日別アーカイブ: 2017年6月26日

国内で高級シャツブランドを展開する「HITOYOSHI」

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆様、こんにちは。
月刊「理念と経営」の企業事例研究1のご紹介を
メールでもさせていただいていますが、こちらでも
させていただきます。是非ご覧くださいませ。

■■ 1.今月の「理念と経営」

国内で高級シャツブランドを展開する「HITOYOSHI」ですが、
その誕生までには、廃業の瀬戸際に
立たされるほどのドラマがありました。

今週は「廃業寸前。下請けシャツ・メーカーの夢をかける大胆戦略」
企業事例研究1 HITOYOSHI株式会社をご紹介します。

image004

———————————–

HITOYOSHI株式会社は、高級シャツブランド「HITOYOSHI Made in Japan」
を展開する「シャツ・ファクトリー」です。

ブランドを立ち上げたのは2011年と後発ながらも、
全国20都市の百貨店で販売され、高い人気を博しています。
注目すべき点は、ワイシャツの全国平均単価が3千円台であるなか、
HITOYOSHIシャツの売れ筋が1万3千円台と、
平均よりも1万円高いということです。

☆会社の前身は大手アパレルメーカーの100%子会社

HITOYOSHIは、もともと大手アパレルメーカーの100%子会社で、
吉國武社長はもともと、その親会社の企画担当取締役でした。

リーマン・ショックで親会社が経営破綻したのを機に、
100年続いた技術を存続すべく、吉國社長は当時人吉ソーイングの工場長
だった竹長氏(現HITOYOSHI取締役工場長)と共に生き残りを目指したのです。

もちろん資金繰りには苦労がありました。
銀行に相手にもされず、事業再生ファンドからも難色を示されます。
ですが、吉國社長の熱意、そして得意先や仕入れ先の反応を評価され、
異例ながらも事業再生ファンドから投資を受けることができたのです。

☆「怒り」を原動力に、2年間で黒字転換

創業から2年間はOEM(他者ブランド品製造)で基盤を整えました。
事業再生ファンドとの契約は4年間で投資全額の返済というものでしたが、
吉國社長は2年間での返済を決意し、その決意通りに2年間で黒字化。
株も全て買い戻しました。

その当時、吉國社長を突き動かしていたのは「怒り」でした。

「あの会社の傘下だったからやってこれた。
親会社がなくなって、やっていけるはずがない」

面と向かって言われたわけではないですが、伝わってきたそうです。

そのとき、言った相手に怒りを向けるのではなく、
自分自身に「なにくそ!」と怒り、「よし、やってやるぞ」と
自分を突き動かしていたと吉國社長は語ります。

☆シャツへのこだわり

その後、有名百貨店から高級ワイシャツのオリジナルブランドを
共同で立ち上げないかという話が持ち込まれました。
創業時からの夢を実現するチャンスが訪れたのです。

HITOYOSHIは順調にブランドとしての地位を確立していきます。
その高級シャツの生地は、通常の倍の工程を経て作られます。
大量生産用のミシンもあり、もっと簡単に作ることもできますが、
使わないことを決め、倉庫にしまっているそうです。

お客様からは、「2万円のシャツかと思ったら1万円だった」
と言われることもしばしばだそうで、実際に2万円の価値があるようです。
というのも、HITOYOSHIは製造現場と売り場の間に中間業者をすべて省いており、
工場と売り場が直結する体制を作ることでコストダウンに成功しています。

——————————

【 編集部より 】
ファンドから投資を受けることができ、ブランドの話がやってきたのも、
「運」だと吉國社長は言います。
ですがその運を呼び込めた要因は、会社全体の熱意ではないでしょうか。

「社員全員がシャツ作りが大好きで、心を豊かにして働ける環境です。
みんな時間さえあればシャツのことを話しているし、
それが楽しくて仕方ないんですね。
そういう会社になれたからこそ、幸運に恵まれたのだと思います」

経営者は、成功した要因に「運」を挙げることが多くあります。
しかし運がいいから成功することができたわけではありません。
運をつかむ準備が常にできていたからこそ、
HITOYOSHIは運を生かすことができたのだとお話から感じました。

★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

★月刊「理念と経営」オフィシャルfacebookページの情報はこちら!!
今スグに「いいね」ボタンを押して、貴重な情報を手にしてみてましょう!
「理念と経営」公式FB:https://www.facebook.com/rinentokeiei
「理念と経営」経営者の会FB:⇒ https://www.facebook.com/keieisya.no.kai/

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
https://www.youtube.com/rinentokeiei
★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★