HOME > 社内勉強会 導入企業の声

社内勉強会 導入企業の声

自社の問題点を、自由に話し合える充実した勉強会

上越建設工業株式会社 (土木建設資材製造販売)
代表取締役 関 武宣

我が社は新潟県上越市にて社員数六八名で土木建設資材製造販売、産業廃棄物収集運搬・処分を主とした事業を行なっております。
最初の勉強会の導入は一年半ほど前でした。月二回、夕方行なわれる会議の前半の時間を利用して役職者のみで行ないました。初めは慣れないせいか沈黙が多かったのですが、回数を重ねるにつれ、記事に対する感想や様々な自社の問題点について自由に話し合える充実した勉強会に発展しました。導入後は後半の会議で前向きな意見が多くなるようになり、委員会活動の活性化にも大いに役立ちました。
現在は全社員で勉強会を各部門内、部門交流として実施しています。各リーダーは役職者が担い、参加者全員から勉強会報告書が提出されます。報告書は私にとっても社員さんの声を聞く貴重な機会にもなっています。
ようやく軌道にのった社内勉強会をこれからも継続して、地域に必要とされる会社、ありがとう経営に近づきたいと思っています。

チームワークの大切さと仕事への自信と誇りを見つめ直す

有限会社田引電気工事 (配電線の改修工事)
田引 千賀江

我が社は、静岡県内で電力の配電線の改修工事を専門に施工する会社と、その他の業務拡大工事と引込みを施工する会社の二社を運営している、特殊技術者集団です。
社内勉強会は、やらされムードでのスタートでしたが、二年を過ぎた今では、全員が事前に設問表に対する回答を記入し、月一回の勉強会に取り組んでいます。
勉強会を通してチームワークの大切さを学び、お互いの考え方や価値観も少しずつわかり合えるようになってきました。
私たちは、地域の家庭や企業さんの生活に必要な、安全で安心な電気をつなぐ仕事に自信と誇りをもっています。灯りという『一隅』を照らし、世の中のお役に立っていることへの意義を改めて見つめ直しています。
チームは、四輪タイヤ。一つがパンクをすれば他に負荷が掛かってくる。でもそれを皆で補いながら行動すれば前に進むことができます。
おかげ様で支え合い励まし合い協力し合う良き仲間たちです。仕事・職場を通して共に学び、成長発展していきます。

自社でもできることは何か 改善できるところはどこか

株式会社光栄堂 (建築模型材料の販売)
藤井勝馬

我が社は、千葉県船橋市にて、建築模型材料の販売を行なっております。
社内勉強会は三年前に五名でスタートしましたが、今では全社員で取り組むようになりました。主に月に二度の開催ですが、議論が白熱したときなどは、あっという間に三時間にも及ぶことがあります。
当初は、事前に本誌を読んで設問表に記入し、その内容を参加メンバーに発表するだけでしたが、社長に赤ペンでコメントをいただきながら試行錯誤するうち、徐々にメンバーの意識が変わってきました。より考えの深い発言が増え、時には、議題から脱線して多岐にわたる事柄について話し合われることもあります。
そのようななかで最近では、「自社でもできることは何か」「改善できるところはどこか」と話し合いながら即実践を心がけ、現場力向上に活かしています。皆で学ぶようになって、間違いなくメンバーのレベルは向上していると感じます。
これからも、お客様のお役に立てるよう、「学び続ける組織」を目指し、さらに良い会社にしていきたいです。

社内交流の場となって、職場活性化を図る絶好の機会

ゼオライト株式会社 (水処理メーカー)
廣瀬 直子

私たちの会社は、「良い水創り・人財創り」を経営理念に、水処理装置企画・設計・施工・メンテナンスを行なう水処理メーカーです。二〇一一年八月に創業四二年を迎えました。お客様に安全・安心な水を提供することを使命とし、二四時間三六五日、メンテナンスに取り組んでいます。
経営理念にもある「人財創り」について、弊社では人間力の向上と社員教育の一環として捉えており、本誌や「13の德目」を教材に、七つの委員会で勉強会を実施しています。部署間の垣根を越えた社内交流の場となり、職場活性化を図る絶好の機会となっています。
勉強会後は報告書を提出して社長にコメントをいただき、その内容を再度グループで振り返ったうえで仕事に活かす、といった実務に直結するPDCAサイクルができあがっています。ここまでには、長い月日がかかりましたが、社員一人ひとりに経営理念が浸透しつつあると感じています。
人財育成には十分な時間が必要ですが、全員一丸となって取り組んでいきます。

コミュニケーション向上と小集団活動展開の足掛かりに

北王流通株式会社(総合物流企業)
常務取締役 黒田 英則

当社グループは従業員数約五〇〇名、車両数約二〇〇台の陣容で関東一円に一一営業所を展開する食品専門の総合物流企業です。
ドライバーさん、オペレーターさんは業務上、なかなか一堂に会する機会もなく、お互いのコミュニケーション向上と小集団活動展開の足掛かりになればと、社内勉強会を始めて四年になります。
当初より社内勉強会を「ありがとうサークル」、略して「ありサー」と名づけ、全従業員さんを五三グループに分け、各グループでリーダー(サークル長)を選出、自分たちの都合のよい時間を見つけて毎月、勉強会を開催しています。開催後は報告書を提出、改善提案も同時に挙げてもらい、その後の役員による全サークル長へのヒアリングにつなげるなど、社風改善に活かしております。
また今期、我が社においては「経営理念」を一新しましたので、この「ありがとうサークル」を通じて、新しい理念「安心をつなぐ物流システムサポーター」の浸透を図っていきます。

本部と現場の距離が縮まり経営理念が浸透

株式会社玉寿司(江戸前寿司専門店)
企画PR部 太田 佳子

我が社は、関東圏を中心に北海道と名古屋に全二五店舗を展開する江戸前寿司専門店です。五年ほど前から幹部社員間で勉強会をスタート、目的は考え方、価値観の共有をしていくこと、企業事例を研究することで視野の拡大を図っていくことでした。
毎月の勉強会では、各人の感じ方、考え方を知ることができます。自分以外の考え方を吸収することで、相手を尊重し前向きな取り組みができるようになりました。
特に「ありがとう経営のすすめ」では、幹部がその立場や責任を自覚し、スタッフや現場との関わり方が大きく変わりました。コミュニケーションを密にとり、本部と現場の距離が縮まり、経営理念やトップの“考え方”が少しずつ浸透し、スタッフの人間的成長に繫がっています。
現在は、全店長にも勉強会の機会を増やし、現場でのさまざまな問題にも前向きかつスムーズに対応できるようになりました。今後も勉強会を通して、人間力を磨き高め、企業力の底上げを目指していきたいと思います。

経験豊富な先輩の意見に耳を傾け、後輩の新鮮な着想に出合う

株式会社ケイ・イー・エス(水環境エンジニアリング会社)
総務部 岩谷 匠

我が社は昭和四十八年(1973)、北九州を拠点に公共の下水道施設のメンテナンス専門会社としてスタートしました。生活・環境関連施設のコンサルティングから建設、運転・維持管理まで、一貫した総合水環境エンジニアリング会社を目指して、二〇〇名の社員さんとともに、社会的責任の大きい生活・インフラ整備を担っています。
今後さらにお客様満足を高めるには、高度な技術力と安全意識をもったベテランと、将来を担う中堅・若手社員さんが融和した「チームワーク」が必要です。そこでコミュニケーションを深めるため、勉強会を本社から始めました。
親子ほど歳の離れた社員さんたちが、経験豊富な先輩の意見に耳を傾け、後輩の新鮮な着想に出合って、お互いに尊重し合う明るい社風が生まれてきました。
変化の厳しい時代こそ「全社員が経営的視点をもつ」、つまり「全員野球をする」ことが、我が社の企業理念「社会と共に発展する企業」の実践に繋がります。各職場リーダーたちの活躍を大いに期待しております。

学びを主体的に行動に移すことができるようになりました

株式会社ピーターパン(焼きたてのパンの販売)
中村 尚道

ピーターパンは「ちょっと贅沢ちょっとおしゃれな食文化」を提供しているオーブン・フレッシュベーカリー(焼きたてのパンを店頭で販売する業態)です。月刊『理念と経営』の社内勉強会は毎週日曜日、社員ミーティングの後に開催しています。
勉強会の目的は1.他社の強みや多様化するお客様のニーズを学ぶこと、2.仲間同士で意見を交換することでプレゼン能力やコミュニケーション能力を養うことです。
当初は設問を淡々とこなすだけでしたが、他社様が実施している勉強会に刺激をいただき、積極的に意見を発表するようになりました。特に勉強会の締めくくりのバックトラック(振り返り)で、今日の学びをどう行動するかを発表することによって、学びを主体的に行動に移すことができるようになりました。
これからも現状の自分に満足せず、お客様のお役に立てるよう「学び続ける組織」を目指して、本気で学び、成長していきたいと思っています。

「今できることは何か」を積極的に発表し出したメンバー

佐賀金属株式会社(鉄・非鉄金属のリサイクル業)
中地 優美

当社は、佐賀県を中心に、西九州地域で鉄・非鉄金属のリサイクル業を行なっており、今年で創業六〇周年を迎えます。
社内勉強会を導入して六年目になりましたが、各グループのディスカッションでは、自ずと現場の問題・課題を改善するために、「今できることは何か」ということを、参加メンバーが積極的に発表するようになりました。
たとえば、他社の事例を参考にしながら、当社の提供ベネフィットである「私たちの三つの商品」(信用と信頼・スピード・清掃)を、お客様により実感していただくにはどのような工夫が必要なのか、皆で考えを出し合って「業績アップ委員会・5S委員会・安全委員会」に提案し、社内の新しい仕組みづくりに繋げています。
さらに、普段はオフィス・工場内で業務を行なう私たちにとって、多種多様な企業運営、社長、社員さんの考え方、企業努力を知ることは、新たな知恵と工夫を得る手掛かりになっており、この活動を通じて、全社員が一体となって取り組む社風に変わってきました。

読む・考える・書く・発表する・承認する力がつきました

株式会社永楽堂(パンの製造・販売事業)
宮地 真樹

我が社は、パンの製造・販売事業を通じて、社員やその家族の幸せづくりと地域社会への貢献を目指しています。
当社の社内勉強会では、1.自分の役割を理解し、努力を惜しまず、成長できる社員になること、2.お客様や仲間たち、協力会社さんからたくさんの「ありがとう」をいただけるようになることを目的に、全社員が参加し取り組んでいます。
2009年九月にスタートして以来、読む力・考える力・書く力・発表する力・承認する力が向上し、同時に自分とは違った価値観をもつ社員の意見を、受け入れてまとめる力がつきました。
とくにリーダーは、グループのメンバーがどう考え、どのような価値観をもつのかを知ることによって、普段の接し方、アドバイスの方法が違ってくることを学んでいます。
そのほかには、設問表の回答に加えて、「この一カ月で成長したこと」「次の一カ月で成長すること」を書いてもらっており、達成できれば皆で承認し合って仕事に対する意欲を高め、チーム力の底上げを図っています。

株式会社コスモ教育出版

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目42-9 浜町中央ビル5階

購読に関するお問い合わせはお電話でも承っております。フリーダイヤル:0120-519-114
  • 定期購読のお申し込み 登録内容の変更はこちらから
  • メールでのお問い合わせ
「理念と経営」株式会社コスモ教育出版 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目 42-9 浜町中央ビル5階 購読に関するお問い合わせはお電話でも承っております。
  • 0120-519-114
  • 定期購読のお申し込み
  • メールでのお問い合わせ

理念と経営:定期購読のご案内 詳しく見る

理念と経営公式ブログ

掲載企業検索

会社名、業種などの会社に関すること、あるいは地域などを入力してください。

(例:コスモ敎育出版、出版社、東京都)

こちらに入力された内容は、月刊『理念と経営』の掲載された企業様のデータベースに照らして検索され、その結果が表示されます。

  • 経営者の会のご案内
  • 社内勉強会のご案内
  • 月刊『理念と経営』合同勉強会(他流試合)のご案内
  • 過去に掲載された方・企業
  • 書籍・CD・教材
  • メディア掲載情報
  • 経営者の会用 設問表ダウンロード
  • 社内勉強会用 設問表ダウンロード
  • 『理念と経営』社内勉強会 企業事例集ダウンロード

社内教育ツールのご紹介

導入企業2,000社 13の徳目 32,000人が朝礼で活用するツール 詳細はこちら

無料メールマガジン「人が主役の経営」の登録

メールで新着情報をお届けいたします

「人が主役の経営」を応援するメルマガです。メールアドレスを入力し、「登録する」ボタンをおしてください。

メールアドレス

  • 理念と経営 公式Facebook
  • 理念と経営 公式Twitter
  • 理念と経営 公式動画チャンネル