日別アーカイブ: 2017年6月19日

【最新】2017年7月号の読みどころです!!

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆◇

    ★最新★((毎月21日発売!))

~~月刊『理念と経営』2017年7月号の読みどころ~~

◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆◇

表紙_07月号2017

━━━━━━株式会社コスモ教育出版━━━━2017年6月19日━━━

初夏の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
各地で梅雨入りし、梅雨明けの予想が気になる頃となりました。
季節の変わり目、お体にお気をつけてお過ごしくださいませ。

さて、今年も6月に入り、はや半年が過ぎようとしています。
年始に立てたご自身の目標にどれ程近づいていらっしゃいますでしょうか。

月刊『理念と経営』7月号の特集「ニッチャーの戦略」では、得意な分野を戦略的に深耕し、
競合も追随も許さない独自のポジションを獲得した3社を取り上げております。

7月号をご参考にしていただき、この1年の折り返しの時期に、
大手が「やらない・やりたくない」仕事に特化し、
自社に得意な分野とは何かを、改めて考えてみてはいかがでしょうか?

軽やかな夏服に着替えて気分も新たに、
【残りの半年どう過ごしていくのか】についてぜひお考えくださいませ。

7月号も読みどころ満載です!

IMG_6923

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

【今月のおすすめ記事】

 1:《巻頭対談》「情」を理解しつつ「理」を貫いた男たちのV字回復

 2:《特集》ニッチャーの戦略 

 ―なぜ、この会社には追い風が吹くのか

3:《ザ・開発物語》あの商品はこうして生まれた

 ―「ガリガリ君」国民的人気アイスは、過去の成功例にとらわれない斬新な発想から生まれたー

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

★★────────────────────────────────────

【 巻頭対談 王道の経営 ―真価に挑む 】

~「情」を理解しつつ「理」を貫いた男たちのV字回復~

──────────────────────────────────────★★

株式会社日立製作所
名誉会長             作家
川村 隆 氏      ×     江波戸 哲夫 氏

“眠れる巨艦”日立製作所は、2009(平成21)年3月期に7873億円の連結赤字を出した。
指名委員会に次期社長を要請された川村隆氏は、5年間で見事に企業復活を成し遂げたが、
それを可能にしたのは、川村さんの「社員を食わせないといかん」という“ザ・ラストマン”
(最終決定責任者)としての覚悟と、子会社に飛ばされていた副社長たちの“選択眼”であった。

★★─────────────────────────

 【 《特集》ニッチャーの戦略 】

 ―なぜ、この会社には追い風が吹くのか

────────────────────────────★★

大手ができない、やらない、やりたくない仕事に特化して、
その存在を価値あるものにしている「ニッチャー」。

「ニッチ」とは「隙間」を意味するが、ただ単にマーケットの「隙間」を突いて、
狭くて小さな分野で生き残りを図っているわけではない。
得意な分野を戦略的に深耕し、競合も追随も許さない
独自のポジションを獲得した3社の軌跡を追った。

【事例1】株式会社酒商山田
―常識外の「逆張り戦略」で活路を拓いた町の酒屋さんー
【事例2】株式会社美販
―潜在ニーズをカタチにする異色の段ボール会社―
【事例3】株式会社ミヤザキ
―「24時間体制」を導入し品質・納期の要請に応えるー

★★───────────────────────────────────

【 ザ・開発物語 あの商品はこうして生まれた 】

―「ガリガリ君」国民的人気アイスは、

過去の成功例にとらわれない斬新な発想から生まれたー

赤城乳業株式会社 監査役 鈴木 政次氏

─────────────────────────────────────★★

1981(昭和56)年の発売から35年以上が経った今も売れ続け、
年間4億本以上市場に出回っているアイスキャンディー「ガリガリ君」。
昨年は25年ぶりの10円値上げで70円(税別)になったにもかかわらず、
テレビの「お詫びCM」で注目を浴びながら快進撃を続けている。

まさに国民的人気アイスなのだが、それは過去の成功例にとらわれない
斬新な発想から生まれた。

★★────────────────────────────────

【企業事例研究1】HITOYOSHI株式会社

~廃業寸前。下請けシャツ・メーカーの夢をかける大胆戦略~

──────────────────────────────────★★

人気の高い「HITOYOSHI」のシャツ。その誕生までには、
親会社の経営破綻で廃業の瀬戸際に立たされた危機があった。
そこから高級ブランドを確立する現在までの7年余りを、吉國武社長に振り返っていただいた。
後発ブランドが大手に伍してきた背景には、業界の常識を打ち破る斬新な手法があった―。

★★──────────────────────────────────

【企業事例研究2】株式会社インテックス

~自分の人生に夢と希望を抱き 挑戦し続けられる会社をつくる~

──────────────────────────────────★★

「この世の中に廃棄物は存在しない」と宣言し、産業廃棄物処理や建物解体工事を通じて
資源リサイクルに努める株式会社インテックス(岡山県岡山市)。
低価格を売りにする同業者が多い中、同社はなぜ多くの顧客から選ばれ続けるのか―。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2017年版『理念と経営』コーチング型カレンダー好評発売中!
お申込みはコチラをクリック!↓
http://www.cosmo-book.com/products/detail.php?product_id=273
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★『理念と経営』社内勉強会にご興味のある方へ無料DVDを進呈中!!
コチラをクリック!↓
http://www.rinen-mg.co.jp/staff_study/aboutus.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★月刊「理念と経営」定期購読のお申し込みはこちらへ
⇒今すぐ購入:全国どこでも送料0円 !!
< http://www.rinen-mg.co.jp/subscription/ >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★月刊「理念と経営」オフィシャルfacebookページの情報はこちら!!
今スグに「いいね」ボタンを押して、貴重な情報を手にしてみてましょう!
「理念と経営」公式FB: http://www.facebook.com/rinentokeiei
「理念と経営」経営者の会FB:⇒ https://www.facebook.com/keieisya.no.kai/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

07月号_もくじ2017

★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

★月刊「理念と経営」オフィシャルfacebookページの情報はこちら!!
今スグに「いいね」ボタンを押して、貴重な情報を手にしてみてましょう!
「理念と経営」公式FB:https://www.facebook.com/rinentokeiei
「理念と経営」経営者の会FB:⇒ https://www.facebook.com/keieisya.no.kai/

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
https://www.youtube.com/rinentokeiei
★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

未」来」を」ひ」ら」く」小さなコンセプト最終回

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆様、こんにちは。
以前にも、ブログで書かせて頂きましたが、
6月号の掲載記事をもって、

未」来」を」ひ」ら」く」

小さなコンセプト

最終回となっております。image001

先週メルマガ登録者様へお送りしたメールでもご紹介
させていただいておりましたので、ブログでもその内容を
改めてご紹介させていただきます。

■■ 1.今月の「理念と経営」

誰でも、忘れられない言葉、心の支えにしている言葉があると思います。
今週はノンフィクション作家の野地秩嘉(のじ・つねよし)さんの
「小さなコンセプト」をご紹介します。

—————————————————————–
☆その場でいちばん立場の弱い人に配慮する
野地さんは二十数年にわたる取材歴の中で、「なるほど」と思った
言葉や記憶に残った事柄を手帳に書き記し、それを時々、
読み返しているそうです。

例えば、高倉健さんのインタビューで忘れ難いのは、
「その場でいちばん立場の弱い人に配慮する」という姿勢だそうです。

映画のロケには、大勢のエキストラや子役が参加しています。
もちろん、高倉さんをはじめ、有名俳優、女優もいます。

そういうとき、高倉さんが声をかけたり、椅子を持っていって
「座ったらどう」とすすめるのは、決まって子役であり、
エキストラだったそうです。

野地さんは、一度も高倉さんにそのことを訊ねたことはありません。
でも、手帳にはしっかりそのことを書きとめ、以来、消したことは
ないそうです。

☆「しゃべるより聞く」
インタビューとは聞くことですが、下手なインタビュアーはたいてい
しゃべりすぎます。そして、何度もうなずきます。沈黙が怖いのです。

しかし、野地さんは、短い質問をした後は、相手が聞き返してきたら
しゃべるけれど、それ以外は黙っているそうです。答えがないからと
いって次の質問に移ったりはしないのです。

なぜなら、聞くことがインタビューであり、コミュニケーションだから
です。

何だか、部下指導や子育てにも応用できそうな気がします。

☆「人はいつかくたばる」
人間誰しもいずれ死にます。
ちょっと過激な発言かもしれませんが、どんなに憎い上司でも、
バカな得意先でも、いつかは死にます。死ぬと思えば腹は立ちません。

また、この言葉を自分に向かってつぶやくと、一度きりの人生だから、
すべての力を結集して事に当たろうと思えるのです。

この言葉は、上記の2つの局面で使うことにしているそうです。
——————————————————————

野地さんによる「未来をひらくコンセプト」では65回にわたって、
英知にあふれた言葉や心にジンと響くエピソードを紹介して
いただきました。

実は次の連載も準備中です。
今度は、これまでと全く違った英断のドラマをお届けする予定です。
どうぞご期待ください。
(~ ㈱コスモ教育出版 編集部スタッフより ~)

★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

★月刊「理念と経営」オフィシャルfacebookページの情報はこちら!!
今スグに「いいね」ボタンを押して、貴重な情報を手にしてみてましょう!
「理念と経営」公式FB:https://www.facebook.com/rinentokeiei
「理念と経営」経営者の会FB:⇒ https://www.facebook.com/keieisya.no.kai/

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
https://www.youtube.com/rinentokeiei
★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★