カテゴリー別アーカイブ: 社内勉強会

「読まれている」という意識が取り組み姿勢を変えた

カテゴリー: 発売中の「理念と経営」, 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

ザッツ・コーポレーションは、大阪市に6店舗を展開する地域密着型の美容室です。「快適空間の創造」という理念のもと、お客様1人ひとりの要望に合わせたヘアスタイルを提供するために、スタッフの人間力向上に力を注いでいます。

Q. 社内勉強会の導入をされた目的は?

A. これまでは、理念の浸透と意思統一を目的に定期的に個人面談を行なっていましたが、スタッフが増えるごとに時間の調整がしにくくなっていました。そこで、勉強会がそうした場になればと思い、始めました。

Q. 社内勉強会を導入したことで、会社に起きた変化を教えてください。

A. 初めは経営者を含めた店長・副店長メンバーで開催していましたが、記事の感想止まりで自社への落とし込みまで話が及ばず、設問表も書き込みが少ない状況で、活発な会とは言えませんでした。
ところが、導入2年目に思い切って全社員参加に切り替えたところ、若いスタッフを中心に熱心に参加してくれたのです。「先輩・後輩が共通のテーマでディスカッションする」ということを楽しむことで、お互いを理解し、人間関係の向上にもつながっています。

Q. 導入に成功した要因は何だったと思いますか。

A. ある時期から、スタッフが記入した設問表すべてに経営者が赤ペンでコメントを書いて返却するようにしました。すると、「読まれている」ということを意識して、よりしっかり記事を読み、自分の考えを書くようになりました。
経営者にとって、社員さんの考えていることがわからないことほど不安なことはありません。コメントを書きながら気づかされることも多く、経営者にとっても一番の勉強になっています。

Q. 御社における人材育成の位置づけ、また、それにかける思いを教えてください。

A. 美容業界は人材育成に尽きます。技術はできて当たり前で、その技術をどれだけお客様満足に結び付けられるかは、相手の気持ちを汲み取る能力にかかっています。さまざまな企業の事例は、考えを幅広くもつための知識の源となっています。

voice_img201704_001

ザッツ・コーポレーション株式会社
藤内 義久
会社情報:業種/美容業
社員数/54名(保育士3名含む)
社内勉強会導入時期/2007年

 

社員さんが会社の強みになればまねのできない差別化につながる

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

社内勉強会 導入企業の声

長野県松本市に本社を置くコンフォールは、お客様より信頼をいただくことを喜びとして、ビルメンテナンス、医療現場のサポートサービス、行政の指定管理者事業の三大事業を展開しています。

Q. 社内勉強会の導入をされた目的は?

A. 社員さん1人ひとりに経営感覚を身につけてもらいたいとの思いからです。サービス業において、お客様から信頼をいただくために1番求められることは社員さんの「質」です。社員さんが会社の強みになれば、他社にまねのできない差別化にもつながると信じ、導入を決めました。

Q. 社内勉強会を導入したことで、会社に起きた変化を教えてください。

A. 他社の成功事例を読むことで、社員さんの経営知識が徐々に深まり、会議などでアイディアが豊富に出るようになりました。
また、部門に関係なくチーム分けをしたことで、部門の壁を越えたチームワークが醸成され、社内のコミュニケーションが活発になっているのを感じます。

Q. 社員さんが、学んだことを仕事に活かすため、どのような取り組みをされていますか。

A. クレーム発生時や改善提案活動に個人の意見をより反映しやすくするために、全体で話し合うのではなく、小グループで意見を出し合う場を作るように変えました。

Q. 御社における人財育成の位置づけや、それにかける思いを教えてください。

A. 弊社のような労働集約型の業種で差別化を実現するには、「人財」の育成が非常に大切です。おもてなしの心や、技術・知識の差がそのまま業績の差につながるからです。よりお客様に喜んでいただける企業にしていくためにも、教育カリキュラムや人事評価制度で自社独自の「人財」を育てていくことがわが社の生命線です。これからも凡事徹底、計画性、学ぶことを大切に、日々コツコツと努力を続けてまいります。

voice_img201703_001

 

 

 

 

 

株式会社コンフォール
原 文典
会社情報:業種/ビルメンテナンス・医療施設サポート・指定管理者事業
社員数/529名(パート社員さん含む)
社内勉強会導入時期/2007年

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★月刊「理念と経営」オフィシャルfacebookページの情報はこちら!!
今スグに「いいね」ボタンを押して、貴重な情報を手にしてみてましょう!
⇒ http://www.facebook.com/rinentokeiei

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

人「財」になったとき、会社は自然と繁栄し、永続できる

カテゴリー: 発売中の「理念と経営」, 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

びわこホームは1990(平成2)年の創業以来、徹底した地域密着型経営で土地、建物の販売等を中心に事業を展開し、滋賀県甲賀エリア売り土地物件占有率77%、建築棟数13年連続№1という実績を上げています。

Q. 社内勉強会の導入をされた目的は?

A. 幹部・社員さんにもっと経営感覚をもってもらい、「会社をよくしたい」と自発的に積極的に行動できる人財を育成していくためです。たくさんの事例からいろんなことを学びとり、それぞれの仕事で活かしてほしいという思いもありました。

Q. 社内勉強会を導入したことで、会社に起きた変化を教えてください。

A. それまで上司に頼りがちだった社員さんたちに、まずは自分で考えてみるという癖・習慣が身につきました。問題解決に前向きに取り組む社員さんが増えました。また、お客様やお取引先からは「びわこホームの社員の誰と接しても元気で気持ちがいい」「自分(お客様)に元気がないとき、びわこホームの社員さんに電話をかけて話をすることで元気をもらえた」といったお声を多くいただき、協力業者さんからは、「現場の5Sができている」「現場がスムーズに進む」というお声が寄られています。

Q. 社員さんが、学んだことを仕事に活かすため、どのような取り組みをされていますか。

A. びわこホーム社員以外の協力業者さん・パートナー企業さんと共に「理念と経営」を通して学び、ディスカッションしています。それぞれの立場からの熱い念いや意見を交換することで、お客様が喜んで幸せになっていただく家づくりができています。

Q. 御社における人財育成の位置づけや、それにかける思いを教えてください。

A. 経営者の使命は社員さんを幸せにすること、業績を上げること、繁栄し永続することです。中でも人財育成が一番重要と考えています。わが子のように念っている社員さん自身が成長し、社員さんの人生目標をびわこホームで働いて達成していってほしい。人財教育に掛ける愛情、情熱、お金、時間は惜しまず、命を懸けています。人「財」になったとき、会社は自然と繁栄し、永続できると信じています。

voice_img201702_001

 

株式会社 びわこホーム

髙木 光江
会社情報:業種/不動産・建築業
社員数/36名(役員4名含む)
社内勉強会導入時期/2006年

お客様が大粒の涙を流して感激した、社員の提案による〝サプライズ〟

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

福岡県福岡市で遊技場を運営するサンエイ企画は、2017(平成29)年に創業45年を迎えます。「すべては『ありがとう』と『感動』のために」という理念の下、2店舗、45名の社員が一丸となり、明るく楽しい遊技空間をつくる努力を重ねています。

Q. 社内勉強会の導入を決めた経緯は?

A. 経営者として学ぶなかで本誌を読み、私自身の学びになることはもちろんですが、経営に関するヒントが多くあり、「これなら全社員さんで読めば、異業種からの学びが社内での提案や改善に役に立つ」と思い、ほとんど私の一方的な考えで始めました。

Q. 当初、社内の反応はどのようなものでしたか?

A. 最初の1年くらいは、あまり変化という変化は感じませんでした。勉強会リーダーを男性社員から女性社員にした頃から、少しずつ社内でのコミュニケーションが良くなり、会社全体が明るくなった印象を受けました。
後から聞いたところによると、最初の頃は社員さんから「社内勉強会をやって何の意味があるのか?」という批判の声もあったそうです。今では、社員さんからの多くの提案や改善が、お客様からの感謝の言葉となり、それが社員さんにとっても励みになっているようです。

Q. 勉強会を続けたことで、会社に起きた変化(社風・業績・人材)を教えてください。

A. 導入してから2年くらい経った頃から、社員さん1人ひとりがお客様の目線で自分の考えていることを発言するようになりました。それが仲間同士で良い影響を与え、会社全体が活性化し明るくなりました。
例えば、こんなことがありました。ある日、1人の女性社員がお客様との会話の中で、そのお客様が重い病を患っておられることを知りました。そこで「千羽鶴」を折りましょうと全社員に声を掛けました。その後、そのお客様が来店された際にお渡しすると、お客様が大粒の涙を流されて感激されました。社内勉強会でお客様のお困り事を解決するために、行動できたおかげです。

Q. 社員さんが学んだことを仕事に活かすため、どのような取り組みをされていますか?

A. 気づきや学んだことを朝終礼時に発表したり、実行したことの進捗発表などを行なっています。社員さんからの提案や改善案は、社員さんの考えを重視して全社で取り組んでいます。
また、職場内訓練(OJT)として、「理念と経営」社内勉強会のほか、毎日の地域清掃活動、活力朝礼、「13の德目」朝礼、社内委員会活動なども実施しています。それらによって、地域の皆様やお客様と明るく元気な挨拶を交わし、笑顔でコミュニケーションがとれるようになりました。これからも心身共に健康で生き生きとした社会生活と人のお役に立てる素晴らしい人間性と人間力を身につけてまいります。より良い会社、より強い会社、より良い社風を目指します。

voice_img201701_001

 

有限会社 サンエイ企画
金村 永治
会社情報:業種/遊技業
社員数/45名
社内勉強会導入時期/2008年1月

できる営業マンが実践しているルール

カテゴリー: お知らせ, 月刊誌の読みどころ, 業務スタッフだより, 発売中の「理念と経営」, 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

実は売れる営業マンに必要とされるのは
話がうまいかどうかではないそうです!!!

ベストセラー『かばんはハンカチの上に置きなさい』の著者である
川田修さん (生命保険会社の現役トップセールスマン)は

「売れる営業マンと売れない営業マンの違いは、理念があるかどうか」

だとおっしゃっています。
なぜ自分がこの仕事をしているのか、また社会にどのように貢献できるのか
そういった事を理解して、自分で伝えることが出来る方は必ず売れるそうです!

川田さん画像①

 

 

 

 

 

また話すテクニックなどより、

“聴く力(傾聴力)”の大切さを訴えていらっしゃいます。

聴くことで

お客様の真のニーズが見えてくるからです。

しかし聴く力というのは教えられて身につくものではありません。
聴く力を身につけるのに1番必要なのは、
川田さんがおっしゃるようにお客様への愛情と
それから日頃の意識と訓練ではないかと思いいます。

kiku

 

 

 

 

 

 

ちなみに「聴く」とは・・・
↓↓↓
※『類語国語辞典』(角川書店)・・・
「聴く」は、聞こえるものの内容を理解しようと思って進んできく意である。

そこで皆さまにお伝えしたい事があります!
『理念と経営』の社内勉強会や、『13の徳目』朝礼を継続して頂くと・・・
なんと

聴く力の向上に繋がります!

「聴く事を意識するようになってお客様との信頼関係がより深くなった!」
そんなお話しを是非お聞かせ下さい!!!楽しみにお待ちしております!

握手

 

 

 

 

 

川田さんの詳しい記事は月刊『理念と経営』12月号の「できる営業マンはどこが違うか?」
に掲載されております。(*^_^*)

『理念と経営』はどちらからかでもお求めいただけます。
『理念と経営』公式HP
コスモ教育出版書籍専門サイト

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2016年テーマ「変革の知恵~未来に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

部署を超えた意見交換を通して社内のコミュニケーションが活性化

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

鹿児島で1870(明治3)年創業という長い歴史をもつ同社は、「ヒシク」ブランドの味噌・醤油・食酢等の調味料を主力商品とし、県内はもとより、大阪、東京をはじめ、海外にも積極的に営業活動を展開しています。鹿児島の味覚文化を広く発信しながら、食の多様化に対応するために、社内勉強会や技術研修を通じて組織全体で人財育成に力を注いでいます。

Q. 勉強会を導入する前、どのような課題をおもちでしたか。
A. 部や課を超えたコミュニケーションが不足していました。そのため、社内の情報共有がうまくできず、社員さんが自分の仕事にばかり意識が向きがちで、視野を広げることがあまりできていなかったように感じます。

Q. 社内勉強会を始めたとき、社員の皆さんの反応や様子はどうでしたか。
A. 社員さんにとって本を読むこと、設問表に答えることが少なかったため、なかなか設問に対する答えが出ないことがありました。相手の意見を否定することなく継続することによって、少しずつではありますが、社員さんの設問に対する回答の中身が充実していきました。

Q. 継続していくなか、会社に起きた変化を教えてください。
A. それまでは自分の課や部内だけの関わりであった社員さんが、勉強会で他の部署の社員さんと意見交換することを通して、お互いの考え方や仕事についての理解が深まり、社内のコミュニケーションの活性化につながりました。
また、勉強会の導入によるものかはわかりませんが、社員さんが自らお客様に挨拶やお礼の手紙を書いたり、お客様第一で行動したりするようになり、得意先から「初めて取引先の方から手紙をもらいました」「いつも良くしてもらっているよ」といったお褒めの言葉をいただくことが増えました。

Q. 導入に成功した要因は?
A. 実質的な勉強会の運営を社員さんに任せていることだと思います。それによって、社員さん1人ひとりが自ら勉強会のメンバーを巻き込んで行動するようになっています。具体的には、チーム編成を1年ごとに行ない、より多くの社員さんとコミュニケーションをとれるようにしています。若い社員さんにチームリーダーを任せたり、司会や書記を代えたりすることによって全員参加型の勉強会になるようにしています。社員さんの設問に対する答えに対して社長が目を通し、コメントを付けていることも成功要因の1つだと思います。

Q. 社内勉強会を通じ、藤田様ご自身が得た気づきや学びを教えてください。
A. 何事も取り組む際は、真剣さと継続が大切であると気づくことができました。また、社員さん同士で意見交換ができてきたことで、相手の立場を考えて行動するようになりました。そして、本誌を読むことで知らなかった言葉も学ぶことができ、「臥薪嘗胆」という言葉は私の座右の銘として、仕事がつらいと思ったときなどに自己の戒めの言葉になっています。

会社情報:業種/味噌・醤油等調味料製造販売
社員数/69名
社内勉強会導入時期/2008年8月

voice_img201612_001

 

 

藤安醸造株式会社

藤田 幸一

導入企業さまの社員さんのお声

カテゴリー: 業務スタッフだより, 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

皆さま、こんにちは!
『理念と経営』お客様係りです☆

本日は「理念と経営」社内勉強会を導入している企業さまの
社員さんから頂いたご意見をご紹介いたします!

「理念と経営」社内勉強会を継続することで、

 1、自分の成長を実感することができました!

 2、自分で考えて仕事をすることができてきました!

 3、自由に意見が言える場があって、勉強会が楽しいです!

 4、社長や上司から、自分の努力が評価されるコメントがあって幸せです!

 5、職場の人間関係がとってもよくなってきました!

 6、コミュニケーションが良くなり、チームで仕事をできるようになってきました!

 7、お客さま、同僚、ビジネスパートナーから感謝されている実感が湧いてきました!

 8、会社、組織を大好きになりました!

などなどです。

アンan_img004

 

 

 

 

 

 

これらは我々がお聞きした代表的なものですが、
この他にも導入企業さま独自の効果もお聞きします!

musashisakai_img003

 

 

 

 

 

もし経営者の方で、「理念と経営」社内勉強会の導入をご検討中の方は
是非、【社内勉強会事例集】を一度ご覧ください。
もちろんすでに導入中の企業さまにもご参考にして頂けます!

実際に御社で試してみたいという場合には、
1度限りになりますが「社内勉強会サンプル資料」をお送りさせて頂きます。

社内勉強会お試しセット

 

 

 

 

 

 

 

★メールにて申込みご希望の方:rinen-keiei@nisouken.co.jp
★お電話をご希望の方:0120-519-114

疑問点・ご不明点ございましたら、いつでもご連絡くださいませ!!

理念と経営公式HPはこちら。

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇
『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2016年テーマ「変革の知恵~未来に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei

「理念と経営」事務局ブログはこちらから
http://www.rinen-mg.co.jp/blog/2009/08/post_307.html
■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

社内勉強会を導入して下さっている企業様のお声

カテゴリー: お知らせ, 月刊誌の読みどころ, 業務スタッフだより, 発売中の「理念と経営」, 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

月刊『理念と経営』には、社内勉強会を実際に導入して下さっている企業様のお声が掲載されています。

フレーム③1451528_550232678390889_2127486902_n

 

 

 

 

 

 

現在発売中の11月号では、 美容室フレームの鍋島道樹様 から

“「どう活かすか」を発表することで学びを深く落とし込める”というお話しを頂いています(P.91)。★

皆さまとても楽しそうに学びあっている事が伝わってきます!!

写真1 DSC_0094

 

 

 

 

 

そして

「社内勉強会を導入した目的」や「導入してから起こった変化」、 「お客様や取引先に喜ばれたエピソード」

などがQ&A方式で掲載されています。

写真2 DSC_0093

 

 

 

 

 

もしこのような社内勉強会導入事例にご興味をお持ちの方は、
当社ホームページから社内勉強会企業事例集のダウンロードもできますのでぜひお試しください!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2016年テーマ「変革の知恵~未来に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

実は社内勉強会は佐賀県にある小さなハウスウェディングがきっかけでした。

カテゴリー: 月刊誌の読みどころ, 業務スタッフだより, 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

皆様こんにちは。
月刊「理念と経営」お客様係です(^^)

月刊『理念と経営』社内勉強会 が始まった経緯をご存知ですか?

実は、私ども月刊『理念と経営』が推奨していたわけではありません。

最初に月刊『理念と経営』を教材として社内の勉強会を行ったのは、佐賀県鳥栖市にある小さなハウスウェディングの会社でした。

アイケイケイikk_img001

 

 

 

 

 

その会社様は創刊号に企業事例研究として、本誌に掲載させていただきました。
そのきっかけもあり、月刊『理念と経営』を全社員さんと一緒に学ぶ教材にされたのです。

その高い効果は、発刊している私たちでさえ予想もしていないものでした。
経営理念や会社の方向性を共有するのに、とても効果的な教材だということがわかったのです。

そこで、今は誰もが知っている 

 アイ・ケイ・ケイ株式会社様  の成功事例を参考にして、社内勉強会の教材として、月刊『理念と経営』を全国の中小企業にお勧めすることにしました。

(★小さなハウスウェディングの会社が、今は、一部上場するまでになっています。)

アイケイケイ② ikk_img003

 

 

 

 

 

続きはHPをご覧ください。⇒『理念と経営』公式ホームページ

③アイケイケイikk_img004

 

 

 

 

 

ちょうど今発売中の2016年11月号の巻頭対談に、
アイ・ケイ・ケイ株式会社様の代表取締役 金子和斗志氏のお話しが掲載されています。
「ひたすら“良いサービス”をするには、「人財」が絶対に欠かせません。
現場が最高のサービスを提供できるような場をつくることが、社長や幹部の役割です。
そのために社内と社外の教育のコラボレーションを行っているのです。」

金子和斗志氏がどのように人財を育て、会社を発展させたのか。
どのような立場の方でもご参考になるのではないでしょうか。
詳しくは月刊『理念と経営』11月号を是非ご覧ください。

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇
『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2016年テーマ「変革の知恵~未来に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei

「理念と経営」事務局ブログはこちらから
http://www.rinen-mg.co.jp/blog/2009/08/post_307.html
■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

「どう活かすか」を発表することで学びを深く落とし込める

カテゴリー: 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

広島県東広島市を中心に国内11店舗、タイのバンコクに1店舗展開している同社は、地域密着型の美容室として親しまれています。2008(平成20)年の社内勉強会開始以降、もともと明るい社内にさらに明るい笑顔が広がっています。

Q 社内勉強会を導入した目的を教えてください。

A 他業種の会社の成功体験や成功事例などを全社員で学び、共有することにより、1人ひとりが考え、行動に移せる率先垂範の組織づくりができると思ったからです。また、勉強会では4~5人のグループに分かれてディスカッションをします。その中で、自分の想いを要約し、グループ内で発表します。仲間の発表を傾聴、承認することで、接客業に必要なスキルを身につけると同時に、人としての在り方を考える機会になると思い、導入しました。

Q 実際にはどんな変化がありましたか。

A 店舗数が増え、社員さんの数も増えた時期と重なったため、コミュニケーションをとるちょうどいい機会になりました。毎回グループのメンバーをシャッフルすることで、他店舗のメンバーと話すことができ、本音で話せる組織へと変革していったと感じています。

Q 導入後、お客様や取引先に喜ばれたエピソードがあれば教えてください。

A 「いつ来てもウェルカムな雰囲気で、どの社員さんも話しやすい」「とにかく明るい社風だ」という声をよくお聞きします。臨店講習などで来ていただく講師の方からは、「本当に元気な社員さんで雰囲気がいい。こんなサロンはないよ!」と有り難い言葉をいただきました。

Q 導入に成功した要因は何だったと思いますか。

A 楽しんで取り組んだからだと思います。また、グループごとにディスカッションを終えて何を感じ、今から何を変え明日から仕事で具体的にどんな行動をとっていくかについて発表するようにしています。そうすることで、1人ひとりが社内勉強会の内容をより深く落とし込むことができ、他業種や自分以外の人のいいところを仕事に活かすことにつながっています。

美容室フレームvoice_img201611_001

 

 

 

 

 

会社情報:業種/美容業
従業員数/正社員55名、パートナー社員21名
社内勉強会導入時期/2008年

美容室フレーム
鍋島 道樹