島根県松江からのお便り

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

島根県松江市にある美容室から「社内勉強会」の報告書が届きました。

美容室の方々は随分遅くまで仕事をしておられます。

普段だと夜10:00くらいはざらだと言われます。

そんな中勉強会を開いていらっしゃいます。

今回2月号の勉強会の報告を下さいました。

設問2) アスクル株式会社は、事業の立上げからわずか14年で東証一部上場企業に成長しました。「考える人」が一部にいるのではなく、現場で全員が考えることを理想としています。あなたは常日頃から自社の経営をどのように考えていますか?例えば、売上を上げるのはどうすればいいと思いますか?

意見:
●社員全員が経営的視点に立って、自ら提案していくことが売上に繋がる。
●客単価を上げる。店販紹介・・・お客様のニーズに応えていくことが売上に繋がる。
            お客様の声を拾い、現場のスタッフがボトムアップしていきます。
●お客さまにベストを尽くしているか常に考えること。

設問3) 『企業の成功法則・現場力』では、職場は自分づくりをするところと述べています。あなたは、日常の職場生活の中で、どのような自分づくりを目指していますか?人間の成長は、「能力=3.努力=3、日頃の心がけ=4」と言われています。あなたが常日頃心がけていることを、具体的に2つ述べてください。

意見:
●みんなが働きやすく、楽しく仕事ができる環境をつくるように常に笑顔。
●お客様の目線で考える(サロンの美化)
●次の人のことを考える。(スタッフ同士で思いやる)
●「○○さんのお客様」ではなく、お店にお越し下さっているお客様の意識。
●「ありがとう」と感謝の心
●周りを広く見る目を持つ
●収納方法
●挨拶

設問4)『小説・松下幸之助』で幸之助の親方である音吉は、「商売には運良く儲けるちゅうもんはない、運よく設けたもんはいつかその逆な目に遭うて、その何倍もの損が発生する。そういう夢のようなことを追いかけるより、お金を儲けるには、始末して、辛抱づように貯めることや。」と言っています。あなたはこの言葉を古臭いと思いますか?それともなるほどと思いますか?

意見:
みんななるほどと思いました。
「儲ける」ばかりを考えてはダメ。(お金、お金になってします。)
無駄づかいをやめて、使えるものは上手に再利用し経費を抑える。

設問5)『企業事例研究PARTⅠ』の株式会社神戸ポートピアホテルの記事を読んで、自分の会社が、どうすれば、もっとお客さまに喜ばれるような会社にされると思いましたか?

意見:
●来られるお客様のライフスタイルを考える。
●ミッションカードを作り、ミィーティングなどで活用し、人間力を高めていく。
●社員が楽しく働いてこそお客さまに喜ばれる。
●お客様が望まれている事をもっと考える。
●お互いの目標やビジョンを共有して、みんなの喜びを自分の喜びとする。

設問6)今、あなたはどのような辛いことを抱えていますか?天国のような職場はどこにもありません。
あなたの気持ち次第ですが、お互いに自由に今の悩みを発表してください。

意見:
●出来ていない事、問題はあるけれど、解決しようと前向きに考えている。
●勉強会を始めた時は、本当に出来るのかどうか不安だったけど、研修に行った2人を見て、これから全員が向上して、職場が天国になる日は近いと感じました。
●まだ松江で№1サロンではない。
●13年美容師をしていて、なんでもっと早く自分というものに気づかなかったんだろう。
 SAに行ったりして学んでいる姿を父に見せたかった・・・。

~まとめ~
それぞれの意見や感想を聴いたり、話したりすることで、スタッフが考えていることがお互いにわかり雰囲気がよくなってきていると思った。

設問表にあるように「簡単にお答え下さい。」と書いています。
限られた時間の中で、簡単に皆にわかるように説明していく努力を全員がしていったらいいと思いました。
もちろんリーダーがそれをきちんと仕切っていかないといけないとも思いました。

毎回課題を見つけ、工夫している姿が感じられます。
進め方も毎回進化するように工夫をしていきましょう。
進化のない勉強会はマンネリになり、継続しません。
大切なことは継続することです。

松江のM社の皆さん、ありがとうございました。

若いリーダーの所感

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

我が社でも「理念と経営」の社内勉強会を行なっています。

%C5%EC%B5%FE%A5%BB%A5%F3%A5%BF%A1%BC%C2%E87%BB%D9%C9%F4%AD%A2.jpg

リーダーは若手にしてもらっています。
勉強会を通して学んでいることがあります。

今月の勉強会からこんな所感が届きました。

リーダー所感
今回が第2回目ですが、非常に肯定的な雰囲気の中で進行し、
先輩後輩、新入社員さんの立場を超えて、
皆がのびのびご自身の意見や感想を話せる雰囲気づくりができました。
いつも長時間になってしまうのが改善点ですが、無駄に長くなるのではなく、
皆が時間を忘れるくらい真剣に取り組んでいるからこそという点もありますので、
今後は時間にも意識をむけながら、更に内容の濃い勉強会にしてまいります。
そして、この勉強会の非常に素晴らしいところは、
今抱えている悩みを相談する場であり、
自分の考えをまとめながらわかりやすく述べる訓練の場であり、
先輩方がこれまでの体験談を話してくださる場であり、と様々な意味合いをもっている点です。
今後も、それぞれの個性・らしさを最大限に発揮できるような環境づくりを目指し、
楽しく真剣に取り組んで参ります。

今回は東京センターの青木さんでした。
仙台のSAコースを成功させるため頑張ってます。
東北の皆さんよろしくお願いします。

aoki.jpg

やはり、この勉強会の効果は
1)コミュニケーション
仕事上の悩みを相談したり、先輩の体験談から学んだりできる。
2)プレゼンテーション能力の向上
設問に書いて発表する。
短時間の中で、いかに自分の伝えたい意図を相手に伝えるか。
これもトレーニングされています。
3)傾聴訓練です。
ディスカッションは相手の意見をしっかり聴いていないとできません。

こうしたコミュニケーションから、同じ理念に向かい、ビジョンに向かっている同志としての「絆」が生まれてくるのでしょう。

これからは、「絆」の時代かもしれません。

*******************************************************************
1)P・F・ドラッカーの現代の経営学講座
五月二十一日 月一回 4時間コース×五回シリーズ
1.. ドラッカーが説く経営の真髄を学べる
2.. ドラッカーのマネジメント手法を学べる
3.. ドラッカーが説くリーダーシップと帝王学を学べる
4.. ドラッカーが説く理想的な人材育成手法が学べる
5.. ドラッカーが説く中小企業経営の成功法則を学べる
  第一講座 上田惇生氏(ドラッカーマネジメントの真髄)
  第二講座 田舞徳太郎(ドラッカーと中小企業経営)
  => http://www.rinen-mg.co.jp/seminar.html
  会場:スクワール麹町(東京・「月刊・理念と経営」オフイスの近く)

2)理念と経営「経営者の会」「社内勉強会」のお問い合わせ
「連絡フリーダイヤル・0120ー519ー114」 担当=浜本・安井
「連絡フリーダイヤル FAX=0120-122-754 
 URL=http://www.rinen-mg.co.jp/
※導入方法で迷っている人、導入してもうまくいかないところは、
 御社まで説明に行くか、電話で、研修のプロがご指導させて頂きます。

3)「月刊・理念と経営」の継続ご購読並びにご贈呈は下記まで!
  東京都千代田区麹町3-5-2 BUREX麹町704
  TEL=0120-519-114
  FAX=0120-122-754
  URL=http://www.rinen-mg.co.jp/
*********************************************************************

美容室での勉強会

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

今年の2月号の「縁は異なもの」に出ていただきました、株式会社シェリンプの井上社長から
社内勉強の報告が届きました。

美容室といえば若い社員さんが多い業界ですが、
こうした若い方たちも熱心に勉強していただいてます。

%A4%DF%A4%F3%A4%CA%A4%C72.jpg

社内勉強会の報告をさせて頂きます。
毎月 美容師のスタイリスト・アシスタントレベルに分けて セクションミーティングと言う形で実施。

第1火曜日を 丸1日 ミーティングや技術勉強会の時間として活用しています。
その日の最後に 全社員さんからレポート(所感)を提出して頂き返事を書きます。

tomita.jpg

下記文章は 入社4年目 24歳 男性社員さんからの内容です。

 今回の現場力は仕事を通じた人生観から社会における自分の役割まで
  話が及ぶ深いものでした。
  一番はやはり、今の仕事に精一杯取り組む、今の自分の課題に対して
  本当に必死じゃないと次の課題も見えないと思います。
  僕の社会における使命は
  『自己の魅力を高め、支持して下さるお客様を増やし美容を通じて人を幸せにすること』
  そのために常に自分磨きをする。
  今は技術の幅を増やす。 スタッフと話をする。 ストロークを増やす。
  <中略>
  又 今回のセクションミーティングでは 皆が自分の使命に
  『ビューティフルライフの創造(弊社の使命)』のことを そろって挙げていて
  これだけ 同じ想いを持ち仕事をしているということが、凄いなぁ~と思い
  嬉しくなりました。
  この想いを1年生まで共有して話せる様な環境を作る為、
  もっと、もっと 話をしていきます。
という嬉しいレポートを書かれています。

%A4%DF%A4%F3%A4%CA%A4%C71.jpg

改めて 理念浸透の大切さ、読む⇒発表する⇒考える⇒書く ことの重要性を
認識することができました。
ありがとうございます。
と井上社長は語られています。

神戸の皆様お越しください。

カテゴリー: 経営研究会 | 投稿日: | 投稿者:

神戸経営研究会の藤川さんからお便りがありました。
弊社での「理念と経営」勉強会も、人の話を聴く事を意識し取り組んでいます。
社風も良い方向へ向かっていると感じております。

神戸経営研究会でも毎月「理念と経営」勉強会も継続して行っています。参加して良かったという声もたくさん頂いております。

6月5日には「理念と経営」でも連載されている「社長力・管理力・現場力の三位一体論」をテーマに日創研の檜山講師にご講演をして頂きます。
とのことです。

横の画像をクリックしますと拡大します。

檜山講師は「管理者養成コース」という研修の講師で、マネジメントに関しましてはとても解かり易い講義と支持を受けています。

「社長力・管理力・現場力」は「理念と経営」の中でもメインのコーナーであり、
一番人気の高いコーナーです。
最初からお読みの方も、まだお読みでない方も必ず勉強になります。

是非、神戸近郊の皆様。是非是非お越し下さいませ。

「共に学び、共に栄える」ですね。

*******************************************************************
1)P・F・ドラッカーの現代の経営学講座
五月二十一日 月一回 4時間コース×五回シリーズ
1.. ドラッカーが説く経営の真髄を学べる
2.. ドラッカーのマネジメント手法を学べる
3.. ドラッカーが説くリーダーシップと帝王学を学べる
4.. ドラッカーが説く理想的な人材育成手法が学べる
5.. ドラッカーが説く中小企業経営の成功法則を学べる
  第一講座 上田惇生氏(ドラッカーマネジメントの真髄)
  第二講座 田舞徳太郎(ドラッカーと中小企業経営)
  => http://www.rinen-mg.co.jp/seminar.html
  会場:スクワール麹町(東京・「月刊・理念と経営」オフイスの近く)

2)理念と経営「経営者の会」「社内勉強会」のお問い合わせ
「連絡フリーダイヤル・0120ー519ー114」 担当=浜本・安井
「連絡フリーダイヤル FAX=0120-122-754 
 URL=http://www.rinen-mg.co.jp/
※導入方法で迷っている人、導入してもうまくいかないところは、
 御社まで説明に行くか、電話で、研修のプロがご指導させて頂きます。

3)「月刊・理念と経営」の継続ご購読並びにご贈呈は下記まで!
  東京都千代田区麹町3-5-2 BUREX麹町704
  TEL=0120-519-114
  FAX=0120-122-754
  URL=http://www.rinen-mg.co.jp/
*********************************************************************

思いもよらない進化

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

またまた嬉しいお便りです。
5月号の社内勉強会の様子(P92)で掲載されました東京リトル・メイト株式会社の阪井社長様より、
嬉しいお便りをいただきました。
東京リトル・メイトさんはベビーシッター派遣やホテルでの託児・幼児教室などを展開されています。
昨年の12月号で女性が主役というコーナーで社長様が掲載されました。ご記憶の方も多いと思います。
その阪井様からのお便りを紹介します。

我が社では昨年7月から「理念と経営」の社内勉強会が開催されています。
7人の幹部社員でスタートしました。当初は時間のやりくりや事前の読み込み不足で設問に義務感で回答していて、結果も意見は月並みな他人事の感想(すごいね、事例の会社だから出来たんだ・・・等)が大半でした。
自社と他社は、規模や条件が違う、という感じでしたが、ところがやり続けているうちに、今では発言も活発で深い(他社と自社の比較、社内の改善策、新しい提案など)ものに変わりました。

又、日頃は別の営業所で顔を合わすことが少ないメンバ ーが本音で話し合える場となり、回数を重ねるたびに楽しく、活性化しています。

今年4月からは、メンバーが自発的に4つの勉強会のグループを作り、5グループになりました。
4月号から初参加の社員さんからも活発な意見がでたと報告を受けうれしく思っています。
その他にも、通常の会議の進行がスムーズになった。社内委員会が活性化した。提案が多くなった。報・連・相が円滑になった。仲間の話を良く聴ける様になった。等など。
確実に社内が前向きになったと実感します。

5月号のP92社内勉強会の報告に社員の皆さんの様子が掲載されています。
是非読んで下さい。(自慢の社員さんたちです)
写真撮影から文章まで自分達で考え、部下の勉強会の最初の本に載せてもらい、
何故自分達が新しいグループを作りたかったかを知って欲しいと考え投稿したそうです。

是非皆様の会社でも始められると思いもよらない進化が実感できますよ。

社内勉強会に入っていない皆さんは是非経営者の会の勉強会に参加されるといいですよ。

          東京リトル・メイト株式会社
               阪井 祐貴子     

東京リトル・メイトさんの経営理念は、
「子どもたちが日本の未来をつくるのです。世界で一番大事な仕事は子どもの教育です。私たちは心豊な社会を担う子どもたちを育てます。」というものです。

こうして子どもの教育に関る方々が理念の大切さを学んでいることは、私も子を持つ親として嬉しいことで、ありがたいことですね。

******************************************
1)P・F・ドラッカーの現代の経営学講座
五月二十一日 月一回 4時間コース×五回シリーズ
1.. ドラッカーが説く経営の真髄を学べる
2.. ドラッカーのマネジメント手法を学べる
3.. ドラッカーが説くリーダーシップと帝王学を学べる
4.. ドラッカーが説く理想的な人材育成手法が学べる
5.. ドラッカーが説く中小企業経営の成功法則を学べる
  第一講座 上田惇生氏(ドラッカーマネジメントの真髄)
  第二講座 田舞徳太郎(ドラッカーと中小企業経営)
  => http://www.rinen-mg.co.jp/seminar.html
会場:スクワール麹町(東京・「月刊・理念と経営」オフイスの近く)

2)理念と経営「経営者の会」「社内勉強会」のお問い合わせ
「連絡フリーダイヤル・0120ー519ー114」 担当=浜本・安井
「連絡フリーダイヤル FAX=0120-122-754 
URL=http://www.rinen-mg.co.jp/
※導入方法で迷っている人、導入してもうまくいかないところは、
 御社まで説明に行くか、電話で、研修のプロがご指導させて頂きます。

3)「月刊・理念と経営」の継続ご購読並びにご贈呈は下記まで!
東京都千代田区麹町3-5-2 BUREX麹町704
TEL=0120-519-114
FAX=0120-122-754
URL=http://www.rinen-mg.co.jp/
************************************************

「理念と経営」社内勉強会で目標達成

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

5月9日、10日、11日と箕面の明徳庵にて、アプリシェイトグループさんの目標設定会議が
行なわれていました。

07kaigi.jpg

この会社は高齢者をはじめとする社会的なハンディーキャップを抱えた人たちに、生活の保証と向上及び社会との 共生の実現(ソーシャルインクルージョン)を目的にしたサポーティブハウスを運営しています。そこの山田 和英社長にお話しを伺いました。

半期ごとに目標設定をしていますが、売り上げ目標の達成をしました。
5回この会議を続けていますが、中小企業は目標設定、その目標を達成することが会社では大事なんだということを教えるのが難しい。だからこそ、半年に一度、こうして2泊3日かけてじっくりと会議をしています。
今回、目標を達成したことですし、また、この明徳庵を貸していただけるとのことで、
明徳庵でさせていただきました。
綺麗で落ち着いたところで女の子も喜んでいます。

社内勉強会が今回の目標達成に繋がったことはありますか?

「経営者の誠実なものの見方が理解してもらえたことがあります。」
社員さんの中には、親御さんなどを見ていて、会社にひどい目に逢わされた。という見方をする子もいます。会社というのはややこしいところではないかという先入観を持っている子もいます。
日創研の会員の会社さんや、「理念と経営」に出ている会社さんは誠実で、清潔ですから、
こういう会社も世の中にあるんだ、会社というものは信用できるものなんだ。というベースが作れました。そこから更に一緒にがんばって行くという同志という感覚が生まれてきました。
社長も、社員も同じビジョン、ミッションに向かっていく同志なんだ。そんな空気が社内の中に出来たのはこの「理念と経営」の社内勉強会の成果だなと思っています。
社長の上に、ビジョン・使命・理念があるんだということが浸透してきました。

経営者・幹部が言っていることに笛吹けど踊らずというところがありましたが、前回の会議からなくなってきました。
そうすると、関係のない部署の仕事であっても助け合うようになりチームワークが生まれました。
そうした風土が目標達成を生んだと思っています。
若い人は組織をしらないから、組織というものを先に教えた会社が勝ちだなと思っています。
それには「理念と経営」がいい教材ですね。

こう語りながら、また会議に戻っていかれました。
その表情は社員の成長の喜びと、また来期への決意が溢れていました。

その後、社員さんにもお話しを伺ったところ。
「今回の会議は、会社としても初めて目標達成することが出来た記念すべき会議でした。
今期の半年間は、成果を出すための、協力、連携できる組織作りに力を注ぎました。
社員一人ひとりが自分の身勝手を抑え、ビジョン・ミッションに沿った成果を出すために貢献する、経営的視点を持つことを目指してきました。
理念と経営勉強会も活用して、そのような組織作りを行っていたのが、今回の目標達成につながったと感じます。」

07%CC%C0%C6%C1%B0%C3%BD%B8%B9%E7.jpg

お話しから、社長も社員さんも同じ方向を向いているのが感じられますね。
また、明徳庵の感想を伺いますと。
「今回、明徳庵を初めて使わせて頂いたのですが、
素晴らしいところだったので、社員一同感激いたしました。
周りは大自然で、窓の外には、もみじの新緑が美しく映え、耳を澄ますと川のせせらぎや鳥や蛙の声が聞こえました。
本社が大阪市内にありますので、都会の騒がしさから離れた環境で、気持ちもリフレッシュした状態で、会議に臨むことが出来ました。
館内の雰囲気も趣があり、家具や調度品も美しく、センスを感じました。
さらに館内の光の具合や芳香など、隅々にもてなしの心配りがされており、その点にも感激しました。

また、お食事も頂きましたが、筍の煮付けや山菜天ぷらなど家庭的で季節感のあるお料理で大変おいしかったです。
このような大変素晴らしい環境のおかげで、社員一同会議に集中することが出来、将来のビジョンについてじっくりと話し合うことが出来ました。」

こうして、「理念と経営」社内勉強会が
・経営理念の浸透
・各自の責任と役割の自覚
・チームワーク
・成果への行動
等に確実に結びついていますね。

勉強は楽しい!

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

本日は株式会社音羽さんでの社内勉強会でした。
音羽さんは関西エリアで37店舗を展開しているお寿司屋さんです。
今日は各店長さんはじめ、本部スタッフ合計42名で勉強会を行ないました。

昨年から「理念と経営」の勉強会を始められ、約1年続けておられます。

最初の挨拶からすごかったです。
ドアを開けた瞬間、全員が起立をされ、大きな声で「よろしくお願いします。」
と元気溢れるお出迎えを受けました。
そして、経営理念、音羽綱領の唱和です。これもとても大きな声で、声を揃えて行なわれます。
さすがお寿司屋さんです。威勢がいいです。
礼儀正しく、そして爽やかな皆さんです。
そう、音羽ではパートさんのことを「さわやかさん」と呼んでいます。
こんなところに社風が現れるのでしょうね。

そんななかで勉強会をスタートしました。
まずは「現場力」の輪読です。(1段落づつ一人づつ声に出して読んでいきます。)
1年続けている成果でしょうか、よく通る声で読んでいきます。
今回は5月号が出たばかりなので、4月号で行ないましたが、
既に一度行なっているので、すこし設問を変えて、
「社会人になってから、音羽に入社してから、仕事観に関して学んだこと。」
というテーマで発表、ディスカッションを行ないました。

otowa%20001.jpg

発表は一人一分と決めて行ないました。
「短く自分の意見をまとめて伝える。」ということも訓練の一つということをお伝えしています。
ただ自由に述べよ、というと一人が取りとめもなく長く話したりすることもあります。
設問に従い、端的に述べるということも訓練になります。

また聴いている人は、仲間の発表の要点をメモを取り聴く事、ということを加えました。
それによって傾聴訓練になります。
その後、時間を決めて仲間の発表を踏まえて自分の意見を伝えるというディスカッションを行ないました。
その際、仲間の発表の要点を復唱してから、それに自分の意見を加えるというやり方です。
これによって、仲間は自分の意見をちゃんと聴いてもらえたという実感を持ちます。
そんなやり方をお伝えしながら行なっていきました。
今までは、発表して終わりという時もあったようですが、
これでディスカッションが盛り上がって色んな意見が出てくるようになりました。

「お客様の喜びをつくれ」のコーナーの設問から、「今まで自分がした、一工夫の体験。」を発表してもらいました。
それぞれ言われただけの仕事だけではなく、自分で考えた一工夫が色々と出てきました。
皆さんが、お客様のためを思って行なっていることや、指示されただけの仕事ではなく、自分が考えたアイディアで仕事をしている体験が出てきて、「そんなことしてるんや、素晴らしいじゃないか。」等の声が聞こえ、テーブル毎に拍手が聞かれるようになりました。
「こうして具体的に仕事の仕方を教えないといけないな~。」というような意見も聞かれました。
最後に各グループ毎に「一工夫大賞」を決めて頂き、全員の前で発表してもらいました。
皆さん「お客さまに喜んでもらいたい。」という想いで仕事に取り組んでいる姿が伝わってきました。
最初はちょっと緊張した面持ちでしたが、最後にはこの笑顔で勉強会を終えることができました。

otowa%20005.jpg

この勉強会もこうした「一工夫」で楽しいものに変わり、モチベーションも上がるのではないかと思います。

こうした積み重ねが、理念の浸透になり、改善案の提案活動に繋がっていくのではないでしょうか。

幼稚園の先生方も

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

一昨日、嬉しい申し込みがありました。

幼稚園の先生からの社内勉強会の申し込みです。

経営研究会の「理念と経営」の勉強会に参加され、
その後、皆さんで話しあわれ、自費で購読を決めて申し込みをされたようです。

理事長先生にお礼のお電話をいれたところ、
そのことを理事長先生はあとで報告を聞き、驚くと同時に大変喜んでいらっしゃいました。
「主体的に職場をよくしていこうという意欲が出てきたことが嬉しいことです。」
と仰っていました。

幼稚園の先生方もこうして「理念と経営」を学び、経営的視点を磨き、
更によい職場づくり、生徒さんへの関り、親御さんへの関りを学ぼうとされています。
学校であれ、企業であれ、働く場という観点では同じです。
現場力・管理力を高めていくことが大事な事です。

先生方の前向きな姿勢がとても嬉しいお話でした。

嬉しいお便り。

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

先般、社内勉強会のフォローの教材として、仕事のプロ6か条というのをお送りしておりました。
これは社内勉強会導入後、約6ヵ月後にお送りしている教材です。
そのお礼にとメールをくださったのですが、なんとも嬉しいお便りでした。
こうしたお声は私達の何よりの喜びではないかと思っています。

このように会社の業績を考えて、経営的視点を真剣に学んでくださっている方々がいらっしゃるのです。

やはり社員さんを信じて行なうことです!!!

そのメールを紹介します。

いつもお世話になっております。
そしていつも理念と経営を送っていただき、ありがとうございます。
毎月1回の勉強会で活用しております。
今まで勉強会とかやってきましたが、中々継続できなかったですが、
「理念と経営」の勉強会は今月で7回目を迎えます。
出席率もほぼ100%です。
なぜ続いたか・・・・参考書と話し合いがスムーズにいく設問表が
あるからではないでしょうか。
みんな部署・部門が違い、それぞれの仕事に対する思い、悩み
等あり、それを分かち合い、助言しあい、自分にも当てはめてみる・・
そして反省し、学んでいくというとても貴重な時間だと今は思えます。
中略
最近、社員が日創研の可能思考研修や他の研修に参加され、
私も参加したいという人が増えてきました。
日創研の研修ってそんなに熱いの?って思いますが・・・・・。
私も確か研修で「鉄は熱いうちに打て」って何度も言われたことがあるような・・・
若者社員を中心にやっておりますので、まだまだ未熟な勉強会に
なっているかもしれませんが、会社を良くする為、何より自分が幸せ
になるため・・・それを目標に続けて行きたいと思います。

仕事のプロ6か条送っていただきありがとうございます。

株式会社S ○本○弘

私たちも頑張ります!
こうして真摯に学んでくださる若者がいるのです。
きっとこうした社員さんがいる会社は強くなります。
そして社風が良くなります。

社内勉強会は継続と積み重ねでじわりじわりと成果が生まれてくるものなのですね。

****************************************
P・F・ドラッカーの現代の経営学講座
日程:5月21日(月)から全5回

詳しくはこちらから

****************************************

創立41周年の勉強会

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

広島の平成電工さんに伺ってきました。
本日は会社設立41周年の記念の日でしたが、この日を機に社内勉強会を行なって新たな出発の日としようということでした。

まづ最初に社員さんの表彰が行なわれました。
今までは勤続年数の表彰だけだったそうですが、
今年はそれに加え、功労賞ということで、しっかりとした仕事をし、
お客様からも評価の高い方を表彰されていました。

その方は、お名前が呼ばれたときは「えっ、自分が?」と驚いていらっしゃいましたが、
とても嬉しそうでした。
こうした動機付けも大切なことですね。

その後佐木社長より、勉強会の主旨説明があり、勉強会を行ないました。

41周年の記念日が初めての「理念と経営」社内勉強会で、戸惑いもあったようですが。
皆さん輪読から始まり、設問表への記入、発表、ディスカッションと取り組んでいただきました。

heiseidennkou%20001.jpg

今回は4月号を扱い、設問4の「あなたは両親や学校の先生などから、仕事に関してどのような教育を受けましたか?」という質問から仕事観を再確認していきました。

設問5の「あなたは待ちの姿勢で仕事をしたいですか?一工夫して楽しくしたいですか?」という設問に「今までで一工夫した体験を述べてください。」を加えて発表していただきました。

意外と知らないところで、それぞれが色々な一工夫をしているものです。
また知っていてもそれを評価し、認めてあげることが出来ていないものです。
しかし、こうした一工夫の積み重ねが会社の評価を大きく分けているものです。

そんな一工夫をお互いが発表することで、承認し、感謝し、
標準化することで、仕事の質が変わっていくのではないでしょうか?

こうしたことが自然と出来ていくのが、この勉強会のよさではないでしょうか?

そして最後に「びわこホーム」さんの事例研究を読み、それでは平成電工さんの強みは何でしょうか?
という問い掛けで締めくくらせていただきました。

平成電工さんは電気工事の仕事で主にハウスメーカーさんや工務店の下請仕事が主なお客様です。
電気工事業というのは言われたことが出来て当たり前、特に特殊な商品を扱っているわけではなく、
特別な技術という訳でもありません。単価も厳しくなってきています。
だからこそ、「現場の一工夫や、信頼、確実性、現場監督との報告・連絡・相談といったことが、より他とは違う「質」を見せていくことによって違いが生まれる。」
つまり、「現場力の違いによってでしか生き残ることは出来ない。だからこそ、この「理念と経営」で勉強して、現場の違いを見せていって欲しい。」そして「平成電工の強みを創っていって欲しい。」
ということを最後の締めくくりにあたってお伝えしました。

終了後佐木社長から、一番私が言いたかったことを伝えていただいた。と仰っていただきました。
「理念と経営」の導入目的はここにあったようです。

heiseidennkou%20005.jpg

中小企業の多くは、商品やサービスになかなか独自性が見つからない。
だからダメなのではなく、だからこそ、「人」に違いを作っていかなくてはならないのではないでしょうか?

****************************************
P・F・ドラッカーの現代の経営学講座
日程:5月21日(月)から全5回

詳しくはこちらから

****************************************