カテゴリー別アーカイブ: 経営研究会

ご報告を頂きました。

カテゴリー: お知らせ, 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

皆様、こんにちは♣
月刊「理念と経営」お客様係です。

月刊「理念と経営」経営者の会にて経営者の皆様で勉強会を
ご開催頂いている方々よりご開催の声を頂きましたので、
ブログでアップさせて頂きます。
=================================
開催日時:2016年7月26日(火) 19:30~21:00
参加者:11名
=================================
設問1
「自分のことより従業員がどうすれば喜ぶかを考えると、会社はうまく回るようになります」
について、実践してうまくいった経験はありますか?また、自社に取り入れたいことは何ですか?

・「会社は家族」という思いで接している。
・社員さんを褒める時、叱る時、励ます時、親のような気持ちで接している。⇒社員さんは辞めた時に気付くかもしれない。
・外部の評価(コンテストなど)や初めての経験をさせることで、親心が伝わる時がある。
・社員の人生は社長次第=子どもの人生は親次第

設問2
帝京大学ラグビー部の7連覇を実現した監督の手法で取り入れたいものはどれでしょうか?
それにより、現状はどう変化すると思いますか?

・整理整頓・挨拶。生活の基本を教えること。
・上下関係が厳しくては、下の者の意見や考えを取り入れづらい体質になってしまう。もっと、
下の者(若者)に任せても良いことがあるかも。
・「二軸思考」でニュートラルな状態に保つのはどういうことか?
⇒俯瞰的に物事を見る、精神面を鍛える(難しいが…)、常に真ん中を意識する、自然体、プラス思考

設問5
継続的に売れ続ける仕組みを作りだすには自社でどんなことを始めると良いと思いますか?

・まずはお客さんのことをしっかり考えること。
・新しいことをすると真似される⇒チャレンジし続ける。

——————————————————————
ご開催者様の所感
今回の討議会のキーワードは「家族」だと思います。
最近、大事に育て、これから戦力として営業力もアップしていってほしいと思っていた
社員さんが働き方を見直したいと打ち明けられました。
いろいろな感情が湧きましたが、抑えました。
家族だとどんなに感情的に言い合っても次の日には普通に接することができるし、
言わなくても通じることがあります。
社員さんに対してはどうだろうか?と、考えながら参加した討議会でした。
個人的にいろいろ考えさせられることが多く、実りのある時間となりました。
ありがとうございました。
——————————————————————

ご開催を頂きありがとうございました。
これからも皆様の討議会のご報告お待ちしております。

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇
『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2016年テーマ「変革の知恵~未来に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei

「理念と経営」事務局ブログはこちらから
http://www.rinen-mg.co.jp/blog/2009/08/post_307.html
■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

岡山ブロック、上田支部の皆様より討議会のご報告が届きました!

カテゴリー: 発売中の「理念と経営」, 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

皆様、こんにちは。
月刊「理念と経営」お客様係です。

岡山ブロック 上田支部(総務委員会)の皆様より討議会報告を
頂きましたので、こちらのブログでもご紹介させて頂きます。

■□—————————————————————-□■
開催日時:6月13日(水)18:00~20:30
参加者:オブザーバー含め12名
■□—————————————————————-□■

【討議長の提案で、「理念と経営 7月号」の各記事を読んで、心に引っかかったフレーズを各自発表】

○ マーケティングは「センス(感性)」が肝である。
○ 自分を整える
○ 二軸思考
○ 自己反省
○ 心のバランス 心をニューロラルに
○ 高付加価値経営
○ 生産性
○ 売れ続ける仕組み

設問②『挑み続ける』で帝京大学ラグビー部を7連覇させるほどの常勝軍団にした岩出監督の手法の中で、御社に取り入れたいものはどれでしょうか?それにより現状はどのように変化すると思われますか?

「自分を整える」という基本的なこと。5Sから -> 気づきが得られる
心をニュートラルにしておく。-> 気づきが得られ、人間性の成長に繋がる。
自分の進む道、または会社の将来性を判断する -> 今の課題、やるべき事に全力で向き合える。
基本的をしっかりとし「人間力」を高めれる -> 何事にも対応して成長していける。お客様の要求にも対応する力が付く。
岩出監督の手法は学生ではOKだが、果たして社会人としてこの手法は通用するかとの反論意見も。
学校と会社は違う -> 会社ではある程度の強制力も必要
「上級生に絶対服従」の体育会文化を変えた -> 上下関係の崩壊を招く
人間性やチームワークを構築 -> 自然と先輩に尊敬の念を持つ仕組みが出来る
体育会で諸々と理不尽なことを体験 -> 社会に出た後にはプラスになったこともあったので、ある程度はありか

【外部オブザーバーとして来て頂いた方のご意見】
・記事では学生が自主性を持って行動したり、気づいたりとあったが、現在の学生は自主性が無い、言われないと出来ない、しない人が多い。
・学校への要求として学生に自主性を持たすように教育して欲しいとの声があるのも事実で、学校としても自主性を持たすような教育を実践はしている。

設問⑤『古永泰夫のマーケティング塾』継続的に「売れ続ける仕組み」を作り出すには、自社でどんなことを始めると良いと思いますか?

・自分がもっと色々と考えて利益アップをして行かなくてはならないと強く思っている。とにかく付加価値を上げることしかない。
・適正な粗利以上は取ることは出来ない。新しいコンセプトをつくらなければ自社ではこれ以上は限界かとも考えている。
・ブランド力の強い会社は強い。
・大手は時代に合わせて工夫をし変えていっているが、大手のしている手法は自社(中小企業)では難しい。
・大手は利益を生み出すシステムが凄い。
・利益を生み出す商売をしている人は攻めの体制である。
・現在は利益を出している会社でも、色々と模索を繰り返し、失敗した時の対応も考えながらもスピーディーに行動を起こしている。
・センスは作るものだ。

========ご開催者様の所感==========
前回も参加頂いた外部オブザーバーの参加で、別の立ち位置からの意見も得られ、それに対して実際の現場にいる委員からの現実も話も出てきて、非常に活発な討議会になった。
また、橋本委員からは、記事に対して、あえての反論発言もあり、学生と社員との違いや、社内での先輩と後輩の役割について、上下関係の構築についての苦労話等、
討議会でなければ、聞けない話なども多く出てきた。

予定時間をオーバーしても話足りない委員もおられたり、今回は懇親会がビヤガーデンということもあったからか?
出席も今年の総務委員会での最高人数となり、あっという間の討議会でした。
次回は合同委員会ということもあり、今回の盛り上がりを継続していこうと団結力を確認して散会となりました。

=======================================
ご開催のご報告ありがとうございます!
今後の参考にさせて頂きます。

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇
『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2016年テーマ「変革の知恵~未来に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei

「理念と経営」事務局ブログはこちらから
http://www.rinen-mg.co.jp/blog/2009/08/post_307.html
■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

経営者の会用 「見本誌」 お申込み書です!

カテゴリー: 業務スタッフだより, 経営研究会 | 投稿日: | 投稿者:

皆さま こんにちは!
お客様からお問い合わせがあった「見本誌」のご紹介です!

「“経営者の会”に一度参加して欲しい人がいるんだけど、
本は頂けないですか?本があれば試しに一緒に勉強会に参加してもらえるので。」
とのお問い合わせを頂きました。

経営者の会の画面

 

 

 

 

 

経営者の会executive_study_mokuteki_main

 

 

 

 

 

「理念と経営」HP 経営者の会 のページです ↓

https://secure354b.sakura.ne.jp/rinen-mg.co.jp/executive_study/aboutus.html?_ga=1.172714209.39614182.1391581376

 

はい!コスモ教育出版からご紹介頂いた方に「見本誌」をお送り致します!

こちらが経営者の会用の「見本誌」お申込み書です!
経営者の会の設問表と一緒にお送りします
申込書全体

 

 

 

 

 

 



おハガキやインターネットでも「見本誌」のお申し込み頂けますが、
もしこのお申込み書をご希望の方はFAX致しますのでご連絡ください!

「見本誌」は一般の個人のお客さまももちろんお申し込み頂けます!
※「見本誌」は『理念と経営』をまだご購読頂いていないお客さまに
『理念と経営』のバックナンバーをお届けし、お試しでお読み頂けるものです。
※ただし1企業様で1回とさせて頂きますのでご了承くださいませ。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌

月刊「理念と経営」
株式会社コスモ教育出版
田舞 富太郎

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
URL  http://www.rinen-mg.co.jp/
e-mail rinen-keiei@nisouken.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◇事業は「強く思い、強く信じる」からこそ、やっていける◇

カテゴリー: お知らせ, 月刊誌の読みどころ, 社内勉強会, 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

皆様、今日は!
月刊「理念と経営」です。

時々は月刊「理念と経営」バックナンバーをご覧になって見ませんか!!
新鮮な言葉として飛び込んでくるかも・・・

FullSizeRenderFullSizeRender (1)

 

 

 

 

 

 

株式会社エイチ・アイ・エスの澤田秀雄氏は言いました。
今から言う三つだけをやってください!と。

まずはやる気と元気が大事ですから、全員に「この会社は18年間赤字で、
お客様もどんどん減って大変です。
これからは、今から言う三つだけをやってください」と訴えました。

◇一つは「ごみが落ちている会社は発展しません。
とくに、ここのバックヤードは汚れている。
僕もやるから、朝の15分、皆で掃除しよう」。

◇二つ目は「お客様も減って利益も出ない。だから、暗いのはわかるけど、
そういうときこそ明るく、元気に仕事をしよう。お客様には大きな声で挨拶し
笑顔で接してほしい」。

◇三つ目に「黒字にして、これまで出なかったボーナスを取ろう。
そのために、経費を2割削減して、お客様を2割増やそう」と。

続きは→ http://www.rinen-mg.co.jp/case/his.html

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
月刊「理念と経営」

株式会社コスモ教育出版
田舞 富太郎
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
URL  http://www.rinen-mg.co.jp/
e-mail rinen-keiei@nisouken.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

『理念と経営』との運命的な出会い

カテゴリー: 社内勉強会, 経営研究会 | 投稿日: | 投稿者:

ある経営者の方が『理念と経営』を定期購読してくださっています。

以前、お申し込みのきっかけをお聞きすると、

「最初たまたまジュンク堂で見かけました。 表紙が好きな経営者だったので思わず買ったんです。 買ってすぐに近くの喫茶店でむさぼるように読みました。 その頃は色々と考えることがあったので。」

とおっしゃっていました。

『理念と経営』は一部のジュンク堂で販売しているのですが、
このお話をお聞きした時、私はなんだか運命的なものを感じ、
何がなんでもこの方のお役にたちたいと思った覚えがあります。

書店

その方は社内勉強会、経営者の会、10周年記念全国大会にも興味を持ってくださっています。
学ぶ意識の高い方は常にアンテナを張っていらっしゃいますね!

読書

笑顔

 

 

 

人それぞれ様々なきっかけで『理念と経営』と出会って下さっていると
思いますが、皆さんのお役に立てるよう我々も全力でサポート致します!

社内勉強会にご興味ある方はこちら

https://secure354b.sakura.ne.jp/rinen-mg.co.jp/staff_study/aboutus.html?_ga=1.253474697.1671591312.1410074722

経営者の会にご興味ある方はこちら

https://secure354b.sakura.ne.jp/rinen-mg.co.jp/executive_study/aboutus.html?_ga=1.54686507.1671591312.1410074722

10周年記念全国大会にご興味ある方はこちら

http://www.rinen-mg.co.jp/10syuunen/

★——————————————————————————-★

株式会社コスモ教育出版

月刊「理念と経営」
担当:お客様係♪

★——————————————————————————-★

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
URL  http://www.rinen-mg.co.jp/
e-mail rinen-keiei@nisouken.co.jp

ファシリテーションCDをぜひご活用ください♪

カテゴリー: 社内勉強会, 経営研究会 | 投稿日: | 投稿者:

皆様、こんばんは☆☆
月刊「理念と経営」です!!

『理念と経営』社内勉強会ファシリテーションCD
ご活用をいただきありがとうございます!!

ファシリテーションCDを聞いてからの勉強会は
いつもより熱い時間となります!
まだの方は是非お試しください!!!

☆ファシリテーションCDは、日創研の研修講師が、
「設題」のポイントを解説した音声を録音しております。

☆ファシリテーションCDは職場での人材教育でも
勉強会の学びを繰り返し伝えることができ、
勉強会での学びがさらに深まります。

【ファシリテーションCDは3種類あります】

FullSizeRender (2)FullSizeRender

 

ファシリテーションCDは毎月の設問表の内容にそって
それぞれの立場に分けた内容となっております。

経営者様用
勉強会を導入された経営者様には、各設問の意図を解説した音声ファイルを
ホームページからダウンロードできます。
社員の皆さんが勉強会で学んでいる内容を、音声ファイルを通して知ることができます。

リーダー用
ファシリテーションCDを勉強会の始まる前に全員で聞くことで
モチベーションアップが期待でき、発表も活発になり
深堀りの話し合いでできます。

ファシリテーションCDはリーダーの方が聞くことで、
勉強会の進め方のヒントになったり、
話し合うポイントをつかむことができます。

FullSizeRender (1)

 

 

 

 

 

 

 

経営者の会用
月1回の経営者様の集まりで、話し合う前に皆さんで聞いて頂いています。
話し合いの要点が凝縮させているので、参考になるとのご意見をいただいております。

皆様からのお声をお待ちしております☆

 

 

 

◇景山支部の皆様からの討議会のご報告です◇

カテゴリー: 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

景山支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ。

◇—————————————————————————————————
開催日時:2015年4月28日(金)
参加人数:12名
—————————————————————————————————◇

【設問1】30年後を見据えた自社の社会的責任(CSR)の30年ビジョンは何でしょうか(巻頭対談)
・雇用を守り、雇用を創出して社会貢献
・適正利益を上げて社会貢献
・人財育成して社会貢献
・新商品、新技術を開発して社会貢献
・農業事業を推進して社会貢献
【設問2】ブラック企業の定義とブラック企業と言われず、
仕事の日本的価値と社員さんの定着率アップを図るためにはどうすれば良いでしょうか(三位一体)
①ブラック企業とは
・劣悪な労働環境
・劣悪な職場環境
・人は金を儲ける道具、部品
②日本的価値とは
・人間尊重経営
・王道の経営
③定着率アップ
・職場環境の改善
・人間関係を良くする
・理念経営の実践
・働くことの意義や使命を明らかにして働くことに誇りを持たせる
 
【設問3】エンゼルグループ飛躍の秘密は何でしょうか(企業事例研究2)
・子供と親が共に成長する仕組み、ノウハウの確立
・市川理事長が使命に目覚め、この目覚めが社内に浸透した
・理念経営の実践(王道の経営)
【設問4】中小企業の問題は何ですか(巻頭対談)
・赤字企業が多い(70%以上)
・生産性が低い
・同質化競争(低価格競争)
・人財の採用と育成
・作るのは上手だが売るのが下手
—————————————————————————–
【所感】
今月の討議のなかで一番白熱したところは、
設問4の「中小企業の問題は何ですか」でした。
真剣ななかにもユーモアー溢れる討議でしたが、
こういう討議会であってこそ、参加率が高まっていきますが、
次月も、楽しい討議会になるよう、工夫したいと思います。
以上

「くちびるに歌を持て 心に太陽を持て」!!

カテゴリー: お知らせ, 社内勉強会, 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

皆様、こんにちは! 月刊「理念と経営」です。

「くちびるに歌を持て 心に太陽を持て」で連載を頂いております小檜山 博氏に
月刊「理念と経営」創刊10周年記念全国大会でご講演を頂きます。
どうぞ皆様!心からのお話しに耳を傾けにお越しくださいませす☆

JPEGバージョン理念と経営社告)全国大会

 

 

 

 

 

 

 

月刊「理念と経営」には、2009年1月号から連載されており、今月号で52回となります。
多くの皆様に愛され、大変ご好評をいただいております。
FullSizeRender1回

 

 

 

 

 

 

 

『理念と経営」社内勉強会の設問表の最初にも
★『くちびるに歌を持て 心に太陽を持て』を読み合わせをし、感想を述べ合ってから、
勉強会をスタートしてみましょう!! と提案いたしております。

小檜山博氏は、1937(昭和12)年北海道滝上町雄柏の炭焼小屋で生まれました。
現在は、札幌市に住み、執筆のかたわら、全国各地で講演活動も行っています。

<小檜山 博氏の受賞作品>
「出刃」    1976年  第1回北方文芸 第75回芥川賞候補
「光る女」   1983年  第11回泉鏡花文学 北海道新聞文学賞
「光る大雪」  2003年  木山捷平文学賞
「風少年」   2005年  2006年度、中学校教科書に採用される。

<その他の作品>
<小説>  イタチ捕り・地吹雪・荒海・黯い足音・鏡の裏・ 地の音・雪嵐・クマソタケルの末裔・       夢の女・パラオレノン・スコール 他
<エッセー>  野人の巣・ただ坂道を歩きたくて・自分に出会う日・夢の通い路・北国の人生・人生という旅・ぼくの本音・ぼくの白状 他

月刊「理念と経営」創刊10周年記念全国大会へのご参加を心よりお待ちしております

 

◇秋山支部の皆様からの討議会のご報告です◇

カテゴリー: 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

秋山支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ。

◇—————————————————————————————————
開催日時:2015年4月17日(金)
参加人数:10名
—————————————————————————————————◇

【設問1】
30年後を自由な発想で発表
・街の中にある小さな商店「サザエさん」のようなイメージ
・シルバー層は確実に考える必要がある。
・幼稚園~高齢者向け(いわゆる老人ホーム)→海外の市場へ(季節ごとにターゲットの国を変える)
・人口減少するからこそ車が必要→必要な人の交通手段として
・中小零細企業が減る・・・
・誰もが働き続けられる社会になっていて、「子どもが少なかったんよ、昔は」と思い出話ができるくらい。
・精神性の高い世の中になっている。人間とは?本当に求めていることは何?を突き詰める必要がある。「人と人」のつながり!
・最終的には、「人」。商売の基本。
・心の豊かさ。
・長い目でみることや今すべきことを同時にやっていくこと!
【設問2】
「ブラック企業」の定義、考え方など最近言われ始めたのではないか?という問いかけに、
大きく頷く委員さんの中、インターンシップ中の学生(教育学部2回生)から、新鮮な意見が聞けた。
「時間は延びるのはいいが、次の目標や評価が欲しい。伝えてほしい。」
「意義や意味が分かれば、時間や報酬などは関係ない。」
以下、委員の意見
・「ラットゲーム」(目的・目標も無くただ働く)がブラック企業?
・市場が国内なのか?海外なのか?で価値観が変わる。
・制度に甘えている??過剰になり過ぎている。
・社員さんの心のケア。社員さんに寄り添う。
・会社の方向性を明確に。
・お客様に喜ばれることが社員の喜びになる。社員ばかりを見ていたらだめ。
【設問3】
・利益ではなく、理念に基づいた経営。
・無限の可能性を信じて進む。
・自分の仕事に対して、心から誇りを持っていやっていること。
・経営を確実にしていたこと。
・卒園児や職員をブランド化。
・「応援される人間になる」。
【所感】
経営者ばかりの会で、ハキハキと自分の意見や思いを伝えられる大学生の姿が新鮮でした。
そんな学生さんが就職したくなる会社にしたい、という意見も聞かれました。
小学校または高校の先生を目指されているそうです。
今のまま熱い思いを持った彼のような先生が活かされる教育現場であってほしい、と思いました。
今の子どもたちの教育こそが、今後の日本の将来を決めると思います。
その子どもたちの成長に大きく関わるのが母親です。
その母親たちの抱える様々な課題を解決することが、子どもたちや日本の明るい未来につながる、
と改めて思いました。
以上

◇山部支部の皆様からの討議会のご報告です◇

カテゴリー: 経営研究会, 経営者の会 | 投稿日: | 投稿者:

山部支部より討議会のご報告を頂きました!
ぜひ皆様もご覧くださいませ。

◇—————————————————————————————————
開催日時:2015年4月16日(木)
参加人数:11名
——————————————————————————————————

【設問1】 30年後を見据えた自社の社会的責任(CSR)の 30 年ビジョンは?
・シルバー世代をより意識した戦略が必要。
・安心安全で何があっても責任を取れる仕組み作り。
・人口減少の中でどういった人材を確保していくのか?
・コンプライアンスと商品・地球環境も守る会社作り。
コンパクトにキラーブランド化して一生を通じてお客様と繋がって行くこと。
・技術や安全を一定して供給できる仕組み作り。
【設問2】 ブラック企業を定義し、日本的価値観を社員さんに定着させるには
どうしたらよいか?
ブラック企業とは会社と社員さんの間に互恵関係が成立してない企業ではないか。
欧米的価値観の社員さんにも同じ様に接して信頼関係をまず構築していく。
・共感し合う (アルバイトさんばかりだと理念が共有しずらいのでビジョンを共有する)
【設問3】 エンゼルグループの躍進の秘密はどこにあるのだろうか、この投げかけに対する貴方の考えを述べて下さい。
・理念と行動にきっちり合っている。
・地域にとって会社がやるべき事がはっきりしている。
理事長の思いやビジョンが強いからこそまわりの協力が必然と生まれている。
【所感】
討議長のテンポの良いお話も含め終始明るい雰囲気で全ての設問を
万遍なく討議することが出来ました、
社員さんや会社のビジョンについても色々な業種の方がいるからこそのお話も
聞けましたので次回の討議会も引き続き活性化させて行きたいと思います。
ありがとうございました。
以上