HOME > 社内勉強会 導入企業の声

社内勉強会 導入企業の声

少しずつ経営感覚も磨かれ「考える社風」になってきた

Jade

Jade
野村 和哉

私たちの仕事は美容業です。技術職ゆえに専門的知識はありますが、経営感覚を磨く機会が少なく、視野が狭くなりがちでした。社員さんに、多くの情報に触れ、知識を養っていただきたくて勉強会の導入を決めました。
当初は、活字に慣れていないせいか、要約力は低く、設問に対する回答も行数にして一、二行程度。雑な字を書く社員さんも何名かいました。でも勉強会に対する抵抗はなく、素直に取り組んでくれていました。
あれから約六年。今では回答の内容も質が高く、用紙からはみ出るほどに記入してくれ、字も丁寧で読み手に「見やすいように」という思いやりをも感じるほどです。
最初の三年間は、購読料は会社負担でした。四年目から「今後、自己投資として実費になっても続けていきたいですか」との問いに「続けたい」と言ってくれたことがとても嬉しかったです。
仕事を終えてからの勉強会ですので帰宅時間も遅くなり心配でしたが、指示していないのに早朝を使い、時間をつくりだす工夫をしてくれました。徐々に経営感覚も磨かれ、「考える社風」になってきたと感じています。
社員の皆さん、ありがとう。

一人ひとりが「主役」になれるその環境づくりに最良な勉強会

株式会社沖縄美健

株式会社沖縄美健 
本村 周一

当社は、沖縄の健康食品の卸・通販を行なっております。毎月三〇〇〇名ほどの通販のお客様とは、顔の見えないやりとりです。その中で「いかに継続していただけるか」が非常に重要になります。
そこで求められるのが、自らの考えでお客様のために行動するスタッフの「ホスピタリティー実践」です。
社内勉強会は、我流ながら創刊号から継続してきました。最初は、あまり意見も出ず、輪読のみでしたが、回を重ねるごとに、「お客様にもっとできることは何か」「他社の事例から応用できるアイデアは?」など発表するようになりました。
「意見が自由に言える」「真剣に聞いてもらえる」という環境ができたおかげで、業務でも、お客様視点に立ち、自発的な顧客満足活動を実践するスタッフが多くなり、それに比例するように業績も向上しました。
勉強会が継続できているのは、運用の改善を重ねたからだと思います。その一つが業務時間内の開催に変えたこと。「勉強会は、仕事の一環である」と強く打ち出したことで参加者の意識を引き締めました。
加えて「真剣にみんなで話し合う」という本質的な楽しさを感じ始めたことも大きいように思います。

“全員で学ぶ”ことの大切さを身をもって体験しました

わが社は、太陽光発電の設備工事やカーテンのネット販売などを営んでいます。
昨年六月より「顧客満足度ナンバーワン」とのビジョンを掲げ、勉強会をスタートしました。活字の苦手な社員さんには個別に事前勉強会など、幹部や先輩社員が粘り強くサーポートし、今では自分の意見や改善案を全員が自信をもって語り合える、笑顔の絶えない勉強会になりました。
開始して三カ月経ったころ、お客様からお手紙をいただきました。その中には「組織の体制や役割分担ができていて手際が良い」「都度、施工確認のために声をかけてくれ安心できる」「猛暑であったのに、誰一人暑さのことを口にすることなく、人間性の高さを感じた」「最高のチームワークと高品質をもったプロフェッショナル集団」......、身に余るほどのたくさんの感謝とお褒めの言葉が綴られていました。元請け先からも感謝され、「模範の会社」として社内報の全国版に掲載していただきました。
真剣にビジョンを掲げて取り組む中での成果に、みんなで涙を浮かべて喜び合いました。そして、全員で学ぶことの大切さを、身をもって体験することができたのです。

社員から教わることも多くそのたびにスタッフの成長を実感

株式会社CURE

株式会社CURE 
西河 就之

わが社は、全社員が参加する月に一度の全体ミーティングの中で、社内勉強会に取り組んでいます。
ミーティングの始まりは、必ず勉強会からスタートします。頭の準備体操にもなり、良い雰囲気でミーティングに入ることができるからです。
実施して一番変わったのは、社内に熱気と仲間との一体感が生まれたことです。
さらには、本を読む習慣や考えをまとめる力、発言する力、要約する力、傾聴する力がついたことや、スタッフ間によるコミュニケーションの活性化も実感しています。「何のための勉強会なのか」「どんな能力が身につくのか」といった目的を繰り返し伝えるからこそ、肯定的に前向きに取り組んでくれるのだと思います。
一生懸命書いてくれた社員の設問用紙に、社長と幹部の二名で赤ペンコメントして返しています。各々の考え方や、ぶち当たっている壁を知ることができ、スタッフを知るうえで大切なツールとなっています。社員から教わることも多く、そのたびに彼らの成長を実感できて嬉しくなります。
これからもスタッフが、それぞれの考えを発言する場・成長する場として活用してまいります。

年齢や部署を超えた意見交換で強い絆を形成しています

岡山ビューホテル

岡山ビューホテル 
中村 明子

私たちは、岡山市でビジネスホテルを営んでおります。社内勉強会をスタートし、約六年。普段、なかなか他部署のスタッフと意見交換をする場がないため、コミュニケーションの場として大きな役割を果たしています。
わが社のスタッフは二〇代~六〇代と年齢層の幅が広く、新入社員ならではの新鮮な発想や、ベテラン社員の今までの体験談などを聞くことができて、大変勉強になります。
また、マンネリ化を防ぐため、全スタッフを二グループに分け、毎回メンバーをシャッフルしたり、各設門毎に司会進行役を交代したりと、常に適度な緊張感と新鮮味をもって臨めるよう工夫しています。
時には異業種の社員さんが参加することもあり、いつもとは違った目線や角度から考えることも大切にしています。
今年から若い社員にやる場を与えるべく、勉強会のリーダーを交代制にしました。若い社員のリーダーシップ育成の場として、また、部署を超えたコミュニケーションの場として、今後もさらに活発な勉強会になることを期待しています。

仲間の意外な一面を知る貴重な機会になっています

株式会社谷川工業

株式会社谷川工業 
谷川 理

弊社は、二〇〇九(平成21)年に創業し、今年で六年目を迎えます。 
岡山市を拠点に、建築装飾金物を中心とした金属加工を行なっており、例えば、公共施設の手摺りやパネルといった、みなさまの目に触れることも多い製品を作っています。
最初は社長である私と社員の二名だけの、小さな工場からスタートしました。
しかし、今では社員数が二〇名を超えるまでに成長し、その後も順調に業績を上げています。昨年からは新しい試みとして、月に一度の社内勉強会を開くようになりました。
昼休みを利用して三つのグループに分かれ、和やかな雰囲気で実施しています。社員が増えるにつれて年齢層も幅広くなり、一人ひとりの経験や部署の違いがあるなか、勉強会では、普段の業務中には話題にあがることのないテーマについて発表し合い、お互いに刺激を受けているようです。
また、心に響く文章の箇所や感想にも個人差があり、記事の内容についての思わぬ発見に加えて、親睦会などでも見ることのできない仲間の意外な一面を知る貴重な機会になっています。

社員の考え方や価値観が揃ってきたことに驚く日々

弊社は長野県松本市にて二〇一三(平成25)年八月に創業しました。
「人生の節目・足跡、そして感動の瞬間をカタチに残し、愛ある人間社会を再確認し、未来を伝えることを使命とする」というミッションを掲げ、ウエディング写真や学校の卒業アルバム製作・スタジオ撮影など、人々の絆を繋ぐお手伝いをしております。
本誌を活用した勉強会を始めて前社から含めて二年ほどになりますが、社員が発する言葉、つまりは考え方や価値観が揃ってきたことに正直驚いています。
毎月一回、二時間かけて行ないますが、多くの場合、話が脱線して、「この考え方面白い!じゃあ、この発想で一人ずつ相手のいいところ言ってみようか」「毎月テーマを決めてスローガンを作ろう!」などと話が広がります。
私が意図的に主導しないで、みんなの自主性に任せており、この勉強会を楽しんでもらっています。
現在は、社員さんを含め、四名で実施していますが、今年はパートさん一〇名とパートナーのカメラマン一〇名ほどもこのメンバーに入れて、更なる勉強会の進化をしていきたいと思っています。

ものの見方や考え方の違いを認め活発な提案が生まれています

株式会社志賀商店

株式会社志賀商店 
原 真知

私たちの会社は、愛媛県西条市で「豆」を原料に、食品の製造から販売までを行なっています。
経営理念に込められている念い、「豆を通して、美味しさ、感動、健康、そして心からの満足を提供する」ことを使命とし、日々、仕事に取り組んでいます。
社内勉強会をスタートして、今年で約八年になりました。これまでいろいろなことがありましたが、現在は四チーム、参加人数は三三名で取り組んでいます。
大切にしていることは、参加メンバー一人ひとりの気づきです。人はそれぞれ、ものの見方や考え方が違います。大切なのは、その違いを認め、互いの良いところを取り入れる力を身に付けることだと考えています。
現在では、一人ひとりが気づいたこと、感じたこと、改善提案について、率直で活発な発表や提案が生まれてきています。
気づきがすべての始まりです。学び、知ることが自己の成長につながり、人との関わりや仲間との共通体験が豊かな人生を創ると考え、今後も工夫しながら楽しく、前向きな社内勉強会を続けていきます。

ともに学び成長し続け三位一体経営の実現を!

弊社は自動車・オートバイ部品を製造する会社です。クラッチプレートなど薄板の熱処理を得意とし、「金型製作~プレス~熱処理」の一貫生産を手がけています。
弊社では、プラス思考を教育方針の一つとしています。私を含め、個性豊かな従業員がプラス思考になるとどうなるか? きっとそれぞれに好き勝手なことをやりだすでしょう......。しかし、もしベクトルを合わせることができたなら、確実に会社の発展につながります。
好きな記事は、「企業の成功法則」です。私も社長力、管理力、現場力が一つになってこそ、会社の本領が発揮されると思います。月刊『理念と経営』は、社内のコミュニケーションを活性化させる良きツールです。
仕事中には話すことのない話題で仲間と意気投合する場面もあり、部署間の連携もとれるようになってきています。
また、社長をはじめ、さまざまな立場の方との意見交換を通じて、それぞれが目的や使命をもって仕事をしていることに気づかされます。
三位一体経営の実現を目指して、これからもともに学び成長し続け、日々の業務に取り組んでいきます。

意見交換会から実践へ。スタッフたちの姿は頼もしい限りです

私たちの会社は、「美しさはトータルで」をテーマに、美容・エステ・ネイルサロンを長野県松本市に展開して、四八年になります。
経営理念には、「私達は、私達をとりまくすべての人々に、美と喜びと幸せを提供するプロ集団です」「私達は今を最高に生き、昨日より今日、今日より明日、歓びの人生を創造していきます」「常に今から一〇〇年続くシャンゼリゼを目指します」を掲げています。この理念は、自らの生き方に根ざす内容となっています。
会社には寿命があり、三年の寿命しかない会社もあれば、一〇〇年、二〇〇年続く会社もあります。私は、会社のいのちは、経営理念の実践にかかっていると考えています。
同じ目的に向かって、全員のベクトルを合わせるために勉強会は欠かせません。職場での姿、仕事への取り組みはまさに人生の縮図です。
その点で言えば、意見交換会から、実践へとステップアップして取り組んでいるスタッフの姿は頼もしい限りです。
一人ひとりの可能性には目を見張るものがあり、この勉強会は社員成長への環境づくりとして、これからも役立ててまいります。

株式会社コスモ教育出版

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目42-9 浜町中央ビル5階

購読に関するお問い合わせはお電話でも承っております。フリーダイヤル:0120-519-114
  • 定期購読のお申し込み 登録内容の変更はこちらから
  • メールでのお問い合わせ
「理念と経営」株式会社コスモ教育出版 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目 42-9 浜町中央ビル5階 購読に関するお問い合わせはお電話でも承っております。
  • 0120-519-114
  • 定期購読のお申し込み
  • メールでのお問い合わせ

理念と経営:定期購読のご案内 詳しく見る

理念と経営公式ブログ

掲載企業検索

会社名、業種などの会社に関すること、あるいは地域などを入力してください。

(例:コスモ敎育出版、出版社、東京都)

こちらに入力された内容は、月刊『理念と経営』の掲載された企業様のデータベースに照らして検索され、その結果が表示されます。

  • 経営者の会のご案内
  • 社内勉強会のご案内
  • 月刊『理念と経営』合同勉強会(他流試合)のご案内
  • 過去に掲載された方・企業
  • 書籍・CD・教材
  • メディア掲載情報
  • 経営者の会用 設問表ダウンロード
  • 社内勉強会用 設問表ダウンロード
  • 『理念と経営』社内勉強会 企業事例集ダウンロード

社内教育ツールのご紹介

導入企業2,000社 13の徳目 32,000人が朝礼で活用するツール 詳細はこちら

無料メールマガジン「人が主役の経営」の登録

メールで新着情報をお届けいたします

「人が主役の経営」を応援するメルマガです。メールアドレスを入力し、「登録する」ボタンをおしてください。

メールアドレス

  • 理念と経営 公式Facebook
  • 理念と経営 公式Twitter
  • 理念と経営 公式動画チャンネル