日別アーカイブ: 2017年4月4日

無料メールマガジン『実践!人が主役の経営』

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆様、こんにちは。
月刊「理念と経営」お客様係です。

無料メールマガジンにて、
◆今月の「理念と経営」◆をご紹介しています。
是非、ご興味のある方は当社HPよりご登録ください。

こちら⇒ http://www.rinen-mg.co.jp/

image003

本日は、メールマガジンにてご紹介させて頂いている一部を
ブログでもご紹介させて頂きます。

☐■☐■☐■☐■逆境!その時、経営者は・・・☐■☐■☐■☐■

社長業の在り方は、社長によってそれぞれ答えが異なりますが、
その答えは間違いなく会社の行く末を左右するものです。
今週は株式会社トップライン(愛知県小牧市)の中嶋洋子社長の
社長業にまつわる逆境エピソードをご紹介します。
—————————————————————–

☆主婦から社会復帰し4年、突然の社長就任へ

2004年に中嶋社長は、かつて勤めていた大手運送会社の先輩や
同僚たちあら誘われ、運送会社を起こしました。
専業主婦から社会復帰して4年の出来事です。
しかし、そこで与えられた役職はまさかの社長。
5台のトラックと7人の社員でのスタートでした。

自分から求めたわけでもなく、ビジネスもトラックの運転の
経験もありませんでしたが、物流業界にて女性の創業者という
インパクトを見込まれてのことでした。

創業当初は営業許可申請のため、中嶋社長は奔走します。
トラックの駐車場探しに明け暮れ、事務所も必要です。
当時は資金の余裕もなく、燃料代や高速道路の通行料金など、
会社をまわしていくために毎日現金も必要でした。

中嶋社長はわずかな蓄えを取り崩しながら、会社の事務が
終わると子どもの世話、そしてパートの稼ぎ仕事に出ます。
1日の睡眠時間はたった2~3時間。社員の働く環境を
整えることが社長の仕事だと思い定めていました。

☆主要な取引先を失い、かつての仲間からの訴訟が襲う

2年がたった頃、ある取引先の仕事が増え始めます。
それから軌道に乗り始め、トラックは50台近くになり、
社員はパート、アルバイト含めて100人ほどに増え、
売り上げも10倍近くになりました。
その取引先からの仕事が98%ほどを占め、
「この会社の仕事さえしていれば安泰」という声もありました。

しかし、衝撃は突然にやってきます。
2010年、取引先が別の大手運送会社と合併会社をつくり、
事実上の契約解除となります。月に7000万円弱の売り上げが
半年ほどで3分の1になったのです。

現場では、幹部社員にドライバーたちが
「おれら、あすからどうなるんや」と詰め寄る事態も起きていました。
会社を見限って辞めていく社員もでてきます。

さらにそんななか、数々の訴訟が中嶋社長を襲いました。

(続きは、誌面でご覧ください
————————————————————

壮絶な逆境に立たされた中嶋社長ですが、やはり社長業の
在り方やマインドは、会社が窮地に陥ったときにこそ、
生きてくるものだと感じました。

株式会社トップラインの逆境については以上ですが、
その後の逆転劇が気になる方は是非とも
「理念と経営」4月号をお手に取っていただけましたら幸いです
————————————————————
◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei
◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆