カテゴリー別アーカイブ: ありがとう経営

コスモ教育出版☆書籍のご紹介

カテゴリー: 「心に残る、ありがとう!」体験談, ありがとう経営, お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆様こんにちは(^^)

月刊「理念と経営」お客様係です♥

 

本日はコスモ教育出版の書籍をご紹介いたします。

「心に残るありがとう」

20160804blog

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、2008年1月から6月までに一般公募した「心に残るありがとう」体験談より、

選りすぐられた40編をまとめた1冊です。
年齢を問わず全ての方が共感できるものがあり、

読み終わりは、人との繋がり感謝し、心が清らかになる本です。

201608042blog

 

 

 

 

 

 

 

入賞作品10編をまとめた「心に残るありがとう(短編集)」もございますので、

ご一読下されば嬉しく思います。

その他にも経営者様向けの書籍や社員様向けの書籍など

多数ご用意しております。(書籍販売サイトはコチラ→http://www.cosmo-book.com/

taiken6_bosyuu

 

 

 

 

 

また、今年は第6回「心に残る、ありがとう!」体験談を募集しております!!

是非、皆様の心に残っておられる感謝の体験談を文字にして

コスモ教育出版まで、ご応募下さいませ。
原稿用紙はホームページよりダウンロードが可能です。

こちらからどうぞ。↓↓↓↓
http://www.arigatou-keiei.jp/taikendan_6.html

----------------------------------

☆月刊「理念と経営」の魅力☆

①今以上に経営理念を浸透する為の「理念と経営」社内勉強会とは、
社員さん同士が議論しながら経営理念を理解する、職場内教育の時間です。

②経営理念が浸透している多数の企業事例を学習するため、
理解がしやすい教科書になっています。

③文章、テキストだけではなく、写真をたくさん活用しているため、
直感的に経営理念を理解することが可能です。

④社員さん1人ひとりの理念も深く考えることができ、
自社の経営理念の大切さがよく理解できます。

♪迷まわれている方は、まずはお電話を!♪ ℡:0120-519-114
♪経験豊富なスタッフがガイドをするので、楽しく、真剣に勉強できる状態を創ります!♪

------------------------------------

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇
『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2016年テーマ「変革の知恵~未来に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei

「理念と経営」事務局ブログはこちらから
http://www.rinen-mg.co.jp/blog/2009/08/post_307.html
■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

 

「心に残る、ありがとう!」体験談の募集が始まりました!!

カテゴリー: 「心に残る、ありがとう!」体験談, ありがとう経営, お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆さん、こんにちは。
月刊「理念と経営」お客様係です。

今年も、「心に残る、ありがとう!」体験談の募集が始まりました!!
募集は今年で第6回目となります。
月刊「理念と経営」2016年8月号でも応募要項を掲載させて頂いております。

選考委員はこちらの3名様になります。

shinshain6 (2)

 

 

 

 

 

是非、皆様の心に残っておられる感謝の体験談を文字にして
コスモ教育出版まで、ご応募下さいませ。
原稿用紙はホームページよりダウンロードが可能です。

こちらからどうぞ。↓↓↓↓
http://www.arigatou-keiei.jp/taikendan_6.html

また以前の心に残るありがとう体験談が冊子になったものも
ございますので、こちらもぜひご覧ください。
※当社ネットショップからご購入いただけます。

皆様からの沢山の「心に残るありがとう」を
お待ちしております。

taiken6_bosyuu

 

 

 

 

 

 

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇
『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2016年テーマ「変革の知恵~未来に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei

「理念と経営」事務局ブログはこちらから
http://www.rinen-mg.co.jp/blog/2009/08/post_307.html
■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

無名だった吹奏楽部を名門倶楽部に導いた極意とは!

カテゴリー: ありがとう経営, 編集部だより | 投稿日: | 投稿者:

丸谷 明夫先生。

大阪府立淀川工科高等学校で吹奏楽部顧問をされています。

元々無名だった吹奏楽部を名門吹奏楽部に導かれた方です。

丸谷2yjimage

全日本吹奏楽コンクール高校の部に36回出場、そのうち27回金賞を獲得。

全国最多を記録しているそうです。

そのような名門クラブなので、今では生徒の1/4が吹奏楽部に入部するそうです!

 

そんな丸谷先生がおっしゃっていた印象深い言葉があります。

普段の小さな気遣いが音楽になるねん。音楽以外の小さな気遣いや。」

心を磨け。それが音に出るから

吹奏楽yjimage

これらは仕事にも通じるように感じました。

良い学校出たから、成績が優秀だったからだけでなく、

普段の周りへの気遣い、お客様への気遣い、職場への感謝。

そういったものが商品やサービスに形となって表れるのかもしれませんね。

丸谷1yjimage

 

 

 

思いやりや感謝を大切にして、良い商品を多くの方にお届けしたいと改めて思いました。

月刊『理念と経営』ホームページはこちらです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌

月刊「理念と経営」
株式会社コスモ教育出版
田舞 富太郎

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9 浜町ビル5階
TEL0120-519-114 / FAX0120-122-754
URL  http://www.rinen-mg.co.jp/
e-mail rinen-keiei@nisouken.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

☆第5回「ありがとう卓越経営大賞」を公募中です!☆

カテゴリー: ありがとう卓越経営大賞, ありがとう経営, お知らせ | 投稿日: | 投稿者:

皆様、こんにちは(^^♪

月刊「理念と経営では、
☆☆会社を支える社員さんに光をあてる☆☆
第5回「ありがとう卓越経営大賞」を公募中です!

FullSizeRender (1)

FullSizeRender

 

 

 

 

 

 

月刊『理念と経営』では、「心に残る、ありがとう!」運動を推進し、
2008年に「心に残る、ありがとう!」体験談の原稿を公募しました。

そして「心に残る、ありがとう!」推進運動の第二弾として企画したのが、
「ありがとう卓越経営大賞」です。

「ありがとう卓越経営大賞」の公募は、第一線の現場で頑張っていらっしゃる社員様が対象でございます。

受賞頂いた皆様には2016年新春経営者セミナーに於いて贈賞式が行われます☆

是非、各企業の社長・経営者様からの、ご自慢の社員さんのご推薦をお待ちしております!

募集要項など詳細はこちらへ
⇒http://www.arigatou-takuetsu.jp/about.html

 

心に残るありがとう体験談の募集が始まっています

カテゴリー: ありがとう経営 | 投稿日: | 投稿者:

6月2日の日本経済新聞夕刊第一面の下段に、
夏樹静子先生の原稿が掲載されていました。

「心に残るありがとう体験談」に関する
夏樹静子先生の所感です。
皆様方もお読みくださり、是非、8月末締め切りの、
「心に残るありがとう体験談」をお寄せ下さい。

特に社員さんに書いてもらうことで、
社風改善やコミュニケーションの向上など、
色々な効果が出ています。

「心に残るありがとう体験談」の効果
1.社員さんや幹部がよく理解できる
2.人財育成に役立つ
3.感動する作品を読んでもらうと、
  社内のコミュニケーションが良くなる
4.「ありがとうの体験」を思い出すことで、
  感謝の心が芽生えたり人間性が高まる
5.そのほか色々な効果が出てきます。

以下、新聞記事の本文です。

「ありがとう」の季節 作家 夏樹静子

月刊誌『理念と経営』を発行しているコスモ教育出版が、
2008年から「心に残る、ありがとう!」の原稿募集を始めた。
千字以内の応募作が毎年4?5千余り集まり、
中西進、山折哲雄両先生の末席に私が加わって、
公開選考で受賞作を決める。

テーマはやはり母と子の絆(きずな)が抜きんでて多い。
23歳から独りで子育てした女性が、生活苦のあまり、
2歳の息子を背負って入水自殺を図るが、
波の音で目ざめた子が笑って
月を見あげている顔をみて思い留まる。

あるいは、母と兄弟の3人家庭で、
ある日母が弁当を作って遠足に行く。
帰りに湖の土手で母を中に手をつないで並ぶと、
母が自分と一緒に2人を水中へ引きずりこもうとする。

命がけの引きあいは兄弟の力が勝った。
いや、事実は
〈生きよう、いや死のう。
 母親の心の壮絶な死闘に母自身が勝ったのだ。〉

どちらも昭和半ば頃(ごろ)のようだ。
戦後、国民のほとんどが
明日の糧にも窮した時代があったことを、
私達は決して忘れてはならない。

勿論(もちろん)、父や師や友や、
色々な人への多様な形の生涯忘れない感謝の体験は、
拝読する私にも心が洗われる貴重な経験である。

中西先生が終りの講演で
〈人間は誰しも「負」と巡り合い、
 数奇な運命を余儀なくされている。
 そのような人間にとって、生きぬく力、生きぬく手段とは何か、
 といえば、「ありがとう」と言う感謝の心である。〉と語られた。

今の時代、物に不自由せず
両親に溺愛(できあい)されて育った「負」の少い独りっ子も、
言葉だけでなく、真に感謝する心を持ち、
それが自身の幸福を生み出すことを知ってほしい。
5月、こどもの日や母の日を、
皆さんはどんなふうに過ごされただろうか?

掲載日 2010年6月2日 日本経済新聞 夕刊 1ページ

応募用紙のご請求は下記まで
************************************************
中小企業の活性化を応援する
月刊「理念と経営」
株式会社コスモ教育出版 大阪オフィス

〒564-0051
大阪府吹田市豊津町12-5
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
URL http://www.rinen-mg.co.jp
 e-mail:yasui@nisouken.co.jp
「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei
理念と経営ブログ;http://www.rinen-mg.co.jp/blog/
ありがとうブログ;http://arigatou-blog.com/
*************************************************

「心に残るありがとう大賞」公開選考会

カテゴリー: ありがとう経営 | 投稿日: | 投稿者:

10月5日第二回「心に残るありがとう大賞」公開選考会とパーティーがホテルオークラにて開催されました。

応募総数は5215通にのぼり、その中から入選した20名の方々の作文の発表がありましたが、作者自身で朗読頂き、全ての作品に涙しました。
入賞者の中には中国の方もいらっしゃいました。

IMG_3410.jpg

それぞれの中に様々なドラマがあり、苦労や困難を感謝のおもいに昇華してくところに人間の素晴らしさがあるのだと感動いたしました。
発表された皆さんの笑顔には神々しささえ感じられました。

IMG_3412.jpg

最優秀賞、優秀賞の方々
最優秀賞:藤井敦邦様
優秀賞:岩垂満華様、中村浩之様、松木広子様
の方々でした。おめでとうございます。

入賞者の苦労が、一瞬でも抜ける時間だと思ったのです。
中西先生・山折先生・夏樹静子先生たちの講評も素敵でした。

IMG_3411.jpg

「お迎え3歩・お見送り7歩」
山折先生の記念講演も、贈賞も、懇親会も最高でした。

本当に皆様方のお陰です。
夏樹静子先生に、
「こんなすごいこと!日経新聞に書いてあげるよ!」と、
お褒め頂きました。

今回ご参加できなかった方は是非とも来年は会場に足をお運びください。
受賞するしないに拘らず、あの感動は是非とも味わっていただきたいと心から願います。

今度は11月30日で締め切る「ありがとう卓越経営大賞」です。
是非、社員や幹部を心から表彰してあげて下さい。
必ず会社が大きく良い方向に変わります。

受賞の発表は新春経営者セミナーです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●新春経営者セミナー・東京大会の日程決定!
 日 程:2010年1月20日(水)~22日(金)
 テーマ:人生も経営も修行である ~勇気と挑戦~
 会 場:ホテルグランパシフィック ル・ダイバ
 詳しくは=>http://www.nisouken.co.jp/000557.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

社員さんからのお礼の手紙

カテゴリー: ありがとう経営 | 投稿日: | 投稿者:

これも福井県のある会社様です。

この会社では「理念と経営」の送付方法が変わっています。

会社に送られてきた「理念と経営」に社長様の手紙を添えて、
社員さんのご自宅に再度送っているそうです。

社長様の意図としては、
こうした本を使って会社で勉強をしていることを
社員の家族さんに解って欲しい。
そして、家族の方も一緒に学んで欲しいというお気持ちからだそうです。
そこに社長様からの手紙があるというのです。

そうした社長の思いが伝わったのか、社員さんから手紙が来たそうです。

手紙の一部を紹介します。
「理念と経営」をわざわざ送っていただき本当にありがとうございます。
だんなも「理念と経営」やハガキを一緒に読んでいます。
特に「社長通信」は「俺にも読ませて」といつも言ってきます。
“中略”
やりがいある仕事、良いスタッフの方々に囲まれて本当に幸せです。
こんな楽しい仕事でお給料までいただけて本当に嬉しいです。

これこそ「ありがとう経営」ですね。
そして、「指導者の一念」というのはこうした努力のことを言うのでしょう。

ありがとう体験

カテゴリー: ありがとう経営 | 投稿日: | 投稿者:

福井のある会社様を訪問しました。

そこで、「理念と経営」社内勉強会から生まれたことがあるのです。
と見せられたものがあります。

%A4%A2%A4%EA%A4%AC%A4%C8%A4%A6%B7%D0%B1%C4%20001.jpg

それがこの手作りの文集でした。
昨年の「心にのこるありがとう」を書いたあとで、

社内でも作ろうという声が勉強会で上がったそうです。
サンキュープロジェクト委員会ができ、
このありがとう作文が生まれたそうです。

今回の作文のテーマは
「過去の自分にありがとう」ということで、
自分自身の過去の頑張った時のこと。
一生懸命に生きてきた自分を認めていくことです。

ありがとう経営のなかで言っていることですが、
「自分自身にありがとうと言って生きていく。」
これって大事ですね。

こうしたことを全社員で行い、
今度の社員総会では優秀作文に表彰を行うようです。

こうしてありがとう経営が広がっていっています。

「心に残る ありがとう」贈賞式

カテゴリー: ありがとう経営 | 投稿日: | 投稿者:

「心に残る ありがとう」大賞 公開選考会並びに贈賞式の写真が出来てきました。

まさに感動の贈賞式でした。最終選考に残られました20作品はどれも甲乙つけがたく、中西 進先生、山折哲雄先生、夏樹静子先生の選考委員の方々も苦渋の選択で優秀賞、最優秀賞をお決めになられました。

選考委員の先生方
IMG_8583.jpg

今回、特別賞には小学生6年生の上田桂美さんが選ばれました。とても素直な表現に選考委員の先生方も感心をなさっていらっしゃいました。

優秀賞には鳥取から応募してくださいました、株式会社ちむらの大上美津枝様が選ばれました。そしてもうひと方、岐阜県恵那市の麗澤瑞浪中学高等学校教諭の谷渕篤孝様が選ばれました。

そして、最優秀賞には長野県松本市から応募頂きました、株式会社コンフォールの泉山竜偉知様が選ばれました。
最優秀賞の泉山さん
IMG_8717.jpg

選考委員長の中西 進先生のご講演を頂きました。テーマ「ありがとうのやさしさ」でした。
心に沁み入るご講演でございました。
IMG_8614.jpg

「ありがとう」の言葉にはマイナスをプラスに変えるパワーがあります。人を勇気づける力があります。どん底から這い上がる力を与えてくれます。人の心を優しくする力があります。すべての人に勇気と希望を与えてくれる力があります。
どうぞ、この「ありがとう」の力をこの「理念と経営」を学ぶ仲間から発信して、この混迷に悩む日本に力を与えていけたらどんなに素晴らしいことかと思いました。

選考委員の先生方と入賞者たち
IMG_8799.jpg

来年ももっと感動の贈賞式にしたいと思います。
今後ともご支援のほどお願い申し上げます。

「理念と経営」経営者の会事務局長
安井宏信

第一回理念と経営「心に残る ありがとう」大賞

カテゴリー: ありがとう経営 | 投稿日: | 投稿者:

本日、「心に残る ありがとう」大賞 公開選考会並びに贈賞式が行われました。

まさに感動の贈賞式でした。最終選考に残られました20作品はどれも甲乙つけがたく、中西 進先生、山折哲雄先生、夏樹静子先生の選考委員の方々も苦渋の選択で優秀賞、最優秀賞をお決めになられました。

今回、特別賞には小学生6年生の上田桂美さんが選ばれました。とても素直な表現に選考委員の先生方も感心をなさっていらっしゃいました。

優秀賞には鳥取から応募してくださいました、株式会社ちむらの大上美津枝様が選ばれました。そしてもうひと方、岐阜県恵那市の麗澤瑞浪中学高等学校教諭の谷渕篤孝様が選ばれました。

そして、最優秀賞には長野県松本市から応募頂きました、株式会社コンフォールの泉山竜偉知様が選ばれました。

今回、応募総数4,668通の中から選ばれた20名の方々の作品だけに選出はまさに苦渋の選択だったとおっしゃっておられました。

選考後、選ばれました皆様には自身の作品をご自身で朗読頂きましたが、会場内には感動の嗚咽が聞こえてまいりました。

この度、選考に携わって頂きました「理念と経営」経営者の会地区会長の皆様には大変お手数をおかけしましたが、お陰様で感動の贈賞式ができましたことを深くお礼申し上げます。ありがとうございました。

今回お忙しい中、お越し下さいました地区会長の皆様には厚くお礼申し上げます。また急遽のご挨拶のご依頼にも拘わらず、快くお引受け下さいました地区会長の皆様には重ねてお礼申し上げます。

ぜひ、今回の感動を地区の皆様はじめ、支部の会員さんまでお伝えいただければ嬉しい限りでございます。

「ありがとう」の言葉にはマイナスをプラスに変えるパワーがあります。人を勇気づける力があります。どん底から這い上がる力を与えてくれます。人の心を優しくする力があります。すべての人に勇気と希望を与えてくれる力があります。
どうぞ、この「ありがとう」の力をこの「理念と経営」を学ぶ仲間から発信して、この混迷に悩む日本に力を与えていけたらどんなに素晴らしいことかと思いました。

今回の選考にあたりまして、お力を頂きました経営者の会の皆様、経営研究会の皆様方に厚く御礼申し上げますと共に、今後ますます「ありがとう」経営を推進して頂きますようお願い申し上げる次第であります。

誠にありがとうございました。

「理念と経営」経営者の会事務局長
安井宏信