HOME > 経営者の会 参加者の声

経営者の会 参加者の声

厳しい経営環境を乗り越えられる 「強い会社」を、共にめざす

熊本支部

熊本支部
森本 茂樹

二〇〇七(平成19)年から熊本市を中心に、阿蘇、玉名地区と活動を行なってきましたが、熊本支部は熊本経営研究会員を中心として、新しく組織をつくり上げ、地域の中小企業の「強い経営者づくり」をめざして活動しています。
私たち中小企業経営者・経営幹部が抱える自社の経営課題は、業種を問わず共通しています。それは人の問題、商品の問題、サービスの問題です。まだまだ地方にはアベノミクス経済効果は伝わっていませんし、ますます厳しい経営環境が中小企業を待ち受けています。しかし、経営環境と自社の経営は違います。経営者自身の成長と次世代経営者の育成を目的として、異業種の集まりである、「経営者の会」から多くの経営のヒントをつかみ、厳しい経営環境を乗り越えられる「強い会社づくり」を共にめざしてまいります。
また、この勉強会を自社の中でも開催し浸透させることで、社内の仕事意識の強化と経営姿勢の統一化が進みます。日本的経営である、顧客と取引業者と自社との三位一体経営の実践を、追求し続けます。

自社の経営現場で理想の形になるように実践&改善

石井支部

石井支部
石井 佳子

私たち石井支部は、広島西経営研究会の理念委員会のメンバーで構成されています。
立ち上げ初年度の昨年一年間は、メンバー同士がお互いのことを知り合い、信頼関係を深めることができる場にしようということで、必ず月に一回、開催してまいりました。
今年は、討議内容の質の向上をメンバーの皆様と共に目指しています。そのためには、メンバー全員の事前準備、討議長による意見の引き出し方、まとめる力、時間管理、議事録作成など、自社の経営現場で理想とする形になるように実践し、改善していくことが必要だと考えております。
時には他支部との合同開催や、社員さんも一緒に、またお知り合いの経営者の方もお誘いして、違う意見を聞くことも、場が活性化し、質の向上につながると考えております。
これからも、経験豊富な先輩方、そしてメンバーの皆様と共に、自社の経営をより良くするためにどう手を打つかについて、真剣な討議を重ねてまいります。

人間力を磨き、社長力をつけ地元に愛される企業を目指す

五所川原支部

五所川原支部
葛西 良樹

私たちの支部は青森県五所川原市を中心に、二〇一四年五月に発足しました。月に一度、二時間程度の勉強会を開催しています。青森県五所川原は、津軽平野の中央部に位置し、歌手の吉幾三さんの出身地でも知られる本州最北端の支部です。
メンバーの業種は、鮮魚類販売、アパレル販売、居酒屋スナックなどさまざまで、いろいろな価値観の中で意見交換ができることが強みとなっています。基本的には、設問表を中心に勉強をしておりますが、一つの設問で勉強会が終わってしまうほど、内容の濃い議論もしばしばです。皆、とても忙しい中参加しているため、メンバー全員が揃うことが少ないですが、集まったメンバーで切磋琢磨しています。
まだまだ、発足して一年足らずの不慣れな会ですが、会を通して人間力を磨き、社長力をつけ、自社の向上、地元に愛される企業を目指し、頑張っていきたいと思っております。

大阪人らしく本音トークで愛情をもってアドバイスし合う

堺北支部

南大阪 堺北支部
芝田 拓也

私たちの支部は今から約九年前に、「理念と経営」経営者の会の立ち上げから間もなくして発足しました。その後、幾度か支部を分封し、現在に至っております。
会の目的としては、大阪人らしく本音トークを大切にしています(ただし、思いやりと礼節をもってですが)。オフィシャルな会ではなかなか相談しにくいことでも相談し、それに対して愛情をもって本音でアドバイスし合う、という風に、少人数かつノンオフィシャルな会ならではの勉強会と位置付けております。
独自の工夫点としては、勉強会の前半を使い、持ち回りでプレゼンテーションを行ないます。内容は自社の強みでも、課題でも、ビジョンでも何でも構いません。約二〇分のプレゼン終了後、質問やアドバイスを行ない、話し手・聞き手共に学びを深めていくという流れです。そのことによって、その後の設問のディスカッションにおいても、より具体的で実用的な意見が飛び交う効果が表れています。
中小零細企業二極化の時代、これからも本気と本音で自社のオンリーワンを模索し、構築していく勉強会であり続けたいと思っております。

「異業種から学ぶ」スタンスで仲間の発表からも多くを学びます

久留米支部

栫支部
栫 正治

私たちの支部は、二〇〇七(平成19)年一月より、鹿児島市・川内市を拠点にもつ会社の経営者、経営幹部が集まり、毎月一回の勉強会を実施しています。勉強会では設問表をもとに関心の高いテーマを選び、その企業事例から成功要因や失敗事例を参考に、参加者全員で議論を深めています。
常に「異業種から学ぶ」というスタンスで、自社との違いや自社に落とし込めることはないか、参加者一人ひとりの発表からも学ぶところの多い勉強会です。
厳しさを増す経営環境の中、真剣に議論し自社の方向性を探ったり、同じ志をもつ経営者として悩みを打ち明けたりと、経営スキルを磨くためのディスカッションの場としても活用していただいております。
また、勉強会終了後は毎回懇談の場を設けておりますが、その中でも新たな気づきや多くの学びがあります。今後の目標は、会員全員が自社で社内勉強会を実施すること。そして社員さんと共に地域社会の役に立てる存在になれるよう学び続けていきます。

初めは"積読"状態でしたが、今では"幸せのバイブル"です

神奈川支部

神奈川支部
松薗 芳子

私は当初、「理念と経営」が"積読"状態になっていました。
ある日、何気なく本誌に目を通したとき、「社長力・管理力・現場力 三位一体論」が目に留まりました。そのとき、①現場に起きているあらゆる現象や問題は、すべて責任者である社長の理念・考え方の善しあしに起因していること、②何かを改善するには、まず社長が、お客様、社員、社会に対する考え方を正しくもつことが大切である、と学んだのです。
今では、一人でじっくり読み、「経営者の会」で設問に準じて感想を述べ合いながら、自社との具体的比較、仲間の意見、考え方など多岐にわたり、検討しています。
考え方の視野が広がり、多角的に考えられるようになる日々の学びは、本当に素晴らしいです。会社、またそこで働く社員さん、来店されるお客様の"幸せのバイブル"として無くてはならない存在のこの「理念と経営」を、一人でも多くの経営者、経営幹部に、手に取って読んでもらいたいと願っています。

特に司会進行役のリーダーは誰よりも学ぶ機会が多い

久留米支部

久留米支部
髙井 和弘

私たちの支部は、「理念と経営」の社内勉強会を行なっている会社や、これから導入しようと考えている会社の経営者八名が集い、二〇一四(平成26)年七月に発足しました。
現在では一一名に増えました。社員だけに勉強させるのではなく、経営者が自ら学ぶ姿勢を示すとともに、異業種間の交流から新たな気づきや発想を養うために、「経営者の会」を開催しています。
企業事例研究のディスカッションでは、自社の具体的な問題など発表し合います。常識にとらわれない、いろいろな意見やアドバイスから、新たな発想が湧き、経営に対する考え方の幅が広がっていきます。特に司会進行役のリーダーは、みんなの意見をまとめ、要約をすることで、誰よりも学ぶ機会が多いと思います。今後は、リーダーを交代で行なっていこうと考えています。
これからもお互いに刺激し合い学び続けることで、共に成長し続け、「ありがとう」があふれる経営を目指します。

経営者としての視野を広げるために本音で話せる同志が集結

田中支部

田中支部
田中 一邦

私たちの支部は、千葉県船橋市を中心に月一度、二時間程度の勉強会を開催しております。「志士塾」という名前を冠して、さまざまな職種のさまざまな価値観をもったメンバーでかれこれ三年程度勉強会を続けております。会は固定された場所で行なうわけではなく、メンバーの会社や協力していただける会社の会議室をお借りしたりして、常に新鮮な環境で勉強会を行なっています。
「社長力」は一日で身に付くものではなく、小さな一歩を継続することで付いていくものだという支部長の信念のもとに毎回勉強しております。
「理念と経営」の設問を中心にして毎回勉強していきますが、一つの設問で二時間を使い切ってしまうほど議論が白熱することもしばしばあります。世代が多岐にわたっているのでいい意味で価値観の相違が見いだせるのも面白いところです。
常に前を向き続ける経営者になるべく、お互いに切磋琢磨しながら、時には悩みを聞いてもらいながらメンバー同士が「社長力」を高めていきたいと思います。

「我以外皆我師」そんな思いで学び続けています!

山形県寒河江支部

山形県寒河江支部
志田 宏

私たち「寒河江支部」は二〇一一(平成二三)年一二月に発足し、約三年間ほとんど休むことなく毎月一回第三火曜日に例会を継続しております。もちろん業種もさまざまでサービス業、自動車修理業、化粧品販売業、調剤薬局オーナー、お医者さんの奥様など、男性女性関係なく経営者・経営幹部が「我以外皆我師」を信条として自らを律するために行なっております。
基本的に設問表を基にディスカッションを行なっていますが、やはり皆経営者、幹部。ここぞとばかりに熱くなり、質問、アドバイスをし合えるのも、この会の特徴だと思います。
そして仲間の何気ない言葉により、思いがけない商品・サービスが思い浮かびます。人材育成方法も学び合い、まさに人材育成や自分育成の場となっているのではないでしょうか。「悩み相談所」と言ってもいいかもしれません。
これからも人間力を磨きながら、地元に必要とされる、社員さんを幸せにできる人間、会社になるための手段として、今後も、この会を通して学び続けます。

最大の良さは幅広い層の経営者と「真剣に学べる」こと

北垣支部

北垣支部
川口 義之

北垣支部の川口です。月に一回、北垣博康支部長の経営する株式会社ヨロチョー(鳥取市)で勉強会をしています。飲食業、不動産、司法書士、税理士、ボクシングジム、テニススクール、電気設備など、さまざまな業種の経営者と共に学んでいます。
目的は「社員さんのためにいい会社にする」ことです。この勉強会で、一番実感していることは「理念」の大切さです。「会社は本当にすばらしい」ということを共に学びたくて、私の経営する塾でも、「社内勉強会」を始めました。目的は「いい会社に入り、いい人財になる」ということ。月に一回社員さん、大学生講師さんを中心にプレゼンの練習や心理学も交えながらみんなで勉強しています。
北垣支部の最大の良さは、三〇~七〇代の幅広い年齢層の経営者の方々と一緒に「真剣に学べる」ことです。メンバーの社員さんたちと共に、支部長の会社のチーム発表会を見学させていただいたりもしました。この会に参加されている方は「勉強」したい方々ばかりです。真剣に経営について学びあう、この会を毎回楽しみにしています。

株式会社コスモ教育出版

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目42-9 浜町中央ビル5階

購読に関するお問い合わせはお電話でも承っております。フリーダイヤル:0120-519-114
  • 定期購読のお申し込み 登録内容の変更はこちらから
  • メールでのお問い合わせ
「理念と経営」株式会社コスモ教育出版 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目 42-9 浜町中央ビル5階 購読に関するお問い合わせはお電話でも承っております。
  • 0120-519-114
  • 定期購読のお申し込み
  • メールでのお問い合わせ

理念と経営:定期購読のご案内 詳しく見る

理念と経営公式ブログ

掲載企業検索

会社名、業種などの会社に関すること、あるいは地域などを入力してください。

(例:コスモ敎育出版、出版社、東京都)

こちらに入力された内容は、月刊『理念と経営』の掲載された企業様のデータベースに照らして検索され、その結果が表示されます。

  • 経営者の会のご案内
  • 社内勉強会のご案内
  • 月刊『理念と経営』合同勉強会(他流試合)のご案内
  • 過去に掲載された方・企業
  • 書籍・CD・教材
  • メディア掲載情報
  • 経営者の会用 設問表ダウンロード
  • 社内勉強会用 設問表ダウンロード
  • 『理念と経営』社内勉強会 企業事例集ダウンロード

社内教育ツールのご紹介

導入企業2,000社 13の徳目 32,000人が朝礼で活用するツール 詳細はこちら

無料メールマガジン「人が主役の経営」の登録

メールで新着情報をお届けいたします

「人が主役の経営」を応援するメルマガです。メールアドレスを入力し、「登録する」ボタンをおしてください。

メールアドレス

  • 理念と経営 公式Facebook
  • 理念と経営 公式Twitter
  • 理念と経営 公式動画チャンネル