カテゴリー別アーカイブ: セミナー

「ひらめき」とは

カテゴリー: セミナー | 投稿日: | 投稿者:

月刊・理念と経営」の社内勉強会が、
非常に効果を発揮しているようで最高に嬉しい一日でした。

「田舞さん、うちの社員が良く考えて仕事に取り組んでくれます。
人間的にも成長し、困難を希望に変えてくれる社員に育ちました」

特に昨日講義しました、
人間力
考える力
仕事力
感謝力の4つを統合した人材育成の話がよかったようです。

***

中でも、考える力の定義で、
「現在の自社の妨げになっているものと今後の自社の展望が見えた!」
そういうお言葉を頂戴して嬉しい気持ちです。
考える力は、人生でも企業経営でも大事な事です。

パスカルは、考える事は愛であると断言しています。
論語にも学んだだけではなく思う(考える)事が大事であり、
いくら思っても、学ぶことがなければならないと言っています。

***

成功発想塾(成功の発想学・片方先生)で、
片方善治先生は、
「ひらめきを呼び込む法」を講義されています。

経営には、“ひらめき”が必要だが、
それを生かすには、“力”が欠かせない。
その力のもとになるのは、ひらめきを活かすPIである。
PI(パーソナルアイデンティティー)とは、
自分の価値に気づくことです。

東京・可能思考教育のSAコースが大幅に増えていますが、
やはり、可能思考能力の大事さが、
今の時代に不可欠だと痛感されているからだと思います。

***

新しい発想がなければ今の時代を乗り越えることが出来ません。
意識革新、製品の革新、経営革新が大事な時代です。
成功発想塾(成功の発想学・片方先生)は大成功だと思います。

****************************************
★「ありがとう」の体験談を心よりお待ちしています!
  テーマ 「心に残るありがとう」
  文字数:1000字以内(原稿用紙2.5枚)、年齢:不問
  お問い合わせ:ありがとうキャンペーン実行委員会
           TEL 03-5211-1751

★コーチング型朝礼のツール
●朝礼活用DVDセット 2,250円(税込・送料込)
 → 内容:朝礼活用DVD   1枚
      13の徳目 小冊子 1冊
      ありがとうカード  1セット   
→ コーチング型朝礼の進め方を分かりやすく解説しています。
 → お申し込みは <dvd@nisouken.co.jp > まで。
    ※お名前・会社名・ご住所・本数をお忘れなく!

★理念と経営「経営者の会」「社内勉強会」のお問い合わせ
   TEL=0120-519-114 安井・浜本・田舞富太郎
   URL=http://www.rinen-mg.co.jp/
    ※導入の件で迷っている人は、御社まで説明に行きます。

*******************************************

リーダーフォローアップセミナー

カテゴリー: セミナー | 投稿日: | 投稿者:

東京で今年最後の理念と経営、社内勉強会、リーダーフォローアップセミナーを開催しました。

今回ご参加の会社さんは前回から引き続きご参加の会社さんが多くありました。
こうしたところでは、社内勉強会から成果が生まれている発表を数多く頂きました。

・皆で話すことで他の社員の考え方が解かるようになった。
・部門間での情報共有ができた。
・経営に関する本を読むようになった。
・会社のことを更に考えるようになった。
・価値観の共有、お互いの考え方を共有し理解するようになった。
・相手の話を聴く力やまとめる力がついた。
・自社の理念の落とし込みが出来てきている。
等様々な発表をいただきました。

研修最後には「今度帰ってからの勉強会が楽しみです。」
「楽しく元気にやっていきます。」
と元気になって帰っていきました。

リーダーが自信を持って取り組み、楽しんでやることが継続のポイントですね。
また、来年も企画をします。
社内勉強会を開催している会社さんは是非お越しくださいね。

1)「理念と経営」社内勉強会・リーダーフォローアップセミナー
   →社内勉強会リーダーと経営者は無料です。時間 10:00~16:00
     => URL=http://www.rinen-mg.co.jp/seminar03.html     大 阪:11月1日(木)
     東 京:10月29日(月)
     福 岡:11月12日(月)
     名古屋:11月28日(水)
     広 島:11月13日(火)
   ※問い合わせ:株式会社コスモ教育出版 TEL:0120-519-114
     
2)理念と経営「経営者の会」「社内勉強会」のお問い合わせ
   TEL=0120-519-114 安井・浜本
   URL=http://www.rinen-mg.co.jp/
    ※導入の件で迷っている人は、御社まで説明に行きます。

3)2008年版「理念と経営」カレンダーの予約開始!///
      テーマは「増益経営の推進」
 →朝礼を「人材育成」に活用できるコーチング型カレンダー
   カレンダー:12,600円 
  手帳:1,260円 
  解説読本:1,680円
   「カレンダー予約係」まで => calendar_2008@nisouken.co.jp   ※お名前・会社名・ご住所・冊数をお忘れなく!

4)新春経営者セミナー・東京大会
 → テーマ:「~人に歴史あり~不可能を可能にする」
  日 程:1月16日(水)・17日(木)
   会 場:ホテルグランパシフィック・メリディアン
 詳しくは=> http://www.nisouken.co.jp/000506.html

人を褒めて、考えさせて、そして育て上げる(松下経営哲学)

カテゴリー: セミナー | 投稿日: | 投稿者:

木野親之先生の東京・経営問答塾でした。
三観二学も素晴らしい講義ですが、
松下幸之助翁の5つの原則は、
あらためて我々経営者や幹部には不可欠のものです。
更に経営理念が深まる講義でした。

特に経営問答が素晴らしく、
最近は木野親之先生に松下経営哲学を、
一番深いところを学ばしていただいているようです。

木野親之先生曰く
「松下幸之助翁の経営の方程式は、
「どうや!何でや!教えてや!に尽きる。
いつもどうや?と聞いてみんなに考えさせる!
我々が答えると、すかさず何でや?と又聞いてきはる。
説明すると、今度は、教えてや?と聞いてきはる。」

木野親之先生の44年間の思い出が目の前で蘇るようでした。

我々はいつも幹部や社員に教えることばかりしていますが、
流石に松下幸之助翁は相手のことを尊重して、
自分が知っていることでも聞いて答えを聞いて褒めるそうです。

雲の上のような存在の松下幸之助翁に、教えてやと言われたら、
誰もが自信をもって仕事に取り組むはずですね。
今日の問答は、笑いもあって非常に愉快な時間でした。

木野先生の経営問答塾が大阪で開催されます。
経営問答塾:http://www.nisouken.co.jp/000024.html

理念と経営」社内勉強会・リーダーフォローアップセミナー
   →社内勉強会リーダーと経営者は無料です。時間 10:00~16:00
     => URL=http://www.rinen-mg.co.jp/seminar03.html     大 阪:11月1日(木)
     東 京:10月29日(月)
     福 岡:11月12日(月)
     名古屋:11月28日(水)
     広 島:11月13日(火)
   ※問い合わせ:株式会社コスモ教育出版 TEL:0120-519-114
     
理念と経営「経営者の会」「社内勉強会」のお問い合わせ
   TEL=0120-519-114 安井・浜本
   URL=http://www.rinen-mg.co.jp/    ※導入の件で迷っている人は、御社まで説明に行きます。

社内ですぐに実践できる人材育成セミナー

カテゴリー: セミナー | 投稿日: | 投稿者:

4月13日、東京麹町のルポール麹町において「社内ですぐに実践できる人材育成セミナー」が開催されました。

お申込状況が定員120名のところをオーバーし、キャンセル待ちの状態になり、
参加人数は126となりました。窮屈な状況でご受講頂き申し訳ございませんでした。

コスモ教育出版の開催するセミナーでは始めての開催にも拘わらず、このようにたくさんの方にお越し頂いたのは人材育成に関して課題をお持ちの企業が多いということではないかと感じます。

jinzai%20002.jpg

今回のセミナーのポイントは社内プロジェクトを立ち上げようということでした。
指示待ち人間が多い組織では考える習慣が出来ていません。
「発言しない。」「提案が出ない。」「考えない。」
そこで、社長がトップダウン型の指示をしてしまう。
しかし、今やトップダウン型のマネジメントだけではなかなか人材は育ちません。
組織を考える習慣を持った組織にしていく必要があります。
それには経営情報を与え、自分たちで考え、発言し、他の人の意見を聴く。
そんなディスカッションをする場を与えていくことが必要になってきます。
プロジェクトチームはそのためのものです。

テーマ持ったプロジェクトチームや社内勉強会、朝礼の活用方法。
その具体的運営方法をお伝えしてきました。

「またもう一度このセミナーの開催はありませんか。」というお声も頂戴しました。
いずれまた開催を検討したいと思います。
今回ご参加いただけなかった皆様、お待ち下さい。