㈱”の二村義春社長より人財育成についてお話を頂きました。

●9年前、ある研修に出会って教育の大事さを痛感した
弊社は、1971年に創業し、今年で37年目を迎えます。
現在は中古車店を4店舗、新車ショールームを3店舗、整備工場の併設も含め7店舗を展開しています。
我が社では研修や勉強会を20数年前から行っています。教育の大事さを痛感したのは9年前、ある研修に出会ったことです。

はじめは、会社命令で研修に参加させましたが、今は次の5つをメインに毎月行っています。
①朝礼
②社員全体研修
③褒められたこと・クレーム報告
④人事改革プロジェクト委員会
⑤保険勉強

●各店舗で、最も重要なクレームを1件選び、全員で討議する
 ①朝礼は、倫理法人会の「職場の教養」を活用しています。
ラジオ体操から始まり、会社理念の唱和、実績報告、「職場の教養」の輪読及び発表、挨拶訓練、ハイハイ訓練と約15分間行います。
 ②社員全体研修は、PDCAをまわす研修を行っています。
 ③褒められたこと・クレーム報告は、月に1回、1人最低3件ずつ出します。
各店舗で最も重要なクレームを1件選び、全員で討議して改善策を出していきます。
 ④人事改革プロジェクト委員会は、責任者全員が、進捗状況の確認とコーチングをメインにした研修です。
 ⑤保険勉強会ですが、保険は自動車を乗るうえで欠かせないものです。その為にも社員さんは保険の勉強もかかせません。

●安全と快適さを提供して地域になくてはならない企業に
 我が社の目標は、車を通してお客様に安全と快適さを提供して、
地域になくてはならない企業として存続し、繁栄し続けることです。
このビジョンを達成するために、まず自分自身がまだまだ勉強しなければなりませんし、
新しいことにチャレンジしたいと思います。

皆様もいかがですか?
二村社長は日本創造教育研究所にて人財育成プログラムを学ばれたと記述されておられます。
内容にご興味がございましたらhttp://www.nisouken.co.jpへお立ち寄り下さい。

会社一丸となって、上司が知らない職場のイジメに立ち向かおう

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

今、職場内では、上司が知らない社員間の「イジメ」が激増し、
社会問題として取上げられている「セクハラ」や「パワハラ」以上に、事態は深刻化しています。

人間関係がこじれて対立する問題は昔からありましたが、今のそれは性質がかなり異なるようです。
 つまり、こども社会と同質の「イジメ」が職場内にも現れているのです。
例えば、全員でターゲット(標的)の人物を無視して、孤立に追いやります。
さらにエスカレートすると、ターゲットの人物が困惑することを承知の上で、
クレーム情報などを伝えず、問題が拡大する様子を傍観して楽しんだりします。

 子どもたちの「イジメ」の問題は、もはやその枠を超え、恐喝・障害・器物損壊などの犯罪行為にまで及んでいます。
この問題に関して様々なご意見があると思いますが、
ひとつ言えることは、このような事態を招いている原因は、我々大人にあるということではないでしょうか。

 現在の社会には、自分さえ良ければいいという、自己中心的な考えをもった大人が明らかに増加しています。
深く考える思考力が低下し、これをしたら次にどうなるだろうと想像することができません。
さらには、考えること自体を「疲れる」「めんどくさい」と放棄したり、「わからない」と頭を抱えパニックに陥ったりする現象が増えています。
これは「格差社会の弊害」と一言で片付けられる問題ではなく、混迷を極めるストレス環境が与える多大な心的圧力に起因していることは間違いないでしょう。

 ストレスが溜まった視聴者ニーズに応えるかのように、テレビ画面にはハイテンションのバラエティー番組が昼夜を問わず映し出されています。
楽しく愉快な番組を見ることは良い面もありますが、
一時的に現実から目を背け、ストレスを忘れたとしても、
それはただ問題から逃避し、解決を先延ばしにしているにすぎません。

 ストレス回避やストレス発散も大切ですが、
それ以上に、職場の仲間と力を合わせ、明るい職場、思いやりの心に満ちた職場、
「ありがとう」という言葉の溢れる職場を目指すことも大切です。
全社員が一丸となって、ストレスに立ち向かう行動が、そこで働く一人ひとりをストレスに強い人間へと成長させるのです。

 ストレスに強い人間になるのか、ストレスに弱い人間になるのかは、本人の決意次第です。
人間の本来のあり方は、人と人が支え合う関係や仕組をつくることにあります。本腰を入れた企業内マネジメントコーチングの導入が、職場に求められています。

全日本マネジメントコーチング協会:http://www.management-coaching.jp/

『マインド的サービスで、“基本に忠実”な仕事を』

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

突然ですが、以前テレビドラマ化され話題になった「新幹線ガール」という作品をご存知でしょうか?

新幹線でワゴン販売を行なう“パーサー”と呼ばれる従業員の奮闘を描いた作品です。
今回はその作品のモデルになった、あるひとりの女性パーサーのお話です。
実は彼女、同じ商品で同じ販売環境にありながら、
なんとたった一人で、一日平均の3倍もの売り上げを誇る凄腕パーサーだったのです。
その成功の秘訣は何なのか・・・その問いに、彼女はこう答えています。

「お客様の気持ちになって、きめ細やかなサービスをしているだけです」

パーサーの新人教育では次の基本を学びます。
①お客様の気持ちになってきめ細やかなサービスをする
②お客様のサインを見落とさない、小銭の音にすぐ反応する
③お客様に一つ注文されたら、「ご一緒にこれはいかがですか」とお薦めする

彼女は、この基本にさらに自分なりの工夫を加えます。
例えば「何日の何時ごろ、天気はどうで、何がどれくらい売れたか」などの情報を細かくデータ化した「自分メモ」というものをつくり、売れ筋商品の傾向を分析します。
そして、そこから得られた結果を基に、マネジャーに「10日前に、ある弁当がよく売れました。
補充をお願いします」と、提案をしていきます。
売り上げが伸びないときにも、「自己満足に陥っていないか」「お客様が何を求めているか、
想像力が足りないのではないか」と、常に自分の仕事を見つめなおしているのです。

彼女はこう言います。
「基本に忠実に仕事をすることが、実は一番難しい。と最近思うようになりました」

仕事は、慣れたときに我流に陥りやすく、“基本”がなおざりになります。
私たちもまた、彼女のように常に“基本”に立ち返り、お客様の気持ちで、目線で、立場で必要があるのかもしれません・・・。
ご興味がございましたら是非http://www.nisouken.co.jpへお立ち寄り下さい。