カルロス・ゴーン氏は社員さんを最大の経営資源としてみている

カテゴリー: 業務スタッフだより, 社内勉強会 | 投稿日: | 投稿者:

皆さま、こんにちは。
月刊「理念と経営」お客様係です。(*^_^*)

カルロス・ゴーン氏
会社にとって最大の敵は社員が抵抗するときではなくて、無関心だ。
社員がどうでもいいという気持ちになったときが一番怖い」

「反対する人は会社をなんとかよくしようと思っているから反対するのであって、これは問題ない。一番の問題は、業績や利益や自分の成長や会社の発展に無関心な人間だ」と言ったそうです。

無関心yjimage

会議などで、反対意見が出るのは良いことだと言います。
議論がかわされるからこそより良いものがうまれます。
一番問題なのは、当たり障りのない仕事の仕方であったり、
変化を好まない仕事の仕方であるのだと感じました。

変化を恐れず新たなものを生み出すべく、一人ひとりが努力すればきっときっと大きな力になりますね!

また『増益経営のすすめ』ではカルロス・ゴーン氏のこんな言葉も掲載されています。

「意欲的な人材が結果を出した。
どの会社も意欲的で動機づけされた人材が実績をつくっている。
単に私はこういうふうに進んでくださいと説得しただけだ」

カルロス・ゴーン氏が社員さんを最大の経営資源としてみていることを表しています。
単なる“人材”はなく“人財”なのですね!

逆に現場の社員にとって“人財”として見てもらえるのは幸せなことです!

人財

人財育成に活用できる、月刊『理念と経営』を使用した社内勉強会についてはこちらです。
『増益経営のすすめ』などの書籍はこちらからお求め頂けます。

 

◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

『こんな経営誌が欲しかった!
理想の会社を創るために、
信念をカタチにするために、
闘い続ける中小企業の物語がここに!
仕事を通して人は成長する!
中小企業の教科書として、
働くすべての人々のために魂を運びます! 』

月刊『理念と経営』
中小企業を活性化し、成功を探究する経営誌
★2017年テーマ「王道の経営~真価に挑む~」★
〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-42-9
TEL:0120-519-114 / FAX:0120-122-754
株式会社コスモ教育出版 田舞 富太郎

あなたの本をプロデュース!書籍販売サイトはこちらから
http://www.cosmo-book.com/

「理念と経営」動画公式チャンネルはこちらから
http://www.youtube.com/rinentokeiei
◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>