日別アーカイブ: 2013年8月29日

石橋支部の皆様からの討議会のご報告です!!

カテゴリー: 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

経営者の会 石橋支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ☆

♪——————————————————————————————————
開催日時:8月19日(月)20時~21時
参加人数:6名
——————————————————————————————————♪

【設問1】TPP参加によるメリットデメリットは何だと思いますか?

●TPPにはISD条項やラチェット条項などがあり十分留意することである。
ラチェット条項とは 2012年4月 アメリカで6年ぶりにBSE感染牛が確認される
と韓国政府はすぐに米国産牛肉の輸入停止を発表。だが6時間後にそれを撤回す
る事態となる。政府は明らかにしていないが、いったん規制を緩和すると元に戻
せない「ラチェット条項」に抵触するからだと言われている
●ISD条項とは
企業が国家の法律を自由貿易の観点から告訴することができる
例 カナダでアメリカから輸入されているガソリンにカナダでは健康被害のた
め禁止されている物質が入っているため規制をしたがアメリカの企業がカナダ政
府を告訴して、これを退けた
●サービス業の自由化などで男性エステティシャンの登場なども?
●輸入食品の日本独自の安全基準基準などが自由貿易協定に引っかかる可能性も
ある。原材料や食料品では輸入品に価格では負けるので、品質やブランディング
などでの競争になる。
●TPPは確実に締結されるので、各自自社にかかわる要因を深堀して、時勢に
あった経営活動につなげるべきである。

【設問2】経営理念の浸透を図るために一番大切にしていることは何ですか?
●自身の修羅場の話

創業から2~3年で初期の社員がすべて退職、母が入院、出産、自分の入院
大手の企業からのリストラのあおりを受け自社の社員の解雇、解雇した社員から
の言葉 修羅場を経験しているからこそ今の自分があり 気づきや考え方につながる
価値をしっかりだして顧客を満足させる おおげさに言うと売り上げを追い求め
ない、それが回復力につながる

【設問3】「企業事例研究1~七福醸造株式会社」を読んで。

●終始マラソンの話になりました
経営者がまず100キロ歩け
考える前に行動にうつせ
走っているとまず人を恨みだすが最後は自分を見つめれる
共につらい経験をして乗り越える。

♪——————————————————————————————————
所感:TPPの問題については、私を含め、メンバーの殆どが、まだま
だ実感が無く、他人事のように感じていたが、輸入牛肉を扱っている星川さんは、
よく勉強されており、TPP問題を詳しく、分かり易く解説してくれたことが印
象的でした。経営研究会で多くの異業種経営者と知り合えることは、いざという
時の相談相手が多くいるということでもあり、頼もしく思えます。
——————————————————————————————————♪

************************************************************************
 株式会社コスモ教育出版
 中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
 月刊「理念と経営」
 〒103-0007
 東京都中央区日本橋浜町2-42-9浜町ビル5階
 TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
*********************************************************************

景山支部の皆様からの討議会のご報告です!!

カテゴリー: 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

経営者の会 景山支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ☆

♪——————————-
開催日時:8月19日(火)19時~21時
参加人数:15名
——————————-♪

設問1 巻頭対談「理念の浸透のために大切にしていること」
・採用時に時間をかけて面談をする(理念を共有出来る人を採用するよう心がけている。)

・自らが率先垂範する(言う事とやる事が違うから浸透しない)
・理念に沿った行動をしたスタッフを評価し、称えるよう、心がけている。

設問2 浜矩子教授の世界の眼「TPPへの対応」
・保険制度などの崩壊も心配されるため、医師会は反対。
・現状の流れの中では参加するより道は無いと思う。
・質が同じで価格が安いものが入ってくると太刀打ち出来なくなるからTPPには反対。
・農家の中にはTPPを理解出来ていない人が多い。

設問3 企業事例研究「社風を良くするため何に取り組んでいるか」
・泊まり込みで幹部合宿を行い、膝を突きあわせてのコミュニケーションを図っている。
・勉強会や飲み会でビジョンを語るようにしている。
・行動指針を率先垂範するようにしている。
・家族の記念日に感謝の気持ちを伝えるようにしている。

設問4 人に歴史あり「働く誇りをどのように創り出しているか」
・他社と戦うのではなくオンリーワン経営を目指し、新しい価値を生みだす。
・人財育成は戦える人をどれだけ育てられるか、
戦う相手がいるからエネルギーやモチベーションが上がる。
・「負けない」というプライドを持つ。

設問5 企業の成功法則 三位一体論「社長・幹部のあるべき姿と現実」
・求め続ける力が大切(現在は熱意が足りない)
・言うこととやる事が違ってはいけない。
・経営者は自らを律することができないといけない。
・利益を上げるのは善である、それをどう活かすかが重要。

♪——————————-
【所感】
今月も外部より多くの方々が参加頂いた討議会となりました。
討議長もそれぞれの設問で担当する事で学びが多いと感じます。
理念の浸透、社風の改善に対する皆さんの取り組みや考えについて
ディスカッションが出来ることは勉強になります。
またTPPの設問では大きな変化に対して、先が読みにくい状況では
ありますが、他業種のお話も聞く事が出来、変化に対応出来るように
情報を収集し判断していく事が大切と感じました。
——————————-♪

************************************************************************
 株式会社コスモ教育出版
 中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
 月刊「理念と経営」
 〒103-0007
 東京都中央区日本橋浜町2-42-9浜町ビル5階
 TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
*********************************************************************

☆★社内勉強会開催中のお客様の声★☆

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

月刊「理念と経営」です。
皆様、こんにちわ!!

今回は『理念と経営』社内勉強会7年続けて
くださっている企業より、
勉強会の工夫点をお伺い致しました。
是非今後の参考にして頂ければと思います!!

——————————————————————☆
6グループで6名リーダーを決めてしています。
リーダーは1年に1回変更します。
マンネリ防止というところで、昨年からグル―プは
毎回変更するようにしました。リーダーは幹部の
指名で決まります。設問表は事前にほとんど全問回答
してくれます。ディスカッションした後に報告書を
リーダーが代表へ提出して、コメントを書いて返却しています。

とのお声をいただきました。
☆——————————————————————