【用語】3月号(1)

カテゴリー: 月刊誌の用語解説 | 投稿日: | 投稿者:

●損益分岐点 (3月号12ページ)

 利益がゼロの状態。俗に言う「収支トントン」。
 計算式は、
 損益分岐点売上高 =固定費÷限界利益率
              =固定費÷(1-変動費率)

 本誌中にある「損益分岐点を80%以下に~」とは、
 売上高が80%になっても、赤字にならないということ。
 計算式は、
 損益分岐点比率
 =(損益分岐点売上高÷実際の売上高)×100(%)
  
 損益分岐点比率が、100%以上だと赤字であり、
 低くなるほど財務が健全であることを示しています。
 一般的には、70%以下が好ましいと言われています。

●レイオフ layoff

 不況期などに、
 従業員の勤務態度や就業規則違反によらず、
 経営を再建するために一時的に従業員を解雇すること。
 アメリカでは、先任権制度があり、
 勤続年数の短い従業員からレイオフの対象となり、
 経営状態が回復した時に、勤続年数の長かった元従業員から
 再び雇用されることになっている。
 特にブルーカラーにその傾向が強い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です