カテゴリー別アーカイブ: 経営者の会

◇應武支部の皆様からの討議会のご報告です◇

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

應武支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ。

ご覧になって経営者の会に興味をお持ち頂いた方は
お問い合わせくださいませ。
◇—————————————————————————————————
開催日時:2016年4月28日(水)
参加人数:12名
—————————————————————————————————◇
【設問②】
『巻頭対談(P.8~P.16)』の中で“4,000億円の不良債権を一括処理し、翌年に過去最高益を達成したとあります。
この記事を読んで、丹羽宇一郎氏の取り組みで良かったところはどこですか?
また、あなたならどのような行動をされますか?

・会社をつぶさない為に自分が悪者になっても良い覚悟があったのでは。
丹羽さんに自信と勇気がある。
自分だったら先延ばしにしてしまう。知識・経験がないのでそこまでの勇気がない。

・中小企業ではあまりピンと来ない話。潔よく、信頼のある会社。

・中小企業・金額の大きい小さいに係わらず、その人にとって大きい問題しかこない。
必ず生き方から関係はある。

・会社が落ちた時はトップダウンでないと会社は生き残って行けれない。
この時にリーダーシップが問われる。

・職業上うまくいっていない方に沢山会うが、今のやり方・モノを捨てれない人が多い。
潔く次のステップに変化できる方が少ないので感慨深い記事だった。

【設問③】
『企業の成功法則 社長力・管理力・現場力 三位一体論(P.19~P.25)』の記事より、
すべての企業で起きているわけではありませんが、なぜ、こうした事件が起きるのでしょうか。
また、これらを本当に無くすために、経営者・経営幹部は何をすべきなのでしょうか。

・お客様に為に良いと思ってしていることが不正につながっていることがある。
この設問で迷っている社員の声が聴けて良かった。

・自社業界で行政の目をくぐって不正を沢山しているところがある。
やはりそういったところは監査がはいり廃業になっている。
自分は絶対しないし、業界を正していこうと思う。

・制約をクリアして行政の許可が下りるが、制約の中での戦いがある。
どの業界でも法が変わると明日から不正になることがある。
中小企業はしっかり行政と係わり、現状を訴えていかなければならない。
規制緩和の為にお金と票をつかうのはどうなのか。

【所感】
討議長・副討議長の意見を引き出して下さる進行により、
各業種の具体例も沢山聞け活発な討議会となりました。
各業種いろんな規制の中でお客様と信頼関係を築いておられました。
今回も沢山の学びをありがとうございます。

以上です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌

月刊「理念と経営」
株式会社コスモ教育出版
田舞 富太郎

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
URL  http://www.rinen-mg.co.jp/
e-mail rinen-keiei@nisouken.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◇景山支部の皆様からの討議会のご報告です◇

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

景山支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ。

ご覧になって経営者の会に興味をお持ち頂いた方は
お問い合わせくださいませ。
◇—————————————————————————————————
開催日時:2016年4月20日(水)
参加人数:19名
—————————————————————————————————◇
【設問1】
巻頭対談P8「4000億円の不良資産を一括処理し、翌年最高益を達成た、とあります。
丹羽宇一郎さんの取り組みの良かったところは、どこですか」

・不良資産を公開することによって危機感が生まれ、社長と幹部、現場が一致団結した
・小出しでダラダラやると、社長も幹部も現場も疲弊し、暗く澱んだ社風になるが一気呵成にやったことが素晴らしいと思う

【設問2】
三位一体論P19「ワーゲンや東芝、横浜のマンション問題等、何故、このようなことが起きるのでしょうか」

・顧客の方を向いて経営せず、株主と株価の方を向いて経営している
・理念あっても理念なし。社長も幹部も現場も、利益第一主義
・天を畏れ、大人を畏れ、聖人の言を畏れていないから悪事を働く

【設問3】
企業事例研究P26「経営者の仲間が行っている取り組みで自社が見習いたいところは何ですか」

・Hさんは事業に失敗しても立ち上がり、前を向いて新たな事業をしているが、彼のあきらめない精神と気骨を見習いたい
・平賀さんはスタッフをとても大切にしているが、彼女のそういうところを見習いたい
・伊丹さんは製造小売業へと事業を進化させたが彼が事業を進化させたところを見習いたい
・TTコース受講中だが田舞代表を始め、受講生の方からどんどん学びたい

【設問4】
成功している会社の仕事術P68「あなたの会社ではどういう風にして顧客の声を集めていますか」

・アンケートを実施してお客様の声を集めている
・顧客の声を聞けば聞くほど個性がなくなり、丸くなってしまう。だから、うちは集めていない
・アンケートは時間と手間がかかる。また、本音は聞き難い。
だから、現場に直接行って顧客の表情やしぐさを観察し、顧客の声を汲み取るようにしている

【設問5】
小さなコンセプトP64「あたなのまわりで物事の本質を掴み、それをわかりやすい言葉、本質を突いた言葉で伝えている人は誰ですか」

・Kさん、ドキッとする本質を突いたことを言う
・Mさん、Kさんの失敗談を事例にして物事の本質をわかりやすく伝えてくれる
・うちのI社長よりも、同業者のOさんが実際にやっていることや言うことに物事の本質を感じる

【所感】
今月の討議会に新たに2名が参加してくれましたが、理念と経営を購読し、
討議会に参加する仲間が増えたことを、とても、嬉しく思います。

なお、昨夜はいつもとは違う雰囲気でしたが妙に緊張している討議長さんがいました。
私は「いい意味で緊張感がある」ということはとても大事なことだと思います。

これからも、「どうすれば楽しい討議会になるか」
「どうすれば、いい意味で緊張感がある討議会になるか」
創意工夫して討議会を開催したいと思います。

以上です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌

月刊「理念と経営」
株式会社コスモ教育出版
田舞 富太郎

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
URL  http://www.rinen-mg.co.jp/
e-mail rinen-keiei@nisouken.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◇上田支部の皆様からの討議会のご報告です◇

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

上田支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ。

ご覧になって経営者の会に興味をお持ち頂いた方は
お問い合わせくださいませ。
◇—————————————————————————————————
開催日時:2016年4月20日(水)
参加人数:13名
—————————————————————————————————◇
【設問①】
・現状が配達業務なので、常に考えているが行動に移せていない。
・お客様の声、クレームからお客様満足を知る事ができる。
→それを商品・サービスに反映させる。(自社で商品開発して販売)
・クレームによるサービス変更をする際に、コストの問題が絡み模索中。
・お客様から、書類の分別、必要なものかの判断が出来にくい書類の整理お手伝いを定期的に行う。
・岡山を全国にPRし集客を目指す。
・クレームは宝の山なので、最優先で社員全員で共通開示する。

【設問②】
・人を(社員さんを)大切にし、生かしきれた。
・トップの経営判断、良い人であっても、社風・理念にそぐわない社員さんは辞めてもらうことも決断もある。
・抑えるべき点を、徹底的に開示、改革を行う。
・経営トップ自ら、報酬削減、経費削減を行う。
・数字は結果です。信頼・信用をベースに、任せる事の大切さが重要。

【設問③】
・社長のモラル→常に学び・勉強を続けることが必要。
・三位一体を常に念頭に置き、行動し考える。
・現場・管理者・社長、それぞれの動議付けが必要であり、ベクトルは同じでないといけない。
・風通しの良い会社、働きやすさ、人を褒める、社員を褒めることが、キーワード。
・上司、社長からのプレッシャーは常に感じる。強いとあまり会話をしたくなくなる。
・中間管理職として、お客様の事、社員の給与・待遇の事、組織と社員さんとその家族を幸せにすることなど、
考える事が多く、何を最優先させるかを迷うことがある。→課題!

【参加者からのコメント】

*多くのオブザーバー参加頂き、非常に活性化された。
*職種の違う多くの方から、意見が聴けてとてもよかった。
*経営者、経営幹部の皆様が、このような勉強会をされているのをみて、とても心強かった。
*日々の仕事ではなかなか聞けない話も多く、社内でのこのような場を作りたい。
*お天道様はちゃんと見ている! 社長力を思い知らされる勉強会でした。
*少しずつ自分の意見も言えるようになり、参加の方のお話はいつも大変参考になる。
*来月6日、方針発表頑張ります!
*今日は、奢っている自分が良く解った。褒める事の大切さを再認識し、明日から実行!
*集まる・集める・集う、場づくりを含め、一助となるよう頑張り続ける。
*多くの話から、様々なヒントを頂き、また、目からウロコの話も多く、日々勉強!

【所感】
今回は、結構難しい設問もありましたが、討議長の巧みな質問により皆さん活発に討議できました。
また、委員会内で13の徳目練習もでき、委員会・討議会とも非常に活性化出来たと感じました。

以上です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌

月刊「理念と経営」
株式会社コスモ教育出版
田舞 富太郎

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
URL  http://www.rinen-mg.co.jp/
e-mail rinen-keiei@nisouken.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◇宮崎支部の皆様からの討議会のご報告です◇

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

宮崎支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ。

ご覧になって経営者の会に興味をお持ち頂いた方は
お問い合わせくださいませ。
◇—————————————————————————————————
開催日時:2016年4月18日(月)
参加人数:11名
—————————————————————————————————◇
【設問3】
『企業の成功法則 社長力・管理力・現場力 三位一体論』の記事より
全ての企業で起きているわけではありませんが、
なぜ、こうした事件が起きるのでしょうか?

① 見つからなければ良いだろうという安易な判断。
長いものには巻かれろという社風、風潮。

【宮崎Q】もし、このような風潮が自社に起こったらどうする?

l 利益優先の判断をしてしまうとズルズルいってしまいそうだ。
精神論的な対策も良いが、監視カメラを置くことで管理することも必要。

l 杭に関する業界は、検査に甘い仕組みがある。
これも原因の一つだとは思う。しかし、これは「言い訳」であり、改善策は社員教育しかない。

l 会社が、社長がどのような倫理観を持てるのかどうか。

l 目的がずれているから、このようなことが起こる。
ちょっとした気の緩みが利益優先という間違えた判断基準を生み、
道理に反した決断をしてしまうのであろう。
場合によっては、家族に対しても迷惑をかけてしまう事まで、
想定できるのか?必ず、後から降りかかる。

l お客様を自分の家族だという価値観があれば、だいたい判断基準は間違えない。

② 人間は善行を続けていかなければ、地獄に落ちる。
社内で、社長が尊敬される存在になることが管理部門、現場部門においても
重要である。

【所感】
短時間でしたが、設問3に絞り討議会を開催しました。利益優先ではなく、お客様優先。
というのがキーワードでしたが、誤った判断基準を生まないためにも、自社の理念、
自らの志という軸の重要性を考えさせられました。

以上です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌

月刊「理念と経営」
株式会社コスモ教育出版
田舞 富太郎

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
URL  http://www.rinen-mg.co.jp/
e-mail rinen-keiei@nisouken.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◇福山 児玉支部の皆様からの討議会のご報告です◇

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

福山 児玉支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ。

ご覧になって経営者の会に興味をお持ち頂いた方は
お問い合わせくださいませ。
◇—————————————————————————————————
開催日時:2016年4月14日(木)
参加人数:3名
—————————————————————————————————◇

②「巻頭対談(P8~P16)」の中で”4000億円の不良資産を一括処理し、
翌年に過去最高益を達成した”とあります。
この記事を読んで、丹羽宇一郎氏の取組みで良かったところはどこですか?
また、あなたならどのような行動をされますか?

・人間関係を大切にし元専務等協力者がいてくれたところ。

・4000億円の不良資産を一括処理し馴れ合いの組織でなく挑戦する組織に変革

したところ。

・目をつぶりたくなる箇所を明確対処したところ

以上です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌

月刊「理念と経営」
株式会社コスモ教育出版
田舞 富太郎

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
URL  http://www.rinen-mg.co.jp/
e-mail rinen-keiei@nisouken.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◇福山 山崎支部の皆様からの討議会のご報告です◇

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

福山 山崎支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ。

ご覧になって経営者の会に興味をお持ち頂いた方は
お問い合わせくださいませ。
◇—————————————————————————————————
開催日時:2016年4月11日(月)
参加人数:4名
—————————————————————————————————◇
【設問①】
「成功している会社の仕事術(P68~P71)」の中で、
伊藤社長は、「ありそうでなかったサービス」を提供すするために、
お客様の声を積極的に集めています。
あなたの会社では、どのようにしてお客様の声を集めていますか?
また、お客様の声が実際の商品やサービスにつながった事例があれば共有してみましょう。

・毎朝の朝礼で共有するお客様からの「ありがとう」、
社員さんの「ありがとう」にお客様の声が含まれていると思います。

・お客様からのお問合せや打合せ内容は「コミュニケーションメモ」というフォーマットを使って、
記録に残し、社内共有にも使っています。

・製品引渡し後は「御礼」の連絡をとともに、「お客様アンケート」にて感想~ご要望を頂戴しています。

・担当者が直接感じたお客様の「雰囲気」「仕草」というものは、朝礼や社内ミーティングで共有し、
「ひょっとしたら、、」という意見を出し合い、次のお話の時に伺います。

・工場の生産ラインが老朽化し「取替え」を検討しておられたお客様ですが、
実際には老朽化ではなく「激しい汚れ」が問題となっていたのが現場で分かり、
ライン交換では1億円ほどかかる+何日も生産ストップという課題から、
ラインを動かしながら「汚れを除去する」という計画で、
コスト4000万円+ライン稼働=6000万円以上のコスト削減という
プランにつながったことがあります。

・自社製品の改善について、お客様との商談の中で頂ける何気ない一言が
とても重要であると考え、
その一言をどれだけ興味を持って受け取れるかにかかってくると思います。

【設問②】
「巻頭対談(P8~P16)」の中で”4000億円の不良資産を一括処理し、
翌年に過去最高益を達成した”とあります。
この記事を読んで、丹羽宇一郎氏の取組みで良かったところはどこですか?
また、あなたならどのような行動をされますか?

・まず自分をみつめること。人間関係の考え方。
人材育成に対しての思い「仕事・読書・人」という方針がしっかりとある。

・自身の報酬よりも「人との信頼・信用」を大切にしたところ。

・4000億円という途方もない不良資産を全て社内から引き出したことがすごい。
後になって「これだけまだ支払いが発生します」「これは利益に含まれません」
など挙がってきたら、とても再建はできない。

・人財育成というものに苦しくてもしっかりと取り組んでいく。

・日ごろからの信頼関係の構築と、人との接し方や姿勢にも意識して努力を重ねる。

【設問③】
「起業の成功法則 社長力・管理力・現場力 三位一体論(P19~P25)」の記事より、
すべての企業で起きているわけではありませんが、なぜ、こうした事件が起きるのでしょうか。
また、これらを本当に無くすために、経営者・経営幹部は何をすべきなのでしょうか。

・不祥事、バレなければよい、という社風は、トップの人間力・自律力が原因だと思います。

・小学生でもわかることをなぜ行えないのか?
福山の6月例会で講師を担って頂く京都の蓮尾さんも同じこと言われていることは、
本当にそれが大切なことなのだということを改めて考えました。

・凡を積むというのか、当たり前のことを当たり前として続ける習慣、継続力が実際にはできていない。
経営・幹部としてまずはそういう「普通」のことをコツコツやっていく。

・自分だけではどうしても見えなくなる部分を指摘してくれる仲間を持つこと。
社内でも社外でもそういった人間関係が必要なので、バランスよくやっていくことだと思います。

・またどのようなことであれ、問題、ピンチはチャンスととらえ、
「無いなら つくれ!」の経営をトップからやっていく、知恵を絞る、
コミュニケーションを重ねる、勉強し続ける。

・福山の6月例会はそういった意味ではとても興味深い内容の例会になりますし、
懇親会も激論必至だと思います。

【所感】
この度の討論会では、日中の時間を申し合わせて京都の五健堂 様を訪問させて頂いた後、
ということもあり、6月例会の担当委員会ならではの討論会、報告会となりました。
他の地区の例会もオブザーブしに回ってみるのも良いですね。
報告遅くなりましたが、ありがとうございました!

以上です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌

月刊「理念と経営」
株式会社コスモ教育出版
田舞 富太郎

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
URL  http://www.rinen-mg.co.jp/
e-mail rinen-keiei@nisouken.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

◇福山 福永支部の皆様からの討議会のご報告です◇

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

福山 福永支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ。

ご覧になって経営者の会に興味をお持ち頂いた方は
お問い合わせくださいませ。
◇—————————————————————————————————
開催日時:2016年4月11日(月)
参加人数:5名
—————————————————————————————————◇
【設問1】
『成功している会社の仕事術(P.68~P.71)』の中で、伊藤社長は、
「ありそうでなかったサービス」を提供するために、お客様の声を積極的に集めています。
あなたの会社では、どのようにしてお客様の声を集めていますか?また、お客様の声が
実際の商品やサービスにつながった事例があれば共有してみましょう。

(内装建材)
今までは板を張るだけで、そのあとに必要な塗装加工は外注に出していた。
その塗装加工の結果、「イメージと色が違う」との声が得意先より上がった。
その意見を受け、塗装加工を外注に出さず、資格を取得し、機械を導入して
自社で仕上げることにした。
一貫生産ができることにより、他社と差別化が図られ、現在では受注が増加している。

(不動産)
賃貸物件入居者に対し、入居後1か月を目途に満足度アンケートを依頼。
500円分のQUOカードをアンケートの返送特典にしたところ、返送率が50%にアップ。
頂いたアンケートの中に「もっと詳細な画像情報が欲しい」というのがあった。
これまで取扱物件がたくさんあることを売りにしていたが、方向転換し、
物件数を絞って、より詳細で精度の高い情報を提供することを徹底したところ、
顧客満足度が向上した。

(インターネットカフェ)
以前顧客アンケートを実施したが、回収率は低く、回収できても
有効な意見が得られなかった。
そこで、お客様が残していかれたものを調べたり、
お客様との会話の内容を社内で共有し、分析することで
傾向と対策を考えることができた。
来店頻度により顧客のランク分けを実施し、分析結果に基づいた
サービスを提供することで、近隣に競合他社が進出してきたときも
顧客を奪われることが無く、値上げにも成功した。

(自動車)
他社事例ではあるが、中古タイヤの販売を行った。
中古タイヤを廃棄するのにお金がかかるようになった頃、無料で中古タイヤを回収した。
もうすぐ車検あるいはもうすぐ買い替え、というときにパンクしたなど、
短期間のタイヤ需要の声をきき、無料で回収した中古タイヤを
販売するというビジネスモデルを構築した。

(アパレル)
得意先である通販会社のHPから、当社商品購入者のレビューを見ることができる。
白い生地の透け具合であったり、丈の長さについて意見・感想を頂き、
次回商品企画時の参考にするとともに、その問題点などをクリアしたことが
販売時のセールスポイントにもなる。

【所感】
今回参加は少なかったですが、内容は濃いものでした。
自社に耳障りの良い意見だけを聴いていては、会社として伸びは少なく、
むしろクレームやマイナスの意見に真摯に向き合うことが
伸びしろを増やすことになる、ということに改めて気づかされました。
会社全体としてそういう取組を共有していくことの重要性を認識できました。

以上です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌

月刊「理念と経営」
株式会社コスモ教育出版
田舞 富太郎

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
URL  http://www.rinen-mg.co.jp/
e-mail rinen-keiei@nisouken.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◇福山 池口支部の皆様からの討議会のご報告です◇

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

福山 池口支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ。

ご覧になって経営者の会に興味をお持ち頂いた方は
お問い合わせくださいませ。
◇—————————————————————————————————
開催日時:2016年4月11日(月)
参加人数:4名
—————————————————————————————————◇
【設問1】『成功している会社の仕事術(『成功している会社の仕事術
『成功している会社の仕事術(P.68~P.71P.71)』の中で、
伊藤社長は「ありそうでなかったサービス」を提供するために、
お客様の声積極的集ています。
あなたの会社ではどのようにしてお客様の声を集めていますか?
また、お客様の声が実際の商品やサービスにつながった事例があれば共有してみましょう。

・インターネットの口コミサイトを利用して顧客の声を集めている。
このことがきっかけで店舗のキッズルームを設けることにつながり、顧客満足向上になった。

・店舗でアンケート調査を行い、お客様満足度の向上に努めている。

・店頭でお客様と直接会話することにより、お客様の真の声を聴くように心がけている。
商売柄、ギフト用に商品にラッピングすることが多々あるが、
その際に「包装紙」や「のし紙」などお客様の好みやTPOに合った提案を
その場で行うことによりお客様満足向上を実現している。

・毎日ブログの発信を行っている。その中でお客様からのコメントにより
「お客様の要望」を知るきっかけになったことが多々ある。
実際に新商品の開発につながった事例もある。

【所感】
今回は時間の関係上、懇親会の中で「理念と経営の勉強会」を行うことになりましたので
参加者が少なかったですが、内容の濃い勉強会になったのではないかと思います。
今まさに情報化社会の中で、インターネットやSNSなどを通じてお客様の声を聴く手段が多数あることに改めて気付かされた。
ブログなど、企業側から情報発信を直接行い、お客様に親近感を感じてもらうことによってお客様の声が届くような環境作りを行っている企業が増えている。
「お客様の声」が企業に直接届くような環境整備を行うことで、競合他社の中でより付加価値の高いサービスの実現につながるのではないかと感じました。
以上です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌

月刊「理念と経営」
株式会社コスモ教育出版
田舞 富太郎

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
URL  http://www.rinen-mg.co.jp/
e-mail rinen-keiei@nisouken.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◇福山 福永支部の皆様からの討議会のご報告です◇

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

福山 福永支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ。

ご覧になって経営者の会に興味をお持ち頂いた方は
お問い合わせくださいませ。
◇—————————————————————————————————
開催日時:2016年4月11日(月)
参加人数:5名
—————————————————————————————————◇
【設問1】
『成功している会社の仕事術(P.68~P.71)』の中で、伊藤社長は、
「ありそうでなかったサービス」を提供するために、お客様の声を積極的に集めています。
あなたの会社では、どのようにしてお客様の声を集めていますか?また、お客様の声が
実際の商品やサービスにつながった事例があれば共有してみましょう。

(内装建材)
今までは板を張るだけで、そのあとに必要な塗装加工は外注に出していた。
その塗装加工の結果、「イメージと色が違う」との声が得意先より上がった。
その意見を受け、塗装加工を外注に出さず、資格を取得し、機械を導入して
自社で仕上げることにした。
一貫生産ができることにより、他社と差別化が図られ、現在では受注が増加している。

(不動産)
賃貸物件入居者に対し、入居後1か月を目途に満足度アンケートを依頼。
500円分のQUOカードをアンケートの返送特典にしたところ、返送率が50%にアップ。
頂いたアンケートの中に「もっと詳細な画像情報が欲しい」というのがあった。
これまで取扱物件がたくさんあることを売りにしていたが、方向転換し、
物件数を絞って、より詳細で精度の高い情報を提供することを徹底したところ、
顧客満足度が向上した。

(インターネットカフェ)
以前顧客アンケートを実施したが、回収率は低く、回収できても
有効な意見が得られなかった。
そこで、お客様が残していかれたものを調べたり、
お客様との会話の内容を社内で共有し、分析することで
傾向と対策を考えることができた。
来店頻度により顧客のランク分けを実施し、分析結果に基づいた
サービスを提供することで、近隣に競合他社が進出してきたときも
顧客を奪われることが無く、値上げにも成功した。

(自動車)
他社事例ではあるが、中古タイヤの販売を行った。
中古タイヤを廃棄するのにお金がかかるようになった頃、無料で中古タイヤを回収した。
もうすぐ車検あるいはもうすぐ買い替え、というときにパンクしたなど、
短期間のタイヤ需要の声をきき、無料で回収した中古タイヤを
販売するというビジネスモデルを構築した。

(アパレル)
得意先である通販会社のHPから、当社商品購入者のレビューを見ることができる。
白い生地の透け具合であったり、丈の長さについて意見・感想を頂き、
次回商品企画時の参考にするとともに、その問題点などをクリアしたことが
販売時のセールスポイントにもなる。

【所感】
今回参加は少なかったですが、内容は濃いものでした。
自社に耳障りの良い意見だけを聴いていては、会社として伸びは少なく、
むしろクレームやマイナスの意見に真摯に向き合うことが
伸びしろを増やすことになる、ということに改めて気づかされました。
会社全体としてそういう取組を共有していくことの重要性を認識できました。

以上です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌

月刊「理念と経営」
株式会社コスモ教育出版
田舞 富太郎

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
URL  http://www.rinen-mg.co.jp/
e-mail rinen-keiei@nisouken.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◇福山 池口支部の皆様からの討議会のご報告です◇

カテゴリー: 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

福山 池口支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ。

ご覧になって経営者の会に興味をお持ち頂いた方は
お問い合わせくださいませ。
◇—————————————————————————————————
開催日時:2016年4月11日(月)
参加人数:4名
—————————————————————————————————◇
【設問1】『成功している会社の仕事術
(『成功している会社の仕事術(『成功している会社の仕事術(P.68~P.71P.71)』の中で、
伊藤社長は「ありそうでなかったサありそうでなかったサありそうでなかったサービス」
を提供するために、お客様の声積極的集ています。
あなたの会社ではどのようにしてお客様の声を集めていますか?
また、お客様の声が実際の商品やサービスにつながった事例があれば共有してみましょう。

・インターネットの口コミサイトを利用して顧客の声を集めている。
このことがきっかけで店舗のキッズルームを設けることにつながり、顧客満足向上になった。

・店舗でアンケート調査を行い、お客様満足度の向上に努めている。

・店頭でお客様と直接会話することにより、お客様の真の声を聴くように心がけている。
商売柄、ギフト用に商品にラッピングすることが多々あるが、
その際に「包装紙」や「のし紙」などお客様の好みやTPOに合った提案を
その場で行うことによりお客様満足向上を実現している。

・毎日ブログの発信を行っている。その中でお客様からのコメントにより
「お客様の要望」を知るきっかけになったことが多々ある。
実際に新商品の開発につながった事例もある。

【所感】

今回は時間の関係上、懇親会の中で「理念と経営の勉強会」を行うことになりましたので
参加者が少なかったですが、内容の濃い勉強会になったのではないかと思います。
今まさに情報化社会の中で、インターネットやSNSなどを通じてお客様の声を聴く
手段が多数あることに改めて気付かされた。
ブログなど、企業側から情報発信を直接行い、
お客様に親近感を感じてもらうことによってお客様の声が届くような
環境作りを行っている企業が増えている。
「お客様の声」が企業に直接届くような環境整備を行うことで、
競合他社の中でより付加価値の高いサービスの実現につながるのではないかと感じました。

以上です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌

月刊「理念と経営」
株式会社コスモ教育出版
田舞 富太郎

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
URL  http://www.rinen-mg.co.jp/
e-mail rinen-keiei@nisouken.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★