4月号読みどころ(3)

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

____________________
4月号
     『  企業の成功法則  』
   ~ 社長力・管理力・現場力 ~
____________ P29~P35 __

特に今回は、
「現場力」に焦点を絞ってご紹介いたします。

テーマは、「自主的に意思決定する能力を養う」

トップの下した意思決定を、
商品やサービスなどに具体化していくのは
現場の力です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■ 松下電器産業の社員がとった行動    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 松下電器産業の社員さんの行動に
 感動したエピソードが紹介されています。

 松下電器産業の石油温風機の事故の後、
 弓道の試合会場で、ある若い社員が
 温風器回収のチラシを配り、
 謝罪をされたそうです。

 しかも、業務命令ではなく、
 自主的に行ったとのことです。
 
 もし皆さんの会社が
 不祥事を起こしてしまった時、
 若い社員さんたちが同じような行動を
 取れるでしょうか?

 皆さん自身は同じように出来たとしても、
 皆さんの同僚は、部下は、社員さんは
 どうでしょうか?

 一度、考えてみる価値はあると思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■ 自分の考える力の発生源    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 通常、他部署が起こした不祥事の場合、
 自分の部署とは関係ないと考えるのが、
 現場の人たちの感覚ではないでしょうか?

 上記に紹介した若者が、
 自社の起こした不祥事に
 無関心でいられなかったのは、
 なぜでしょうか?

 「会社の問題は自分の問題」という感覚が、
 自主的な行動につながったのです。

 そして、
 人間の自主的な行動の前には、
 「問題を考え抜く力」が必要になります。

 つまり、
 「思考力」が重要になるということです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■ 思考力の前には感じる力がいる
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 「思考力」を高めるにはどうすればいいのか?
 
 本誌では、トヨタ関連の社長を務められた
 加藤宗平先生の体験が紹介されていますが、
 日創研の研修で言うならば、
 次のように言えます。

 「思考力」を高めるには、
 「気づきの能力」が必要である。

 感動するサービスは、
 「気づきの能力」から生まれます。
 
 「お客様が何を望んでいるのか」、
 「お客様の困っている事は?」ということに
 ピン!とくる能力がなければ、
 サービスもできません。
 
————————————-

 以上のように、
 自主的に意思決定し、行動するには、
 感性・知性・行動の全てが必要です。 

 この「企業の成功法則」を読んで、
 「自分が果たすべき役割は何なのか?」を
 考えてください。
 
 考えたら、あとは行動です。

 行動が経験なり、経験が改善につながります。
 
 月刊「理念と経営」の勉強会が
 定着してきましたが、
 勉強会の中で、毎月ひとつでも良いので、
 改善目標を立ててチャレンジしてください。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です