カテゴリー別アーカイブ: 経営者の会

秋山支部の皆様からの討議会のご報告です!!

カテゴリー: 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

秋山支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ☆

♪——————————————————————————————————
開催日時:平成26年4月22日(火)19:00~21:00
参加人数:7名
——————————————————————————————————♪

設問1 『企業の成功法則三位一体論』
     社長力・管理力・現場力 著者が最も伝えたいことは何ですか。

・己に克つ、天を相手にすることが大切
・思考は現実化する
・自分に克つということは、社員が反発する場面などにきちんと冷静に説明が出来ること
・私の天命とは人と人を繋ぐこと
・天命があると怖いものがない

設問3 『企業事例研究』三割打者理論を活かせる点を検討し具体的な取り組み
     独自理論を。

・成功の率が低い挑戦は業種によっては命とりになる可能性がある

♪———————————————————————–
【所感】小数での有意義な討議ができました。
次回はなかなか出席ができない委員の会社で行います
———————————————————————–♪

***************************************************
株式会社 コスモ教育出版
 中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
 月刊「理念と経営」  田舞 富太郎
〒103-0007
 東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
 TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
***************************************************

稲田支部の皆様からの討議会のご報告です!!

カテゴリー: 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

稲田支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ☆

♪——————————————————————————————————
開催日時:平成26年4月14日(月)19:30~21:00
参加人数:11名
——————————————————————————————————♪

設問1 『企業の成功法則三位一体論』
     社長力・管理力・現場力 著者が最も伝えたいことは何ですか。

・自分の小さな心ではなく大きな心で物事を考える。
・初心にかえる。
・自分を高める意識を持つ。
・人か見ていない時にキチンとできるのか。人の目に触れないところでも
 キチンとできることが大事。
・天命に従う 素直に生きる。何かによって生かされていることを考える。

設問2 『100年続く企業の教え』
     100年続く企業の経営理念はどのような理念ですか。

・お客様のために!!
・雇用の責任とコミュニティの場の提供の責任。
・守るべき伝統の継承と革新が必要。
・理念が大事。

設問3 『企業事例研究』三割打者理論を活かせる点を検討し具体的な取り組み
     独自理論を。

・どうせやるなら3つとも(三割打者理論)成功させたい。成功の率が低い挑戦は
 やめたほうがいい。1つの挑戦に集中・検討させたほうが効率が良い。

この度の設問1・2・3は100年企業(会社永続)がテーマのように感じました。
会社を永続していく理由、そのため経営者は何を考え後継にどう伝えるのか、
どう意思決定をしていかないといけないのか。
同志ととても有意義な討議ができました。ありがとうございました。

***************************************************
株式会社 コスモ教育出版
 中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
 月刊「理念と経営」  田舞 富太郎
〒103-0007
 東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
 TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
***************************************************

細土支部の皆様からの討議会のご報告です!!

カテゴリー: 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

細土支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ☆

♪——————————————————————————————————
開催日時:4月21日(月)19:00~21:00
参加人数:7名
——————————————————————————————————♪

設問1

普段の努力、天の目は必要。自己は大切私心は抑える。創業の思い忘れない
初心を忘れず。自分は7・8までは続くが詰めが甘い。時間の使い方が大切。

人の意見をよく聞き自己満足に為らないよう。
初心を忘れず。良いとこを伸ばして導けるか。これで良いと思わないようやり続ける
初心を忘れない。やり続けること。天を相手に判断する。
熟慮すると見えてくる。大きな問題を小さく考える。善に向かって生きていく。

自己を制する心。毎日感謝礼心。
天命に従う。自己に勝。私意を無くすのが課題。年と共に学ぶ必要性を感じる。

人は生かされている。
自己に勝。お天道様は見ている。

設問2

人を大切にすること。地域貢献。身の丈経営
身の丈経営。安住はよくない、変革も大切。数字も含めオープンする。
コミュニケーションを大切にする。
身の丈経営。金をきちんと回せることで100年続けられる。
相手を思いやる心が100年続く理念。自分も相手も幸せになるよう考える。

創業者精神が続いてる。経済的ダメージをカバーし経済・精神を助ける
社員さんを大切にする。
創業者がぶれない。人を大切にし100年続く。常に革新を考える。
明確な経営理念がある。へこたれない。常に学び続ける。
規模を拡大しない。伝統と革新。

設問3

同じものを作る3社と付き合う。それぞれ技術に特徴がある
営業、倉庫、等で考えると1つがだめでも他に役立つ。工事の後メンテナンス

販売、加工、レッスン、3本柱。常にどうするか考える。
自分流、時短でやる事を常に考える。多くを求めない。
イベントのアイデアを出す。一つ一つ 考える。
知恵を絞れ。いろんなアイデアを考えること。
出店3店、閉店3店。リホーム、不動産、新築。 3本柱

***************************************************
株式会社 コスモ教育出版
 中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
 月刊「理念と経営」  田舞 富太郎
〒103-0007
 東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
 TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
***************************************************

臼井支部の皆様からの討議会のご報告です!!

カテゴリー: 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

臼井支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ☆

♪——————————————————————————————————
開催日時:平成26年4月14日(月)20:00~21:00
参加人数:8名
——————————————————————————————————♪

【設問 1】 『企業の成功法則 三位一体論 ( ありがとう経営のすすめ( P.65 ~P.71)』の社長力・管理力・現場力の3つの記事を通して、
著者が最も伝えたいことは何だと思いますか?また、それを著者が最も伝えたいと思う理由をご 自分の体験と照らし合わせて述べて ください。

・自分を磨く事
・初心を忘れずに目先の情報に惑わされず、天命を待つ。
・自分に矢印を向き続ける(他人や環境の理由にせず、自分と向き合い続ける。
・人間は人の上に立つと横柄な態度を取っていまいがち、その事に気付き初心を忘れないようにする。
・人間は人を見てしまうと翻弄され右往左往してしまうが天を見ていると右往左往しようが無い。 

【設問 2】 『日本の100年企業‘つぶれない会社‘を作るために100年続く企業の教え』の記事の中には、
100年企業に共通する経営的な特徴5つが記載されています。100年続く企業の経営理念とはどのような理念だと思われますか。

・理念とゆう形では無くとも何代も語り続いている事
・時代の変化に伴い理念も変っていく。経営者は考え続けるもの
・理念は経営者の価値観で有り、社員に浸透している
・伝統を重んじ時代のニーズに合った変化し続ける。
・顧客満足を一番に考えている。

♪———————————————————————–
【所感】ありがとう委員会の委員長から3月例会の振り返りと7月例会について2委員会で活発な意見交換が有り
討議会の時間があまり取れませんでしたが、討議長、委員中心に大変学びの多い討議会でした。
———————————————————————–♪

河合支部の皆様からの討議会のご報告です!!

カテゴリー: 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

河合支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ☆

♪——————————————————————————————————
開催日時:平成26年4月15日 19:00~21:00
参加人数:21名
——————————————————————————————————♪

設問1:巻頭対談を読んで感銘を受けたところはどこですか。

また、御社の戦略は何ですか。

・顧客ターゲットを明確にして商品を絞り込み、特化するよう心掛けている。

・市場に出ていない商品やサービスを提供するようにしたい。

・目の前の仕事で手いっぱいで戦略を考え中。リフォーム・新築・店舗など、

沢山の選択肢があるがやるべきことを絞り込みたい。

・会計士の仕事だけでなく、お客様の経営支援のサービスを充実させる。

設問2:P66 ありがとう経営。

意思決定するときの判断基準は何ですか。

・目先の売り上げだけにとらわれず、長期的に考え判断するようにしている。

・部下を褒める時も、叱る時も、理念を意識している。

・判断基準は経営理念。

設問3:P68 ありがとう経営。

あなたがやるべき仕事は何ですか。

・社員がそれぞれの役割をはたすようにしている。

・私心を捨て、社員育成すること。

・未来の飯のタネをつくること。

・強くて良い会社にすること。

設問4:P72 どうすれば永続する企業になるでしょうか。

・100年企業に共通する経営的な特徴5つがかなっている理念を作ること。

・身の程を知り、見極める。ぶれない。

・継承していくにあたり、長期的な目線で見て、考える。

・変えざるベキものと、変えるべきものを見極め、お客様のために進化する。

・良い時にふらふら、ぐらぐらせず、金を貯める。

・事業を広げることは楽しいしワクワクするが余計なことは一切しない。

・次の代に信用と財産を渡す。その代その代でその人の役割がある。

設問5:P76 門司の吉田さんは立派な経営をされていますが、

企業が永続する秘訣は何でしょうか。

・拡大ではなく、強くなっていくことが重要。

・品質に手を抜かない、伝統は革新の連続。

・地域に密着して商いをする。市場を広げない。

・縦軸・横軸を代々、大切にしている。

♪———————————————————————–
【所感】理念からくる判断基準や戦略をわかりやすい実例を交えて話しが聞けたことをとても嬉しく思います。

また、これを自社に置き換えて考えることが出来ましたが、本当に有意義で楽しい討議会でした、ありがとうございます。
———————————————————————–♪

川井支部の皆様からの討議会のご報告です!!

カテゴリー: 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

川井支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ☆

♪——————————————————————————————————
開催日時:3月17日 19:30~21:00
参加人数:8名
——————————————————————————————————♪

【設問1】『~巻頭対談~“働く”ことの素晴らしさをあなたは知っていますか?』

今の若い人たちについての見解

①佐々木さんと田坂さんの立ち位置の違い。佐々木さんは実学、田坂さんは机上論(研究者)。

②怒ることが愛情?褒められることが愛情?最近はあまり怒ることはしない。

③最近の若い人は欲がないように思える。欲がないのか暗い時代に育ってきたから目立つことが恥ずかしい。

④バブル期は手に職を付けて稼ぎまくりたかったが、今の人たちは安定志向が強い。

⑤安心・安全を第一に考える。ネット環境による情報共有により、俺俺的な個性派が居ない。

⑥お金は稼がなくても良い。ボランティアでも評価される。評価されれば良い。

仕事とボランティアの違い

①仕事はお金を稼ぐために責任もあり人間関係も重要。ボランティアは責任がないが、他人に良いことをしたという自己満足が出来る。

②仕事でもサービス(値引き)はお客様は喜ぶのと一緒でお金が伴わないから責任もない。仕事は値引きした分企業はより多くの仕事をしないといけない。

③ボランティアは苦労がない、仕事は苦労がある。

結論

①仕事の成功もお客様から感謝されなくてはならない。そしてお金もついてくることが大事。

②仕事も本気でやると人はついてくる。ボランティアも同じ。

③物欲ばかりを追求しない。非営利活動と営利活動は両立させなければならない。

【設問2】『社員力革命 ほめて 認めて 気付かせ 人は育つ』承認の企業文化を育む。

各自の経験

①ゼネコンに勤めていた頃は、放任主義でなんでも自力でやっていた。

②サッカー時代『監督からお前は褒めて伸びるタイプではない』と言われた。

③若い人を預かった。あなたのような立派な人に育てて欲しいと言われた。

なぜ褒めた方が良いのか?

①スイッチを入れてあげないといけない『人から認めてもらう為!』この大切なことを気付かせる。

②自分が自分を褒めれるか?自分がドラマの主人公になっている姿を思い描かせる。

③尊敬の念をもっていれば、褒められても叱られても良い。愛情を持って本気で叱りながら泣けるか!

④叱っていることは相手を敬う気持ち。怒っているは自らのストレス発散。責任者と被害者

どのようにして褒めるか?

①会社(チーム)のブレーキになっている人にスポットをあてる。皆で結託して徹底して褒める。

②何か報告すると必ず苦言を言われる。これは嫌になる。

③人が多い時に褒めるときは、そのことの根幹を褒める(皆を褒める、巻き込む)。

④褒めるという行為そのものを理解していないので、教育が必要。

⑤褒めるポイントと相手のレベルによって差異を付ける。

⑥父親役と母親役がいれば楽だが、褒めて叱っての両立はなかなか難しい。

⑦社長は褒めなくてよい。金持ち喧嘩せず!怒っている時は満たされていない!

⑧60才を過ぎてから社長に怒られている理由がやっとわかった気がする。その立場にならないとなかなか真摯に受け止められない。

 82才の父(社長)、早く安心して会長職に就かせてあげたい。

まとめ

①『人間力を高める工夫』を常に考えさせる。

②仕事と働くことの大切さを理解させ『人の役に立つ=認められる喜び』を感じさせる。

③そのためにも社長は『自己成長』、『問題発見能力』、『社風を良くする』、『働く意義を考えさせる』能力を高める。

♪———————————————————————–
【所感】皆さん共に、褒めることに対しては次々と意見が出ていました。

そして、叱ってばかりの自分自身を振り返り反省もされている様子でした。

理念と経営を活用すことにより様々な気付きが頂けています。感謝です。
———————————————————————–♪

近藤支部の皆様からの討議会のご報告です!!

カテゴリー: 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

近藤支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ☆

♪——————————————————————————————————
開催日時:平成26年4月14日(月)20:00~21:00
参加人数:9名
——————————————————————————————————♪

【設問 1】 『企業の成功法則 三位一体論 ( ありがとう経営のすすめ( P.65 ~P.71)』の社長力・管理力・現場力の3つの記事を通して、
著者が最も伝えたいことは何だと思いますか?また、それを著者が最も伝えたいと思う理由をご 自分の体験と照らし合わせて述べて ください。

・本気で決意せよ。社員(一番長い6年)を必ず幸せにする。社員を信じることに決めた。
・孤独だけど頑張れといっていただいていると感じる。
・我欲だけではダメ。若い時は我欲のみでやってきたが勉強するにつれ自分の欲のためだけにモチベーションが上がらなくなってきた。
 社員と一緒に頑張ろうと思えている。その分つらいが楽しい。

【設問 2】 『日本の100年企業‘つぶれない会社‘を作るために100年続く企業の教え』の記事の中には、
100年企業に共通する経営的な特徴5つが記載されています。100年続く企業の経営理念とはどのような理念だと思われますか。

(質問)100年続く企業とはひと言でどんな企業?

・信用信頼
・家内企業
・目的が世のため人のためでその目的がしっかり共有されている
・背伸びしない会社
・人が育てられる会社
・地域に愛される会社

(質問)マネジメント力も不可欠であるがそもそもマネジメントとは何か?

・幹部がよく動くこと
・業績を上げる仕組み
・愛
・チームワーク
・ベクトルあわせ
・価値観の共有
・5W1Hの徹底
・モチベーションをあげること。相手のモチベーションをあげるには2パターンある
 一つは恐怖のモチベーション→戦争(結束力は高い)
 一つは魅力ある人間に言われること。マネジメントは魅力(愛)つくり

最後は、儲からない会社は愛されていない(魅力がない)
魅力つくりするためにはやっぱりやることやっているかどうかが重要である。
やりたい仕事(我欲)ばかりでなく、やるべきこと、やりたくないことでもこなして苦労して
魅力的になろうというまとめになりました。

♪———————————————————————–
【所感】3月例会振り返りと7月例会についてしっかり協議させていただいたため短時間の討議会でしたが、
呉島討議長のひと言ひと言が身にしみる熱い進行に経営者として幹部としてどうあるべきかを
大いに考えさせられる学び多い時間でした。経験豊富な先輩方と学べることは本当に得るものが多いです。
———————————————————————–♪

***************************************************
株式会社 コスモ教育出版
 中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
 月刊「理念と経営」  田舞 富太郎
〒103-0007
 東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
 TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
***************************************************

森元支部の皆様からの討議会のご報告です!!

カテゴリー: 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

森元支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ☆

♪——————————————————————————————————
開催日時:4月10日(木)19:00~
参加人数:10名
——————————————————————————————————♪

設問1

ありがとう経営の社長力・管理力・現場力の3つの記事を通じて著者が最も伝えたいことは何だとおもいますか?

またそれを著者が最も伝えたいと思う理由をご自分の体験と照らし合わせて述べて下さい。

・普段の目の前にある事を1つ1つ真面目にこなしていく事の大切さ。

・いかに自分の欲を抑える事ができるか。

(欲を捨てて判断する事)

・会社には変えたほうが良いものと変えないほうがいいものがある。

・己に勝つ・失敗は全て自らが招く事を理解しておく。

・自らを戒めて天命を全うする。

・何の為に仕事をしているのだろうか?

(捨てるべきものは捨て犠牲も必要である)

設問2

100年続く企業の経営理念とはどのような理念だとおもわれますか?その理由も述べて下さい。

・社員を大切に思う理念でなければ100年はおろか10年も続かないのではないか。

・今までの時代を考えれば同族経営も長く続く1つの要因であったと思うがこれからは流れも変わり同族経営でなくても永続的な会社ももちろん出てくるのではないか。

・存在意義を示す事を明確にしておく。

設問3 

{三割打者理論」に自社の経営に活かせる点を検討し、具体的な取り組みとして述べて下さい。またあなたの独自の経営理論があれば披露してください。

・日創研の様な勉強できる機会を社内で作る。

(社内大学の様な環境)

♪———————————————————————–
【所感】設問1に対しての話で活気ある委員会となり長く時間を掛けましたが深く自社に置き換えた話が出来ましたのでとても有意義な討議会となりました。
ありがとうございました。
———————————————————————–♪

***************************************************
株式会社 コスモ教育出版
 中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
 月刊「理念と経営」  田舞 富太郎
〒103-0007
 東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
 TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
***************************************************

宮崎支部の皆様からの討議会のご報告です!!

カテゴリー: 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

宮崎支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ☆

♪——————————————————————————————————
開催日時:平成26年4月10日(木)19:30~21:00
参加人数:9名
——————————————————————————————————♪

【設問 1】 『企業の成功法則 三位一体論 ( ありがとう経営のすすめ( P.65 ~P.71)』の社長力・管理力・現場力の3つの記事を通して、
著者が最も伝えたいことは何だと思いますか?

また、それを著者が最も伝えたいと思う理由をご 自分の体験と照らし合わせて述べて ください。

・常に努力をし続ける。私心を捨てて物事に取り組む。

・色々な欲望に惑わされてはダメだということ。

(質問)天とはなにか?
→天命のことではないか。
⇒運命のことだと思う。運命を受け入れてやっていけば、よいこともあるから。

【設問 2】 『日本の100年企業‘つぶれない会社‘を作るために100年続く企業の教え』の記事の中には、
100年企業に共通する経営的な特徴5つが記載されています。100年続く企業の経営理念とはどのような理念だと思われますか。
その理由も述べてください。

・経済的な安心を与えられる事を理念に入れる。人こそが全ての根幹にあるから。

(質問)理念が浸透するにはどのような行動をしていくべきか?
→社風を大切に熟成させていくこと。

→人間関係を大切にする。

→人の道にあった倫理観がある行動をする。

→物事に一喜一憂しない。

【設問 3】『~企業事例研究2~“印染”の世界を21 世紀にふさわしく染め直た4代目社長( P.56 ~P.63 )』の記事 )』の記事 の中に は、
水野社長が編み出した「三 割打者理論」ついて一説記されます。この理論を自経営活かせる点を検討し、具体的な取り組みとして述べてくだ さい。
また、あなた独自の経営理論がれば披露してください。

・期間を決めての取り組むこと。

・長所のブランディングをしている。

・ストックビジネスをして、自社から営業を行っていない。

♪———————————————————————–
【所感】事務局長の開始挨拶から、今回も活発な討議会がスタートしました。
三つの設問だけではなく、そこから掘り下げた質問もあり、大変気づきの
多い討議会になりました。
会社を100年以上継続するには、経営理念の社内への落とし込みを
長期間継続的にコツコツしていく事がに大切だと再確認し、人間関係強化
にも力を入れていく必要性を強く感じる討議会になりました。
———————————————————————–♪

***************************************************
株式会社 コスモ教育出版
 中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
 月刊「理念と経営」  田舞 富太郎
〒103-0007
 東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
 TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
***************************************************

上野支部の皆様からの討議会のご報告です!!

カテゴリー: 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

上野支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ☆

♪——————————————————————————————————
開催日時:4月8日20時~21時
参加人数:12名
——————————————————————————————————♪

【設問2】100年続く企業の経営理念とはどのような理念だと思われますか。自社ではどのように実践されていますか ?

○ 身の丈に合った経営 時の流れ合った自社の強みをつくりだす。

○ 規模にとらわれるのではなく、真面目な仕事・信頼と信用で同一サービスに心掛ける。

○ 山の時に貯金をしておいて、谷の時に吐き出す。税金をしっかり払い信用を得る。つぶれない会社にすることで社員さんも安心してもらう。

○ 人の入れ替わりが多い会社は、経営が苦しい。社員さんが、永く安心して働けるよう心掛けて経営をしている。

○ 打たれ弱い若者を教育するには、より深い関係をつくる。社員さんとお客様の関係も深くすることにより利益が上がる。

○ 働く親の背中を見せているところが年企業。信頼信用。

○ 自分自身の利益だけを考えるのではなく地域に貢献することが大切。黒字企業は地域貢献する。

○ 会社が永続する為に、時代に合った教育・感謝力を伝えることで理念も腑に落ちる。

♪———————————————————————–
【所感】4月18日担当例会の打ち合わせの為、討議会時間が短くなり設問2だけに終わりました。

     一問だけではありましたが各委員からの熱い思い(社員さん・顧客・地域)が委員会に

     伝播していったように感じました。会長にもご参加いただきありがとうございました。
———————————————————————–♪

***************************************************
株式会社 コスモ教育出版
 中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
 月刊「理念と経営」  田舞 富太郎
〒103-0007
 東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
 TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
***************************************************