カテゴリー別アーカイブ: 経営者の会

経営者の会ではこんなディスカッションが・・・

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

ある経営者の会の議事録が送られてきました。

経営者の会ではこんなディスカッションが喧々囂々と飛び交っています。

設問1 あなたの定義する管理欲とは?全社最適とはどのような視点か?3つ上げなさい。

A:管理職は現場仕事を自分でするのではなく、人にさせて育てる、そして結果を作ることの出来る人。全社最適は理念にかなっているか、方針にかなっているか、長期的視点で利益が上がるかの3点

B::管理職とは仕事のプロセスを管理できる人、即ちPDCA管理が出来る人。全社最適の視点は、理念、方針、戦略の3点で見る。

C:会社の付加価値が上がる方向。お客様最適>全社最適>個人最適 の順

D:①生産性向上②ボトルネックが分かること③方針の結果の確認が出来ること

B:個人の裁量権どこまで与えるかが問題

設問2 あなたはどんな夢、希望、ビジョンを新年、社員に語りますか?

後の忘年会で全員が語る

設問3:自社が模範としたい例、自社にどのように取り入れたいか?逃げていくサービス3事例から自社が注意すべき事例は何?

A:人とサービスで差別化したい。電話応対気をつけたい。先日コロナワールドのオープンの日に映画を見に行った。その時寒いので、膝掛け欲しいと言ったら「500円です」と言われた。その時手元に財布無かったので、帰りに支払いたかったが、結局座席まで財布を取りに行った。でももう2度とこないと思った。現場では臨機応変に対応することが大切。

B:たこ満さんの事例。理念と浸透、社員さんへの労り、マニュアル以外のサービス、電話応対に気をつける。お客様の期待を理解することが大切。

C:たこ満さん。社員さんとのコミュニケーション真似したい。責任逃れはしたくない。

設問4:タニサケで改善提案があがってくるポイントは?松岡社長の経営哲学であなたが学んだことは?

A:先日タニサケ塾に申し込んだ。人間が実直、浮ついたところがない。人を喜ばせる精神が凄い。まじめ一本。中高年のための組織。経常利益率20%、自己資本8~9億円、掃除、改善提案、社長自身が身を粉にして働いている。自社は改善提案あがるが、その提案を実行できない。タニサケさんは良くできるなーと思う。

B:お金を出すこと、共同提案制、社長の忍耐かと思います。全社員が嬉々として出社する会社

C:①人間関係がいい。②やりがいがある。ナンバー2がそれを担わないといけないと思う。和ませる役が必要。ポイントは社長の徳、小さなことから変えていく。少しずつ変えていく。大きく変えると反動も大きい。

設問5:横倉社長の判断基準は何?

A:正直分からない。是々非々で判断したのでは。原因となった人ではなく、批判を言う人から辞めさせた。

B:社員が大事、善悪を基準に

C:正しいことをやっていこうとする精神。正しいことをやればいい結果がついてくると言う信念を持っている。

徳島・高知地区会長 石原さんからの報告です

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

「理念と経営」経営者の会
全国地区会長、ブロック会長、支部長の皆様へ

みなさまありがとうございます。
おかげさまで3/4の「理念と経営」経営者の会 第一回徳島・高知地区大会は大成功のうちに
終了することができ、参加していただいた271名の方々にも大変喜んでいただきました。
これを機会に徳島・高知地区においても「理念と経営」経営者の会の
活動を活性化させていきますので、今後ともよろしくお願いします。

私がこの大会を開催するにあたり、ぜひとも実現したかったことは、
今まで一度も木野先生のお話を聞いたことのない徳島の方々に、
ぜひ木野先生の誠心誠意の「松下哲学の真髄」を聞いてほしいということと
もうひとつは、いつもがんばってくれている社員さんたちにも
ぜひ木野先生のやさしさと慈愛に溢れた講話を聞いて元気になってもらい、
社長、幹部、社員さんが一致団結し、
この百年に一度の大不況を乗り越えてほしいということでした。

当初200名参加で計画を立てましたが、申し込みがどんどん増えて275名になったので
急遽会場の設営を変更し、机を撤去し、全てパイプイスのみにしました。結果としては
欠席も10名ちょっとでましたが、当日参加申し込みの方もいて、最終は271名の参加でした。

会場に机がないということで、参加者がメモをとりにくいとか、テーブルディスカッションが
やりにくいというマイナス点が心配でしたが、結果としてひとつのクレームもなく
ディスカッションも前列の3名がすみやかに後ろ向きにイスを動かし、
後列の3名とそれこそひざを交えての親密なディスカッションができました。

参加者の皆様からも、参加してよかったという声をたくさんお聞きしました。
私のお誘いしたある県外企業の幹部のかたからは
この不況の中で、いったいどうすればいいのか大変悩んでいたが
「今回の木野先生のお話から、大きなヒントをいただき、突破口が見えてきた」
との御礼の言葉をいただきました。

木野先生も今までの地区大会の中でも今回の徳島地区の参加者が
一番熱心に話を聴いてくれたと喜んでくれました。
先生にも、参加者の熱意がびんびんと伝わり、今までで一番力の入った講演ができたそうです。

木野先生には、午後11時の終了まで懇親会にも参加したいただき、
懇親会場でも、食事もそこそこに早速、先生への質問が始まりましたが
先生は、経営問答の続きにも、最後まで大変熱心に答えていただきました。

木野先生は20年ぶりに徳島に来られたとのことでしたので
お疲れでなければぜひ徳島の魅力を味わっていただきたいと思い
翌日は、朝からロープーウェイで、さだまさし原作の映画で有名になった
「眉山」に登っていただき、晴れ渡った青空の下、徳島市内を一望していただきました。

40年ぶりに修繕を終えた「ビルマ戦線戦没者慰霊の仏塔・パゴダ」では
ビルマと徳島の痛ましい戦争被害の展示も見ていただき、
阿波踊り会館での踊りコンテストでは、20年ぶりに阿波踊りも踊られ
優秀賞の表彰を受けられました。

また実行委員会のメンバーでもある「和田の屋さん」では、徳島名物「滝の焼餅」をいただき
山のせさんでは、昼食にたらいうどんをいただき、短い時間ですが徳島の魅力を味わっていただきました。
木野先生最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
協力いただいたみなさま、ありがとうございます。

「理念と経営」徳島。高知地区としても、今回の地区大会の成果を
単なる一過性のイベントの成功だけに終らせることなく、本来の目的であった
下記の三点について、実績を伸ばしていきたいと思っています。

「経営者の会」の勉強会を立ち上げていただく、
今、勉強会を続けているグループの皆様は、分封(のれんわけ)で
勉強意欲の高いグループをどんどんと増やしてもらいます。
そして、今回参加され興味を持っていただいた経営者の方々に声をかけ
一番ご縁のあるグループに入っていただきます。
もちろん新規の支部の立ち上げは、大歓迎です。

また皆様の企業内においても「社員勉強会」を立ち上げ、
社員とともに理念を共有し、この不況を乗り越える原動力にしていただきたい。

そのためにも
月刊誌「理念と経営」をもっと知っていただき、広く読んでいただくことで
経営者も従業員も元気になってもらい、ひいてはこの徳島の活性化につなげていきます。
これからもどうかよろしくお願いします。

「理念と経営」経営者の会 徳島・高知地区担当副会長   石原 譲

徳島地区大会が開催されました。

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

経営者の会事務局長の安井です。
いつも「理念と経営」経営者の会にご厚情を賜り誠にありがとうございます。

本日、徳島・高知地区大会が開催されました。
会場いっぱいの270名の方々にご参集賜りました。
木野先生のご講演には皆様熱心に耳を傾けられ、
緊張感と熱気が会場いっぱいに溢れていました。
先生の言葉には正に「一念」の想いが込められており、
松下幸之助翁が乗り移ったかのようでした。
DSCF1004.jpg
問答におきましても、先生の回答が質問者だけではなく、
聴衆の皆様の心に響くもので、なかには涙ぐむ方もいらっしゃいました。
経営問答の真骨頂を拝見させて頂いた思いです。

DSCF1007.jpg
その後のディスカッションでは先生のご講演、問答から
心に響いた言葉は何だったのか?
何故その言葉が自分の心に残ったのかというテーマで
ディスカッションして頂きましたが、皆さん熱心に取り組まれていました。

DSCF1020.jpg
この講演の後のディスカッションで自分の気づきが明確になったと
仰る方もいらっしゃいました。

その後、経営者の会と社内勉強会の活動発表が行われましたが、
パワーポイントを準備され、写真で勉強会風景を紹介されたりして、
皆さんが有意義な勉強会をされているのが解りやすく紹介されていました。

オブザーバーには地元銀行の常務もご参加され、
経営者の会の皆様が熱心にそして真面目に学んでおられる姿や
社員さんが「理念と経営」で勉強されている姿に感動されていました。
DSCF1022.jpg

DSCF1023.jpg

今回、ご尽力を賜りました石原地区会長はじめ会員の皆様、
ご後援を頂きました徳島経営研究会の皆様に心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

四国では6月5日に愛媛県松山におきまして地区大会が開催される予定です。

能登支部からの報告

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

石川県は能登支部の藤井支部長からの報告です。

さて、昨日19時より開催いたしました能登支部勉強会のご報告をさせて頂きます。

昨夜は、わたしが支部長をさせて頂いている
「理念と経営」経営者の会・能登支部の勉強会でした。
私を含め、羽咋、七尾、野々市からご参集頂いた10名の皆様と
弊社の経営社員さん3名、プラス日創研の竹内さんを交え、合計14名での勉強会です。

今回で6度目の勉強会でしたが、平均3時間のフルディスカッションです。
毎回の懇親会はありません。発表・ディスカッションが最高の懇親です。
(年に4回は懇親会を設けております。懇親会否定ではありません)

時間の制約もあるなか、
まずは田舞代表のファシリテーションCDを聴き
商人道について意見を発表し
夢と希望をどう語っているか?を話し合い
アイム・コラボレーションさんの企業事例から学びました。

この勉強会を通じて、支部長として気づくことは
1)経営理念やビジョンの重要性
2)コミュニケーションの重要性
3)教育の重要性(経営者自身、幹部・社員さんの教育)
について繰り返し繰り返し、参加メンバーの方々の口から
頻繁に発せられることです。

毎回毎回同じように発表とディスカッションを繰り返し
一見単調に見える勉強会でも、人の発表やディスカッションから
「ふっと我にかえる」気づきと「あっ!これいいな!」と思えるヒントが沢山あります。

そして同時に自分と似た悩みをもった人を、互いに励ますことが出来ます。
人を励ますことによって自分自身も成長する。
互いに励み・学びになるから、ご縁も生まれる。
これは発表・ディスカッションから得られる大きな成果です。

またすぐには企業経営において大きな変化は得られずとも
少なくとも「理念と経営」から、コツコツと真剣に学ぶことで、経営者である自分自身を教育し、
「亡国へ繋がる傲慢さを封印し、興国へと導く謙虚さを育てる」と意味づければ、
さらに大きな値打ちがあるのではないかと考えます。

今月15日にあるセミナーで㈱帝国ホテル社長の小林哲也さまの
ご講演を拝聴する機会に恵まれたのですが、その中で忘れがたい言葉がありました。
内村鑑三の格言ですが、皆様にご紹介させて頂きます。

「興国とは謙の賜物であり、亡国は傲慢の結果である」

いたってシンプルな言葉ですが
私達が経営者として、人として、根底に忘れてはならない心掛けと、
身につけなければならない姿勢の有り様によって
結果が大きく違うことを学び、深い感銘を受けました。

「理念と経営」を通じて、自分の傲慢を抑え、謙を育て
王道の経営を貫き通せる経営者を目指して
共に切磋琢磨できる勉強会(和)をひろげていくことが、興国への道だと考えます。

新支部の設立

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

この度、尾張経営研究会から経営者の会が設立されました。

経営研究会でも委員会活動や例会において「理念と経営」を公式教材として勉強しています。
しかしながら委員会活動や例会では満足いく時間がとれないということで、
じっくりと「理念と経営」を深く掘り下げディスカッションしようということで、
経営者の会が設立されました。

経営者の会尾張支部のキックオフが2月9日に行われました。
会員のうち31名が参加され、これから毎月第二火曜日を勉強会として行っていきます。

この日もオブザーブの方も参加され、この会をきっかけに経営研究会自体もどんどん活性化していくものと思われます。

新支部の設立です。

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

平素よりご厚情を賜り誠にありがとうございます。安井です。
新しい支部の設立のお知らせです。
新年明けてから嬉しい報告です。

新しい支部が設立しました。
支部長:髙田 様
合計8名

筑紫野市で新しい支部が設立しました。
本日が第一回目の勉強会でした。
日創研関係者は3名で他は未受講の方々で、
A社は専務さん、常務さんと幹部さん3名でご参加です。
こうして幹部は経営者の会で勉強会に参加するのがいいですね。

大島地区会長ありがとうございます。

もう一つ支部が設立しています。
支部長:玉木様

ここは元禄一番街という商店街の人達の勉強会です。
ここでは商店経営者をはじめ、地元の銀行の支店長さんが2名参加しています。
地方の商店街の沈滞がよく言われますが、
こうして、商店主と銀行が共に商店街活性化のために勉強されます。
これも素晴らしい事例です。

梶谷地区会長様、竹澤ブロック会長様ありがとうございます。

次は東京地区から新支部の設立届が届きました。

新支部長:日高様
人数:7名

これまで、高橋 勇支部長の元で勉強会に参加されているメンバーからの分封です。
勉強会の人数が増えてきましたので分封したそうです。
勉強会自体は同じ日ですが部屋を変えて行い、食事ではまた一緒になって
引き続き経営の話をするそうです。
時にはメンバーを変えながらおこなったりし、人数が多いことのメリットを生かしているようです。
このような分封の仕方もいいですね。

田中地区会長、高橋支部長ありがとうございました。

今年もどんどん新支部が開設されると嬉しいですね。
よろしくお願い申し上げます。

奈良市佐々木支部が立ち上がりました。

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

いつも「理念と経営」にご厚情を賜りまして誠にありがとうございます。
新しい支部が設立されましたのでご報告申し上げます。

ありがたいことに、こうして「理念と経営」の輪が広がっています。
奈良には経営研究会がなく、継続して学ぶ場が少なかった地域でありました。
しかし、こうして学ぶ場が出来たことは嬉しい限りです。

12月8日(月)、奈良県の鶴田商店様にて
第1回 奈良支部「理念と経営 経営者の会」が開催されましたので
ご報告申し上げます。

支部長は21TT生の株式会社美王 佐々木 勝様です。
開催場所が、同じく奈良県の21TT生有限会社鶴田商店 鶴田 隆昭様の会社にて
行われました。

第1回は高槻支部の西澤社長、北大阪経営研究会の植田会長や、迫田様にも
お越し頂き、多大なバックアップのもと、22名の方にお集り頂きました。
その内正式な奈良支部メンバーは11名です。

11名中3名が未受講の方でしたが、その方たちも「次回も早く参加したい!」と
言って下さるほど盛り上がり有意義な時間となりました。

今回、支部開設にご尽力賜りました佐々木支部長に心より感謝申し上げます。
また、分封元として駆けつけて下さいました西澤様、植田様、迫田様のご援助に
厚くお礼申し上げます。ありがとうございます。

今後の奈良支部のますますのご発展を祈念申し上げます。

山陰地区からの報告です

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

鳥取県中小企業組合青年部協議会という各種業界の組合、工業団地などの組合が集まった団体で「理念と経営」の勉強会を行いました。

rinen%20914.jpg

4時間の研修で、
1、理念とは何か、経営とは何か
2、個人の人生の信条は持っているか。(ディスカッション)
3、自社の経営理念について、(明確な経営理念を作っている会社は17社中4社でした。)
4、現在の経営課題は何か、
5、今こそチャンス(ディスカッション)
7、ありがとう経営、増益経営サイクル
8、「理念と経営」からディスカッション
という流れで行いました。

rinen%20881.jpg

今回の企画を立ててくださいました岡崎さまはこの評議会の現会長様で
日創研の研修は理念塾をご受講されたばかりの方で、
鳥取の油井支部で勉強されています。また現役のJCの方です。

この青年部が開設20周年の記念事業として「理念と経営」の勉強会を企画くださいました。
20年を迎えた今、40あった組合も19に減少し、集まりも悪く、会の存在意義が問われている時期でした。
今回の参加者はその評議会のメンバーで経営者、経営幹部の方でした。
岡崎様の企画意図は「理念と経営」を活用した勉強会を広め、組織の活性化と、
会員企業の活性化を図る目的での開催でした。

岡崎さん以外、全員「理念と経営」は初めて見た方々ばかりで最初は疑心暗鬼の中でスタートしましたが、絶えず投げかけを行い、ディスカッションを繰り返しながら、公式教材のパワーポイントをアレンジしたもので、解説を加えていきました。

4時間という長時間の研修でしたが、皆さん熱心にそして積極的に参加され、
最後は大変勉強になったと言ってくださいました。
何より、ディスカッションによる参加型の勉強が新鮮だったようです。
やはり聴くだけの勉強では会社への落とし込みが出来ないようですね。
ディスカッションを通して、お互いに磨き合うことがこの勉強の良さであると認識頂けと思います。
今後は県東、県央、県西の3地区で支部開設の予定です。

岡崎さんは日創研を経営者の会の勉強会から知り、いきなり理念塾にお越しになられた方ですが、
このように「理念と経営」を広めて下さいました。感謝の気持でいっぱいです。

rinen%20899.jpg

そして、山陰地区会長であられる竹田地区会長がゲストとしてお越しくださいました。
共にディスカッションに参加くださり、経営者の会で学ぶことの価値を発表頂きました。
竹田地区会長のご援助に心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

このように新しく支部を開設したい。その為の勉強会を行いたい。
こうしたご要望がございましたら、是非ともご相談ください。

安井宏信

長野市で新しい支部ができます

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

昨日、長野市で新しい支部ができました。
長野LT会のメンバーの方々で以前より「理念と経営」の勉強会は行われていましたが、
この度、正式に登録いただくことになりました。

安藤 誠支部長以下、9名の勉強会です。地域がら建設関係の方々が多く、
この厳しい時代をどう乗り切るか、試行錯誤の毎日のようです。
私がプレゼンをさせていただきましたが、皆さん熱心にお聞き下さり、
ディスカッションを活発に行っていました。
最近では経営者も集まるとどうしても経営環境の話をしても愚痴が出てしまうようです。

しかしながら、こうして「理念と経営」を元に話をすると前向きになり、元気が出てきたようです。

経営研究会が出来ていないところでは、LT会と称するものが各地であります。
活動はつづけておられるようですが、勉強の題材に困っていらっしゃいました。
そこに、この「理念と経営」の勉強会はピッタリの勉強材料のようです。

ここ、長野だけではなく、釧路、大分といったところでも、このようなLT会から
「理念と経営」経営者の会支部という形で発展しているようです。

やはり、継続して学ぶ場が必要なのだと思います。
地元の仲間が集まり、「理念と経営」をとおして、再度理念の重要性、
よい会社の事例からベンチマークすること、異業種・異業態から客観的に自分の業界、自分の会社を見ること。人財育成の事例から自社の社員教育を考えること。など、
学ぶ材料はたくさんあります。

また、皆さんの周りでも共に勉強する仲間を一人でもお誘いいただき、
どんどん新しい支部を開設し、地域の活性化に繋げていただきたく思います。

経営者の会、東海地区大会が開催されました

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

さる11月15日の東京地区大会に引き続き、20日に名古屋で東海地区大会が開催されました。
地元名古屋からはもちろんのこと、静岡、岐阜、三重から多くの方々がご参加くださいました。
今回の開催当たりご尽力を賜りました、平松地区会長、近藤事務局長、はじめ
峯本ブロック会長、松本ブロック会長、他支部長の皆様、経営研究会の皆様に心より御礼申し上げます。
rinen%20839.jpg

今回は木野会長に基調講演を賜り、経営問答を行いました。
経営問答でも皆さん真剣な質問が出て、
木野先生がまるで松下幸之助が乗り移ったようなお答えをされていました。
あっと言う間の2時間でした。
rinen%20854.jpg

その後「理念と経営」を使ったディスカッションを行いました。
初めて参加された方もディスカッションでは活発な発言をされ、
この経営者の会の楽しさを感じていただいたのではないかと思います。
rinen%20845.jpg

ディスカッションの後には経営者の会の概要をお話し、
支部の活動発表を三河エリアで支部長をして頂いてます杉本さんが
勉強会の写真もお持ち下さり、発表して頂きました。
また、社内勉強会の活動発表では買取王国の壬生さんがとても素晴らしい発表をなさってくれました。
この「理念と経営」の勉強会から可能思考研修をスムーズに参加してくれた例をお伝え下さり、
可能思考研修を受けていない社員さんでも導入の効果があることを発表してくださいました。
この会社では最初は希望者数名で開催をしていましたが、
今では全社員で取り組んでいらっしゃいます。

最後の交流会におきましては、お弁当でアルコールなしで行いました。
初めての参加者から発表を頂き、先生との問答も和気あいあいの中、
活発に質問をなさり、皆さん真剣に聴いていらっしゃいました。
経営者の会らしく、真剣で真面目な勉強会になったのではないでしょうか。
皆様大変ご満足頂きお帰り頂いたようです。
rinen%20876.jpg

今年の地区大会はこれで終了ですが、
来年度は既に徳島と愛媛で開かれる予定です。
少しづつではありますが、この「理念と経営」経営者の会が認知されていくことでしょう。