★和菓子の「塩瀬総本家」★

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆様、こんにちは。
月刊「理念と経営」お客様係です。

月曜日はメールマガジンの内容をちょこっとご紹介させていただきます。(^^)/

♪.:*:’゜☆.:*:’゜♪.:*:’゜☆.:*:・’゜♪.:*:・’゜☆.:*:・’゜♪.:*:・’

老舗のメッカといえば京都かもしれませんが、東京の日本橋や銀座、
神田界隈も老舗が少なくありません。2018年から隔月連載として
始まった「江戸・東京の老舗探訪」では、作家の山本一力さんが、
東京の老舗を巡ります。

第1回は、和菓子の「塩瀬総本家」の第34代当主・川島英子さんに
お話をうかがいました。

♪.:*:’゜☆.:*:’゜♪.:*:’゜☆.:*:・’゜♪.:*:・’゜☆.:*:・’゜♪.:*:・’

☆後村上天皇に愛された味

「塩瀬」のお饅頭といえば、婚礼用の紅白まんじゅうを思い浮か
べる方も多いかもしれません。現在は、中央区明石町の本店と関東圏
のデパ地下の計11カ所で直接購入できます。

その淵源(えんげん)は、約670年前の貞和5(1349)年にさかのぼり
ます。

塩瀬の始祖となる林浄因(りんじょういん)は、禅宗修業のため
元(げん)に留学していた龍山徳見(りゅうざんとっけん)の
俗弟子です。師の帰国に伴い日本に渡来。暮らしの居を奈良に構え、
お饅頭を作って売り出しました。

その饅頭を、当時の後村上天皇に献上すると、「まことによろしき味
である」と大変喜ばれ、天皇じきじきに官女を召されました。

このとき、浄因が自身の婚礼に際して紅白饅頭を作ったのが、現在の
祝い時に紅白饅頭を配る風習につながっているそうです。

しかし、龍山徳見が亡くなると、なんと、浄因は寂しさの耐えられず、
望郷の念に駆られて妻子を残して中国に帰ってしまうのです。残された
妻子は、奈良でその後も饅頭を作り続けました。妻子がここで饅頭作りを
やめてしまえば、現在の塩瀬はありません。

英子さんが34代当主になって、思いを馳せたのはこの妻子のことでした。
そこで、中国に「林浄因はここにいる」という碑を建立し、そこへ妻子の
魂を一緒に連れて行ってあげよう、と思うに至ったのです。

英子さんは、中国の杭州にまで出向き、始祖・林浄因の足跡を丹念に
たどりました。苦難の末、杭州市に碑を自費で建立。毎年10月初旬には
「饅頭祭」を行い、紅白饅頭2000個を配っているそうです。

「塩瀬が今日あるのも始祖のおかげです」。そう英子さんは言います。

image003

♪.:*:’゜☆.:*:’゜♪.:*:’゜☆.:*:・’゜♪.:*:・’゜☆.:*:・’゜♪.:*:・’

続きは是非、誌面にてご覧下さいませ。

********************************************

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2018年テーマ「未来への挑戦~新たなる価値の創造~」★

株式会社コスモ教育出版
担当:田舞 富太郎
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
公式HP :http://www.rinen-mg.co.jp/
メールアドレス:rinen-keiei@nisouken.co.jp

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

【 カレンダー・手帳を活用して、朝礼で人財育成をしよう!】
2018年版『理念と経営』コーチング型カレンダー&手帳 好評発売中です!
http://www.cosmo-book.com/

★月刊「理念と経営」オフィシャルfacebookページの情報はこちら!!
今スグに「いいね」ボタンを押して、貴重な情報を手にしてみてましょう!
「理念と経営」公式FB: ⇒ https://www.facebook.com/rinentokeiei
「理念と経営」経営者の会FB:⇒ https://www.facebook.com/keieisya.no.kai/
**********************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です