社内勉強会の報告

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

皆さん、おはようございます。

 今朝の東京は幾分暑さも和らぎ、早くも秋の気配の訪れを感じさせるような朝を迎えています。今週で8月も終わり、皆さんはどのような夏を過ごされたのでしょうか?私はお盆休みもなく、ずっと仕事三昧でしたが、夏の終わりになるといつも思い出す歌があります。Mr.Childrenの「君がいた夏」。青春時代の少し甘酸っぱい思い出が走馬灯のように甦ってきますが、夏の終わりの実感と共に、秋に向けて頑張っていこうと思いながら、社内勉強会の報告メールをご紹介致します。

————————————-

 4月から「理念と経営」の社内勉強会に参加させて頂くようになったのですが、参加しての率直な感想は、自分の思ったこと、感じたことを自由に発言できる場だと感じました。
 会議のように緊迫した雰囲気ではなく、温かい雰囲気の中で進んでいき、何がいい、悪いではなく、それぞれに感じたことを伝えることが出来、発言しやすい雰囲気なので、コミュニケーションも深まり、とてもいい勉強会だと感じました。
 そのことから、同じ物を読んだり見たりしても、人それぞれに感じ方やとらえ方が違い、話し合っていく中でひとつの方向だけではなく、こういう見方もあるのかと思考の幅も広がっていくなと感じました。
 また、雑誌を読んで活性化している企業というのは共通して理念がしっかりしていて、社員さんにきちんと浸透しているなと感じました。
 やはり、企業を成長・発展していくには経営理念がなくてはならないものだと思いました。理念と経営の社内勉強会を通して、自分のいる職場ももっと活性化できるように取り組んで参ります。

新潟県 M・Sさん(27歳・女性)
————————————-

 「理念と経営・社内勉強会」のメンバーの皆様からのご報告をお待ちしております。

shibu@rinen-mg.co.jpまでどうぞ!

         

福岡のT社様からの報告

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは。
昨日は、甲子園の高校野球決勝戦に、爽やかな
感動をおぼえた方も多かったのではないでしょうか。

あの大きな舞台で、どんどんと成長していく彼らを
目にするにつけ、人は現場で磨かれていくことを
強く実感しました。

今日もまた、「理念と経営・社内勉強会」の
ご報告を頂きましたので皆さんと共有したいと
思います。

福岡のT社様です。

————————————–

今回の勉強会で、非常に良いと感じたことは、
社員皆さんの意識の中で経営理念や実践する
社員像をしっかりと理解された意見がみんな
共通していました。

ただ、6名の考え方が非常に似通っている
ところが懸念材料で、壁にぶち当たったときの
抜け道を探り出すのに、多少時間がかかったり
するかも知れません。

このことは、最後にみんなで認識を新たに
しております。

————————————–

T社様、報告ありがとうございました。

T社様では、勉強会の開催後はいつもこのように
報告書を作成され、社内で共有されています。

こういう機会があるからこそ、受身でない勉強が
できるのではないでしょうか。

福岡のA社様からの報告

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは。
毎日暑いですね。

それにしても、昨日の高校野球の決勝戦は
すごかったですね。

両投手とも一歩も譲らず、精神力の戦いと
いう感じです。

私たちも、
会社の念いをお客様に届けられるように
仕事に全力投球していかなければなりません。

高校生には負けられません!
職場がまさに私たちの甲子園です。

「理念と経営・社内勉強会」のご報告を
頂きましたのでみなさんと共有したいと
思います。

福岡のA社様からの報告です。

————————————–

 「今回の勉強会は、
  設問の内容を総合的に討論していきました。

  具体的に挙がった例としては、
  『他社にないA社ならではのサービス』と
  いうものを見つけなければならないという
  意見がありました。

  同じアスクルの代理店でも、
  差別化を図れるように、お客様との関わり
  合いというところで自分たちが行っている
  ことは電話だけのやりとりになっているが、
  それだけでも残ってくださっているお客様が
  いるという今の状況があるので、今後も
  きっかけを見つけて関わりを増やしていき、
  いろんな形でお客様と関わっていって
  お客様にとっていい提案をしていきたいと
  いう意見も出ました。

  自分たちの仕事というのは
  全てのお客様にマッチするわけではないので
  落胆することなく、マッチするお客様を見つけて
  いくためにも頑張って行こうという意見も
  出ました。」

————————————–

A社様、報告ありがとうございました。

毎日暑い日が続きますが、
夏バテせずに頑張りましょう!

A社の報告

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは。

全国で月刊「理念と経営」をもとに社内勉強会を
開催していただいています。

ありがとうございます。

ある企業の社内勉強会のリーダーから
報告のメールが届きましたのでご紹介します。

————————————-

 『今回の勉強会では、社内外に関わらず
  人間関係が非常にウエイトが大きいことを
  再認識しました。

  仕事に対するやる気や愛社精神についても、
  仕事だけでも、人間関係だけでもいけない。

  双方のバランスが非常に大切であることを
  みんなんで認識しました。

  私たちが関わる全ての物事に対して
  無関心を無くし、会社全体で共有、
  早期解決を行うことで、信頼、絆を
  強固なものにしようという話になりました。

  実践内容として、

  1)ユーザー管理表を見直し、保守点検時に
    ユーザーがいないかをしっかり確認し、
    自社離れを未然に防ごう。

  2)日々の問題をメモに残し、
    翌日の朝一ミーティングで検討を行おう。

  ということが決まりました。

             <A社 リーダー M様>

————————————-

社内勉強会で、具体的な実践内容まで
決めていらっしゃいます。

具体策を出して、実践しましょう。
会社はどんどん良くなります。

社内勉強会の報告

カテゴリー: 支部での勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

皆さん、こんばんは。

 今日は61回目の終戦記念日でした。終戦記念日のことを正式には『戦没者を追悼し平和を祈念する日』と呼ぶそうです。
 今朝の麹町界隈は、早朝からヘリコプターの轟音がしばらくの間鳴り響いていました。そうです、小泉首相が靖国神社を参拝する様子をカメラが上空からも捉えていたからです。
 私も含めて、今日の報道を様々な思いが去来する中でご覧になった方がほとんどだったと思いますが、戦争の風化が叫ばれて久しい中、現在の日本の平和と繁栄があるのは、多くの方の犠牲から成り立っていることを改めて感じずにはいられない一日となりました。

 それでは、新たに社内勉強会の報告メールを頂戴致しましたので、ご紹介致します。

————————————-

 先日、理念と経営の社内勉強会を行いました。事前に読んだところで興味深かった部分が設問に出ていて非常にやりやすかったです。

 えてしてこの様な本を読む機会があっても、自分なりの解釈の中だけで完了してしまいがちのものが、他の人の意見や解釈を共有し、どの様に現場に活かしていくのか、それぞれの感じ方から新しい切り口が見つかったりと、新鮮な意見交換の場になりました。

 可能思考研修を受けている方々が多い集まりでしたので、研修で学んだことを織り交ぜてのかなり白熱した意見交換になりました。やはり研修を受けただけでなく現場に落とし込んでいる会社の団結力はすごいなと感じました。

 設問に沿って会が進んでいくに連れ、その他のタイトルについても活発な意見が出て、話がどんどん膨らんでいき、あらかじめ設定した時間を大幅に超えてしまいました。

 次回は時間管理を含めて更に扱った事例現場に落とし込める様、充実した時間にして参ります。

大阪府 M・Kさん(34歳・男性)

—————————————

 「理念と経営・社内勉強会」のメンバーの皆様からのご報告をお待ちしております。

shibu@rinen-mg.co.jpまでどうぞ!

ご紹介ありがとうございます。

カテゴリー: お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆さん、こんにちは。

 世間はもうお盆休みに突入しましたね。

 こちら麹町の中心にある新宿通りも車の通行量が
 普段よりは少ない感じが致します。
 
 弊事務所はお盆休み期間中も
 平常通り営業しておりますので、
 ご購読のお申込があれば
 いつもどおりお待ちしております!

 さて、本日、自身でブログをお持ちの
 若い女性の方が「理念と経営」をブログ内で
 ご紹介下さいました。

 とてもお若い方なのですが、
 理念やビジョンをしっかりとお持ちで、
 ブログを拝見しても日頃からとても多彩で
 しっかりとした文章を書かれています。
 
 本日はそのご紹介下さった部分を
 抜粋でご紹介致します。

————————————-

 最近、隅から隅まで読んでいる雑誌があります。

 「理念と経営」。

 ご存知の方も多いでしょうね。
 既にご愛読の方も…?

 この雑誌はコスモ教育出版さんが
 発行されているもので、私自身は
 ご紹介で読むようになりました。

 タイトルだけ聞くと“難しい”“硬い”という
 イメージがありそうなものですが、
 全くそういうこともなく、
 日本全国「頑張っている」企業を取り上げて、
 乗り越えてきた経緯や現在の姿を
 しっかりと写真と文字で映し出されています。

 ここで取り上げられている企業や人は
 決して大成功という訳ではなく、
 どこまで理念を持ち、どこまで基盤を
 しっかりと創っているか、何故今があるのか、
 そういった視点で描かれています。

 私自身が何故この雑誌に目をむけ、
 ある意味自身の活力にしているか。

 それは「言葉」。

 この雑誌には思いの詰まった言葉が
 文章でも単語でも溢れているからです。

 特に宣伝というわけでもなく、
 ただ自身が感じたことを書いてみました。

 ご興味のある方は
 是非Net等で調べてみてくださいね^^

 今月は地元の企業も
 取り上げられていました。

 それではまた・・・(=⌒ー⌒=)ノ~☆・゜:*:゜
 バイバイ゜:*:゜・☆ヾ(=⌒ー⌒=)

————————————–

 「理念と経営」のご意見やご感想も
 お待ちしております。

shibu@rinen-mg.co.jpまでどうぞ!

8月号読みどころ(1)

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

____________________
月刊「理念と経営」の読みどころ(1)   8月号 
      
          「企業事例研究 2」

   株式会社熊本駅構内タクシー
         代表取締役 稲葉 伸一郎
_____________ P42~P49 _

8月号の熊本駅構内タクシー様の企業事例を
ご紹介します。

同社は、企業寿命が30年と言われる中で、
創業85周年を迎えられ、さらに100周年を
目指しておられる熊本駅構内タクシー様。

今回の企業事例研究は、
全ての企業人に必読の内容です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■ 100年企業を目指す兄弟の思い
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 多くの企業様を訪問し、お話をお伺いすると、
 悩んでいらっしゃることの大半は、
 部下育成も含めた「人間関係」の問題です。

 中小企業は同族企業が多いですが、
 親子や兄弟の人間関係がうまくいかず、
 業績が悪化する企業も少なくありません。

 そんな中で、創業85周年を迎えられた
 熊本駅構内タクシー様を支えるものは、
 稲葉伸一郎社長、稲葉龍之専務の
 ご兄弟の固い絆です。

 鉄のような固い絆の根幹は、
 ご兄弟で共に意見を交わし、作った
 理念・方針が共有されているからです。
 
 経営理念
  「親切日本一を目指して」、

 基本方針
  「日々新たな革新への挑戦」

 「2人がぶつかることはないのですか?」
 との問いに、兄である稲葉社長は、

  「意見が異なることは当然ありますね。
   戦略が食い違うこともある。

   しかし、理念は絶対的に共有されている。

   ですから、決定的な衝突にはなりません。
   同じ方向を向いている確信がありますから」

 
 と答えられています。

 弟である稲葉龍之専務は、
 このようにも表現しています。

  「理念はもちろん、使命や責任、
   これらも共有されています。

   このことが、私たちの強みだと思います。

   この共有があるから
   芯の部分がブレないんです。」

 ご兄弟がいかにして
 固い絆で結ばれるようになったのか?

 それは、お父様が亡くなる直前に、
 おふたりに贈った言葉にありました。

 お父様の想い。

 そして、お父様の想いに応えるご兄弟。 

 100年企業を目指す想いを、
 是非本誌にて感じて下さい。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■ 「親切日本一」実現の為に    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 同社では「親切日本一」実現の為に、
 ドライバー教育を徹底しています。

 そのために、社長が理念を語り、
 専務が財務関連の話をするなど
 役割分担が明確になされています。

 印象に残るのはこの一文です。

 「 『(稲葉伸一郎社長の言葉)

    市内で時々、我が社のタクシーを
    見かけることがあります。

    そのときに、お客様とドライバーが
    楽しそうに笑いながら走っている
    光景などを見ると、心から感動します。

    そうしたシーンを見るときが、
    社長として一番嬉しい瞬間ですね。』

   弟である専務が、端然とした中に
   穏やかな笑みを浮かべる。

   笑顔は同意の表れである。」

 
 理念経営を実現していく為に、
 最も重要なことは何か!

 そのヒントを、
 同社の記事の中で感じ取って下さい。

 特に同族企業の方は、
 多くのヒントがあると思います。

社内勉強会の報告

カテゴリー: 支部での勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

皆さん、こんにちは。

 東京地方もすっかり、
夏の陽気に包まれてきました。
全国各地で記録的な猛暑に
包まれているようですが、
水分と塩分のまめな補給を忘れずに
お身体ご自愛下さいませ。

 それでは、今週も社内勉強会の報告を
頂きましたので、早速、ご紹介致します。

————————————-

お疲れ様です。
本日理念と経営○○グループの勉強会を
開催しましたので、ご報告致します。

時間 18時30分~20時00分
参加者5名 欠席者2名

 最初に、今回で4回目ということもあり、
改めて勉強会の目的を確認してスタートしました。

私たちの勉強会の目的は
「情報の共有と他のグループに倣って
 勉強会での意見を職場の改善に活かして行こう」
ということで一致しました。

今回の良かったことは
1)目的を改めて確認し明確にできたこと
2)「事上練磨」について学ぶことができた
3)弊社の人事理念を確認できた
4)職場の5Sについて反省ができたこと
5)職場で社員やお客様に対しての
  挨拶の大切さを確認できた
6)グループの方針を一致できたこと
以上、6点です。

勉強会の方針としては、
基本に戻って
・自分の身の回りの5Sの実行と
・お客様に自分から挨拶、一言の実行
の2つが決まりました。
次回の勉強会で方針を実行して感想を発表をすることも合わせて決まりました。

次回の勉強会の日程は
○月○○日18:00~です。
以上、宜しくお願いします。

—————————————

 「理念と経営・社内勉強会」のメンバーの皆様からのご報告をお待ちしております。

shibu@rinen-mg.co.jpまでどうぞ!

7月号読みどころ(2)

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ | 投稿日: | 投稿者:

____________________
      
       「企業事例研究 1」

  今別府産業株式会社  代表取締役社長
                   今別府 英樹
___________ P18~P27 ___

皆さんお元気ですか?

可能思考研修・基礎コースの講師を
させて頂いております杵渕です。

私が所長を務める東京研修センターでは、
5月より理念と経営・社内勉強会を
4支部設立して活動しています。

5月・6月と私も勉強会に参加していますが、
スタッフからの鋭い意見や、
新入社員さんからも驚くほど素晴らしい感想や
良い意見が出てきています。

月刊「理念と経営」を活用した社内勉強会は、
OJT(職場教育)として大変効果的ですし、
社内のボトムアップに最適ですので、
皆さんも社内勉強会を実施して下さい。

社員さんの意識がどんどん変わります。

さて、今回紹介させて頂くのは、
公共事業から民需へと大きく転換された
今別府産業様です。

本拠地を鹿児島に置いて、
道路・港湾の資材販売や交通安全施設工事、
近年では太陽光発電によるソーラー事業や、
リフォーム事業、戸建住宅販売事業、
通信事業、ISOコンサルタント事業に取り組み、
さらに業績を伸ばされています。

以前に、
今別府社長の話を伺ったことがありますが、
経営理念がしっかりしているからこそ
成長・発展を遂げられているのだなと
思いました。

今回の対談の中で、
「経営理念の根底にあるものは何か」を
今別府社長が述べられていますので、
是非とも読んで下さい。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■ 「環境創り人財創り」の実践    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 今別府社長は、
 40歳でお父様の会社を受け継ぎます。

 これまでのような公共事業中心の経営では、
 今後厳しくなると予測して民需を
 伸ばしていこうと考えます。

 その際に、
 経営理念である「環境創り人材創り」が、
 新しい事業への参入につながるわけです。

 「戦略が新しい商品を生み出す」と
 考えられがちである中で、
 なぜ経営理念が新しい事業を生み出し、
 新事業への参入につながるのでしょうか?

 この新事業のエピソードは、
 経営理念が価値を生み出すということを
 証明するような事例です。

 経営理念がソーラー事業を生み、
 そして「創エネ省エネ」という
 コアバリュー(事業の中心的な価値)を
 生んでいます。

 この事例を読んで、
 経営理念と自社の価値を見直すきっかけに
 して下さい。 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■ グッドカンパニーという理念    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
 順調に業績を上げられている今別府産業様も、
 かつて社員の不祥事により、架空手形で5億を
 損失するという事件があったそうです。

 しかし、今別府社長の凄いところは、
 その苦難をご自身の勉強と捉えて乗り切られ、
 その経験を無駄にしなかったことです。

 以後、絶対に「いい会社」にしないといけない
 という強い信念を持たれたと語られています。

 そして、今別府社長は、
 「ビッグカンパニー」ではなく
 「グッドカンパニー」を目指しておられます。 

 今別府社長が理想としている
 「グッドカンパニー」とはどんな会社でしょうか?

 今別府社長の
 「グッドカンパニー」の定義の中に、
 今別府社長の誠実さや社員様への愛情が
 溢れています。

 私も経営幹部としての、
 とても大きな気づきを頂きました。
 
 皆さんも、
 今別府社長の「グッドカンパニー」の定義を、
 自社に置き換えて頂きたいと思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■ 危機に活きる人材育成
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 同社は、「グッドカンパニー」を実現するために、
 とても「人財創り」に力を入れています。

 今別府社長は、勝負をかける時に、
 理念を理解してくれる社員を持つことが、
 最大の強みになると言われています。

 そして、20代、30代の若手を
 積極的に昇進、昇格させています。

 昇格者を多く出すことは、
 人件費の拡大に繋がります。

 しかし、今別府社長の考えは違います。

 それ以上に、「将来への投資」として
 考えておられるのです。

 
 そして一方で、
 年配の社員さんへの配慮を忘れないことが、
 同社の人材育成が根付いている
 要因だと思います。

 まさに、言葉だけではなく、
 実践しておられるのです。

 さらに、人材育成の中で、
 「貢献度」という言葉を1つの柱に
 されています。

 「貢献度」とは、「お客様に感謝されること」や
 「世の中に役立つこと」を含んでいる概念です。

 単なる観念論ではありません。
 理に適った考え方です。

 この今別府社長のお話も、
 是非読み返して下さい。 
 
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ■ 誠実に、常に努力を    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 「誠実・努力で常にベストを尽くす」という社是は、
 先代社長であるお父様の言葉だそうです。

 26~27ページでは、
 先代社長がどのような念いで創業されたのか、
 先代社長様との対談も記載しておりますので、
 是非お読み下さい。

 企業経営では、
 「変えなければならないこと」と、
 「決して変えてはいけないこと」があると
 言われます。

 今回の記事を通して、
 「創業の精神」を受け継ぐことが、
 如何に大切かを本当に学ばせて頂きました。

 どうもありがとうございました。

社内勉強会のリーダーからの報告

カテゴリー: 支部での勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

皆さん、こんにちは。

昨日、幹部会議のために大阪に帰りました。

久しぶりの仲間との再開で英気を養って、
帰京致しました。

まだまだ戦場のような日々が続きますが、
ますます頑張ってまいります。

今週は社内勉強会のリーダーから勉強会の
報告を頂きましたので、早速ご紹介致します。

————————————-

お疲れ様です。
「理念と経営・社内勉強会」○○グループの
勉強会の報告をさせて頂きます。

前回の勉強会を改善し、
設問発表は記入してきた事項を
そのまま読み上げるだけに統一し、
意見交換の時間を多く作るように
進行致しました。

その結果、
意見交換の時間を多く持つことができ、
大変活性化した勉強会になりました。

良かった点
・業務の中でまだまだやりきれていないこと、
 昔は出来ていたが最近出来ていないこと、
 などを振り返る機会になり、
 「よいこと」はやっていこう!と
 前向きになりました
・周りへの感謝の気持ちが大切なことだと
 再認識しました
・躾について、先輩が後輩を育成する
 社風であることが確認できました
・提案事項があがりました

反省点
・意見交換が盛り上がり、時間が延びて
 しまいました(約十分)
・お客様がこられた時の接客対応が
 他人事になっていないか?という
 意見がでました
・先輩が後輩の手本として、
 自分を律していく必要があるという
 反省が生まれました

○○グループからの提案事項
 【最善の上に最善を尽くす】

提案1)
お客様や業者の方が来られたときの
挨拶を向上(元気良く)、素早い対応を実践
    
提案2)
お客様の声(ご意見・ご感想、クレーム)を
収集し、お客様情報に登録し、それらを
責任者会議で取り上げて頂く

提案3)
社内の改善提案BOX・お客様のご意見BOXを
設置し、業務改善、顧客満足につなげる

提案4)
月末の会議で「お客様の声」を取り上げ、
その意見に対しての改善策を検討する

以上4つの提案があがってまいりました。

出席率
・100%(7名中7名 オブザーブ1名)

次回も出席率100%で行えるようにします。

以上報告させていただきます。

—————————————

「理念と経営・社内勉強会」のメンバーの皆様からの
ご報告をお待ちしております。

shibu@rinen-mg.co.jp

ドンドンお待ちしています!!!!!!