『 実践! 人が主役の経営 』「働き方改革の本質」について

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆様、こんにちは。
月刊「理念と経営」お客様係です。

本日は、メールマガジンでお届けしている情報をブログで紹介させて頂きます。

image006

先週のメーマガジンでは、
12月号の特集の意図をわかりやすくお届けするために、
遠藤功日本法人会長(ローランド・ベルガー)に
「働き方改革の本質」についてお聞きした記事をご紹介しておりました。

以下内容を少し・・・・。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

☆企業が取り組むべき3つの「仕事改革」

では、どんな改革に取り組めばいいのか。
遠藤会長は「滞留の撲滅」「無駄の撲滅」「過剰の撲滅」という
3つの改革をあげています。

1.滞留の撲滅
「滞留」とは、意思決定のこと。
経営者や上司がスピード感をもって決めていかなければ、現場は動けない。
トップは決めるべきことを先送りにしない。

2.無駄の撲滅
ここでの問題は、無駄の定義が人によってバラバラなこと。
まずは、「無駄とは何か」という共通認識をつくらなければならない。

3.過剰の撲滅
過剰なサービスは、サービスレベルのばらつきを引き起こし、
ときに顧客の不満を引き起こす場合がある。
本当に顧客が望むことは何かを考え、サービスの基準
(会社としてのポリシー)を明確にして統一していくことが大切。

image002

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今までのやり方を変えることは、誰しも抵抗を感じるもの。
だからこそ、「今のままじゃ駄目だ」「これまでの常識では駄目だ」
という現状否定を経営者が語らなければ、と遠藤会長は訴えます。

「よく、『仕事のやり方が変わる』と言いますが、変わるんじゃない、
変えるんです。意思をもって変えるのです。まずは、『変えるんだ』
という強い意思をもつことが大事です」

是非ご一読下さいませ。(*^_^*)

*********************************************

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★

株式会社コスモ教育出版
担当:田舞 富太郎
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
公式HP :http://www.rinen-mg.co.jp/
メールアドレス:rinen-keiei@nisouken.co.jp

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

【 カレンダー・手帳を活用して、朝礼で人財育成をしよう!】
2018年版『理念と経営』コーチング型カレンダー&手帳 好評発売中です!
http://www.cosmo-book.com/

★月刊「理念と経営」オフィシャルfacebookページの情報はこちら!!
今スグに「いいね」ボタンを押して、貴重な情報を手にしてみてましょう!
「理念と経営」公式FB: ⇒ https://www.facebook.com/rinentokeiei
「理念と経営」経営者の会FB:⇒ https://www.facebook.com/keieisya.no.kai/
**********************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>