HOME > 社内勉強会 導入企業の声

社内勉強会 導入企業の声

意見交換が活発になり、社内理念委員会も立ち上げた

共和電機工業株式会社

共和電機工業株式会社
徳本 憲史

私たちは大阪市淀川区で製造業を営んでおります。社歴は長く、あと一〇年で創業一〇〇年になります。長年大型変圧器の部品製造、組み立てを行なっており、現在は他に半導体製造装置の部品加工なども手掛けています。
この勉強会を始めて、約一年です。それまで社内でのミーティングで意見を言う人が少なく、また、自由に意見を言うような雰囲気ではありませんでした。
「理念と経営」には、他社の事例が多く掲載されており、自社に置き換えて考えることができます。他社の事例ですので、客観的な立場から自分の意見を述べるなど、本音で話すことができますので、活発な意見交換ができるようになりました。
また、理念の浸透が会社経営にとってどれほど大切か、ということをこの勉強会で理解することができました。今では社内理念委員会も立ち上げて、社内の一体感をどのようにしてつくっていくのかを考えるまでになっています。
勉強会を通じ、企業理念を一日も早く社内に浸透させなければいけないと思っています。

社会人として人間としてのスキルを向上させる〝錬成道場〟

当社は三〇〇年の歴史を誇る越中売薬の流れを汲む置き薬の会社です。富山藩時代からの教え「先用後利」を墨守しつつ、時代にあったサービスで中小企業の社長様の健康づくりと地域貢献をめざしています。
 社内勉強会では、設問表に沿って参加者全員が発表いたします。その際、一人ひとりの意見を傾聴する力、自分とは異なる意見に対しても理解できる力、適度な緊張の中で自分の意見を発表する力、そして担当の討議長は、さまざまな意見を集約しそれらの本質を見極める力など、社会人として人間としてのスキルを向上させる〝錬成道場〟となっています。特にお互いの意見を尊重し傾聴することについては、意識して取り組んでいます。
 回数を重ねる度に、自分とは異なる意見からも、気づきや学びを見いだせるようになってきたことが、現在までの成果だと実感しています。今後も自分自身のさらなる成長と地域社会に貢献できる社員育成のため、社内勉強会を継続していきます。

違う部署の、違う視点で物事を考えると、新しい発見がある

私たちの会社は、広島県福山市で自動車の販売修理業をしています。  社内勉強会を始めて三年が過ぎました。勉強会は社員もパートも合わせて七人ずつの三グループに分かれ、月に二回、設問表を使って行なっています。それまで考えたこともなかったようなことを問われたり、それぞれ違う部署の、違う視点で物事を考えたりして、新しい発見があります。誰もが意見を言える場になっていることも、良い影響の一つです。
 回数を重ねるごとに「われわれのあるべき姿とは」「自分たちはどうありたいか」を考えるようになっています。また、少しずつではありますが、いろいろなところで改善が見られるようになりました。
「お客さまに悦んでいただくために」「お客さまに選ばれ続けるために」は、私たちの永遠の課題です。本誌を読んで、多くの方の経験や考えを自社にオーバーラップさせ、自社の強みを認識し、活き活きとしたお店を目指して、一丸となって進み続けます。

「報・連・相・確の徹底」で明るい社風になりました

株式会社かんだ

株式会社かんだ 
神田 千鶴子

弊社は、陶器・厨房用品等を扱う飲食店様を、総合的にお世話させていただいている会社です。創業八四年を迎えました。専門的な知識・技術・人間力など、トータルで社員さんに身につけてもらうためと考え、社内勉強会を導入しました。
始めて間もなく東日本大震災が起きました。全員で人としての在り方を深く考え、毎日をどう過ごすべきかを見つめるなかで、一点一点改善する社風が生まれてきました。「理念と経営」を中心に自分たちが成長し、行動する方向を指差してくれている「この形で間違いない」という自信が、少しずつ身についてきたと実感しています。
かつては各部門で報・連・相・確の徹底が図れず、自分の仕事だけに意識が向いている社風でしたが、今ではコミュニケーションも良く、笑顔が多く、クレームが少なくなり、一人ひとりの表情が明るく変わってきています。
他の業種の経営者さんの参加や、社員さんが設問表を作成し、レポートの回収と自主性も生まれはじめています。朝三〇分早く出社して勉強会を行ない、少しでも自己実現に近づくために全員で頑張っています。これからも、価値観の共有と経営感覚をもった社員さんの成長に向けて、共に学んでいきます。

現場で感じるニーズや動向の意見・情報交換の場にもなっている

私たちの会社は、「街を活かし人を活かす」を経営理念に掲げ、三重県北勢部を中心に建築不動産業を営んでおります。
お客様にとってマイホーム購入は一生に一度のイベントとなるため、絶対に満足していただかなければなりません。勉強会では、他社の事例を参考に、お客様に喜んでいただくために自社でできる商品サービスは何か、などをディスカッションしております。
少人数ながら事業内容は多岐に亘っていることから、日頃は時間のすれ違いも多く、業務の連絡・報告で終わることが少なくありません。月に一度の勉強会ではそれを補い、それぞれの現場で感じ取ったお客様のニーズの変化やライバル企業の動向などの意見・情報交換の場としても役立っております。
勉強会後は、皆から出された意見、感想に社長が丁寧に目を通し、個人個人に返事やアドバイスをしています。勉強会を通じて出てくる意見や提案を、新しい商品や自社の経営にどう活かすかが、これからの課題です。

「学び続ける組織」を目指して終日勉強会の日に切り替えました

天鷹酒造株式会社

天鷹酒造株式会社 
尾﨑 宗範

栃木県北部にて日本酒造りをしています。東日本大震災で被災し、醸造施設を一新したのを機に、季節雇用の杜氏さんを中心とした酒造りから、通年雇用の正社員による酒造り体制へと転換を図っています。
組織が若返ったことで、理念も意識的に伝える必要がありました。そのため、昨年までは勤務時間後に自主参加での勉強会を開催してきましたが、思い切って今年より、第二土曜日を社外的には休業日とし、終日勉強会の日としました。
まず「理念と経営」の勉強会を実施し、その後、担当者による新商品の開発状況、社外研修や展示会の報告、商品知識や弊蔵の特徴である有機米に関する勉強などを行ないます。普段話をすることのない人同士が同じテーマに向き合う時間は、チーム力の醸成にとても役立っています。みんなが普段と違う顔も見せてくれるのも勉強会の魅力です。
「学び続ける組織」を目指し、これからは地元の勉強会や経営研究会の仲間にも講師役をお願いするなど、より広い視野で一人ひとりが自律できれば、やりがいのある職場となると考えています。

会社全体を考えた改善活動が進み新入社員フォローにも一役

当社は地域密着型、住まいのワンストップサービス(不動産・注文建築・リフォーム・一級建築士事務所)を提供しております。「理念と経営」の勉強会は部門・営業所別に行なっていましたが、昨年より全スタッフで行なうようになりました。目的はいい会社にするための改善提案です。違う部門のスタッフがチームを組み、リーダーが具体的な改善案を取りまとめ、それを会社へ提出していただいております。
皆で全体最適を考えた改善に取り組むことで仲間意識が強くなりました。またリーダーの実力も向上し、幹部候補者育成にも繋がっています。現場から出る提案は鋭いものも多く、経営方針に採用されることも少なくありません。
新卒の入社前、フォロー研修でも社内勉強会を活用させていただいております。入社前から経営感覚と当社共通の価値観を共に学ぶことで、安心して入社していただけているようです。入社後も毎朝、先輩が自主的に新入社員のために勉強会を行なっているのはうれしいことです。

一年目のスタッフもとても楽しそうに積極的に発表

ザッツコーポレーション株式会社

ザッツコーポレーション株式会社 
藤内 義久

社内勉強会を実施して六年になりますが、今ではなくてはならない大切な月一回の行事となっています。美容業の当社にとって、人と関わる能力は重要で、話す力、聞く力、理解する力を付けるうえでとても効果的です。
各店舗の店長からアシスタントまでが一堂に会し、普段コミュニケーションが少ない人同士が考え方を共有できるよう、毎回異なるメンバーで八人一組、六つのグループに分けて勉強会を続けています。ワンフロアで五〇名近くが一斉にディスカッションを行なうさまは、とてもダイナミックです。
おかげさまで会社全体の和と人間関係の向上につながっています。終了後、設問表を回収し、一人ひとりにメッセージを書いて返していますので、経営者との貴重な意思疎通の機会にもなっています。当初は一年目のスタッフには難しいのではと思ったりもしましたが、とても楽しそうに積極的に発表しており、良い刺激の場となっています。

「お客様の役にもっと立ちたい」「会社の発展につなげたい」

株式会社高橋商事

株式会社高橋商事
小松 武志

私たちは、高知市でLPガス販売を営んでいます。
経営理念の浸透、価値観の共有、自らが考え行動できる人財づくりを目的に、勉強会を行なっています。
設問表を基に、お客様に喜んでいただけたこと、お叱りを受けたこと、社員が実際に経験したことを発表し、ディスカッションしています。毎回続けることで、プレゼンテーション能力が向上し、お互いの価値観や意見を尊重し受け止める力も身に付いてきました。社員一人ひとりの発想も豊かになったと感じています。
意見がぶつかりあい、熱くなってしまうこともありますが、「お客様の役にもっと立ちたい」「会社の発展につなげたい」という社員の熱意と努力は、社員全員の良い刺激ともなっています。
今後も「共存共栄の商売」を目指して、社外とのネットワークを今以上に構築し、勉強会の輪を広げながら、お互いが成長しあえる場にしたいと考えています。

他社との合同勉強会によって社員の経営意識が高まった

カート株式会社

カート株式会社 
石原 満

弊社は、二〇〇四(平成16)年に創業しました。「関わる全ての人が幸せになること」という経営理念のもと、神戸市内を商圏として厨房機器販売業を営んでおります。
「理念と経営」社内勉強会は、二年前から導入しています。ところが当初は少人数であったためか、意見が偏ったり、発言ができない人がいたりしました。
そこで勉強会の活性化のために、他社との合同勉強会を企画しました。現在は、本社がある加古川市内を拠点に異業種企業四社が集まり、意見を交わしています。
「お客様が喜ぶサービスとは何か」、そのヒントを得たり、他社の経営者とのディスカッションによって経営意識が高まったり、社員も大変刺激になっているようです。
また、「承認」することの大切さを学び、積極的で自由な発言が増え、今まで以上に風通しのよい社風になってきました。
主体性をもって学ぶ人財育成のため、設問表は若手社員が中心になって独自に作成しています。
「職場をより良くしたい」という意識の高いメンバーでの勉強会は、モチベーションを高め合う非常に良い機会になっています。

株式会社コスモ教育出版

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目42-9 浜町中央ビル5階

購読に関するお問い合わせはお電話でも承っております。フリーダイヤル:0120-519-114
  • 定期購読のお申し込み 登録内容の変更はこちらから
  • メールでのお問い合わせ
「理念と経営」株式会社コスモ教育出版 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目 42-9 浜町中央ビル5階 購読に関するお問い合わせはお電話でも承っております。
  • 0120-519-114
  • 定期購読のお申し込み
  • メールでのお問い合わせ

理念と経営:定期購読のご案内 詳しく見る

理念と経営公式ブログ

掲載企業検索

会社名、業種などの会社に関すること、あるいは地域などを入力してください。

(例:コスモ敎育出版、出版社、東京都)

こちらに入力された内容は、月刊『理念と経営』の掲載された企業様のデータベースに照らして検索され、その結果が表示されます。

  • 経営者の会のご案内
  • 社内勉強会のご案内
  • 月刊『理念と経営』合同勉強会(他流試合)のご案内
  • 過去に掲載された方・企業
  • 書籍・CD・教材
  • メディア掲載情報
  • 経営者の会用 設問表ダウンロード
  • 社内勉強会用 設問表ダウンロード
  • 『理念と経営』社内勉強会 企業事例集ダウンロード

社内教育ツールのご紹介

導入企業2,000社 13の徳目 32,000人が朝礼で活用するツール 詳細はこちら

無料メールマガジン「人が主役の経営」の登録

メールで新着情報をお届けいたします

「人が主役の経営」を応援するメルマガです。メールアドレスを入力し、「登録する」ボタンをおしてください。

メールアドレス

  • 理念と経営 公式Facebook
  • 理念と経営 公式Twitter
  • 理念と経営 公式動画チャンネル