【用語】3月号(4)

カテゴリー: 月刊誌の用語解説 | 投稿日: | 投稿者:

● 先義後利(3月号42ページ)

 「先義後利」は、大丸の経営理念として有名です。

 大丸百貨店の創業者である下村彦右衛門は、
 大丸の商魂を表現するものとして、
 「先義後利」を掲げました。

 意味は、「義」を先にして「利」を後にする、
 ということです。

 正しい筋道を守って商売することで、
 利益は後からついてくるということを表します。

 有名なエピソードとして、
 天保の大塩平八郎の乱の時、他の商店が焼かれる中、
 「先義後利」を実践してきた大丸百貨店は、

 「大丸は義商なり。これを侵すなかれ」

 として焼き討ちを免れ、民衆もそれに賛成したそうです。

 企業の社会的責任がいかに重要かを示す事例だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です