4月号読みどころ(2)

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

_________________________
4月号
          「企業事例研究 1」

     株式会社芝寿し 代表取締役 梶谷晋弘
                 創業者    梶谷忠司
__________________ P18~P27 _

4月号企業事例研究の1社目は、株式会社芝寿し様です。

芝寿しさんは、
石川県金沢市に本社を置き、
昭和33年の創業以来、順調に業績を伸ばしておられます。

日本創造教育研究所のT・Tコースでも、
芝寿しさんのお弁当をお願いしています。

芝寿しさんのお弁当のように、
ふたを開けた瞬間に感動するお弁当は、なかなかありません。

彩り、季節感、バランス、食材、全てにおいて
食欲をかきたてられます。

一口食べたときには、もう芝寿しファンになっています。

これほどの商品力は、どこから生まれたのでしょうか?

今回の企業事例研究では、
その要因の一端を垣間見る事ができます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■ 高変動費・低固定費型のビジネスモデル    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 芝寿しさんは独自の商品開発を行われています。

 その根底にあるのは、商売の基本。

 食べる人の顔を思い浮かべながら、
 どうしたらおいしい料理が出来るかを日々追求されています。

 この思いが新たなビジネスモデルを作り出します。

 それが高変動費・低固定費型のビジネスモデルです。

 お父様から教わった
 「高く買えば物が集まり、安く売れば人が集まる」を
 そのまま実践されています。

 良い商品を作るためには、
 良い素材を調達しなければ出来ません。

 変動費が増えても堅実に利益を残せる
 独自の損益構造の仕組みがここに凝縮されています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■ 顧客満足達成への実践    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 芝寿しさんの理念「店はお客様のためにある」は
 さまざまな具体策として実施されています。

 
 例えば、
 売上の約半分を占める運動会などの予約注文のお弁当は、
 なんと「雨天中止キャンセルOK」なのです。

 普通ならば、雨天でも大量のキャンセルがでれば困るため、
 買い取ってもらうでしょう。

 売上の半分を占めるとなれば、なおさらです。

 芝寿しさんの経営理念である
 「店はお客様の為にある」が全社に浸透し、
 顧客満足と連動している事を顕著に知ることができます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■ 企業を永続させる条件
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 企業は店の数を増やして大きくすることを追求するのではなく、
 「100年続く企業を目指す」が芝寿しさんのモットーです。

 何故、そのような考えに至ったのか?
 
 梶谷社長様が、
 企業を永続させる為に必要な考え方を明確に話されています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■ 感謝に勝る能力なし
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 父親である会長から引き継いだ事業を、
 ご子息へ後継することについて語られています。

 ご子息に対するプレッシャーのかけ方で、
 苦悩される梶谷社長様のお気持ちが
 ひしひしと伝わってきます。

 
 後継者のご子息に期待しているものは何か?
 

 後継者をお持ちの方は必読の内容です。

 創業者(現会長)の梶谷忠司様と、現社長の梶谷晋弘様の
 お二人のインタビューで共通する言葉は、「感謝」です。

 27ページの最後にある、
 梶谷忠司会長の言葉に芝寿しさんの本質を見ました。

 後継者をお持ちの経営者の方は、
 この記事をぜひ後継者に読んでもらって下さい。

 後継者としての心構え、そして「何を学んでいくべきか」が
 分かると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です