日別アーカイブ: 2017年4月10日

親子2代で25年かかって完成させた夢

カテゴリー: お知らせ, 月刊誌の読みどころ, 業務スタッフだより, 発売中の「理念と経営」 | 投稿日: | 投稿者:

皆さま こんにちは!週末は桜がきれいに咲いていましたね!

さくら①

 

sakura

さて 満寿屋商店は帯広に本店を持つベーカリーのチェーンです。

ますや3shoplistphoto_head01-thumb-816x390-815
販売しているパンは全商品が国産小麦を原料としたものです!
全7店舗で年商9億5000万円、従業員は百数十名。
昨年末に満寿屋商店は初めて東京目黒区に新店舗をオープンしました。
既に毎日400人ものお客さんがつめかけている人気店となっています!

ますや②

現在の社長は帯広生まれの4代目杉山雅則さんです。
当店のパンはすべて私の地元、十勝産小麦が原料です
小麦だけではなく、水、牛乳、バター、チーズや卵、小豆、じゃがいもすべて十勝産、もしくは北海道産です。」

ますや⑦20150204_mugioto-thumb-816x390-838

現在日本人は多くのパンを食しますが、パン用の国産小麦は全使用量のわずか3%なのだそうです!
とても希少なのですね!
そのため大手パン企業は国産小麦に切り替えることが非常に難しいのです。
また従来からある食パン、菓子パンなどのレシピは輸入小麦を前提として作られているので
国産小麦に切り替えるにはいつからレシピを開発しなければならないそうです。

ますや⑤shoplistphoto_oto01-thumb-816x390-823

【誰もがやろうとしないことに挑み続ける】

「首都圏に出す店はパンを売るだけでなく、
十勝の魅力を発信するアンテナショップにしたい。
また消費者と生産者の距離を近づけるための小麦畑のオーナー制度も始める予定です。
・・・父親がやろうと決めてから、全ての商品を国産小麦に帰るためには25年間かかりました。」
と杉山さんはおっしゃいます。

ますや⑥shoplistphoto_tran01-thumb-816x390-825

満寿屋商店は元々は1軒の小さなパン屋さんでしたが、誰もがやろうとしないことに挑戦しました。
親子2代で25年かかって完成させた夢、そしてさらに未来に続く夢。
諦めないことの重要さを改めて教えていただきました!

満寿屋商店のお話しは、月刊『理念と経営』2017年4月号の
P.72「未来をひらく 小さなコンセプト」に掲載されています。
月刊『理念と経営』公式HPはこちらです。

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei
◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆